lesion

  • n.
  • v.
  • 破壊する、障害する
abolishbarrierbreakdamagedestroydestructiondifficultydismantledisorderdisruptdisruptantdisruptiondisturbancedysfunctionfoehindranceimpairimpairmentimpedimentinjuryinsultobstaclerupturesubversionsubvert

   

WordNet

  1. any localized abnormal structural change in a bodily part
  2. prevent completion; "stop the project"; "break off the negotiations" (同)break off, discontinue, stop
  3. happen; "Report the news as it develops"; "These political movements recrudesce from time to time" (同)recrudesce, develop
  4. become separated into pieces or fragments; "The figurine broke"; "The freshly baked loaf fell apart" (同)separate, split up, fall_apart, come apart
  5. be broken in; "If the new teacher wont break, well add some stress"
  6. crack; of the male voice in puberty; "his voice is breaking--he should no longer sing in the choir"
  7. destroy the integrity of; usually by force; cause to separate into pieces or fragments; "He broke the glass plate"; "She broke the match"
  8. diminish or discontinue abruptly; "The patients fever broke last night"
  9. fall sharply; "stock prices broke"
  10. render inoperable or ineffective; "You broke the alarm clock when you took it apart!"
  11. weaken or destroy in spirit or body; "His resistance was broken"; "a man broken by the terrible experience of near-death"
  12. vary or interrupt a uniformity or continuity; "The flat plain was broken by tall mesas"
  13. (tennis) a score consisting of winning a game when your opponent was serving; "he was up two breaks in the second set" (同)break of serve
  14. an escape from jail; "the breakout was carefully planned" (同)breakout, jailbreak, gaolbreak, prisonbreak, prison-breaking
  15. an act of delaying or interrupting the continuity; "it was presented without commercial breaks"; "there was a gap in his account" (同)interruption, disruption, gap
  16. a sudden dash; "he made a break for the open door"
  17. the opening shot that scatters the balls in billiards or pool
  18. an unexpected piece of good luck; "he finally got his big break" (同)good_luck, happy chance
  19. an abrupt change in the tone or register of the voice (as at puberty or due to emotion); "then there was a break in her voice"
  20. the occurrence of breaking; "the break in the dam threatened the valley"
  21. interrupt a continued activity; "She had broken with the traditional patterns" (同)break away
  22. break a piece from a whole; "break a branch from a tree" (同)break off, snap off
  23. move away or escape suddenly; "The horses broke from the stable"; "Three inmates broke jail"; "Nobody can break out--this prison is high security" (同)break_out, break away
  24. destroy the completeness of a set of related items; "The book dealer would not break the set" (同)break_up
  25. force out or release suddenly and often violently something pent up; "break into tears"; "erupt in anger" (同)burst, erupt
  26. ruin completely; "He busted my radio!" (同)bust
  27. be released or become known; of news; "News of her death broke in the morning" (同)get_out, get_around
  28. go to pieces; "The lawn mower finally broke"; "The gears wore out"; "The old chair finally fell apart completely" (同)wear, wear_out, bust, fall_apart
  29. become punctured or penetrated; "The skin broke"
  30. cause the failure or ruin of; "His peccadilloes finally broke his marriage"; "This play will either make or break the playwright"
  31. cause to give up a habit; "She finally broke herself of smoking cigarettes"
  32. change directions suddenly
  33. change suddenly from one tone quality or register to another; "Her voice broke to a whisper when she started to talk about her children"
  34. come forth or begin from a state of latency; "The first winter storm broke over New York"
  35. come into being; "light broke over the horizon"; "Voices broke in the air"
  36. come to an end; "The heat wave finally broke yesterday"
  37. curl over and fall apart in surf or foam, of waves; "The surf broke"
  38. emerge from the surface of a body of water; "The whales broke"
  39. exchange for smaller units of money; "I had to break a $100 bill just to buy the candy"
  40. find a flaw in; "break an alibi"; "break down a proof"
  41. find the solution or key to; "break the code"
  42. give up; "break cigarette smoking"
  43. happen or take place; "Things have been breaking pretty well for us in the past few months"
  44. interrupt the flow of current in; "break a circuit"
  45. invalidate by judicial action; "The will was broken"
  46. make a rupture in the ranks of the enemy or ones own by quitting or fleeing; "The ranks broke"
  47. make the opening shot that scatters the balls
  48. pierce or penetrate; "The blade broke her skin"
  49. scatter or part; "The clouds broke after the heavy downpour"
  50. separate from a clinch, in boxing; "The referee broke the boxers"
  51. undergo breaking; "The simple vowels broke in many Germanic languages"
  52. a disorderly outburst or tumult; "they were amazed by the furious disturbance they had caused" (同)disruption, commotion, flutter, hurly burly, to-do, hoo-ha, hoo-hah, kerfuffle
  53. an unhappy and worried mental state; "there was too much anger and disturbance"; "she didnt realize the upset she caused me" (同)perturbation, upset
  54. the act of disturbing something or someone; setting something in motion

