myeloma

骨髄腫


 

WordNet

  1. a tumor of the bone marrow (usually malignant) composed of cells normally found in bone marrow

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/07/05 19:42:14」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

English Journal

  • Antigen-specific human monoclonal antibodies from transgenic mice.
  • Mompó SM, González-Fernández A.SourceImmunology, Biomedical Research Center (CINBIO), Vigo, Spain.
  • Methods in molecular biology (Clifton, N.J.).Methods Mol Biol.2014;1060:245-76. doi: 10.1007/978-1-62703-586-6_13.
  • Due to the difficulties found when generating fully human monoclonal antibodies (mAbs) by the traditional method, several efforts have attempted to overcome these problems, with varying levels of success. One approach has been the development of transgenic mice carrying immunoglobulin (Ig) genes in
  • PMID 24037845
  • Heparanase inhibits osteoblastogenesis and shifts bone marrow progenitor cell fate in myeloma bone disease.
  • Ruan J, Trotter TN, Nan L, Luo R, Javed A, Sanderson RD, Suva LJ, Yang Y.SourceDepartment of Pathology, University of Alabama at Birmingham, Birmingham, AL, USA; Department of Oncology, Nanfang Hospital, Guangzhou, China.
  • Bone.Bone.2013 Nov;57(1):10-7. doi: 10.1016/j.bone.2013.07.024. Epub 2013 Jul 27.
  • A major cause of morbidity in patients with multiple myeloma is the development and progression of bone disease. Myeloma bone disease is characterized by rampant osteolysis in the presence of absent or diminished bone formation. Heparanase, an enzyme that acts both at the cell-surface and within the
  • PMID 23895995
  • Differential activity of c-KIT splice forms is controlled by extracellular peptide insert length.
  • Phung B, Steingrímsson E, Rönnstrand L.SourceExperimental Clinical Chemistry, Department of Laboratory Medicine, Lund University, Skåne University Hospital, Wallenberg Laboratory, Inga Marie Nilssons gata 53, SE-205 02 Malmö, Sweden; Department of Biochemistry and Molecular Biology and BioMedical Center, Faculty of Medicine, University of Iceland, Vatnsmyrarvegi 16, 101 Reykjavík, Iceland. Electronic address: bengt.phung@med.lu.se.
  • Cellular signalling.Cell Signal.2013 Nov;25(11):2231-8. doi: 10.1016/j.cellsig.2013.07.011. Epub 2013 Jul 21.
  • Understanding receptor activation is important for disease intervention. Activation of the receptor tyrosine kinase c-KIT is involved in numerous diseases including melanoma, mastocytosis, multiple myeloma and gastrointestinal stromal tumors. To better understand the regulation of activation, we stu
  • PMID 23880320

Japanese Journal

  • 多発性骨髄腫におけるCD138陽性細胞比率が低下することの臨床的意義
  • 選択的Akt阻害剤による多発性骨髄腫の新規治療戦略
  • 膀胱癌様所見を呈した好酸球増多性多発性骨髄腫による好酸球性膀胱炎の1例
  • 西日本泌尿器科 = The Nishinihon journal of urology 77(11), 410-413, 2015-11
  • NAID 40020655161

Related Links

患者の手引き、医学情報・文献、セミナー案内、治験情報を掲載。
Newly Diagnosed? You are not alone. The IMF is here to help you. With new therapies that are now available, and with more novel agents in the pipeline, myeloma patients are living longer productive lives. Knowledge is power! We ...


Related Pictures



★リンクテーブル★
リンク元100Cases 33」「骨髄腫」「disease burden
拡張検索myeloma protein
関連記事myelo

100Cases 33」

  [★]

