tear

  • n.
  • 引き裂くこと。裂け目、割れ目。急ぐ/慌てること
  • vi.
  • 裂ける、破れる。急ぐ、慌てる。
  • vt.
  • ~を引き裂く/ちぎる。(裂け目などを)開ける、作る。(皮膚などに)切り傷/裂傷を作る。(無理に~を)引きはがす。(組織などを)分裂/分離させる。~を苦しめる/悲しませる

  • n.
  • 涙、涙液。滴、水滴。悲しみ、悲嘆。
  • vi.
  • 涙が出る


               

WordNet

  1. to separate or be separated by force; "planks were in danger of being torn from the crossbars"
  2. fill with tears or shed tears; "Her eyes were tearing"
  3. the act of tearing; "he took the manuscript in both hands and gave it a mighty tear"
  4. a drop of the clear salty saline solution secreted by the lacrimal glands; "his story brought tears to her eyes" (同)teardrop
  5. separate or cause to separate abruptly; "The rope snapped"; "tear the paper" (同)rupture, snap, bust
  6. move quickly and violently; "The car tore down the street"; "He came charging into my office" (同)shoot, shoot down, charge, buck
  7. to arouse hope, desire, or curiosity without satisfying them; "The advertisement is intended to tease the customers"; "She has a way of teasing men with her flirtatious behavior"
  8. ruffle (ones hair) by combing the ends towards the scalp, for a full effect (同)fluff
  9. the act of harassing someone playfully or maliciously (especially by ridicule); provoking someone with persistent annoyances; "he ignored their teases"; "his ribbing was gentle but persistent" (同)teasing, ribbing, tantalization
  10. someone given to teasing (as by mocking or stirring curiosity) (同)teaser, annoyer, vexer
  11. annoy persistently; "The children teased the boy because of his stammer" (同)badger, pester, bug, beleaguer
  12. separate the fibers of; "tease wool" (同)card
  13. harass with persistent criticism or carping; "The children teased the new teacher"; "Dont ride me so hard over my failure"; "His fellow workers razzed him when he wore a jacket and tie" (同)razz, rag, cod, tantalize, tantalise, bait, taunt, twit, rally, ride
  14. disentangle and raise the fibers of; "tease wool" (同)tease apart, loosen
  15. mock or make fun of playfully; "the flirting man teased the young woman"
  16. raise the nap of (fabrics)
  17. tear into pieces; "tease tissue for microscopic examinations"
  18. an excessively sentimental narrative
  19. with tears; in a tearful manner; "the man confessed tearfully to having beaten his wife"
  20. small songbird of northern America and Eurasia having a distinctive white rump
  21. a reckless and impetuous person
  22. a tropical evergreen shrub or small tree extensively cultivated in e.g. China and Japan and India; source of tea leaves; "tea has fragrant white flowers" (同)Camellia_sinensis
  23. a light midafternoon meal of tea and sandwiches or cakes; "an Englishman would interrupt a war to have his afternoon tea" (同)afternoon tea, teatime
  24. dried leaves of the tea shrub; used to make tea; "the store shelves held many different kinds of tea"; "they threw the tea into Boston harbor" (同)tea leaf
  25. a beverage made by steeping tea leaves in water; "iced tea is a cooling drink"
  26. a reception or party at which tea is served; "we met at the Deans tea for newcomers"

PrepTutorEJDIC

  1. …‘を'『裂く』,破る,引き裂く / 〈穴など〉‘を'『破って作る』 / (…から)…‘を'『引きはがす』,もぎ取る,引き離す《+away(down, off, out, up)+名+from(out of, off)+名》 / 《受動態》で‥‘を'裂いて(破って)分ける《+名+apart》 / 裂ける,破れる / 《副詞[句]を伴って》激しく(大急ぎで)動く,突進する
  2. 〈人・動物〉‘を'『いじめる』,からかう / 《米》(逆にくしを入れて)〈髪〉‘を'逆立てる / 〈布〉‘に'毛羽を立てる / (紡ぐため)〈羊毛など〉‘を'すく / 人(動物)をしつこくいじめる(からかう) / いじめる人,からかう人
  3. (物語・劇・映画などの)お涙ちょうだいもの
  4. 〈U〉『茶』,(特に)紅茶 / 〈U〉(乾燥した)茶の葉;茶の木 / 〈U〉茶に似た飲料,煎じ茶 / 〈C〉〈U〉『午後のお茶』 / 〈C〉〈U〉『お茶の会』(午後の軽食を出すパーティー)

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2017/03/21 22:35:00」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