PrepTutorEJDIC

  1. 傷害,傷 / (体の組織や機能の)障害
  2. …'を'『壊す』,割る,砕く;…'を'折る / …'を'擦りむく / …'を'『役に立たなくする』,壊す / (小さな物に)〈組になった物〉'を'分ける,ばらす,〈お金〉'を'くずす《+『名』+『into』+『名』》 / 〈垣・へいなど〉'を'破って出る / 〈法律・規則・約束など〉'を'『破る』,犯す / 〈均整・秩序・配列など〉'を'破る,くずす;〈持続しているもの〉'を'中止する,妨げる / 〈記録〉'を'破る,更新する / (…に)…'を'打ち明ける,知らせる《+『名』+『to』+『名』》 / …'を'破産させる,倒産させる / 〈気力・抵抗など〉'を'くじく;〈力・効果・強度〉'を'弱める / (…に)…‘の'位を下げる,…'を'降等させる《+『名』+『to』+『名』》 / 〈動物〉'を'ならす / 〈人〉‘の'(…の)癖を直す《+『名』〈人〉+『of』+『名』(do『ing』)》 / 〈暗号など〉'を'解読する;〈事件・問題など〉を解決する,解く / 《しばしば副詞[句]を伴って》『壊れる』,砕ける,割れる;破れる,破裂する / ぷっつりと切れる;中断する,途切れる;《米》仕事を中断する / はずれる,離れる,分離する《+『off』(『away』)》 / 故障する,壊れる,動かなくなる / 突然始まる;突然変化する / 夜が明ける / 〈健康・気力などが〉衰える,弱る;〈心が〉悲しみに打ちひしがれる / 〈株・価格などが〉急落する,暴落する / 壊れた箇所,裂け目,割れ目 / 中断,途切れ;不和,仲たがい / 休憩時間,小休止 / 逃亡計画,脱獄 / (…に向かっての)突進 / 急な変化,顕著な変化 / 夜明け / 《話》運,機会
  3. 〈U〉乱す(騒がす,妨害する)こと;乱れた状態 / 〈C〉騒ぎ,騒動,動乱 / 〈C〉乱す(騒がす,妨害する)もの

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/04/01 04:16:36」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

  • 1. 皮膚疾患の診断法approach to the clinical dermatologic diagnosis [show details]
  • 2. Evaluation of the incidental renal lesionevaluation of the incidental renal lesion [show details]
  • 3. 環状皮膚病変が認められる患者に対するアプローチapproach to the patient with annular skin lesions [show details]
  • 4. Foot drop: Etiology, diagnosis, and treatmentfoot drop etiology diagnosis and treatment [show details]
  • 5. Overview of anesthesia for interventional radiology proceduresoverview of anesthesia for interventional radiology procedures [show details]

