無水カフェイン

anhydrous caffeine
LL配合PL配合キョーリンAP2配合クリアミン配合サラザック配合セラピナ配合トーワチーム配合ネオアムノール配合ピーエイ配合ペレックス配合マリキナ配合小児用ペレックス配合無水カフェイン幼児用PL配合
カフェイン


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

Japanese Journal

  • ケロリン^[○!R]が原因と考えられたAcute Generalized Exanthematous Pustulosisの1例
  • 吉田 幸恵,村山 直也
  • アレルギー 56(10), 1298-1300, 2007-10-30
  • … 78歳,女性.咳,発熱あり近医受診し,レボフロキサシン,カルボシステイン,感冒薬(サリチルアミド,アセトアミノフェン,無水カフェイン,メチレンジサリチル酸プロメタジン)を処方された.その翌日より躯幹の紅斑が出現し,皮疹は拡大傾向を示した.間擦部を中心に毛孔非一致性の小膿庖が紅斑上に多数存在し,組織学的には角層下膿庖であった.3剤を中止し,一旦軽快するも,皮疹の再燃をみた.再度の問診にて,市販薬ケロリン^[ …
  • NAID 110006437785
  • アリルイソプロピルアセチル尿素 (AIAU) と無水カフェインの drug combination による固定薬疹の1例
  • エスタロンモカによる急性無水カフェイン中毒の1例

Related Links

無水カフェインとは?効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も調べられる(おくすり110番:薬事典版) ... 概説 眠気をとったり、頭痛をやわらげるお薬です。 作用 脳の神経に興奮的に作用し、精神活動をよくします。眠気や疲労感を ...
カフェインはコワイよぉ!無水カフェインの致死量は5~10グラム。詳しく知りたいなら開くがいいこの扉を。カフェインを摂取すると、脳血管への収縮作用がおこり、この結果、頭痛などの鎮痛につながります。しかし、カフェインが ...
無水カフェイン/成分ディクショナリーでは、無水カフェインについて解説しております。また「無水カフェイン」を含む、エスエス製薬の製品についても掲載いたしております。 ... 中枢神経を刺激することによって眠気や疲労感を ...


Related Pictures

無水カフェイン無水カフェイン [むすいかふ 無水 カフェイン無水カフェインを主薬とし  無水カフェイン(DUOFLAM PLUS)錠無水カフェインについて

Japan Pharmaceutical Reference

薬効分類名

  • 感冒剤

販売名

ピーエイ配合錠

組成

成分・分量(1錠中)

  • サリチルアミド 135mg
    アセトアミノフェン 75mg
    無水カフェイン 30mg
    プロメタジンメチレンジサリチル酸塩 6.75mg

添加物

  • 乳糖水和物,ヒドロキシプロピルセルロース,クロスカルメロースNa,タルク,ステアリン酸Mgを含有する.

禁忌

  • 本剤の成分,サリチル酸製剤(アスピリン等),フェノチアジン系化合物又はその類似化合物に対し過敏症の既往歴のある患者
  • 消化性潰瘍のある患者〔本剤中のサリチルアミドは消化性潰瘍を悪化させるおそれがある.〕
  • アスピリン喘息又はその既往歴のある患者〔本剤中のサリチルアミドはアスピリン喘息を誘発するおそれがある.〕
  • 昏睡状態の患者又はバルビツール酸誘導体・麻酔剤等の中枢神経抑制剤の強い影響下にある患者〔本剤中のプロメタジンメチレンジサリチル酸塩は,昏睡状態の増強・持続,中枢神経抑制作用の増強や麻酔剤の作用時間の延長を来すおそれがある.〕
  • 緑内障の患者〔本剤中のプロメタジンメチレンジサリチル酸塩は抗コリン作用を有し,緑内障を悪化させるおそれがある.〕
  • 前立腺肥大等下部尿路に閉塞性疾患のある患者〔本剤中のプロメタジンメチレンジサリチル酸塩は抗コリン作用を有し,排尿困難を悪化させるおそれがある.〕
  • 2歳未満の乳幼児(「小児等への投与」の項参照)
  • 重篤な肝障害のある患者〔本剤中のアセトアミノフェンにより肝障害が悪化するおそれがある.〕

効能または効果

感冒もしくは上気道炎に伴う下記症状の改善及び緩和

  • 鼻汁,鼻閉,咽・喉頭痛,頭痛,関節痛,筋肉痛,発熱
  • 通常,成人には1回2錠を1日4回経口投与する.

なお,年齢,症状により適宜増減する.

慎重投与

  • 肝障害,腎障害のある患者〔本剤中のアセトアミノフェンの代謝が遅延し,肝障害,腎障害を悪化させるおそれがある.〕
  • 出血傾向のある患者〔本剤中のサリチルアミドにより血小板機能異常を起こすおそれがある.〕
  • 気管支喘息のある患者〔本剤中のサリチルアミドにより喘息を悪化させるおそれがある.〕
  • アルコール多量常飲者〔肝障害があらわれやすくなる.(「相互作用」の項参照)〕
  • 絶食・低栄養状態・摂食障害等によるグルタチオン欠乏,脱水症状のある患者〔肝障害があらわれやすくなる.〕

重大な副作用

ショック,アナフィラキシー様症状(0.1%未満):

  • ショック,アナフィラキシー様症状(呼吸困難,全身潮紅,血管浮腫,蕁麻疹等)を起こすことがあるので,観察を十分に行い,異常が認められた場合には投与を中止し,適切な処置を行うこと.

