L-dopa

Lージヒドロキシフェニルアラニン

Levodopa


 

WordNet

  1. the levorotatory form of dopa (trade names Bendopa and Brocadopa and Larodopa); as a drug it is used to treat Parkinsons disease (同)levodopa, Bendopa, Brocadopa, Larodopa
  2. travel or traverse (a distance); "This car does 150 miles per hour"; "We did 6 miles on our hike every day"
  3. the syllable naming the first (tonic) note of any major scale in solmization (同)doh, ut
  4. proceed or get along; "How is she doing in her new job?"; "How are you making out in graduate school?"; "Hes come a long way" (同)fare, make_out, come, get along
  5. create or design, often in a certain way; "Do my room in blue"; "I did this piece in wood to express my love for the forest" (同)make
  6. carry on or function; "We could do with a little more help around here" (同)manage
  7. get (something) done; "I did my job" (同)perform
  8. the 12th letter of the Roman alphabet (同)l
  9. amino acid that is formed in the liver and converted into dopamine in the brain (同)dihydroxyphenylalanine

PrepTutorEJDIC

  1. 《疑問文・否定文を作る》 / 《否定命令文を作る》 / 《助動詞とbe動詞のどちらも含まない文に用いて付加疑問を作る》 / 《強意語として》 / 《文》《助動詞とbe動詞のどちらも含まない文に用いて倒置文を作る》 / 《あいづちを打つ場合に》 / 《先行する動詞またはそれを含む述部の代用》 / 《so,nor,neitherで始まる簡略文で》 / …‘を'『する』,行う,果たす / 《通例have done,時にbe doneの形で》…‘を'『終える』,済ませる / …‘を'作る,作り出す / …‘を'『処理する』,整える,片付ける / 〈学課〉‘を'『勉強する』,専攻する / 〈利益・害など〉‘を'与える,もたらす / 〈人〉‘に'『役立つ』,用が足りる(serve) / …の速度で進む,距離を行く / …‘を'見物する / 〈劇〉‘を'上演する;…‘の'役を演じる / …の役目(仕事)をする / 《おもに英》…‘を'だます,かつぐ / 《話》…をへとへとにさせる / 『する』;活動する / 《通例have done,時にbe doneの形で》(…を)『終える』,済ます《+『with』+『名』》 / 〈事が〉『運ぶ』;〈人が〉暮らしていく,健康である / 〈物が〉(…に)『間に合う』,十分である;〈人が〉(…に)役に立つ,向く《+『for』+『名』》 / 《複数形で》すべきこと / 〈C〉《おもに英》大宴会,大パーティー / 〈C〉《英話》詐欺,ぺてん
  2. ド(全音階の第1音)
  3. lira(イタリアの貨幣単位リラ)
  4. liter[s]

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/07/24 01:04:54」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

English Journal

  • Biomimetic sensor for certain catecholamines employing copper(II) complex and silver nanoparticle modified glassy carbon paste electrode.
  • Sanghavi BJ, Mobin SM, Mathur P, Lahiri GK, Srivastava AK.SourceDepartment of Chemistry, University of Mumbai, Vidyanagari, Mumbai 400098, India.
  • Biosensors & bioelectronics.Biosens Bioelectron.2013 Jan 15;39(1):124-32. Epub 2012 Jul 17.
  • A dimeric Cu(II) complex [Cu(μ(2)-hep)(hep-H)](2)·2ClO(4) (1) containing bidentate (hep-H=2-(2-hydroxyethyl)pyridine) ligand was synthesized and characterized by single crystal X-ray diffraction studies. Each Cu-ion in 1 is in a distorted square pyramidal geometry. Further 1 along with silver nano
  • PMID 22841445
  • Combined delusional misidentification syndrome in a patient with Parkinson's disease.
  • Cercy SP, Marasia JC.
  • The Journal of neuropsychiatry and clinical neurosciences.J Neuropsychiatry Clin Neurosci.2012 Dec 1;24(1):E3-4.
  • PMID 22450637
  • L-DOPA-induced increase in TH-immunoreactive striatal neurons in parkinsonian mice: Insights into regulation and function.
  • Espadas I, Darmopil S, Vergaño-Vera E, Ortiz O, Oliva I, Vicario-Abejón C, Martín ED, Moratalla R.SourceCajal Institute, Consejo Superior de Investigaciones Científicas (CSIC), Spain; CIBERNED, Instituto de Salud Carlos III, Madrid, Spain.
  • Neurobiology of disease.Neurobiol Dis.2012 Dec;48(3):271-81. doi: 10.1016/j.nbd.2012.07.012. Epub 2012 Jul 20.
  • Tyrosine hydroxylase (TH)-immunoreactive (ir) neurons have been found in the striatum after dopamine depletion; however, little is known about the mechanism underlying their appearance or their functional significance. We previously showed an increase in striatal TH-ir neurons after l-DOPA treatment
  • PMID 22820144