English Journal

  • Pigmented villonodular synovitis of temporomandibular joint: pathological aspects and surgical treatment.
  • Baj A1, Beltramini G, Moneghini L, Marelli S, Segna E, Giannì A.
  • Minerva stomatologica.Minerva Stomatol.2015 Aug;64(4):213-8.
  • Pigmented villonodular synovitis (PVNS) is an uncommon, benign, tumour-like disorder of unknown etiology affecting synovium-lined joints, tendon sheaths, and bursae. It results in proliferative, locally invasive lesions, usually presenting in monoarticular form in adults. PVNS rarely presents in the
  • PMID 25937582
  • Proper name anomia after right-hemispheric lesion: a case study.
  • Geukes C1, Müller HM.
  • Neurocase.Neurocase.2015 Aug;21(4):520-8. doi: 10.1080/13554794.2014.945462. Epub 2014 Aug 8.
  • This study describes the case of CH, a 68-year-old left-handed woman who suffered a right temporo-parieto-occipital infarct in the territory of the middle cerebral artery and who exhibits severe proper name anomia. During the acute stage, CH was diagnosed with severe amnestic aphasia (Aachen Aphasia
  • PMID 25105322
  • Deconstructing the role of the ECM microenvironment on drug efficacy targeting MAPK signaling in a pre-clinical platform for cutaneous melanoma.
  • Blehm BH1, Jiang N1, Kotobuki Y1, Tanner K2.
  • Biomaterials.Biomaterials.2015 Jul;56:129-39. doi: 10.1016/j.biomaterials.2015.03.041. Epub 2015 Apr 17.
  • Therapeutics targeting the BRAF kinase in cutaneous melanoma have significantly improved patient survival. However, durable responses in the face of metastatic disease are rarely realized where the problem of brain metastases is generally growing in magnitude. Tumor and stromal cells dynamically rem
  • PMID 25934286
  • Mindin regulates vascular smooth muscle cell phenotype and prevents neointima formation.
  • Zhu LH1, Huang L1, Zhang X2, Zhang P1, Zhang SM1, Guan H1, Zhang Y3, Zhu XY3, Tian S3, Deng K1, Li H1.
  • Clinical science (London, England : 1979).Clin Sci (Lond).2015 Jul 1;129(2):129-45. doi: 10.1042/CS20140679.
  • Mindin/spondin 2, an extracellular matrix (ECM) component that belongs to the thrombospondin type 1 (TSR) class of molecules, plays prominent roles in the regulation of inflammatory responses, angiogenesis and metabolic disorders. Our most recent studies indicated that mindin is largely involved in
  • PMID 25751394

Japanese Journal

  • 甲状腺内副甲状腺腺腫による原発性副甲状腺機能亢進症の1例
  • 石森 紀子/川真田 明子/堀内 喜代美/飯原 雅季/岡本 高宏
  • 東京女子医科大学雑誌 81(4), 272-275, 2011-08-25
  • 原発性副甲状腺機能亢進症に対しては副甲状腺ホルモン(PTH)を過剰に分泌する病変を摘除することが唯一の治療であり、成功のためには術前の局在診断が重要であるが、異所性病変ではこれが困難な場合がある。通常の画像診断に加えて超音波ガイド下穿刺吸引液のintact PTH測定が術前の局在診断に有用であった原発性副甲状腺機能亢進症の1例を経験したので報告する。症例は58歳、女性。高血圧で入院した際に高カルシ …
  • NAID 110008604393
  • Superior vena cava syndrome causedby adult T-cell leukemia/lymphoma: a case report
  • Ikeda Takaya,Fukuda Minoru,Nakamura Yoichi,Motoshima Kohei,Nagashima Seiji,Matsuo Masatoshi,Yamamura Masaomi,Abe Kuniko,Irie Junji,Kohno Shigeru
  • Acta Medica Nagasakiensia 56(2), 59-61, 2011-08
  • … The lesion compressed the superior vena cava (SVC). …
  • NAID 120003307688
  • Biomarker expression in cervical intraepithelial neoplasia: potential progression predictive factors for low-grade lesions
  • Ozaki Satoru,Zen Yoh,Inoue Masaki
  • Human Pathology 42(7), 1007-1012, 2011-07
  • … Of 99 patients with intraepithelial neoplasia 1 for whom follow-up data was available, 62 (73%) showed spontaneous regression, 17 (20%) demonstrated persistent low-grade lesion, and 7 (7%) progressed to intraepithelial neoplasia 2/3. …
  • NAID 120003141445