☆case33 頭痛と混乱
glossary
accompany
vt.
(人)と同行する、(人)に随行する。(もの)に付随する。~と同時に起こる。~に加える(添える、同封する)(with)
slurred n. 不明瞭
強直間代痙攣 tonic-clonic convulsion
 意識消失とともに全身随意筋強直痙攣が生じ(強直痙攣tonic convulsion)、次いで全身の筋の強直弛緩とが律動的に繰り返される時期(間代痙攣clonic convulsion)を経て、発作後もうろう状態を呈する一連発作
症例
28歳、女性 黒人 南アフリカ 手術室看護師 ロンドン住在
主訴頭痛と混乱
現病歴過去3週間で頭痛が続いており、ひどくなってきた。現在頭痛持続しており、頭全体が痛い。友人曰く「過去六ヶ月で体重が10kg減っていて、最近、混乱してきたようだ」。発話不明瞭救急室にいる間に強直間代痙攣を起こした。
診察 examination
やせている。55kg。38.5℃。口腔カンジダ症(oral candidiasis)。リンパ節腫脹無し。心血管呼吸器系、消化器系正常。痙攣前における神経検査では時間場所、人の見当識無し。神経局所症状無し(no focal neurological sign)。眼底両側に乳頭浮腫有り。
検査 investigation
血算:白血球増多
血液生化学ナトリウム低下
CT供覧
キーワード着目するポイント
口腔カンジダ症(oral candidiasis)
頭痛精神症状強直間代痙攣
・眼底両側に乳頭浮腫
CT所見
・低ナトリウム血症は二次的なもの
アプローチ
口腔カンジダ症(oral candidiasis) → 細胞免疫低下状態(DM免疫抑制AIDSなど) or 常在細菌叢の攪乱(長期抗菌薬の使用)
 ・The occurrence of thrush in a young, otherwise healthy-appearing person should prompt an investigation for underlying HIV infection.(HIM.1254)
 ・More commonly, thrush is seen as a nonspecific manifestation of severe debilitating illness.(HIM.1254)
精神症状強直間代痙攣 → 一次的、あるいは二次的な脳の疾患がありそう
頭痛 → 漠然としていて絞れないが、他の症状からして機能性頭痛ではなく症候性頭痛っぽい。
・眼底両側に乳頭浮腫 → 脳圧亢進徴候 → 原因は・・・脳腫瘍、ことにテント下腫瘍側頭葉腫瘍クモ膜下出血、脳水腫など、そのほか、眼窩内病変、低眼圧などの局所的要因、悪性高血圧、血液疾患大量出血肺気腫などの全身的要因 (vindicate本のp342も参考になる)
 ・頭痛脳圧亢進 → 頭蓋内圧占拠性病変脳炎(IMD.274)
CT所見 → ringform病変脳浮腫脳圧亢進
・低ナトリウム血症 → 脳ヘルニア続発して起こることがあるらしい。実際には下垂体トキソプラズマによる病変形成されることにより起こりうる。
・そのほか出身地、体重減少もHIVを疑わせる点
パターン認識HIV + 精神症状 + てんかん発作(強直間代痙攣) + 脳圧亢進 + CT所見 = 一番ありそうなのはToxoplasma gondiiによるトキソプラズマ脳症 cerebral toxoplasosis (トキソプラズマ脳炎 toxoplasmic encephalitis)
Toxoplasma gondii
 原虫 胞子原虫
(感染予防学 080521のプリント、CASES p,92、HIM p.1305-)
疫学:西洋では30-80%の成人トキソプラズマ感染既往がある・・・うぇ(CASES)。日本では10%前後(Wikipedia)。
生活環
 ・終宿主ネコネコ小腸上皮細胞で有性・無性生殖 糞便オーシスト排泄
 ・中間宿主ヒト.ブタを含むほ乳類と鳥類無性生殖増殖シスト形成
   急性期増殖盛んな急増虫体tachyzoiteシスト内の緩増虫体bradyzoite
病原病因 phathogenesis
 ・緩増虫体(bradyzoite)、接合子嚢(oocyst)
感染経路
 1. オーシスト経口摂取
 2. 中間宿主の生肉中のシスト経口摂取
 3. 初感染妊婦からの経胎盤感染。既感染なら胎盤感染しないらしい(HIM.1306)
 (4)移植臓器、輸血確率は低い(at low rate)(HIM.1306)
病態
 1. 先天性トキソプラズマ症 congenital toxoplasmosis
   ①網脈絡膜炎、 ②水頭症、 ③脳内石灰化、 ④精神運動障害
 2. 後天性トキソプラズマ症 acquired toxoplasmosis
  (1) 健常者
   ・多くは不顕性感染発熱リンパ節腫脹、皮疹(rash)
   ・(少数例)筋肉痛、暈疼痛、腹痛、斑状丘疹状皮疹(maculopapular rash)、脳脊髄炎、混乱(HIM.1308)
   ・(まれ)肺炎心筋炎脳症心膜炎多発筋炎
   ・網膜脈絡叢瘢痕や、脳に小さい炎症性病変を残すことあり(CASES)。
   ・急性感染症状は数週間で消失 筋肉中枢神経系緩増虫体残存
  (2)HIV感染者、臓器移植例、がん化学療法例
   シスト緩増虫体急増虫体播種性の多臓器感染
   AIDSでは、トキソプラズマ脳炎が指標疾患 AIDS-defineing illness(CASES)
治療
 (日本)アセチルスピラマイシンファンシダール(感染予防学 080521)
トキソプラズマ脳炎 toxoplasmic encephalitisトキソプラズマ脳症 cerebral toxoplasosis
症状
 発熱頭痛、混乱m、痙攣認知障害、局所神経徴候(不全片麻痺歯垢脳神経損傷視野欠損、感覚喪失)(CASES)
・画像検査
 (CT,MRI)多発性両側性ring-enhancing lesion、特に灰白質-白質境界、大脳基底核脳幹小脳が冒されやすい(CASES)
鑑別診断(臨床症状画像診断所見で)
 リンパ腫、結核、転移性脳腫瘍(CASES)
病歴と画像所見からの鑑別診断
 リンパ腫、結核、転移性腫瘍
このCTcerebral toxoplasmosis特徴的かは不明
最後に残る疑問
 AIDSWBC(leukocyte)の数はどうなるんだろう???AIDSの初診患者ではWBCが低い人が多いらしいし()、HIVCD4+ T cellmacrophage感染して殺すから、これによってB cellは減るだろうし、CD8+ T cellも若干減少するだろうからWBCは減るんじゃないか?!好中球AIDSとは関係ない?好中球は他の感染症に反応性増加している?ちなみに、好酸球寄生虫(原虫)の感染のために増える傾向にあるらしい(HIMのどこか)。
スルファジアジン
sulfadiazine
ピリメタミン
pyrimethamine
葉酸拮抗剤である。
サルファ剤と併用され、抗トキソプラズマ薬、抗ニューモシチス・カリニ薬として相乗的に働く。
ST合剤
SMX-TMP
スルファメトキサゾールトリメトプリム合剤 sulfamethoxazole and trimethoprim mixture
AIDS定義(http://en.wikipedia.org/wiki/CDC_Classification_System_for_HIV_Infection_in_Adults_and_Adolescents)
A CD4+ T-cell count below 200 cells/μl (or a CD4+ T-cell percentage of total lymphocytes of less than 14%).
or he/she has one of the following defining illnesses:
People who are not infected with HIV may also develop these conditions; this does not mean they have AIDS. However, when an individual presents laboratory evidence against HIV infection, a diagnosis of AIDS is ruled out unless the patient has not:
AND
AIDSのステージング
参考文献
HIM = Harrison's Principles of Internal Medicine 17th Edition
CASES = 100 Cases in Clinical Medicine Second edition
IMD = 内科診断学第2版