中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN),皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)(0.1%未満),急性汎発性発疹性膿疱症(頻度不明),剥脱性皮膚炎(0.1%未満):

  • このような副作用があらわれることがあるので,観察を十分に行い,異常が認められた場合には投与を中止し,適切な処置を行うこと.

再生不良性貧血(0.1%未満),汎血球減少,無顆粒球症,溶血性貧血,血小板減少(いずれも頻度不明):

  • 再生不良性貧血,汎血球減少,無顆粒球症,溶血性貧血,血小板減少があらわれることがあるので,観察を十分に行い,異常が認められた場合には投与を中止し,適切な処置を行うこと.

喘息発作の誘発(頻度不明):

  • 喘息発作を誘発することがある.

間質性肺炎(0.1%未満),好酸球性肺炎(頻度不明):

  • 間質性肺炎,好酸球性肺炎があらわれることがあるので,観察を十分に行い,咳嗽,呼吸困難,発熱,肺音の異常等が認められた場合には,速やかに胸部X線,胸部CT,血清マーカー等の検査を実施すること.異常が認められた場合には投与を中止し,副腎皮質ホルモン剤の投与等の適切な処置を行うこと.

劇症肝炎,肝機能障害,黄疸(いずれも頻度不明):

  • 劇症肝炎,肝機能障害,黄疸があらわれることがあるので,異常が認められた場合には投与を中止し,適切な処置を行うこと.

乳児突然死症候群(SIDS),乳児睡眠時無呼吸発作(いずれも頻度不明):

  • プロメタジン製剤を小児(特に2歳未満)に投与した場合,乳児突然死症候群(SIDS)及び乳児睡眠時無呼吸発作があらわれたとの報告がある.

間質性腎炎,急性腎不全(いずれも頻度不明):

  • 間質性腎炎,急性腎不全があらわれることがあるので,観察を十分に行い,異常が認められた場合には投与を中止し,適切な処置を行うこと.

横紋筋融解症(頻度不明):

  • 筋肉痛,脱力感,CK(CPK)上昇,血中及び尿中ミオグロビン上昇を特徴とする横紋筋融解症があらわれることがあるので,このような場合には投与を中止し,適切な処置を行うこと.

緑内障(頻度不明):

  • 緑内障発作があらわれることがあるので,視力低下,眼痛等があらわれた場合には投与を中止し,適切な処置を行うこと.

薬効薬理

  • サリチルアミドはラット尾部に対する輻射熱刺激法での実験でアスピリンの7.5倍,アンチピリンの2倍疼痛閾値の上昇を示した5)
  • アセトアミノフェンは,ウサギで電気ショックによる疼痛閾値の上昇,ラットでフェナセチンと同等の鎮痛作用,また,イヌ,モルモットにおいて解熱作用が認められている6)
  • カフェインは,大脳皮質で感覚受容能及び精神機能の亢進を来し,疲労感や眠気を除去する.また,脳の血流量を減少して脳脊髄圧を低下することによるかあるいは脳内細動脈に対する作用により頭痛緩解作用を示す7).更に,鎮痛剤に対する補助作用を有する(ヒト)8)
  • プロメタジンは強力な抗ヒスタミン作用(H1-拮抗薬,ジフェンヒドラミンの約30倍)を示し,他に抗アナフィラキシーショック作用,抗コリン作用及び抗パーキンソン作用を示す9)

有効成分に関する理化学的知見

一般名:

  • サリチルアミド(Salicylamide)(JAN)

化学名:

  • 2-Hydroxybenzamide

分子式:

  • C7H7NO2

分子量:

  • 137.14
  • 約211℃(分解)

★リンクテーブル★
リンク元強心剤」「ネオアムノール配合」「トーワチーム配合」「ペレックス配合」「LL配合
関連記事カフェイン」「無水」「カフ

強心剤」

  [★]

cardiac stimulantcardiotoniccardiotonics
強心強心性強心薬心保護薬

商品

ネオアムノール配合」

  [★] サリチルアミドアセトアミノフェン無水カフェイン(カフェイン)、クロルフェニラミンマレイン酸塩(クロルフェニラミン)

総合感冒剤

トーワチーム配合」

  [★] サリチルアミドプロメタジンメチレンジサリチル酸塩(プロメタジン)、アセトアミノフェン無水カフェイン(カフェイン)

総合感冒剤

ペレックス配合」

  [★] サリチルアミドアセトアミノフェン無水カフェインクロルフェニラミンマレイン酸塩(クロルフェニラミン)

総合感冒剤

LL配合」

  [★] クロルフェニラミンマレイン酸塩(クロルフェニラミン)、アセトアミノフェンサリチルアミド無水カフェイン(カフェイン)

カフェイン」

  [★]

caffeine
coffeinum
メチルテオブロミン methyltheobromine, 1,3,7-トリメチルキサンチン 1,3,7-trimethylxanthine
PL配合無水カフェイン LL配合シロップ小児用アンナカカフェイン水和物キョーリンAP2配合クリアミン配合サラザック配合セラピナ配合セラピナ配合トーワチーム配合ネオアムノール配合ヒダントールD配合ピーエイ配合ピーエイ配合ピーエイ配合ピーエイ配合ペレックス配合マリキナ配合マリキナ配合ミグレニン ラコールNF配合ラコール配合安息香酸ナトリウムカフェイン 幼児用PL配合
メチルキサンチン安息香酸ナトリウムカフェイン


概念

無水」

  [★]

anhydrous、(アルコール)absolute
絶対的無条件絶対

カフ」

  [★]

cuff
半月
袖口