ピーエイ配合

サリチルアミドアセトアミノフェン無水カフェインプロメタジンメチレンジサリチル酸塩

総合感冒剤


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

Related Links

成分(一般名) : 複合感冒薬 製品例 : ピーエイ配合錠 ・・その他(ジェネリック) & 薬価 区分 : 総合感冒剤/鎮咳,抗 ... 概説 カゼ薬です。カゼによる熱、鼻水、くしゃみ、のどの痛みなどの症状をやわらげます。 作用 病院で ...
【薬検索】ピーエイ配合錠の効果効能・副作用などをご覧いただけます サイトマップ INDEX 健康管理 食と健康 運動と健康 睡眠 ストレス 肥満・メタボリックシンドローム タバコ・禁煙 疲労回復法 飲酒・アルコール 女性の健康 ...


Related Pictures

ピーエイ配合錠ピーエイ配合錠ピーエイ配合錠 痛みや炎症を ピーエイ配合錠ピーエイ配合 包装写真ピーエイ配合錠

Japan Pharmaceutical Reference

薬効分類名

  • 感冒剤

販売名

ピーエイ配合錠

組成

成分・分量(1錠中)

  • サリチルアミド 135mg
    アセトアミノフェン 75mg
    無水カフェイン 30mg
    プロメタジンメチレンジサリチル酸塩 6.75mg

添加物

  • 乳糖水和物,ヒドロキシプロピルセルロース,クロスカルメロースナトリウム,タルク,ステアリン酸マグネシウムを含有する.

禁忌

  • 本剤の成分,サリチル酸製剤(アスピリン等),フェノチアジン系化合物又はその類似化合物に対し過敏症の既往歴のある患者
  • 消化性潰瘍のある患者〔本剤中のサリチルアミドは消化性潰瘍を悪化させるおそれがある.〕
  • アスピリン喘息又はその既往歴のある患者〔本剤中のサリチルアミドはアスピリン喘息を誘発するおそれがある.〕
  • 昏睡状態の患者又はバルビツール酸誘導体・麻酔剤等の中枢神経抑制剤の強い影響下にある患者〔本剤中のプロメタジンメチレンジサリチル酸塩は,昏睡状態の増強・持続,中枢神経抑制作用の増強や麻酔剤の作用時間の延長をきたすおそれがある.〕
  • 緑内障の患者〔本剤中のプロメタジンメチレンジサリチル酸塩は抗コリン作用を有し,緑内障を悪化させるおそれがある.〕
  • 前立腺肥大等下部尿路に閉塞性疾患のある患者〔本剤中のプロメタジンメチレンジサリチル酸塩は抗コリン作用を有し,排尿困難を悪化させるおそれがある.〕
  • 2歳未満の乳幼児(「小児等への投与」の項参照)
  • 重篤な肝障害のある患者〔本剤中のアセトアミノフェンにより肝障害が悪化するおそれがある.〕

効能または効果

感冒もしくは上気道炎に伴う下記症状の改善及び緩和

  • 鼻汁,鼻閉,咽・喉頭痛,頭痛,関節痛,筋肉痛,発熱
  • 通常,成人には1回2錠を1日4回経口投与する.

なお,年齢,症状により適宜増減する.

慎重投与

  • 肝障害,腎障害のある患者〔本剤中のアセトアミノフェンの代謝が遅延し,肝障害,腎障害を悪化させるおそれがある.〕
  • 出血傾向のある患者〔本剤中のサリチルアミドにより血小板機能異常をおこすおそれがある.〕
  • 気管支喘息のある患者〔本剤中のサリチルアミドにより喘息を悪化させるおそれがある.〕
  • アルコール多量常飲者〔肝障害があらわれやすくなる.(「相互作用」の項参照)〕
  • 絶食・低栄養状態・摂食障害等によるグルタチオン欠乏,脱水症状のある患者〔肝障害があらわれやすくなる.〕

重大な副作用

ショック,アナフィラキシー様症状(0.1%未満):

  • ショック,アナフィラキシー様症状(呼吸困難,全身潮紅,血管浮腫,蕁麻疹等)をおこすことがあるので,観察を十分に行い,異常が認められた場合には投与を中止し,適切な処置を行うこと.