★リンクテーブル★
リンク元100Cases 33」「100Cases 84」「100Cases 14」「損傷」「break
拡張検索borderline lesion

100Cases 33」

  [★]

☆case33 頭痛と混乱
glossary
accompany
vt.
(人)と同行する、(人)に随行する。(もの)に付随する。~と同時に起こる。~に加える(添える、同封する)(with)
slurred n. 不明瞭
強直間代痙攣 tonic-clonic convulsion
 意識消失とともに全身随意筋強直痙攣が生じ(強直痙攣tonic convulsion)、次いで全身の筋の強直弛緩とが律動的に繰り返される時期(間代痙攣clonic convulsion)を経て、発作後もうろう状態を呈する一連発作
症例
28歳、女性 黒人 南アフリカ 手術室看護師 ロンドン住在
主訴頭痛と混乱
現病歴過去3週間で頭痛が続いており、ひどくなってきた。現在頭痛持続しており、頭全体が痛い。友人曰く「過去六ヶ月で体重が10kg減っていて、最近、混乱してきたようだ」。発話不明瞭救急室にいる間に強直間代痙攣を起こした。
診察 examination
やせている。55kg。38.5℃。口腔カンジダ症(oral candidiasis)。リンパ節腫脹無し。心血管呼吸器系、消化器系正常。痙攣前における神経検査では時間場所、人の見当識無し。神経局所症状無し(no focal neurological sign)。眼底両側に乳頭浮腫有り。
検査 investigation
血算:白血球増多
血液生化学ナトリウム低下
CT供覧
キーワード着目するポイント
口腔カンジダ症(oral candidiasis)
頭痛精神症状強直間代痙攣
・眼底両側に乳頭浮腫
CT所見
・低ナトリウム血症は二次的なもの
アプローチ
口腔カンジダ症(oral candidiasis) → 細胞免疫低下状態(DM免疫抑制AIDSなど) or 常在細菌叢の攪乱(長期抗菌薬の使用)
 ・The occurrence of thrush in a young, otherwise healthy-appearing person should prompt an investigation for underlying HIV infection.(HIM.1254)
 ・More commonly, thrush is seen as a nonspecific manifestation of severe debilitating illness.(HIM.1254)
精神症状強直間代痙攣 → 一次的、あるいは二次的な脳の疾患がありそう
頭痛 → 漠然としていて絞れないが、他の症状からして機能性頭痛ではなく症候性頭痛っぽい。
・眼底両側に乳頭浮腫 → 脳圧亢進徴候 → 原因は・・・脳腫瘍、ことにテント下腫瘍側頭葉腫瘍クモ膜下出血、脳水腫など、そのほか、眼窩内病変、低眼圧などの局所的要因、悪性高血圧、血液疾患大量出血肺気腫などの全身的要因 (vindicate本のp342も参考になる)
 ・頭痛脳圧亢進 → 頭蓋内圧占拠性病変脳炎(IMD.274)
CT所見 → ringform病変脳浮腫脳圧亢進
・低ナトリウム血症 → 脳ヘルニア続発して起こることがあるらしい。実際には下垂体トキソプラズマによる病変形成されることにより起こりうる。
・そのほか出身地、体重減少もHIVを疑わせる点
パターン認識HIV + 精神症状 + てんかん発作(強直間代痙攣) + 脳圧亢進 + CT所見 = 一番ありそうなのはToxoplasma gondiiによるトキソプラズマ脳症 cerebral toxoplasosis (トキソプラズマ脳炎 toxoplasmic encephalitis)
Toxoplasma gondii
 原虫 胞子原虫
(感染予防学 080521のプリント、CASES p,92、HIM p.1305-)
疫学:西洋では30-80%の成人トキソプラズマ感染既往がある・・・うぇ(CASES)。日本では10%前後(Wikipedia)。
生活環
 ・終宿主ネコネコ小腸上皮細胞で有性・無性生殖 糞便オーシスト排泄
 ・中間宿主ヒト.ブタを含むほ乳類と鳥類無性生殖増殖シスト形成
   急性期増殖盛んな急増虫体tachyzoiteシスト内の緩増虫体bradyzoite
病原病因 phathogenesis
 ・緩増虫体(bradyzoite)、接合子嚢(oocyst)
感染経路
 1. オーシスト経口摂取
