SSRI

選択的セロトニン再取り込み阻害薬

PrepTutorEJDIC

  1. Soviet Socialist Republicソビエト社会主義共和国

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/02/13 16:36:06」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

English Journal

  • Mood and personality effects in healthy participants after chronic administration of sertraline.
  • Simmons JG, Allen NB.AbstractBACKGROUND: Selective serotonin reuptake inhibitors (SSRIs) are utilised in the treatment of a wide range of disorders but the neuropsychological basis of their therapeutic efficacy remains unclear. In this study we examine the impact of 3weeks administration of sertraline, an SSRI, on mood and personality in a group of healthy volunteers to understand the effect of these agents in the absence of clinical disorder.
  • Journal of affective disorders.J Affect Disord.2011 Nov;134(1-3):377-85. Epub 2011 Jul 2.
  • BACKGROUND: Selective serotonin reuptake inhibitors (SSRIs) are utilised in the treatment of a wide range of disorders but the neuropsychological basis of their therapeutic efficacy remains unclear. In this study we examine the impact of 3weeks administration of sertraline, an SSRI, on mood and pers
  • PMID 21724265
  • Functional MRI correlates of visuospatial planning in out-patient depression and anxiety.
  • van Tol MJ, van der Wee NJ, Demenescu LR, Nielen MM, Aleman A, Renken R, van Buchem MA, Zitman FG, Veltman DJ.SourceDepartment of Psychiatry, Leiden University Medical Center, Leiden Leiden Institute for Brain and Cognition, Leiden University, Leiden BCN Neuroimaging Center, University Medical Center Groningen, University of Groningen, Groningen, The Netherlands Department of Psychiatry and Psychotherapy, RWTH Aachen University, Aachen, Germany Department of Radiology, Leiden University Medical Center, Leiden Department of Psychiatry, VU University Medical Center, Amsterdam, The Netherlands.
  • Acta psychiatrica Scandinavica.Acta Psychiatr Scand.2011 Oct;124(4):273-84. doi: 10.1111/j.1600-0447.2011.01702.x. Epub 2011 Apr 12.
  • van Tol MJ, van der Wee NJA, Demenescu LR, Nielen MMA, Aleman A, Renken R, van Buchem MA, Zitman FG, Veltman DJ. Functional MRI correlates of visuospatial planning in out-patient depression and anxiety. Objective:? Major depressive disorder (MDD) has been associated with executive dysfunction and
  • PMID 21480834

Japanese Journal

  • めまい集団リハビリテーションとSSRIの併用療法(第1報)
  • 新井 基洋,五島 史行,保坂 隆
  • 心身医学 51(5), 416-423, 2011-05-01
  • … 集団めまいリハビリテーションとSSRIの併用療法によるQOLの改善内容を明らかにする目的でレトロスペクティブな検討を行った.対象は入院治療前にSDS検査を全例施行し,SDS≧50をうつ状態群,50>SDS≧40を抑うつ傾向群,40>SDSを正常群の3群に分けて検討した.治療は全例にめまい薬物治療としてbetahistine mesilate(メリスロン^[○!R])18mg/日とATP製剤(10%アデホス顆粒^[○!R])3g/日の内服と集団めまいリハビリテーション併用加療を施 …
  • NAID 110008607729
  • 妊娠後期に使用する薬剤の胎児・新生児への影響 (特集 妊娠と薬物療法)

Related Links

「SSRI離脱症候群」も参照 ... SSRIには食欲不振や体重増加、または減少、性欲異常 などの副作用が比較的多くみられる。 ... 薬力価、服用量に比例する)抗うつ薬「 スタビライザー」の中ではSSRIは取扱が楽であるが、双極性障害(躁うつ病)には非常に 慎重な ...