  • 1. 持続性の流涙がみられる小児に対するアプローチapproach to the child with persistent tearing [show details]
  • 2. ドライアイ疾患dry eye disease [show details]
  • 3. Ultrasound examination of the female pelvic floorultrasound examination of the female pelvic floor [show details]
  • 4. Benign ethnic neutropeniabenign ethnic neutropenia [show details]
  • 5. Biologic therapies for tendon and muscle injurybiologic therapies for tendon and muscle injury [show details]

English Journal

  • Microvascular autologous submandibular gland transplantation in severe cases of keratoconjunctivitis sicca.
  • Su JZ1, Cai ZG1, Yu GY1.
  • Maxillofacial plastic and reconstructive surgery.Maxillofac Plast Reconstr Surg.2015 Feb 5;37(1):5. eCollection 2015.
  • Dry eye syndrome is a relatively common disease of the tears and ocular surfaces that results in discomfort, visual disturbance, and tear film instability with possible damage to the ocular surfaces. Microvascular submandibular gland (SMG) transfer offers a surgical alternative for a permanent autol
  • PMID 25664315
  • Management of an Anterior Cruciate Ligament Tear in a 5 Year-Old Boy.
  • Masaracchio M1, Comet S, Godwin E.
  • Pediatric physical therapy : the official publication of the Section on Pediatrics of the American Physical Therapy Association.Pediatr Phys Ther.2015 Fall;27(3):302-10. doi: 10.1097/PEP.0000000000000154.
  • PURPOSE: The purpose of this retrospective case report was to describe clinical decision making during the examination and treatment of a 5-year-old boy with an anterior cruciate ligament (ACL) tear.KEY POINTS: A paucity of research exists for the management of ACL tears in children. A combination o
  • PMID 25974121
  • Irreducible superolateral dislocation of the glenohumeral joint.
  • Wyatt AR 2nd1, Porrino J, Shah S, Hsu JE.
  • Skeletal radiology.Skeletal Radiol.2015 Oct;44(9):1387-91. doi: 10.1007/s00256-015-2183-8. Epub 2015 Jun 9.
  • The overwhelming majority of glenohumeral dislocations are anterior dislocations that either spontaneously reduce or are reduced at the point of care without significant complications. Posterior dislocations are uncommon, and superior and inferior dislocations are even rarer. We present a case of "s
  • PMID 26051805
  • Evaluation of finger A3 pulley rupture in the crimp grip position-a magnetic resonance imaging cadaver study.
  • Bayer T1, Adler W, Schweizer A, Schöffl I, Uder M, Janka R.
  • Skeletal radiology.Skeletal Radiol.2015 Oct;44(9):1279-85. doi: 10.1007/s00256-015-2160-2. Epub 2015 May 2.
  • PURPOSE: The correct diagnosis of an A3 pulley rupture is challenging for musculoskeletal radiologists. An A3 pulley rupture should in theory influence the shape of the proximal interphalangeal joint volar plate (VP) and the amount of bowstringing at level of the VP during finger flexion. The purpos
  • PMID 25930946

Japanese Journal

  • LABORATORY INVESTIGATION : Determination of nonsteroidal anti-inflammatory drugs in human tear and plasma samples using ultra-fast liquid chromatography-tandem mass spectrometry
  • Hirosawa Makiko,Sambe Takehiko,Uchida Naoki [他]
  • Japanese journal of ophthalmology : the official international journal of the Japanese Ophthalmological Society 59(5), 364-371, 2015-09
  • NAID 40020590775
  • 涙滴型の登場 : うずしお型,ゆうしお型,はるしお型 (特集 海上自衛隊潜水艦の60年) -- (海上自衛隊潜水艦の発達)
  • 蒸発を防ぐドライアイ保護眼鏡 (特集 ドライアイの新しい治療)
  • 池田 佳介,村戸 ドール
  • あたらしい眼科 32(7), 961-964, 2015-07
  • NAID 40020553004
  • ムチンと水分を供給するジクアス点眼薬 (特集 ドライアイの新しい治療)
  • 山口 昌彦,大橋 裕一
  • あたらしい眼科 32(7), 935-942, 2015-07
  • NAID 40020552985