 2. 中間宿主の生肉中のシスト経口摂取
 3. 初感染妊婦からの経胎盤感染。既感染なら胎盤感染しないらしい(HIM.1306)
 (4)移植臓器、輸血確率は低い(at low rate)(HIM.1306)
病態
 1. 先天性トキソプラズマ症 congenital toxoplasmosis
   ①網脈絡膜炎、 ②水頭症、 ③脳内石灰化、 ④精神運動障害
 2. 後天性トキソプラズマ症 acquired toxoplasmosis
  (1) 健常者
   ・多くは不顕性感染発熱リンパ節腫脹、皮疹(rash)
   ・(少数例)筋肉痛、暈疼痛、腹痛、斑状丘疹状皮疹(maculopapular rash)、脳脊髄炎、混乱(HIM.1308)
   ・(まれ)肺炎心筋炎脳症心膜炎多発筋炎
   ・網膜脈絡叢瘢痕や、脳に小さい炎症性病変を残すことあり(CASES)。
   ・急性感染症状は数週間で消失 筋肉中枢神経系緩増虫体残存
  (2)HIV感染者、臓器移植例、がん化学療法例
   シスト緩増虫体急増虫体播種性の多臓器感染
   AIDSでは、トキソプラズマ脳炎が指標疾患 AIDS-defineing illness(CASES)
治療
 (日本)アセチルスピラマイシンファンシダール(感染予防学 080521)
トキソプラズマ脳炎 toxoplasmic encephalitisトキソプラズマ脳症 cerebral toxoplasosis
症状
 発熱頭痛、混乱m、痙攣認知障害、局所神経徴候(不全片麻痺歯垢脳神経損傷視野欠損、感覚喪失)(CASES)
・画像検査
 (CT,MRI)多発性両側性ring-enhancing lesion、特に灰白質-白質境界、大脳基底核脳幹小脳が冒されやすい(CASES)
鑑別診断(臨床症状画像診断所見で)
 リンパ腫、結核、転移性脳腫瘍(CASES)
病歴と画像所見からの鑑別診断
 リンパ腫、結核、転移性腫瘍
このCTcerebral toxoplasmosis特徴的かは不明
最後に残る疑問
 AIDSWBC(leukocyte)の数はどうなるんだろう???AIDSの初診患者ではWBCが低い人が多いらしいし()、HIVCD4+ T cellmacrophage感染して殺すから、これによってB cellは減るだろうし、CD8+ T cellも若干減少するだろうからWBCは減るんじゃないか?!好中球AIDSとは関係ない?好中球は他の感染症に反応性増加している?ちなみに、好酸球寄生虫(原虫)の感染のために増える傾向にあるらしい(HIMのどこか)。
スルファジアジン
sulfadiazine
ピリメタミン
pyrimethamine
葉酸拮抗剤である。
サルファ剤と併用され、抗トキソプラズマ薬、抗ニューモシチス・カリニ薬として相乗的に働く。
ST合剤
SMX-TMP
スルファメトキサゾールトリメトプリム合剤 sulfamethoxazole and trimethoprim mixture
AIDS定義(http://en.wikipedia.org/wiki/CDC_Classification_System_for_HIV_Infection_in_Adults_and_Adolescents)
A CD4+ T-cell count below 200 cells/μl (or a CD4+ T-cell percentage of total lymphocytes of less than 14%).
or he/she has one of the following defining illnesses:
People who are not infected with HIV may also develop these conditions; this does not mean they have AIDS. However, when an individual presents laboratory evidence against HIV infection, a diagnosis of AIDS is ruled out unless the patient has not:
AND
AIDSのステージング
参考文献
HIM = Harrison's Principles of Internal Medicine 17th Edition
CASES = 100 Cases in Clinical Medicine Second edition
IMD = 内科診断学第2版