Related Pictures

SSRI作用のしくみ主な副作用)―口渇、便秘 Actos Risperdal SSRI Antidepressants Yaz Definition of « SSRI »Ssri - Image of SSRI 再 利用 されます ssri は



★リンクテーブル★
国試過去問105G063」「110D041」「111D054」「108B047」「111I029
リンク元抗利尿ホルモン不適合分泌症候群」「セロトニン症候群」「パロキセチン」「強迫性障害」「パニック障害
関連記事SS」「SSR」「SSRIs

105G063」

  [★]

  • 次の文を読み、62-64の同いに答えよ。
  • 15歳の女子。いらいらして暴力を振るうことを心配した母親に伴われて来院。
  • 現病歴   中学2年になり、友人関係でトラブルが起こったころから食欲がなくなり、学校を休みがちになった。自分の部屋でいやな友人の顔が浮かぶと、そのときしていた行為を最初からやり直すようになった。不潔になったことを気にして頻回に手を洗うようになった。その後も学校では普通の生括を送っていたが、家では自分だけでなく母親に同じ言葉や行動を繰り返させ、母親が正確にやり直せないとパニックを起こしたり、暴力を振るったりするようになった。
  • 生育歴   3歳時に両親が離婚し、母親と弟との3人暮らし。小学校では成績も優秀で友人も多く、何事にも積極的な性格であった。中学で進学校に入学し、学業とスポーツに打ち込んでいた。
  • 現症   意識は清明。身長156cm、体重49kg。体温36.2℃。呼吸数16/分。脈拍72/分、整。血圧98/60mmHg。皮膚は冷たく乾燥している。手が荒れている。
  • 検査所見  尿、血液検査所見に異常を認めない。
  • 薬物治療として第一選択になるのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 105G062]←[国試_105]→[105G064

110D041」

  [★]

  • 75歳の女性。物忘れを主訴に夫に連れられて来院した。2年前から物忘れが目立つようになり、何度も同じことを尋ねるようになった。買い物で同じ物を買ってくることがあり、そのことを指摘しても適当にはぐらかすようになった。また料理も簡単なものしか作らなくなり、心配した夫に連れられて受診した。大学卒業後、市役所に勤務し、60歳で定年退職した。その後、地域の婦人会活動を活発に行っていたが、最近は外出することがほとんどない。既往歴に特記すべきことはない。診察時、疎通性は比較的良好であるが、時間と場所の見当識障害がみられる。改訂長谷川式簡易知能評価スケールは11点(30点満点)である。その他の神経学的所見に異常を認めない。血液生化学所見に異常を認めない。頭部MRIで両側海馬の萎縮を認める。
  • この患者に対する治療薬として適切なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 110D040]←[国試_110]→[110D042

111D054」

  [★]

  • 22歳の男性。恐怖感を主訴に来院した。中学3年生の11月、高校受験でストレスを感じていた。そのころ友人と一緒に食事をした際、喉が詰まったような感じで飲み込みにくくなった。その後も友人との食事の際、同じような状態が続き、外食をすると全く食事が喉を通らなくなった。さらに見られているような気がして手が震えるようになった。家では普通に食事ができる。このため、大学入学後は友人と遊ぶことがほとんどない。今回就職を控え、仕事に支障が出るのではないかと考え受診した。診察時、質問に対して的確に回答し、陰うつなところはみられない。「自分でも気にすることはないと分かっているのに、何でこんなに緊張して食事ができないのか分からない」と述べる。神経学的所見を含めて身体所見に異常を認めない。
  • 治療薬として適切なのはどれか。2つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 111D053]←[国試_111]→[111D055

108B047」

  [★]

  • 14歳の男子。家庭や学校で反抗的な態度が目立つことを主訴に学校から勧められ、母親に伴われて来院した。半年前から特に母親に対して反抗的で、注意をすると怒鳴り、家具を叩くことが多いという。学校でも担任教師に時々反抗的な態度をとるが、暴力を振るうことはない。欠席はなく成績は中程度であり、バスケットボール部の活動には積極的に参加している。診察場面では礼節は保たれており、穏やかに会話をする。身体診察では異常所見を認めない。
  • 対応として適切なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 108B046]←[国試_108]→[108B048

