抗Parkinson病薬


WordNet

  1. British historian noted for ridicule of bureaucracies (1909-1993) (同)C. Northcote Parkinson, Cyril Northcote Parkinson
  2. English surgeon (1755-1824) (同)James Parkinson

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

Japanese Journal

  • Motor fluctuationの治療と新しい抗Parkinson病薬--Zonisamide (第1土曜特集 Parkinson病--最新動向) -- (臨床編)

Related Links

抗パーキンソン病薬 パーキンソン病、薬剤性パーキンソン症候群、その他のパーキンソン症候群(脳炎、脳血管障害等による)の治療に用いられます。 精神科領域では、抗精神病薬の副作用として出現する、薬剤性パーキンソン ...
ファイザー株式会社による、パーキンソン病の患者さんとご家族のための情報サイトです。ドパミンが減ってしまったことにより過剰になっているアセチルコリンの働きを抑える抗コリン薬の特徴や副作用等についてご説明して ...


Related Pictures

パーキンソン病」に関する 抗パーキンソン病薬パーキンソン病、パ-キンソン 介護支援】ケアマネ試験から パーキンソン病は、脳神経系の 高齢化とともに増え続けている



★リンクテーブル★
国試過去問105B056」「111D054」「103A044」「103A013」「098G102
関連記事」「」「Parkinson

105B056」

  [★]

  • 次の文を読み、 56-58の問いに答えよ。
  • 75歳の男性。不穏状態のため家族に伴われて来院した。
  • 現病歴   3年前からParkinson病の診断で内服治療中であった。 1週前から水様下痢微熱とがあり、食欲がなく水分摂取も不十分であった。 3日前から内服をすべて中断している。昨日から39℃台の発熱が出現し、身体が硬くなって起き上がることができなくなった。眼前に小さな虫がいると言い、振り払うような動作を繰り返し、徐々に不穏状態となってきた。
  • 既往歴   5年前から脂質異常症で内服治療中。
  • 生活歴   72歳の妻との2人暮らし。喫煙は20歳から20本/日を30年間。飲酒は週に1回、日本酒2台程度。
  • 家族歴   特記すべきことはない。
  • 現 症  意識レベルはJCS II-20。身長164cm、体重52kg。体温39.2℃。脈拍124/分、整。血圧86/60mmHg。口腔内は乾燥している。四肢に強い筋強剛があり、右上肢に静止時振戦を認める。腱反射は正常である。
  • 検査所見:血液所見:赤血球 508万、Hb 14.8g/dl、Ht 48%、白血球 9,500、血小板 22万。血液生化学所見:血糖 86mg/dl、HbA1c 5.1%(基準4.3-5.8)、総蛋白 7.2g/dl、アルブミン 3.8g/dl、尿素窒素 56mg/dl、クレアチニン 1.4mg/dl、尿酸 8.9mg/dl、総コレステロール 160mg/dl、トリグリセリド 156mg/dl、総ビリルビン 1.0mg/dl、 AST 86IU/l, ALT 40IU/l、 LD 420IU/l(基準176-353)、ALP 180IU/l(基準115-359)、CK 820IU/l(基準60-196)、Na 147mEq/l、K 4.2mEq/l、Cl 101mEq/l、Ca 9.2mg/dl。CRP 1.2mg/dl。胸部エックス線写真に異常を認めない。
  • この患者の病態の誘因として考えにくいのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 105B055]←[国試_105]→[105B057

111D054」

  [★]

  • 22歳の男性。恐怖感を主訴に来院した。中学3年生の11月、高校受験でストレスを感じていた。そのころ友人と一緒に食事をした際、喉が詰まったような感じで飲み込みにくくなった。その後も友人との食事の際、同じような状態が続き、外食をすると全く食事が喉を通らなくなった。さらに見られているような気がして手が震えるようになった。家では普通に食事ができる。このため、大学入学後は友人と遊ぶことがほとんどない。今回就職を控え、仕事に支障が出るのではないかと考え受診した。診察時、質問に対して的確に回答し、陰うつなところはみられない。「自分でも気にすることはないと分かっているのに、何でこんなに緊張して食事ができないのか分からない」と述べる。神経学的所見を含めて身体所見に異常を認めない。
  • 治療薬として適切なのはどれか。2つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 111D053]←[国試_111]→[111D055

103A044」

  [★]

  • 10歳の男児。身体が勝手に動くことを主訴に両親に伴われて来院した。学校でいじめを受けたことを契機に数か月前から頸を急速に右側に回旋させたり、両肩をすくめたり、全身をびくっとさせたりする運動が始まった。鼻すすりや咳払いのほか、大きな声を突然出すこともある。これらは日に何十回と起きるが、一定時間は随意的に抑制できる。脳波検査で突発波は認めない。
  • 治療薬として適切なのはどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 103A043]←[国試_103]→[103A045

103A013」

  [★]

  • 正しいのはどれか。3つ選べ。

[正答]


※国試ナビ4※ 103A012]←[国試_103]→[103A014

098G102」

  [★]

  • 抗精神病薬による固縮・振戦に対する適切な治療薬はどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 098G101]←[国試_098]→[098G103

薬」

  [★]

drug, agent
薬物
作用薬ドラッグ媒介物病原体麻薬薬剤薬物代理人薬品

抗」

  [★]

anti
アンチ

Parkinson」

  [★]

パーキンソン