100Cases 84」

  [★]

☆case84 嘔吐
症例
32歳 男性
主訴
現病歴:2 amにからり酔っぱらって救急部受診。11.45 pmに気分が悪くなり2度嘔吐嘔吐物は最初は苦く感じられ、それは食べ物と2Lのビールであった。1時間程度後に、何度か猛烈に吐き気を催した。1 amに鮮赤血を吐いた(bright red blood)。患者が言うには最初少量だったが、2回目にはかなり多い量であった。服用薬なし。時々マリファナを吸う。タバコ1日10本、アルコール2-3 unit/week
既往歴:特記なし
家族歴:特記なし
生活歴
・身体診断
酔っぱらっているように見える。口の周りに乾燥した血液付着を認める。脈拍:102/分。(臥位(lying))血圧:134/80 mmHg立位でも血圧変化は認められない。心血管系呼吸器系に異常を認めず。腹部:上腹部(心窩部)にわずかに圧痛
検査
(血液生化学)
異常なし
解説
(第1パラグラフ)
 もっともな診断は、下部食道もしくは胃上部における吐血を引き起こす粘膜裂傷である(Mallory-Weiss lesion/Mallory-Weiss tear/Mallory-Weiss laceration)。激しい嘔吐やむかつきによる機械的外傷で生じる。本症例では、なれない大量飲酒によって生じた。
(第2パラグラフ)
患者の話から出血量見積もるのは難しい。吐血はびっくりするような出来事であり、吐血の量を多く見積もりがちである。ヘモグロ分派性状であり、急性出血では吐血量を見積もる手がかりにならない。急性期にヘモグロ分が低ければ慢性出血をほのめかす。著しい失血最初サイン頻脈と起立時の血圧低下であることがある。本症例の彼の脈波速いが、これは不安関連しているのかもしれない。
(第3パラグラフ)
吐血の他の原因胃炎消化性潰瘍である。何度か血液を含まない胃内容物のむかつきと嘔吐の話はマロリーワイス症候群特徴的である。この疾患普通介入を必要としない良性病態である。確定診断上部消化管内視鏡必要とするが、典型的症例ではいつも必要になるわけではない。時に、出血がもりひどかったり、壁の解離粘膜より深いこともあり、穿孔につながる。
(第4パラグラフ)
この症例管理は注意深い観察嘔吐で失われた体液を戻すための静脈内輸液である。出血が激しい場合には血液検査のために採血するが、輸血は必ずしも必要ない。彼は生徒大とH2 blocker治療された。嘔吐は収まりそれ以上出血も見られなかった。彼は将来のパーティでは通院しすぎないように決めた。
管理(内科診断学 第2版 医学書院)
①本疾患大多数安静絶食制酸薬粘膜保護薬の投与保存的治療できる。
輸血必要なほどの貧血は稀である。
内視鏡検査時に出血している症例に対しては内視鏡的止血術を行う。
④クリッピング法(図4-89) [図] 、純エタノール局注法、アルゴンプラズマ凝固(APC)法などさまざまあるが、いずれの方法でも良好な止血成績を得られる。
鑑別診断 (内科診断学 第2版 医学書院 p.843)
特発性食道破裂(ブールハーフェ症候群)
逆流性食道炎
食道静脈瘤破裂
出血性胃潰瘍
急性粘膜病変(AGML)
■KEYPOINT
吐血の前の血液を伴わない激しい嘔吐とむかつきの既往は、上部消化管裂傷示唆する。
患者血液の量を見積もるのが困難と分かるので、吐血で失われた失血程度多糸かでないし、消化管の中にとどまっている血液の量は分からない。
アルコールは救急入院の約1/4と直接連関があるという研究がある。
□マロリーワイス症候群(内科診断学 第2版 医学書院)