中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN),皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)(0.1%未満),急性汎発性発疹性膿疱症(頻度不明),はく脱性皮膚炎(0.1%未満):

  • このような副作用があらわれることがあるので,観察を十分に行い,異常が認められた場合には投与を中止し,適切な処置を行うこと.

再生不良性貧血(0.1%未満),汎血球減少,無顆粒球症,溶血性貧血,血小板減少(いずれも頻度不明):

  • 再生不良性貧血,汎血球減少,無顆粒球症,溶血性貧血,血小板減少があらわれることがあるので,観察を十分に行い,異常が認められた場合には投与を中止し,適切な処置を行うこと.

喘息発作の誘発(頻度不明):

  • 喘息発作を誘発することがある.

間質性肺炎(0.1%未満),好酸球性肺炎(頻度不明):

  • 間質性肺炎,好酸球性肺炎があらわれることがあるので,観察を十分に行い,咳嗽,呼吸困難,発熱,肺音の異常等が認められた場合には,速やかに胸部X線,胸部CT,血清マーカー等の検査を実施すること.異常が認められた場合には投与を中止し,副腎皮質ホルモン剤の投与等の適切な処置を行うこと.

劇症肝炎,肝機能障害,黄疸(いずれも頻度不明):

  • 劇症肝炎,肝機能障害,黄疸があらわれることがあるので,異常が認められた場合には投与を中止し,適切な処置を行うこと.

乳児突然死症候群(SIDS),乳児睡眠時無呼吸発作(いずれも頻度不明):

  • プロメタジン製剤を小児(特に2歳未満)に投与した場合,乳児突然死症候群(SIDS)及び乳児睡眠時無呼吸発作があらわれたとの報告がある.

間質性腎炎,急性腎不全(いずれも頻度不明):

  • 間質性腎炎,急性腎不全があらわれることがあるので,観察を十分に行い,異常が認められた場合には投与を中止し,適切な処置を行うこと.

横紋筋融解症(頻度不明):

  • 筋肉痛,脱力感,CK(CPK)上昇,血中及び尿中ミオグロビン上昇を特徴とする横紋筋融解症があらわれることがあるので,このような場合には投与を中止し,適切な処置を行うこと.

緑内障(頻度不明):

  • 緑内障発作があらわれることがあるので,視力低下,眼痛等があらわれた場合には投与を中止し,適切な処置を行うこと.

薬効薬理

  • サリチルアミドはラット尾部に対する輻射熱刺激法での実験でアスピリンの7.5倍,アンチピリンの2倍疼痛閾値の上昇を示した.5)
  • アセトアミノフェンは,ウサギで電気ショックによる疼痛閾値の上昇,ラットでフェナセチンと同等の鎮痛作用,また,イヌ,モルモットにおいて解熱作用が認められている.6)
  • カフェインは,大脳皮質で感覚受容能及び精神機能の亢進をきたし,疲労感や眠気を除去する.また,脳の血流量を減少して脳脊髄圧を低下することによるかあるいは脳内細動脈に対する作用により頭痛緩解作用を示す.7)さらに,鎮痛剤に対する補助作用を有する(ヒト).8)
  • プロメタジンは強力な抗ヒスタミン作用(H1-拮抗薬,ジフェンヒドラミンの約30倍)を示し,他に抗アナフィラキシーショック作用,抗コリン作用及び抗パーキンソン作用を示す.9)

有効成分に関する理化学的知見

一般名:

  • サリチルアミド(Salicylamide)(JAN)

化学名:

  • 2-Hydroxybenzamide

分子式:

  • C7H7NO2

分子量:

  • 137.14
  • 約211℃(分解)