Japanese Journal

  • はじめに(<特集>第12回IUPAC農薬化学国際会議)
  • パーキンソン病に対する遺伝子治療(<特集>最新のニューロモデュレーション)
  • 藤本 健一
  • 脳神経外科ジャーナル 20(2), 87-92, 2011-02-20
  • … を被殻に導入してドパミンを合成させる方法である.3つの遺伝子を導入すれば自動的にドパミンが合成される.一方, AADC遺伝子だけの導入ではL-dopaを経口投与する必要がある.ドパミン過剰による副作用の予防には, L-dopaの服薬量でドパミン産生を調整できる後者のほうが安全である.このためAAV2-AADCの被殻への導入が行われ, PD症状の改善とPET検査でのドパミン …
  • NAID 110008441005
  • パーキンソン病治療薬 (新薬展望2011) -- (治療における最近の新薬の位置付け〈薬効別〉--新薬の広場)

Related Links

ファイザー株式会社による、パーキンソン病の患者さんとご家族のための情報サイトです。L-ドパ製剤は足りなくなったドパミンを補うためのお薬で、パーキンソン病治療の中心になります。L-ドパ製剤の特徴や副作用等についてご説明 ...
Therapeutic use [edit] L-DOPA crosses the protective blood–brain barrier, whereas dopamine itself cannot. Thus, L-DOPA is used to increase dopamine concentrations in the treatment of Parkinson's disease and dopamine ...
A site dedicated to the works of dj L-dopa news bio music flyers pictures links contact ...


Related Pictures

will now dopa mucuna help improve your Dopadopa therapy from mucuna pruriensProcedures_for_L-Dopa_Therapy_L.jpgmore viewsClose WindowdopaDopa Facts and Information



★リンクテーブル★
国試過去問107E066」「112A063」「104D059」「110D046」「105D035」「109A037」「106D053」「104A041」「100B063」「078A048
リンク元ドパミン」「カテコールアミン」「アテトーゼ」「レボドパ」「Lージヒドロキシフェニルアラニン
関連記事do」「L」「DOPA」「L-DOPA」「dopa

107E066」

  [★]

  • 次の文を読み、64~66の問いに答えよ。
  • 65歳の男性。物忘れが目立つようになったことを心配した妻に伴われて来院した。
  • 現病歴:1年前から物忘れが多くなったことに妻が気付いた。本人も物忘れを多少は気にしているが、異常とは考えていない。
  • 既往歴:30年前に交通事故で頭部外傷を負ったが、頭部CTでは異常が認められなかった。
  • 生活歴:これまで税理士の仕事を大過なくこなしている。
  • 家族歴:89歳の母親が認知症と診断されている。
  • 現症:意識は清明。身長170cm、体重65kg。体温36.5℃。脈拍84/分、整。呼吸数16/分。礼節は保たれており、診察には協力的である。瞳孔は正円同大で対光反射は直接反射と間接反射とも正常である。他の脳神経に異常を認めない。四肢体幹に異常を認めない。改訂長谷川式簡易知能評価スケールは26点(30点満点)である。時計描画と透視立方体の模写とが正常に実施できる。
  • 検査所見:尿所見:蛋白(-)、糖(±)。血液検査と血液生化学検査とでアンモニアを含めて異常を認めない。頭部単純MRIで軽度の側脳室拡大が見られる。脳波は、基礎波で9ヘルツのα波であり、開眼によるα波抑制は良好である。
  • 定期的に受診するように説明していたが受診せず、前回受診時から1年後に受診した。妻の話では、同じ事を何度も尋ねるようになり、かかってきた電話の内容を忘れることが多くなったという。改訂長谷川式簡易知能評価スケールは20点に低下していた。頭部単純MRIのFLAIR冠状断像(別冊No.10)を別に示す。
  • 治療薬として適切なのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 107E065]←[国試_107]→[107E067