 嘔吐などにより腹腔内圧急激上昇して噴門部近傍に裂創発生し、これを出血源として顕出血をきたしたもの。30-50歳代の男性に多く、全消化管出血例の約3-15%を占める。 アルコール多飲原因となることが多いが、ほかに妊娠悪阻、乗り物酔い、脳腫瘍髄膜炎医原性のものとしては上部消化管内視鏡検査心肺蘇生術など、原因となるものは種々である。 ②嘔吐などにより急激腹圧上昇すると、急激に胃内圧が上昇し、これにより食道胃接合部近傍に裂創が生じる。
吐血 hematemesis (内科診断学 第2版 医学書院)
 コーヒー残渣用の吐血 melanemesis
 鮮血の吐血 hematoemesis
急性粘膜病変 acute gastric mucosal lesion AGML
急性胃炎劇症型であり、急速に起こる腹痛(時に、吐血下血)をきたし、潰瘍びらん出血が混在した病態を呈する。
病因アルコール薬物(アスピリンステロイド)、薬品ストレス食物(激辛食品など)、アニサキス中枢神経系障害熱傷外科手術
glossary
inebriate
vt. (人)を酔わせる(make drunk)。~を有頂天にする
adj. 酔っぱらいの、大酒飲みの
n. 酔っぱらい、大酒飲み
pint n. (液体単位)1パイント = 1/2クオート=(米)28.8753 inch cube = 0.473 liter = (英) 0.568 liter = 約500cc
retch
vi. むかつく、吐き気を催す、無理に吐こうとする
vt. 吐く
n. むかつく。ヒック(吐き気を催すときの音)
lager n. ラガー(ビール)(貯蔵ビール日本普通ビール)
violently adj. 激しく、猛烈に
drunk adj. (pred)酔って。(fig)酔いしれて
epigastrium n. 上腹部心窩部
blood grouping 血液判定血液検査
indulge
vt. ~にふけらせる。気ままにさせる、(子どもを)甘やかす。(欲求などを)思いのままに満たす。喜ばせる、楽しませる。
vi. (快楽・趣味などに)ふける、身を任す(in)。(略式)たらふく食べる、痛飲する。(~に)従事する。(好ましくないことに)かかわる(in)
□Hematemesis and Melena(Differential Diagnosis in Primary Care 4th)
吐血喀血を見分けたい場合はnitrazine paperを使って判定
・身体開口部(body orifice)からの出血鑑別するとき解剖学的アプローチがよい。
(食道)
静脈瘤逆流性食道炎癌腫、マロリーワイス症候群
・外来異物も忘れるな。
先天性まれな病因として異所性胃粘膜によるバレット食道炎と潰瘍もある。
大動脈瘤縦隔腫瘍肺癌食道潰瘍化させ出血させることもある。
(胃)
炎症胃炎と胃潰瘍アスピリンアルコールも良くある原因
・幽門部静脈瘤出血するかもしれない
出血がひどく、他の原因が見つからなければ血液疾患検索する。
(診断への道)
吐血の確固たる証拠がある時、内視鏡をつかえる状況にあれば問診とか検査無駄時間を使わずに内視鏡診断治療をやってしまえ。
血液検査血液クロスマッチ?して輸血準備凝固検査など鑑別必要検査をやりなさい。内視鏡検査準備をしている間に、アルコールアスピリン、そのほかの薬品服用潰瘍既往食道疾患既往を聴け
ひどい出血最近の急な吐血既往がなければ(内視鏡を使わずに?)伝統的アプローチでも良い
吐血の前に血液を伴わない嘔吐があればマロリーワイス症候群診断の助けとなる。