★リンクテーブル★
リンク元乳糖水和物」「アセトアミノフェン」「サリチル酸」「サリチル酸ナトリウム」「カフェイン
関連記事配合」「ピーエイ」「エイ

乳糖水和物」

  [★]

賦形剤
ATPdl-メチルエフェドリン塩酸塩PL配合アーチストアイデイトアイデイトロールアクタミンアクトスアクトネルアコニンサンアザニンアスコルビン酸アスゾールアストモリジン配合アスペノンアスベリンアセトアミノフェンアテノートアドリアシンアトルバスタチンアナストロゾールアニスタジンアプリトーンアベマイドアポプロンアミサリンアミプリンアモペニキシンアリーゼS配合アリセプトアリチア配合アルフロシンアレギサールアレファリンアレルギンアロシトールアロプリノールアンブロンイソパール・P配合イダマイシンイトプリド塩酸塩イプリフラボンイミダプリル塩酸塩イミドールイリコロンM配合インヒベースウテメックウブテックウルサミックウルソウルソトランウルペティックエイムゲン エースコールエカテリシンエクセラーゼ配合エストリオールエチゾラムエチゾランエトドラクエナラートエナラプリルマレイン酸塩エバスチンエピカルスS配合エピカルス配合エビプロスタット配合エフェドリン塩酸塩エフォリンエホチールエリーテンエルサメット配合エレンタールP乳幼児用配合エレンタール配合エンセバックエンテラーゼ配合オーネスN配合オーネスSP配合オーネスST配合オーネスSZ配合オステンおたふくかぜ生ワクチンオフタルムK配合カオルトーンガスイサンガスポートカズマリンガスメットガスリックガスロンNカプセーフガモファーカルスロットカルタレチンカルデナリンカルバドゲンカルベジロールキョーリンAP2配合クールスパンクエチアピンクバクロングペリースクラリスロマイシングリクラジドグリノラートグリメピリドクロポリジンクロミッドクロルフェニラミンマレイン酸塩クロルプロマジン塩酸塩グロントケイラーゼS ケトブンゲファルナートケルナックゴクミシンコデインリン酸塩コナンコニールコニプロスコバステンコバテンシンコバマミドコレキサミンコレリットコロキノンコンスーンコントールコントミンサアミオンサニアーゼ配合サラザック配合サルポグレラート塩酸塩ジアイナミックスシェトラゾーナジゴキシンジゴハンジソピラミドジヒドロコデインリン酸塩ジピリダモールジフェニドール塩酸塩シロスタゾールシンベノンシンレスタールストマルコンスパクロミンスパトニンスピロノラクトンズファジランスルピリドセエルカムセチリジン塩酸塩セドリーナセナプリドセナプロストセファランチンセフジニルセフジニルセブンイー・P配合セラピエースセラピナ配合セルニルトンセレガスロンセレナミンセンセファリンセンブリ・重曹ソクワールソビラールソルイルビンゾルピデム酒石酸塩ソルファダウンテンシンタフマックE配合タムスロシン塩酸塩ODダラシンタンチパン配合チウラジールチョコラAテオロングテナキシルデパステモカプリル塩酸塩デュファストンデラキシー配合テルビナフィントーワチーム配合ドキサゾシンドキソルビシン塩酸塩ドネペジル塩酸塩トフラニールドライアーゼ配合トラベルミン配合ドラマミントランコロンP配合ドランジントリアゾラムトリクロルメチアジドトリドセラン配合トリヘキシフェニジル塩酸塩トリヘキシントリラホンドルナリントルブタミドトレキサメットトロキシンドンペリドンナーセット配合