112A063」

  [★]

  • 57歳の男性。食欲不振と肝機能障害のために入院中である。20歳台から連日日本酒3合を飲んでいたが、仕事に支障をきたすことはなかった。3年前から飲酒量がさらに増加し、毎日5合以上飲むようになった。1週間前から全身倦怠感を自覚し、仕事を休み始めた。それでも飲酒を続けていたが、3日前に著しい食欲不振で食事を摂れなくなったため外来受診し、血液検査で肝機能障害が認められて入院することになった。入院時から夜間不眠があり、入院2日目から落ち着きなく歩き回り、夜間には「動物が壁を這っている」と訴えて不穏になった。このとき手指の粗大な振戦および著明な発汗がみられ、自分が入院していることが分からない様子であった。入院時の頭部CTで異常を認めなかった。
  • まず投与すべき薬剤として適切なのはどれか。2つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 112A062]←[国試_112]→[112A064

104D059」

  [★]

  • 58歳の男性。言動を心配した妻に伴われて来院した。50歳時に手指振戦が出現しParkinson病と診断されてL-dopaによる治療が開始された。56歳時には、身体の硬さが気になってL-dopaの増量を医師に懇願し、どんどん増量された。1年前ころから、「自分が心で考えていることをテレビに出ている人が察知している」と思いはじめ、被害的な内容の幻聴が聞こえ出した。会社は休みがちとなって自ら退職したが、気分は高揚してパソコンにかじりつき、昼夜逆転の生活になった。インターネットに没頭して高額の物を購入する。性的欲求が亢進して妻に迫るようになり、拒まれると怒り出す。
  • 対応として適切なのはどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 104D058]←[国試_104]→[104D060

110D046」

  [★]

  • 77歳の男性。易転倒性と認知症とを主訴に来院した。1年前から歩行速度が遅くなっていた。1か月前から転倒や物忘れも出てきたため、心配した家族に連れられて受診した。意識は清明。体温 36.4℃。脈拍 72/分、整。血圧 148/82mmHg。呼吸数 16/分。SpO2 98%(room air)。Mini-Mental State Examination(MMSE)は22点(30点満点)。上下肢の筋力と腱反射とに異常を認めない。病的反射と感覚障害とを認めない。歩行はすり足、小刻みで、歩隔は広い。頭部MRIのT1強調冠状断像(別冊No. 18)を別に示す。
  • 治療として適切なのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 110D045]←[国試_110]→[110D047

105D035」

  [★]

  • 15歳の男子。不登校を心配した母親に伴われて来院した。10歳時に急に首を傾けたり、顔をしかめたり、咳払いや「オッ」という声を発作的に発したりするようになった。自分では制御できずに卑猥な言葉も発するようになった。緊張すると顔しかめや発声の発作が増えるため 学校では奇異な目で見られいじめられた。 2年前から欠席が目立ち始め、1か月前から不登校となった。身体所見に異常を認めない。尿、血液および血液生化学所見に異常を認めない。頭部CTと脳波とに異常を認めない。
  • 治療薬として適切なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 105D034]←[国試_105]→[105D036

109A037」

  [★]

  • 81歳の女性。食欲不振を主訴に来院した。昨日から食欲不振を訴え食事をとらないため、家族に連れられて受診した。60歳時に胆嚢結石で開腹手術を受けている。Parkinson病で74歳からレボドパ(L-dopa)を服用している。体温 36.8℃。脈拍 72/分、整。血圧 120/74mmHg。呼吸数 14/分。腹部は軟で、軽度膨満している。下腹部に腫瘤を触れ、軽度の圧痛を認める。筋性防御はない。腹部単純エックス線写真(別冊No. 17A)と腹部造影CT(別冊No. 17B)とを別に示す。
  • この疾患の原因として最も考えられるのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 109A036]←[国試_109]→[109A038

106D053」

  [★]