111I029」

  [★]

  • 統合失調症について正しいのはどれか。2つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 111I028]←[国試_111]→[111I030

抗利尿ホルモン不適合分泌症候群」

  [★]

syndrome of inappropriate secretion of antidiuretic hormone, (国試)SIADH
syndrome of inappropriate secretion of antidiuresis, SIAD
抗利尿ホルモン不適合分泌ADH不適合分泌症候群 inappropriate antidiuretic hormone secretion inappropriate secretion of antidiuretic hormone syndrome inappropriate ADH syndrome IADHS、シュワルツ・バーター症候群 Schwartz-Bartter syndrome抗利尿ホルモン分泌異常症不適切ADH分泌症候群
syndrome of inappropriate ADHsyndrome of inappropriate ADH secretionsyndrome of inappropriate antidiuretic hormonesyndrome of inappropriate antidiuretic hormone secretionsyndrome of inappropriate diuresissyndrome of inappropriate secretion of ADHsyndrome of inappropriate secretion of antidiuretic hormone
バソプレシン AVP


病因

  • 抗利尿ホルモンの不適切な分泌。
  • 1. 抗利尿ホルモンが分泌される血漿浸透圧の閾値が異常となっている ← セットポイントの異常
  • 2. 何らかの原因によって、恒常的に抗利尿ホルモンが分泌されている

HIM.2222改変

  • 悪性腫瘍
  • 癌腫:肺、十二指腸、膵臓、卵巣、膀胱・尿路系
  • その他:胸腺腫、中皮腫、気管支腺腫、カルチノイド、gangliocytoma、ユーイング肉腫
  • 頭部外傷
  • 感染症
  • 血管障害
  • 神経疾患
  • 先天奇形
  • 代謝異常
  • 薬剤性

病態生理

なぜ、waterのreabsorptionが増えるにもかかわらず、血圧が上昇しないの?
HIM.2222
  • 何らかの原因による不適切な抗利尿ホルモンの分泌 → 水の過剰な保持 →
1. → 細胞外液の増加 → (1)糸球体濾過量の増加と心房性利尿ペプチドの分泌、(2)レニン活性の抑制(supresses plasma renin activity)、(3)尿ナトリウム排泄の増加
細胞外液の増加を相殺しているが、その代償としてナトリウムを喪失し、低ナトリウム血症の増悪に繋がっている。 ← このために血圧は正常で、浮腫も起きないし、体液量も増えないと。
2. → 低ナトリウム血症 → 脳を含めた全身の細胞内液の増加 → 頭蓋内圧が亢進 → 急性水中毒症状
2-3日で脳の組織から水が排除されて症状が寛解する。
上記メカニズムに追加。
3. 1.の通り、循環血漿量の増加を招き、RAA系抑制などが起こる → 近位尿細管でのNa、水吸収低下(近位尿細管でのNa再吸収にはアンジオテンシンIIが関与) → 尿酸の再吸収低下、尿排泄増加(近位尿細管での挙動はNa、水と同じ、らしい) → 低尿酸血症

症状

低ナトリウム血症に基づくもの
尿量は変化がない  ←  水の再吸収が亢進しているため??

検査

診断基準

  • 1.低ナトリウム血症:血清ナトリウム濃度は135mEq/Lを下回る。
  • 2.血漿バゾプレシン値:血清ナトリウムが135mEq/L未満で、血漿バゾプレシソ値が測定感度以上である。
  • 3.低浸透圧血症:血漿浸透圧は280mOsm/kgを下回る。 ← 基準値:275-295 mOsmol/kg serum water(HIM.A)
  • 4.高張尿:尿浸透圧は300mOsm/kgを上回る。 ← 基準値:50-1200 mOsm/l (QB) , 500-800 mOsmol/kg water(HIM.A)
  • 5.ナトリウム利尿の持続:尿中ナトリウム濃度は20mEq/L以上である。
  • 6.腎機能正常:血清クレアチニンは1.2mg/dl以下である。
  • 7.副腎皮質機能正常:早朝空腹時の血清コルチゾールは6μg/dl以上である。