ナテグリニドナトリックスナフトジールニセルゴリンニチファーゲン配合ニトレジックニトロールRネオ・エフラーゼ配合ネオアムノール配合ノイダブルノイファンノイロビタン配合ノズレンノバミンノンネルブハーフジゴキシンKYバイカロンバイニロードハイフル配合バイロテンシンはしか生ワクチンはしか風しん混合生ワクチンパスターゼSA配合バップベリンパトコンパパベリアンパルギンバルレールハロステンハロペリドールバンコミックパントテン酸カルシウムパンピオチンパンビタン末 パンホリータピーエイ配合ピーゼットシーピオグリタゾンビオスミン配合ビオスリー配合ビオチンビオフェルミンビオフェルミンRビオフェルミン配合ビカルタミドヒシロミンヒスタールビソテートビタミンB6ビタメジン配合ヒダントールヒダントールD配合ビフロキシン配合ビホープAピラミスチンピロラクトンファスティックファモガストファモチジンファルプリルファンテゾールフィオランスフェニトインフェニルアラニン除去ミルク配合フェノバルビタールフェルターゼ配合フォリアミンフスコデ配合フッコラートプラコデ配合プラノバール配合プラバスタチンNa塩プラバスタチンナトリウムプラバメイトプラメバンプランルカストフルイトランプレドニゾロンプレドニンプレドハンプレロンプロスタリンフロセミドブロチゾラムプロノンプロパフェノン塩酸塩プロピベリン塩酸塩ブロプレスプロヘパール配合プロモーションプロルナーベイスンヘキサトロンベグリラートベゲタミン-A配合ベザフィブラートSRベザリップベスタミオンベスタリットLベストルナーベニジピン塩酸塩ペニフォーベネットベハイドRA配合ヘパンED配合ペミラストンヘモリンガルベラストリンベラパミル塩酸塩ペラプリンベラプロストNaベラプロストナトリウムベリチーム配合ベルナールベルラーベロムボインリールボグシールボグリボースポリトーゼボルトミー配合マカシーAマゴチロンマサトンマズレニンガーグルマニカロットマニジピン塩酸塩マリレオンNマレイン酸クロルフェニラミンミクトノームミデナールLミラドールメコバラミンメサフィリン配合メシル酸ドキサゾシンメタヒスロンメチルエルゴメトリンマイレン酸塩メチルエルゴメトリンマレイン酸塩メチルドパメチルホエドリンメトプリックメトリオンメバトルテメバリッチメバロチンメリシンメリストラークメロキシカムメントリースモサプリドクエン酸塩モミアロンユーリックユリロシンライドラースラクスパンラクデーンラクボンラックメロンラリルドンランソプラゾールリウマトレックスリスペリドンリセドロン酸Naリセドロン酸ナトリウムリトドリンリトドリン塩酸塩リトメリンリネステロンリンドルフリントンリン酸コデインリン酸ジヒドロコデインリン酸ピリドキサールルフレン配合レスタスレスポリートレチコランレニベースレバミピドレビンベースレプターレベニンレボフロキサシンレモナミンロイシン・イソロイシン・バリン除去ミルク配合ロキシーンロサルタンKロサルタンカリウムロラタジンワーファリンワーリンワルファリンKワルファリンカリウム塩酸クロルプロマジン塩酸トリヘキシフェニジル塩酸パパベリン塩酸プロピベリン塩酸ベニジピン塩酸ミノサイクリン乾燥弱毒生おたふくかぜワクチン乾燥弱毒生風しんワクチン乾燥弱毒生麻しん風しん混合ワクチン強力ビスラーゼ組織培養不活化狂犬病ワクチン 乳糖乳糖水和物硫酸キニジン