  • 72歳の男性。手のふるえと動きにくさとを主訴に来院した。 1年前から左手がふるえるようになった。 2か月前から歩行が不安定になり、歩幅が狭くなったという。顔面筋の動きに乏しい。安静状態で左手が規則的にふるえる。四肢に強い筋強剛があり、特に左側で顕著である。筋力に異常を認めない。感覚障害を認めない。
  • 腱反射に異常はなく、病的反射を認めない。
  • 治療薬として適切なのはどれか。 2つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 106D052]←[国試_106]→[106D054

104A041」

  [★]

  • 36歳の男性。手指のふるえを主訴に来院した。数年前から書字の際に手がふるえることに気付いた。特に緊張時に悪化する。ふるえのため、食事の時にお腕の味噌汁をこぼすこともあった。ふるえは飲酒時に軽減する。歩行障害や安静時の振戦は認めない。
  • 治療薬として適切なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 104A040]←[国試_104]→[104A042

100B063」

  [★]

  • 成長ホルモン分泌を抑制するのはどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 100B062]←[国試_100]→[100B064

078A048」

  [★]

  • 適切な組み合わせ。3つ。

ドパミン」

  [★]

dopamine DA DOA 3,4-dihydroxyphenethylamine
ドーパミン
塩酸ドパミン, dopamine hydrochloride, ドパミン塩酸塩
イノバンイブタントカコージンDカコージンカタボンガバンスクリトパンツルドパミドパラルミンドミニントロンジンプレドパマートバーンヤエリスタ
ドパミン受容体カテコラミン強心剤


概念

生合成

視床下部-下垂体系

  • 視床下部弓状核や脳室周辺の隆起漏斗系ドパミンニューロンで産生される。
  • 下垂体のD2受容体を介してホルモン分泌の調節を受けている。 → e.g. プロラクチン放出抑制ホルモン(PIF)

ドパミン受容体

低用量での血管拡張はこの受容体を介して起こる (GOO.249)
中枢神経系に存在

神経伝達物質の薬理 (GOO.324)

神経伝達物質 トランスポーター阻害薬 受容体のサブタイプ 選択的作動薬 選択的阻害薬 受容体と共役する分子
ドパミン cocaine
mazindol
nomifensine
D1     Gs
D2 bromocriptine sulpiride
domperidone
Gi
D3 7-OH-DPAT  
D4    
D5     Gs

薬理学

  • 低濃度
D1受容体に作用して血管拡張→腎血流量↑→GFP↑→Na排出↑→利尿
  • やや高濃度
β1受容体に作用→心拍出量↑・心収縮力↑(頻脈はない)・収縮期圧↑・拡張期圧不変
アドレナリン低用量投与と同じ?
  • 高濃度
α1受容体に作用→血管平滑筋収縮(→収縮期圧↑、拡張期圧↑???)
アドレナリン高用量投与と同じ?

ran]]

(PT.218)

  • 中脳に細胞体を持つものが多く、黒質から線条体に至る黒質線条体系と黒質や腹側被蓋野から報酬系の神経核、辺縁系、前頭葉に至る中脳皮質系がある。視床下部やその周辺にもドーパミン作動性線維の細胞体とその終末があり、隆起漏斗系、隆起下垂体系、不確帯視床下部系、脳室周囲系を形成する。黒質線条体系の変性はパーキンソン病をもたらす。ドーパミン誘導体には幻覚剤となるものがある。ドーパミンの分泌増大や脳のD2受容体の増加は精神分裂病(統合失調症)の発病に関与している可能性がある。モルヒネはドーパミンの分泌を促進する。コカインは輸送体によるドーパミンの取り込みを阻害し作用の持続時間を延長する。一部の覚醒剤中毒はドーパミン輸送体の抑制による。

ホルモンの調節

  • プロラクチンは視床下部でドパミンの産生を促進 ← プロラクチン抑制因子として作用
  • ドパミンは視床下部でGnRHの分泌を抑制 → 卵巣機能の抑制
  • ドパミンは下垂体前葉?でD受容体に作用してプロラクチンを抑制 ← 抗精神病薬(D2受容体をブロックする)を使うと高プロラクチン血症となる。