Related Links

名古屋・愛知・東京・大阪での葬儀・葬式は、葬儀会館「ティア」にお任せください。家族葬から一般葬まで、ご希望に沿った葬儀があげられる葬儀会館[斎場]、葬儀プランをご提案。日本で一番「ありがとう」といわれる葬儀社を ...
tearとは。意味や和訳。( 発音注意)[動](tore 〔tɔːr〕, torn 〔tɔːrn〕)(他)1 [III[名]([副])V[名][形]]〈物を〉(ずたずたに)引き裂く[破る,ちぎる]((up));…を引き裂いて(ある状態に)する((into, to, in ...))tear it ... - goo辞書は ...
tear - WordReference English-Japanese Dictionary ... 主な訳語 tear n noun: Refers to person, place, thing, quality, etc. (from eyes) 涙 名 Tears ran down his cheek. 涙が彼の頬をつたって落ちた。



★リンクテーブル★
リンク元100Cases 84」「100Cases 16」「涙液」「tease」「裂く
拡張検索ligament tear
関連記事tea

100Cases 84」

  [★]

☆case84 嘔吐
症例
32歳 男性
主訴
現病歴:2 amにからり酔っぱらって救急部受診。11.45 pmに気分が悪くなり2度嘔吐嘔吐物は最初は苦く感じられ、それは食べ物と2Lのビールであった。1時間程度後に、何度か猛烈に吐き気を催した。1 amに鮮赤血を吐いた(bright red blood)。患者が言うには最初少量だったが、2回目にはかなり多い量であった。服用薬なし。時々マリファナを吸う。タバコ1日10本、アルコール2-3 unit/week
既往歴:特記なし
家族歴:特記なし
生活歴
・身体診断
酔っぱらっているように見える。口の周りに乾燥した血液付着を認める。脈拍:102/分。(臥位(lying))血圧:134/80 mmHg立位でも血圧変化は認められない。心血管系呼吸器系に異常を認めず。腹部:上腹部(心窩部)にわずかに圧痛
検査
(血液生化学)
異常なし
解説
(第1パラグラフ)
 もっともな診断は、下部食道もしくは胃上部における吐血を引き起こす粘膜裂傷である(Mallory-Weiss lesion/Mallory-Weiss tear/Mallory-Weiss laceration)。激しい嘔吐やむかつきによる機械的外傷で生じる。本症例では、なれない大量飲酒によって生じた。
(第2パラグラフ)
患者の話から出血量見積もるのは難しい。吐血はびっくりするような出来事であり、吐血の量を多く見積もりがちである。ヘモグロ分派性状であり、急性出血では吐血量を見積もる手がかりにならない。急性期にヘモグロ分が低ければ慢性出血をほのめかす。著しい失血最初サイン頻脈と起立時の血圧低下であることがある。本症例の彼の脈波速いが、これは不安関連しているのかもしれない。
(第3パラグラフ)
吐血の他の原因胃炎消化性潰瘍である。何度か血液を含まない胃内容物のむかつきと嘔吐の話はマロリーワイス症候群特徴的である。この疾患普通介入を必要としない良性病態である。確定診断上部消化管内視鏡必要とするが、典型的症例ではいつも必要になるわけではない。時に、出血がもりひどかったり、壁の解離粘膜より深いこともあり、穿孔につながる。
(第4パラグラフ)
この症例管理は注意深い観察嘔吐で失われた体液を戻すための静脈内輸液である。出血が激しい場合には血液検査のために採血するが、輸血は必ずしも必要ない。彼は生徒大とH2 blocker治療された。嘔吐は収まりそれ以上出血も見られなかった。彼は将来のパーティでは通院しすぎないように決めた。
管理(内科診断学 第2版 医学書院)
①本疾患大多数安静絶食制酸薬粘膜保護薬の投与保存的治療できる。
輸血必要なほどの貧血は稀である。
内視鏡検査時に出血している症例に対しては内視鏡的止血術を行う。
④クリッピング法(図4-89) [図] 、純エタノール局注法、アルゴンプラズマ凝固(APC)法などさまざまあるが、いずれの方法でも良好な止血成績を得られる。
