刑事訴訟法

Code of Criminal Procedure, Criminal Procedure Code


第229条

  •  変死者又は変死の疑のある死体があるときは、その所在地を管轄する地方検察庁又は区検察庁の検察官は、検視をしなければならない。
  • 2  検察官は、検察事務官又は司法警察員に前項の処分をさせることができる。

法令

  • 1. 刑事訴訟法(昭和二十三年七月十日法律第百三十一号)
[display]http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S23/S23HO131.html


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/06/05 19:17:15」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

Japanese Journal

  • 最新判例演習室 刑事訴訟法 重要参考人の取調べと黙秘権告知[東京高判平22.11.1]
  • 演習 刑事訴訟法
  • 刑事訴訟法判例研究(30)退去強制により出国した者の刑訴法227条1項に基づく証人尋問調書等の証拠能力[東京高裁平成21.12.1判決]

Related Links

刑事訴訟法(昭和二十三年七月十日法律第百三十一号). 最終改正:平成二三年六月 二四日法律第七四号. 第一編 総則(第一条) 第一章 裁判所の管轄(第二条―第十九 条) 第二章 裁判所職員の除斥及び忌避(第二十条―第二十六条) 第三章 訴訟能力( 第 ...
刑事訴訟法(けいじそしょうほう)とは、形式的意義としては「刑事訴訟法」という題名の 刑事手続について定めた日本の法律(法典)を指すが、実質的意義としては、刑事手続 に関する法制度を指し、日本では、形式的意義による刑事訴訟法のほか刑事訴訟規則 ...


Related Pictures

刑事訴訟法 / 白取 祐司【著 刑事訴訟法 第7版刑事訴訟法刑事訴訟法判例百選 第9版〔No 刑事訴訟法第4版 | 有斐閣事例演習刑事訴訟法 | 有斐閣刑事訴訟法の基本書 | AAA 刑事訴訟法 : 酒巻匡 | ローチケ



★リンクテーブル★
国試過去問107C022」「102E034
リンク元医師が関与する法律」「書類送検」「解剖」「守秘義務」「検視
関連記事」「訴訟

107C022」

  [★]

  • 60歳の男性。心肺停止状態で家族の車で運ばれてきた。家族によると、「先ほどの地震で物が落ちて来て頭に当たって倒れた」という。右側頭部に約10cmの挫創があり、頭蓋骨が陥没している。死斑と死後硬直があり、心肺停止後数時間が経過していると考えられた。警察に届けなければならないと家族に説明した。
  • 届出の根拠となる法律はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 107C021]←[国試_107]→[107C023

102E034」

  [★]

  • 正しいのはどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 102E033]←[国試_102]→[102E035

医師が関与する法律」

  [★]

法令

医師が関与する法律

医師が間接的に関与する法律

コメディカルが関する法律

医師の届出義務

参考

  • 法令データ提供システム

書類送検」

  [★]

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9B%B8%E9%A1%9E%E9%80%81%E6%A4%9C を引用改変

定義

  • 書類送検(しょるいそうけん)は、刑事手続において、司法警察員が被疑者を逮捕せず、または、逮捕後釈放した後に、被疑者を非拘束のまま事件を送致すること。

概要

書類送検とは、送致の一種で、被疑者の逮捕・勾留の必要がない事件や、被疑者が送検以前に死亡した事件、公訴時効が成立した事件の被疑者が判明した場合などで行われる。「送検」や「書類送検」という言葉は、マスメディアで多く使用される用語であり、訴訟法や実務上は使用されない。

なお、検察官送致とは、司法警察員が、逮捕された被疑者、書類および証拠物、事件を検察官に送る手続をいう(刑事訴訟法第246条本文)。一般に、司法警察員が被疑者を逮捕しない場合の送致を書類送検、逮捕した場合の送致を身柄送検(みがらそうけん)と言うこともある。

原則として、司法警察員が犯罪の捜査をしたときは、速やかに書類及び証拠物とともに事件を検察官に送致しなければならない刑事訴訟法246条本文)。ただし、検察官が指定した事件については例外的に送致しなくともよいと定められている(微罪処分、同条但し書)。また、司法警察員が告訴または告発を受けた場合、または自首の場合には、速やかにこれに関する書類及び証拠物を検察官に送付しなければならない(同法242条、245条)。

解剖」

  [★]

dissectionanatomy
解体解剖学解離精査切開分析解剖学的形態郭清ダイセクション

解剖の種類

SUB12.33改変
  依頼 根拠法 解剖する者 目的 死体の性質 遺族の承諾
法医解剖 司法解剖 主に司法当局 刑事訴訟法 学識経験者(法医学医師) 犯罪調査 異状死体のうち犯罪死体、変死体 不要
行政解剖 監察医制度あり 死体解剖保存法 監察医 死因の確定 異状死体のうち非犯罪死体
(解剖中に司法解剖に切り替わることがある)
監察医制度なし(承諾解剖) 警察の嘱託医、法医学教室 必要
病理解剖 臨床医 病理医 内因死による死体
(異状死体であることが分かれば24時間以内に警察に通報
系統解剖 医学及び歯学の教育のための献体に関する法律 解剖学の教育者 教育   生前の本人の意志と家族の承諾

守秘義務」

  [★]

confidentiality
法令
  • 看護師については保健師助産師看護師法で規定。エイズ患者に関する秘密の漏洩は感染症法で規定。

刑法:第134条

秘密漏示
  • 医師、薬剤師、医薬品販売業者、助産師、弁護士、弁護人、公証人又はこれらの職にあった者が、正当な理由がないのに、その業務上取り扱ったことについて知り得た人の秘密を漏らしたときは、六月以下の懲役又は十万円以下の罰金に処する。

刑事訴訟法:第149条

  • 医師、歯科医師、助産師、看護師、弁護士(外国法事務弁護士を含む。)、弁理士、公証人、宗教の職に在る者又はこれらの職に在つた者は、業務上委託を受けたため知り得た事実で他人の秘密に関するものについては、証言を拒むことができる。但し、本人が承諾した場合、証言の拒絶が被告人のためのみにする権利の濫用と認められる場合(被告人が本人である場合を除く。)その他裁判所の規則で定める事由がある場合は、この限りでない。

検視」

  [★]

inquest
刑事訴訟法

法」

  [★]

methodlaw
測定法測定方法訴訟方法法律学手法方式法律

訴訟」

  [★]

litigationlawsuit
法律学