介護療養型医療施設


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/06/13 15:44:43」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

Japanese Journal

  • 介護療養型医療施設 介護療養病床の現状と推移 : これからの療養病床の在り方 (特集 平成24年度 介護報酬改定 : 改定後3~4ヵ月間の検証)
  • 介護療養型医療施設における個室ユニット化が終末期ケアに及ぼす影響(2012年日本建築学会奨励賞)

Related Links

介護療養型医療施設(療養病床)は主に医療法人が運営する医療施設で、特養や老人保健施設よりも重い要介護者などを受け入れています。特徴、よい点と悪い点、入居基準、費用、サービス、設備、手続き、入所難易度等を解説し ...
介護療養型医療施設(療養病床)の特徴や費用・料金、サービス・設備、入居条件、介護・医療体制、施設内での活動内容、入居のメリット・デメリットなどについて、はじめて老人ホーム・介護施設選びをする方にもわかりやすく ...
療養病床(介護療養型医療施設)の入居にかかる費用の考え方・内訳、自己負担額の目安を解説。初期費用(入居金)と月額費用がどれくらいかかるか分かります。有料老人ホーム・介護施設の検索サイト、LIFULL介護(ライフル介護)。


Related Pictures

介護 保険 施設 と 療養 型 病床 介護保険にはどんなサービスが 介護療養型医療施設(療養病床 介護療養型医療施設の現状くみVol.52(介護療養型医療施設 介護療養型医療施設



★リンクテーブル★
国試過去問095H021」「100G004」「099D007
リンク元認知症」「医師が関与する法律」「管理者」「介護保険
関連記事介護」「医療」「施設」「医療施設

095H021」

  [★]

  • 次の文を読み、19~21の問いに答えよ。
  • 80歳の女性。右上下肢の脱力を主訴に救急車で来院した。
  • 現病歴 : 約20年前から高血圧症を指摘され降圧薬投与を受けていた。日常生活は自立していたが、昨日朝からしゃべりづらくなり、今朝から右上下肢の力が入らなくなり、夕方トイレで立てなくなった。
  • 既往歴 : 75歳ころ、口唇と手とのしびれを認め、78歳時に左下肢の脱力に続いて動きが悪くなったことがある。
  • 生活歴 : 85歳の夫、長男夫婦と平屋家屋に同居。
  • 現症 : 意識は清明。体温36.4℃。呼吸数20/分。脈拍62/分、整。血圧162/70mmHg。舌は乾燥し、尿失禁を認める他特記すべきことはない。神経学的診察では右側の顔面を含む不全片麻痺と舌の右方偏位とを認める。Babinski徴候は両側で陽性である。
  • 入院後経過 : 内科的治療とリハビリテーションとを行った。意識状態は変化せず麻痺の進行もなかったが、尿路感染症を合併したころから昼夜の逆転現象と被害妄想とが出現した。リハビリテーションを再開したが、入院40日の時点で車椅子介助で意欲に乏しい。食事は左手で自力摂取可能であるが、尿失禁のためオムツを使用し、昼夜の逆転現象も持続している。
  • 介護保険の認定を申請することにしたが、今後のリハビリテーションの場として適切でないのはどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 095H020]←[国試_095]→[095H022

100G004」

  [★]

  • 正しいのはどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 100G003]←[国試_100]→[100G005

099D007」

  [★]

  • 常時介護が必要で在宅生活が困難な要介護者を収容する施設はどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 099D006]←[国試_099]→[099D008

認知症」

  [★]

dementia
痴呆痴呆症器質痴呆 organic dementia
amyotrophic lateral sclerosisハチンスキー虚血スコア

定義

  • いったん正常に発達した知的機能が持続的に低下し、複数の認知障害があるために社会生活に支障をきたすようになった状態。(参考1)
  • 1. 知的機能が脳の器質性障害によって低下
  • 2. 認知機能が選択的に障害された状態(PSY.312)
  • 3. 記憶と判断力の障害を基本とする症候群(PSY.312)

認知症の概念

認知症と区別すべき病態

など

認知症の分類

  • 変性認知症
  • ピック病:行動の障害、人格変化。Pick球やPick細胞が存在

原因疾患

  • 一次性
  • 二次性

認知症症状

1. 中核症状

  • 認知機能障害:思考・推理・判断・適応・問題解決
  • 記憶障害:初期には記銘力、短期記憶から障害される。早期:エピソード記憶 → 重症:意味記憶
  • 判断力低下
  • 見当識障害
  • 言語障害(失語)
  • 失行
  • 失認

2. 周辺症状

  • 不安
  • 抑うつ
  • 徘徊
  • 不眠
  • 妄想

認知症と老化現象との違い

  • 老化現象
  • 体験の一部を忘れる ← ヒントを与えられると思い出せる
  • 名前や日付などをとっさに思い出せる
  • 日常生活に支障はない
  • 物忘れに対して自覚がある
  • 認知症
  • 体験した全てを忘れる。最近の記憶がない ← ヒントを与えられてても思い出せない
  • 時間や自分のいる場所が分からない
  • 日常生活を営むことが困難
  • 物忘れに対して自覚がない

検査

診断

  アルツハイマー病 脳血管性認知症 ピック病
認知症 全般的認知症 まだら認知症 アルツハイマー病に類似。
早期には人格、注意力が障害され、
次第に記憶力も障害される。
人格 晩期に人格障害 保たれる 早期に人格障害
病識 なし(初期にはあり) あり なし
経過 進行性 動揺性、階段状に進行性 進行性
基礎疾患 特になし 高血圧、糖尿病、心疾患 特になし
画像検査 対称性の脳溝開大 脳実質内に脳梗塞巣 側頭葉と前頭葉の萎縮
機能画像検査 側頭葉、頭頂葉での代謝低下 前頭葉を中心とした多発性の脳代謝低下 前頭葉、側頭葉での代謝低下

認知症高齢者を対象とした事業・施設

相談体制 保健所 地域保健法が定める事業内容「母性及び乳幼児並びに老人の保健に関する事項」による老人精神衛生相談事業
高齢者総合相談センター 厚労省が都道府県レベルに設置している高齢者に関する相談窓口
在宅介護支援センター 老人福祉法により市町村が実施の主体となっている施設であり、在宅の要介護高齢者やその介護者の要望に対応した適切なサービスが円滑に提供されるように市町村や関連機関との連絡・調節などを行っている。
認知症疾患医療センター  
在宅対策 介護 訪問介護 ホームヘルプサービス
通所介護 デイサービス
短期入所生活介護 ショートステイ
認知症老人向け毎日通所型デイサービスセンター  
認知症対応型老人共同生活介護 グループホーム
老人認知症疾患デイ・ケア施設  
福祉 訪問指導
施設対策 介護 介護療養型医療施設
介護老人保健施設
介護老人福祉施設
医療 老人性認知症疾患治療病棟
福祉 養護老人ホーム
特別養護老人ホーム

国試

医師が関与する法律」

  [★]

法令

医師が関与する法律

医師が間接的に関与する法律

コメディカルが関する法律

医師の届出義務

参考

  • 法令データ提供システム

管理者」

  [★]

介護保険」

  [★]

care insurance
介護保険制度介護保険法社会保険


介護保険法が規定する施設

国試

介護」

  [★]

carecaringcaregivingcare
看護心配世話注意治療ケアケアリング

医療」

  [★]

health caremedical care
健康管理診療保健医療ヘルスケア

施設」

  [★]

institutionfacilityinstitutional
設備設立、能力、機関

医療施設」

  [★]

medical institution
医療機関