鑑別診断 (内科診断学 第2版 医学書院 p.843)
特発性食道破裂(ブールハーフェ症候群)
逆流性食道炎
食道静脈瘤破裂
出血性胃潰瘍
急性粘膜病変(AGML)
■KEYPOINT
吐血の前の血液を伴わない激しい嘔吐とむかつきの既往は、上部消化管裂傷示唆する。
患者血液の量を見積もるのが困難と分かるので、吐血で失われた失血程度多糸かでないし、消化管の中にとどまっている血液の量は分からない。
アルコールは救急入院の約1/4と直接連関があるという研究がある。
□マロリーワイス症候群(内科診断学 第2版 医学書院)
 嘔吐などにより腹腔内圧急激上昇して噴門部近傍に裂創発生し、これを出血源として顕出血をきたしたもの。30-50歳代の男性に多く、全消化管出血例の約3-15%を占める。 アルコール多飲原因となることが多いが、ほかに妊娠悪阻、乗り物酔い、脳腫瘍髄膜炎医原性のものとしては上部消化管内視鏡検査心肺蘇生術など、原因となるものは種々である。 ②嘔吐などにより急激腹圧上昇すると、急激に胃内圧が上昇し、これにより食道胃接合部近傍に裂創が生じる。
吐血 hematemesis (内科診断学 第2版 医学書院)
 コーヒー残渣用の吐血 melanemesis
 鮮血の吐血 hematoemesis
急性粘膜病変 acute gastric mucosal lesion AGML
急性胃炎劇症型であり、急速に起こる腹痛(時に、吐血下血)をきたし、潰瘍びらん出血が混在した病態を呈する。
病因アルコール薬物(アスピリンステロイド)、薬品ストレス食物(激辛食品など)、アニサキス中枢神経系障害熱傷外科手術
glossary
inebriate
vt. (人)を酔わせる(make drunk)。~を有頂天にする
adj. 酔っぱらいの、大酒飲みの
n. 酔っぱらい、大酒飲み
pint n. (液体単位)1パイント = 1/2クオート=(米)28.8753 inch cube = 0.473 liter = (英) 0.568 liter = 約500cc
retch
vi. むかつく、吐き気を催す、無理に吐こうとする
vt. 吐く
n. むかつく。ヒック(吐き気を催すときの音)
lager n. ラガー(ビール)(貯蔵ビール日本普通ビール)
violently adj. 激しく、猛烈に
drunk adj. (pred)酔って。(fig)酔いしれて
epigastrium n. 上腹部心窩部
blood grouping 血液判定血液検査
indulge
vt. ~にふけらせる。気ままにさせる、(子どもを)甘やかす。(欲求などを)思いのままに満たす。喜ばせる、楽しませる。
vi. (快楽・趣味などに)ふける、身を任す(in)。(略式)たらふく食べる、痛飲する。(~に)従事する。(好ましくないことに)かかわる(in)
□Hematemesis and Melena(Differential Diagnosis in Primary Care 4th)
吐血喀血を見分けたい場合はnitrazine paperを使って判定
・身体開口部(body orifice)からの出血鑑別するとき解剖学的アプローチがよい。
(食道)
静脈瘤逆流性食道炎癌腫、マロリーワイス症候群
・外来異物も忘れるな。
先天性まれな病因として異所性胃粘膜によるバレット食道炎と潰瘍もある。
大動脈瘤縦隔腫瘍肺癌食道潰瘍化させ出血させることもある。
(胃)
炎症胃炎と胃潰瘍アスピリンアルコールも良くある原因
・幽門部静脈瘤出血するかもしれない
出血がひどく、他の原因が見つからなければ血液疾患検索する。
(診断への道)
吐血の確固たる証拠がある時、内視鏡をつかえる状況にあれば問診とか検査無駄時間を使わずに内視鏡診断治療をやってしまえ。
血液検査血液クロスマッチ?して輸血準備凝固検査など鑑別必要検査をやりなさい。内視鏡検査準備をしている間に、アルコールアスピリン、そのほかの薬品服用潰瘍既往食道疾患既往を聴け
ひどい出血最近の急な吐血既往がなければ(内視鏡を使わずに?)伝統的アプローチでも良い
吐血の前に血液を伴わない嘔吐があればマロリーワイス症候群診断の助けとなる。