循環不全治療薬として

イノバン
  • 下記のような急性循環不全(心原性ショック、出血性ショック)
  • (1) 無尿、乏尿や利尿剤で利尿が得られない状態   ←  低濃度で用いれば、腎血流を増加させ尿量の増加が期待できる → ドパミン#薬理学
  • (2) 脈拍数の増加した状態  ←  高濃度でなければ、頻脈を起こさず心拍出量を増やす。 → ドパミン#薬理学
  • (3) 他の強心・昇圧剤により副作用が認められたり、好ましい反応が得られない状態

カテコールアミン」

  [★]

catecholamine catecholamines CA
カテコラミン
副腎髄質ホルモン
  • カテコールでかつアミンを持つ構造

Wikipedia

生合成

チロシン tyrosine
 (フェニル基の3位にOHを導入) :律速酵素
 -チロシン 3-モノオキシゲナーゼ tyrosine 3-monooxygenase, チロシン水酸化酵素 tyrosine hydroxylase
 ←{H4biopterin}
 →{H2biopterin}
L-ドーパ L-dopa
 (アミノ酸から脱炭酸)
 -芳香族アミノ酸デカルボキシラーゼ dopa decarboxylase + {ピリドキサル5-リン酸(VB6)}
 →CO2
ドパミン dopamine
 (β位の炭素にOHを導入)
 -ドーパミン β-モノオキシゲナーゼ dopamine β-monoxygenase, dopamine β-odidase
 ←O2 + ビタミンC(アスコルビン酸)
 →H2O + デヒドロアスコルビン酸
ノルアドレナリン norepinephrine
 (アミノ基にメチル基を転移)
 -フェニルエタノールアミン N-メチルトランスフェラーゼ phenylethanolamine N-methyl transferase
 ←S-アデノシルメチオニン S-adenosylmethionineS-アデノシルホモシステイン S-adenosylhemocysteine
アドレナリン epinephrine

分解

分解産物

ドパミン
dopamine
---→ ジヒドロキシフェニル酢酸
3,4-dihydroxyphenylacetic acid
DOPAC
---→ ホモバニリン酸
homovanillic acid
HVA

MAO
COMT
     


       
ノルエピネフリン
norepinephrine
---→ バニリルマンデリン酸
vanillylmandelic acid
VMA
       ・
メトキシヒドロキシフェニルグリコール
methoxyhydroxyphenylglycol
MHPG
   


MAO
COMT
   
エピネフリン
epinephrine
---→    
  MAO
COMT
   

薬理作用

昇圧作用



アテトーゼ」

  [★]

athetosis
アテトーシスアテトーゼ運動 アテトーゼ様運動 athetotic movement
不随意運動


  • 不随意運動
  • 部位:顔面、四肢遠位部(手指、手首、足)
  • 運動:不規則な、ゆっくりとした絶え間ない動き。一定の姿位を維持することが困難
  • 病変部位:(文献によりばらつきがある)
  • 赤核被殻淡蒼球
  • 線条体を中心として、中脳被蓋、視床下核、視床腹外側部、淡蒼球、内包など広範な部位
  • 薬物:精神安定剤、筋弛緩薬
  • 機能訓練
  • 外科的療法は適応が難しい。

<youtube>http://www.youtube.com/watch?v=I63SobW58J0</youtube> <youtube>http://www.youtube.com/watch?v=gNKKZAfMr8M</youtube>

レボドパ」

  [★]

levodopa
L-dopaL-DOPALDLドーパL-ドーパL-ドパドパドーパ3,4-ジヒドロキシフェニルアラニン 3,4-dihydroxyphenylalanineジヒドロキシフェニルアラニン dihydroxyphenylalanine
ドパストンドパゾールドパール

[show details]

Lージヒドロキシフェニルアラニン」

  [★]

L-dopa, levodopa
L-dihydroxyphenylalanine, dihydroxyphenylalanine
L-3,4-dihydroxyphenylalanine, 3,4-dihydroxyphenylalanine
-L-dopa
Levodopa

do」

  [★]

  • v.
carry outconductexecutemakeperformpracticeundertake

               

L」

  [★]

   

DOPA」

  [★] レボドパドパ 3,4-dihydroxyphenylalanine

L-DOPA」

  [★]

levodopa
Levodopa

dopa」

  [★] レボドパドパ