鑑別診断

  • 低ナトリウム血症を呈する疾患・病態を除外する

治療

参考1
  • 1.根治療   : 原疾患の治療を行う。
  • 2.水分摂取制限: 1日の総水分摂取量を体重1 kg当り15~20 mlに制限する。
  • 3.Na摂取   :食塩を経口的または非経口的に1日200 mEq以上投与する。
  • 4. 自由水排泄 :重症低ナトリウム血症(120 mEq/L以下)で中枢神経系症状を伴うなど速やかな治療を必要とする場合はフロセミドを随時10~20 mg静脈内に投与し、尿中ナトリウム排泄量に相当する3%食塩水を投与する。その際、橋中心髄鞘崩壊を防止するために1日の血清ナトリウム濃度上昇は10 mEq/L以下とする。
  • 5.ADH拮抗阻害薬:異所性バゾプレシン産生腫瘍に原因し、既存の治療で効果不十分な場合に限り、成人にはモザバプタン塩酸塩錠(30 mg)を1日1回1錠食後に経口投与する。投与開始3日間で有効性が認められた場合に限り、引き続き7日間まで継続投与することができる。
  • 6.ADH拮抗阻害薬:デメクロサイクリンを1日600~1,200 mg経口投与する。
注意:急速な低Na血症の補正は橋中心髄鞘崩壊 CPMをきたす。
ADH拮抗薬としては抗菌薬のデメクロサイクリン(レダマイシン)や抗てんかん薬ジフェニルヒダントイン(フェニトイン)が使われることがあった

参考

  • 診療と治療の手引き
http://square.umin.ac.jp/endocrine/tebiki/001/001008.pdf

国試



不適切ADH分泌症候群

セロトニン症候群」

  [★]

serotonin syndrome
セロトニンセロトニン受容体


概念

  • 抗うつ薬(特に SSRI と呼ばれる選択的セロトニン再取り込み阻害薬。≒セロトニン受容体作動薬)などのセロトニン系の薬物を服用中に出現する副作用
  • 精神症状(不安、混乱する、いらいらする、興奮する、動き回るなど)
  • 錐体外路症状(手足が勝手に動く、震える、体が固くなるなど)
  • 自律神経症状(汗をかく、発熱、下痢、脈が速くなるなど)
  • 服薬開始数時間以内に症状が表れることが多い
  • 服薬を中止すれば24時間以内に症状は消失
  • 「不安」、「混乱する」、「いらいらする」に加えて以下の症状がみられる場合に医療機関受診を推奨している(参考1)
  • 「興奮する」、「動き回る」、「手足が勝手に動く」、「眼が勝手に動く」、「震える」、「体が固くなる」、「汗をかく」、「発熱」、「下痢」、「脈が速くなる」

原因となりうる薬剤

トリプトファンアンフェタミンコカインMDMALSDレボドパカルビドパトラマドールペンタゾシンメペリジンSSRISNRITCAMAO阻害薬リネゾリド、5-HT3阻害薬(オンダンセトロングラニセトロン)、メトクロプラミド(プリンペラン)、バルプロ酸カルバマゼピンシブトラミン(やせ薬)、シクロベンザプリン(中枢性筋弛緩)デキストロメルファン、(メジコン)、ブスピロン(5-HT1A阻害薬、抗不安薬)、トリプタン製剤エルゴタミンフェンタニルリチウム