100Cases 16」

  [★]

☆case16 膝の痛み
glossary
indigestion 消化障害消化不良
症例
80歳 男性
主訴:左膝の痛みと腫脹
現病歴:左膝の痛みを2日前から認めた。膝は発熱腫脹しており、動かすと疼痛を生じる。時々胸焼けと消化不良が見られる。6ヶ月前のhealth checkで、高血圧(172/102mmHg)と血中クレアチニンが高い(正常高値)こと以外正常といわれた。その4週間数回血圧測定したが、高値継続したため、2.5mg bendrofluamethizide(UK)/ベンドロフルメチアジドbendroflumethiazide(US)で治療開始した。最近血圧は138/84 mmHgであった。
喫煙歴:なし。
飲酒歴:一週間に平均4unit。
既往歴股関節中程度(mild)の変形性関節症
家族歴:特記なし
服薬歴アセトアミノフェン(股関節疼痛に対して)
身体所見 examination
 血圧 142/86mmHg体温37.5℃。脈拍88/分。grade 2 hypertensive retinopathy(高血圧症性網膜症)。心血管系呼吸器系検査場異常なし。手にDIPにヘバーデン結節なし。
 左膝が発熱腫脹している。関節内に液、patellar tap陽性。90℃以上膝関節屈曲させると痛みを生じる。右の膝関節正常に見える。
検査 investigation
 生化学白血球増多、ESR上昇、尿素高値グルコース高値
 単純X線:関節間隙やや狭小。それ以外に異常は認めない。
problem list
 #1 左膝の痛み
 #2 胸焼け
 #3 消化不良
 #4 高血圧
 #5 クレアチニン正常高値
 #6 股関節変形性リウマチ
 #7 高血圧性網膜症
■考え方
 ・関節痛鑑別診断を考える。
 ・VINDICATEで考えてみてもよいでしょう。
 ・関節痛頻度としては 外傷慢性疾患(OAなど)>膠原病脊椎疾患悪性腫瘍
関節痛の鑑別疾患
DIF 282
V Vascular 血友病 hemophilia, 壊血病 scurvy, 無菌性骨壊死 aseptic bone necrosis (Osgood-Schlatter diseaseとか)
I Inflammatory 淋疾 gonorrhea, ライム病 lyme disease, 黄色ブドウ球菌 Staphylococcus, 連鎖球菌 Streptococcus, 結核 tuberculosis, 梅毒 syphilis, 風疹 rubella, 単純ヘルペス herpes simplex, HIV human immunodeficiency virus, サイトメガロウイルス cytomegalovirus
N Neoplastic disorders 骨原性肉腫 osteogenic sarcoma, 巨細胞腫 giant cell tumors
D Degenerative disorders degenerative joint disease or 変形性関節症 osteoarthritis
I Intoxication 痛風 gout (uric acid), 偽痛風 pseudogout (calcium pyrophosphate), ループス症候群 lupus syndrome of hydralazine (Apresoline) and procainamide, gout syndrome of diuretics
C Congenital and acquired malformations bring to mind the joint deformities of tabes dorsalis and syringomyelia and congenital dislocation of the hip. Alkaptonuria is also considered here.
A Autoimmune indicates (多い)関節リウマチ RA (可能性)血清病 serum sickness, 全身性エリテマトーデス lupus erythematosus, リウマチrheumatic fever, ライター症候群 Reiter syndrome, 潰瘍性大腸炎 ulcerative colitis, クローン病=限局性回腸炎 regional ileitis, 乾癬性関節psoriatic arthritis (老人であり得る)リウマチ性多発筋痛症 polymyalgia rheumatica
T Trauma 外傷性滑膜炎 traumatic synovitis, tear or rupture of the collateral or cruciate ligaments, 亜脱臼 subluxation or laceration of the meniscus (semilunar cartilage), 脱臼 dislocation of the joint or patella, a 捻挫 sprain of the joint, and fracture of the bones of the joint.
E Endcrine 先端肥大症 acromegaly, 閉経 menopause, 糖尿病 diabetes mellitus
■答え
 骨格筋系-関節炎-単関節炎-急性単関節
 痛風 尿酸 → 発熱ESR↑、白血球
 偽痛風 ピロリンカルシウム
 高齢女性でチアジド利尿薬の使用により痛風誘発されやすい。特に腎機能低下糖尿病の人はこのリスクが高まる。
■(BSTからの知識「)循環器領域での利尿薬
心不全治療において、循環血漿量を減らし、心臓前負荷軽減する。
利尿薬は高尿酸血症を起こす。(けど、心不全治療において高尿酸血症になったからといって痛風発症している患者はみたことない)
電解質異常を起こしやすいので、血液生化学検査でモニタして注意する。たとえば低Kで不整脈リスクが高まる。
チアジド系の利尿薬血糖を上げるし、尿酸を上げる
長期の使用で腎機能を低下させる
initial plan
 Dx 1. 関節液の吸引関節液の一般検査生化学検査、培養検査
    ・白血球増加していれば急性炎症性であることを示す。
    ・偏光顕微鏡関節液を検鏡する。
     ・尿酸結晶:針状結晶negatively birefringent
     ・ピロリンカルシウム結晶positively birefringent
 Tx 1. 関節液の吸引炎症が軽度改善
   2. NSAIDによる疼痛管理
   3. PPINSAID潰瘍予防するため
   4. ACE inhibitor導入

涙液」

  [★]

tear fluid, tear, lacrimal fluid
lacrimae
tears

tease」

  [★]

  • v.
tear

                       

裂く」

  [★]

teartease
裂傷

ligament tear」

  [★]

靱帯裂傷靭帯裂傷

tea」

  [★]

  • n.
Camellia sinensis