骨髄腫」

  [★]

myeloma
ミエローマ
multiple myeloma


概念

  • 1. 骨髄中に形質細胞が腫瘍性に増加する造血器腫瘍

疫学

  • 60歳以上の高齢者に多く、40歳以下では稀。
  • 男性に多く、好発年齢は50-70歳代。

症状

  • 全身倦怠感、腰痛など

ISS病期分類

  • これまで骨髄腫の病期分類にはDurie&Salmonの病期分類が使用されてきたが、Ⅰ期とⅡ期に統計学的有意差を認めなかったため、ISSの病期分類が提唱された。病期と生存期間は相関が認められ、余後の予測に有効である。分類はβ2MG量とAlb量によって決まる。

stage1 血清β2MG<3.5mg/lかつ
血清Alb≧3.5g/dl
stage2 1,3以外(血清β2MG :3.5<,<5.5もしくは血清β2MG<3.5かつAlb<3.5)
stage3 血清β2MG≧5.5mg/l

disease burden」

  [★]

  • 病気負担、疾患負荷、疾患の影響、
An International Staging System (ISS) was developed based on 10,750 previously untreated patients with myeloma from over 17 institutions worldwide. It incorporates data on the levels of serum beta-2 microglobulin (B2M) and serum albumin to divide disease burden into three stages with prognostic significance.(ISSは疾患負荷を予後の重要度で三つのステージに分けるためにβミクログロブリンと血清アルブミンのレベルのデータを組み込んだものである)
  • ex.
疾病負荷, Global Burden of Diseases, GBD
disease Burdenが大きい = 発症率、罹病率、致命率、死亡者数が大きい

参考

  • wiki en
[display]http://en.wikipedia.org/wiki/Disease_burden

myeloma protein」

  [★]

骨髄腫タンパク質ミエローマタンパク質

myelo」

  [★]

  • comb form
  • ex.