診断基準

QJM. 2003 Sep;96(9):635-42

Hunter criteria

感度84%, 特異度97%

参考

  • 1. 重篤副作用疾患別対応マニュアル
[display]http://www.pmda.go.jp/files/000144659.pdf

パロキセチン」

  [★]

paroxetine
塩酸パロキセチン水和物 paroxetine hydrochloride hydrate
パキシル, Paxil
精神神経用剤

分類

適応

  • うつ病・うつ状態、パニック障害、強迫性障害、社会不安障害

禁忌

  • 1. 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
  • 2. MAO阻害剤を投与中あるいは投与中止後2週間以内の患者(「相互作用」及び「重大な副作用」の項参照)
  • 3. チオリダジンを投与中の患者
  • 4. ピモジドを投与中の患者

副作用

  • うつ病・うつ状態患者、パニック障害患者、強迫性障害患者及び社会不安障害患者を対象とした本邦での臨床試験において、総症例1424例中975例(68.5%)に臨床検査値異常を含む副作用が報告された。その主なものは、傾眠336例(23.6%)、嘔気268例(18.8%)、めまい186例(13.1%)、頭痛132例(9.3%)、便秘113例(7.9%)であった(承認時)。
  • うつ病・うつ状態患者、パニック障害患者を対象とした使用成績調査及び強迫性障害患者を対象とした特定使用成績調査において、3239例中503例(15.5%)に臨床検査値異常を含む副作用が報告された。その主なものは、嘔気157例(4.8%)、傾眠120例(3.7%)、食欲不振42例(1.3%)、めまい42例(1.3%)であった(第13回安全性定期報告時)。

添付文書

[display]http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/1179041F1025_2_23/

強迫性障害」

  [★]

obsessive compulsive
obsessive-compulsive disorder, OCD
強迫神経症 obsessive-compulsive neurosis
ICD-10
F42
神経症性障害 neurotic disorder
制縛神経症(anankastic neurosis強迫神経症(obsessional neurosis)、強迫性神経症(obsessive-compulsive neurosis)


ICD-10

F42.0

強迫思考あるいは反復思考を主とするもの Predominantly obsessional thoughts or ruminations

F42.1

強迫行為(強迫儀式)を主とするもの Predominantly compulsive acts [obsessional rituals]

F42.2

強迫思考および強迫行為が混合するもの Mixed obsessional thoughts and acts

F42.8

他の強迫性障害 Other obsessive-compulsive disorders

F42.9

強迫性障害,特定不能のもの Obsessive-compulsive disorder, unspecified

疫学

  • 生涯有病率:2-3%
  • 性差:成人- 性差無し。思春期では男性の方が多い。
  • 発症年齢:20歳前後(男性の方が幾分長い)

症状

診断

  • 1. 無意味あるいは不合理な観念が
  • 2. 自分の意志によってではなくひとりでに、あるいは自分の意志に反して出現し
  • 3. その観念を払いのけようとしても払いのけることができず
  • 4. 無理に押さえようとすると強い不快や不安の感情が起こる

治療

国試

パニック障害」

  [★]

panic disorder
恐慌性障害
他の不安障害神経症性障害不安障害広場恐怖

概念

疫学

  • 生涯有病率
  • パニック障害:3.8%
  • パニック発作:5.6%
  • 性差:女性の方が2-3倍多い
  • 発症年齢:一般的には若年青年期(平均年齢は25歳前後)

分類

DSM-IV-TR

  • 広場恐怖を伴うパニック障害
  • 広場恐怖を伴わないパニック障害
  • パニック障害の既往歴のない広場恐怖


症状

  • 10分ほどで急速に症状が増悪し、通常20-30分持続する
  • 切迫した死と破滅の感覚と極度の恐怖
  • 頻脈、動悸、呼吸困難、および発汗などを伴う
  • 発作間期の「また発作が起こるのではないか」という不安

鑑別診断

治療

  • 薬物療法:

SS」

  [★]

SSR」

  [★]


 

SSRIs」

  [★] 選択的セロトニン再取り込み阻害薬 selective serotonin reuptake inhibitors