100Cases 14」

  [★]

☆case14 複視
glossary
diplopia n. 複視
筋力低下筋無力筋脱力 muscle weakness, muscular weakness
sunken
vt. sinkのpp.
adj.
沈没した、沈んだ、水中の
沈下した、一段低いところにある
落ち込んだ、くぼんだ
3,4-ジアミノピリジン 3,4-diaminopyridine 3,4-DAP K+チャネル阻害薬;ランバートイートン筋無力治療
症例
43-year-old woman
cheif complaint: diplopia
present history: diplopia and holding her head up ; more marked in the evenings, for the last 3 months. difficulty of chewing. voice has become quieter. weight loss (3kg / 6months). non-smoker. drinks about 15 units/week. no regular medication.
past history: no significant previous medical illnesses.
family history: lives with her husband and three children.
診察 examination
looks well.
organ systems: normal; cardiovascular, respiratory, and abdominal systems.
muscle power; grossly normal. decrease after testing a movement repetitively.
motor function: normal; tone, coordination, reflexes and sensation.
bilateral ptosis. exacerbated by prolonged upward gaze
eye: normal; pupillary reflexes, eye movements, and funduscopy
■答え
diagnosis: myathenia gravis
differential diagnoses:
CASES
上位and/or下位運動ニューロン motor neurone disease 運動ニューロン疾患線維束性攣縮進行例では筋力低下
muscular dystrophy 筋ジストロフィー:ある種の筋肉選択的筋力低下する。家族歴がある。
dystrophia myotonica 強直性筋ジストロフィー咬筋側頭筋胸鎖乳突筋筋萎縮四肢遠位端の筋萎縮顔貌特徴的(前頭部脱毛、無表情、窪んだ頬)。家族歴ある。筋電図診断有用(急降下爆撃音)。
polymyositis 多発筋炎普通皮疹関節痛出現CK上昇筋生検診断有用
myopathy ミオパチー:甲状腺中毒性ミオパチー甲状腺機能低下症によるミオパチークッシング症候群によるミオパチーアルコール性のミオパチー
神経筋接合部non-metastatic associations of malignancy (paraneoplastic syndrome(傍腫瘍性症候群 = 腫瘍随伴症候群)のこと):胸腺腫症例の10%に重症筋無力症がみられる。ランバートイートン筋無力症候群小細胞癌関連がある。
HIM.2674
Treatment with penicillamine (used for scleroderma or rheumatoid arthritis) may result in true autoimmune MG, but the weakness is usually mild, and recovery occurs within weeks or months after discontinuing its use.
 重症筋無力症の誘発ペニシラミン(強皮症関節リウマチ治療に用いられる)。
  mildだし、薬剤中断改善する。
Aminoglycoside antibiotics or procainamide can cause exacerbation of weakness in myasthenic patients; very large doses can cause neuromuscular weakness in normal individuals.
 重症筋無力症の悪化:アミドグリコシド系抗菌薬、プロカインアミド
  MG患者筋脱力悪化する。
参考文献
HIM = Harrison's Principles of Internal Medicine 17th Edition
CASES = 100 Cases in Clinical Medicine Second edition
IMD = 内科診断学第2版

損傷」

  [★]

injury, lesion
傷害
  • 損傷 injury:組織の生理的な連絡が絶たれる、または機能が傷害された状態 → 機能障害が含まれる。
  • 機械的なエネルギーにより生じた損傷。
  • 外力によって生じた組織損傷を総括して創傷と言うが、皮膚や粘膜の連続性が離断した開放性損傷を<創>、連続性が保持された閉鎖性損傷を<傷>と区別して用いることがある(SLE.12)

分類(SLE.106)

  • 鈍体損傷
  • 鋭器損傷
  • 刺器・尖器によるもの
  • 銃器・火薬による損傷

参考

  • 1.
[display]http://www.jaam.jp/html/dictionary/dictionary/word/0906.htm
  • 2.
[display]http://www.med.nagoya-cu.ac.jp/legal.dir/lectures/newest/node4.html

break」

  [★]

  • n.
  • v.
ablateablationabolishabortamputateamputationbreakagecleavagecleavedamagedestroydestructiondiscontinuancediscontinuationdiscontinuediscontinuitydismantledisruptdisruptantdisruptioninterruptinterruptionlesionrupturescissionseversubversionsubverttransectiontruncatetruncation

PHP

                                                                                                     

borderline lesion」

  [★] 良性悪性境界領域病変