095H020

  • 次の文を読み、19~21の問いに答えよ。
  • 80歳の女性。右上下肢の脱力を主訴に救急車で来院した。
  • 現病歴 : 約20年前から高血圧症を指摘され降圧薬投与を受けていた。日常生活は自立していたが、昨日朝からしゃべりづらくなり、今朝から右上下肢の力が入らなくなり、夕方トイレで立てなくなった。
  • 既往歴 : 75歳ころ、口唇と手とのしびれを認め、78歳時に左下肢の脱力に続いて動きが悪くなったことがある。
  • 生活歴 : 85歳の夫、長男夫婦と平屋家屋に同居。
  • 現症 : 意識は清明。体温36.4℃。呼吸数20/分。脈拍62/分、整。血圧162/70mmHg。舌は乾燥し、尿失禁を認める他特記すべきことはない。神経学的診察では右側の顔面を含む不全片麻痺と舌の右方偏位とを認める。Babinski徴候は両側で陽性である。
  • 入院後経過 : 内科的治療とリハビリテーションとを行った。意識状態は変化せず麻痺の進行もなかったが、尿路感染症を合併したころから昼夜の逆転現象と被害妄想とが出現した。リハビリテーションを再開したが、入院40日の時点で車椅子介助で意欲に乏しい。食事は左手で自力摂取可能であるが、尿失禁のためオムツを使用し、昼夜の逆転現象も持続している。


  • この患者の尿失禁の分類として可能性が低いのはどれか。2つ選べ。


  • a. 真性
  • b. 反射性
  • c. 切迫性
  • d. 腹圧性
  • e. 溢流性

[正答]


※国試ナビ4※ 095H019]←[国試_095]→[095H021



★リンクテーブル★
国試過去問095H021」「095H019

095H021」

  [★]

  • 次の文を読み、19~21の問いに答えよ。
  • 80歳の女性。右上下肢の脱力を主訴に救急車で来院した。
  • 現病歴 : 約20年前から高血圧症を指摘され降圧薬投与を受けていた。日常生活は自立していたが、昨日朝からしゃべりづらくなり、今朝から右上下肢の力が入らなくなり、夕方トイレで立てなくなった。
  • 既往歴 : 75歳ころ、口唇と手とのしびれを認め、78歳時に左下肢の脱力に続いて動きが悪くなったことがある。
  • 生活歴 : 85歳の夫、長男夫婦と平屋家屋に同居。
  • 現症 : 意識は清明。体温36.4℃。呼吸数20/分。脈拍62/分、整。血圧162/70mmHg。舌は乾燥し、尿失禁を認める他特記すべきことはない。神経学的診察では右側の顔面を含む不全片麻痺と舌の右方偏位とを認める。Babinski徴候は両側で陽性である。
  • 入院後経過 : 内科的治療とリハビリテーションとを行った。意識状態は変化せず麻痺の進行もなかったが、尿路感染症を合併したころから昼夜の逆転現象と被害妄想とが出現した。リハビリテーションを再開したが、入院40日の時点で車椅子介助で意欲に乏しい。食事は左手で自力摂取可能であるが、尿失禁のためオムツを使用し、昼夜の逆転現象も持続している。
  • 介護保険の認定を申請することにしたが、今後のリハビリテーションの場として適切でないのはどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 095H020]←[国試_095]→[095H022

095H019」

  [★]

  • 次の文を読み、19~21の問いに答えよ。
  • 80歳の女性。右上下肢の脱力を主訴に救急車で来院した。
  • 現病歴 : 約20年前から高血圧症を指摘され降圧薬投与を受けていた。日常生活は自立していたが、昨日朝からしゃべりづらくなり、今朝から右上下肢の力が入らなくなり、夕方トイレで立てなくなった。
  • 既往歴 : 75歳ころ、口唇と手とのしびれを認め、78歳時に左下肢の脱力に続いて動きが悪くなったことがある。
  • 生活歴 : 85歳の夫、長男夫婦と平屋家屋に同居。
  • 現症 : 意識は清明。体温36.4℃。呼吸数20/分。脈拍62/分、整。血圧162/70mmHg。舌は乾燥し、尿失禁を認める他特記すべきことはない。神経学的診察では右側の顔面を含む不全片麻痺と舌の右方偏位とを認める。Babinski徴候は両側で陽性である。
  • 入院後経過 : 内科的治療とリハビリテーションとを行った。意識状態は変化せず麻痺の進行もなかったが、尿路感染症を合併したころから昼夜の逆転現象と被害妄想とが出現した。リハビリテーションを再開したが、入院40日の時点で車椅子介助で意欲に乏しい。食事は左手で自力摂取可能であるが、尿失禁のためオムツを使用し、昼夜の逆転現象も持続している。
  • 今回の入院時診断で可能性が最も高いのはどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 095H018]←[国試_095]→[095H020