アセトアミノフェン」

  [★]

acetaminophen APAP
パラセタモール paracetamol
Tempraカロナールピリナジンアトミフェンアニルーメアフロギスピレチノールパラセタナパコカールサールツーカルジール、(小児坐薬)アンヒバ、(小児坐薬)アルピニー。(サリチルアミドアセトアミノフェンカフェインクロルフェニラミン)ペレックスネオアムノール配合LL配合。(サリチルアミドアセトアミノフェンカフェインプロメタジン)PL配合顆粒マリキナ配合顆粒ホグス配合顆粒ピーエイ配合セラピナ配合トーワチーム配合サラザック配合顆粒。(ジプロフィリンジヒドロコデイン、dl-メチルエフェドリン、ジフェンヒドラミンアセトアミノフェンブロモバレリル尿素)カフコデN配合。(トラマドールアセトアミノフェン)トラムセット配合。(イソプロピルアンチピリンアセトアミノフェンアリルイソプロピルアセチル尿素カフェイン)SG配合顆粒
(第2類医薬品)タイレノール Tylenol
アセトアミノフェン中毒
  • 非NSAID
  • 酸性
  • 解熱薬鎮痛薬。抗炎症作用はない!!
  • 消化管に対する副作用はアスピリンよりかなり少ない。
  • 小児の解熱の第一選択薬 ← ex. インフルエンザ患児にアスピリンを投与しReye syndromeの発症

動態

  • CYP2E1で分解される

副作用

  • ピリン系より副作用が少ない
  • 腎障害

サリチル酸」

  [★]

salicylic acid, salicylate
acidum salicylicum
GSプラスターMS温シップMS冷シップPL配合アスピリンアスモロールアルミノニッパスイージプラスタイソジンガーグルエアーサロンパスガシクロンカシミタールカシワドールカフコデN配合サイリジンサラザック配合サルソニンザルソロイチンザルソロンザルチロンジカベリンジノリンジブカルソーシボンスチックゼノールスピール膏ゼスタックセラピナ配合タイオゼットデスパコーワトーワチーム配合トラベルミン配合トリガインニッパスカルシウムネオザルベリンネオビタカインハーネシップハイアラージンハイシップハウゼマイムパステルハップパステル温感ハップハフトロンピーエイ配合ビーセルファピリツインピレチアヘパルスボーンワックスマイオビューマリキナ配合ミルサート温シップミルサート冷シップメンタームQモービリンヤスラミン
サリチル酸ナトリウム
サリチル酸塩サリチル酸エステル
皮ふ軟化剤(腐しょく剤を含む。)

サリチル酸ナトリウム」

  [★]

sodium salicylate
GSプラスターCMS温シップMS冷シップPL配合アスピリンアスモロールパップアルミノニッパスカルシウムイージプラスタエアーサロンパスガシクロンカシミタールカシワドールカフコデN配合サイリジンサラザック配合サリチル酸サリチル酸メチルサリチル酸ワセリンサルソニンザルソロイチンザルソロンザルチロンジカベリンジブカルソーシボンNスチックゼノールスピール膏ゼスタックセラピナ配合タイオゼットデスパコーワトーワチーム配合トラベルミン配合トリガインニッパスカルシウムネオザルベリンネオビタカインハーネシップハイシップハウゼマイムパステルハップパステル温感ハップハフトロンピーエイ配合ビーセルファピリツインピレチアヘパルスボーンワックスマイオビューマリキナ配合ミルサート温シップミルサート冷シップメンタームQモービリンヤスラミンヤンヤン温パップヤンヤン冷パップ

カフェイン」

  [★]

caffeine
coffeinum
メチルテオブロミン methyltheobromine, 1,3,7-トリメチルキサンチン 1,3,7-trimethylxanthine
PL配合無水カフェイン LL配合シロップ小児用アンナカカフェイン水和物キョーリンAP2配合クリアミン配合サラザック配合セラピナ配合セラピナ配合トーワチーム配合ネオアムノール配合ヒダントールD配合ピーエイ配合ピーエイ配合ピーエイ配合ピーエイ配合ペレックス配合マリキナ配合マリキナ配合ミグレニン ラコールNF配合ラコール配合安息香酸ナトリウムカフェイン 幼児用PL配合
メチルキサンチン安息香酸ナトリウムカフェイン


概念

配合」

  [★]

compoundcombinationmixturecompound
化合物組み合わせ混合混合物コンパウンド複方併用化合合併コンビネーション組合せ

ピーエイ」

  [★] アセトアミノフェンカフェインプロメタジンサリチルアミド

エイ」

  [★]

Ey, (海棲動物)エイ亜区 Batoidea