メマンチン

memantine
メマンチン塩酸塩塩酸メマンチン memantine hydrochloride
メマリーNamenda
抗認知症薬
  • NMDA受容体拮抗薬。
  • NMDA受容体は大脳皮質や海馬に高密度に存在し、記憶に関係する長期増強や発達か蘇生においてちゅうしんてきにな役割を担う。ADではシナプス間隙のグルタミン酸濃度が持続的に上昇し、シナプティックノイズが上昇し、記憶を形成する神経伝達シグナルが隠されるため、記憶・学習機能が障害される。まtあ、AβがNMDA受容体のグルタミン三人式部医に結合して細胞内にCa2+が過剰に流入して神経細胞が障害されるとも言われている。(週刊 医学会新聞 2011/5/23)


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/04/19 09:11:33」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

Japanese Journal

  • 新規NMDA受容体拮抗剤であるメマンチン塩酸塩の中等度から高度アルツハイマー型認知症に対する第3相試験--有効性および安全性の検討
  • 中村 祐,本間 昭,北村 伸 [他]
  • 老年精神医学雑誌 22(4), 464-473, 2011-04
  • NAID 40018785832
  • 新規NMDA受容体拮抗剤であるメマンチン塩酸塩の中等度から高度アルツハイマー型認知症に対する後期第2相試験--有効性・安全性および推奨用量の検討
  • 北村 伸,本間 昭,中村 祐 [他]
  • 老年精神医学雑誌 22(4), 453-463, 2011-04
  • NAID 40018785831

Related Links

塩酸メマンチンは中等度・重度アルツハイマー認知症の治療薬としてEUおよびアメリカで 承認され用いられている。日本でも2011年1月21日に製造販売承認された。 日本国内の 臨床試験は、第一三共グループのアスビオファーマによって行われ、エーザイの ...


Related Pictures

Memantine.svgメマンチン - Memantine図 2 メマンチンのドネペジル メマンチンは軽度 エビクサ(メマンチン)10mg 記憶 学習機能 に は

Japan Pharmaceutical Reference

薬効分類名

  • NMDA受容体拮抗 アルツハイマー型認知症治療剤

販売名

メマリー錠5mg

組成

  • 1錠中に次の成分を含有

有効成分

  • メマンチン塩酸塩5mg

添加物

  • 乳糖水和物、結晶セルロース、低置換度ヒドロキシプロピルセルロース、ヒドロキシプロピルセルロース、ステアリン酸マグネシウム、ヒプロメロース、マクロゴール6000、酸化チタン、三二酸化鉄、カルナウバロウ

効能または効果

  • 中等度及び高度アルツハイマー型認知症における認知症症状の進行抑制
  • 通常、成人にはメマンチン塩酸塩として1日1回5mgから開始し、1週間に5mgずつ増量し、維持量として1日1回20mgを経口投与する。
  • アルツハイマー型認知症と診断された患者にのみ使用すること。
  • 本剤がアルツハイマー型認知症の病態そのものの進行を抑制するという成績は得られていない。
  • アルツハイマー型認知症以外の認知症性疾患において本剤の有効性は確認されていない。
  • 1日1回5mgからの漸増投与は、副作用の発現を抑える目的であるので、維持量まで増量すること。
  • 高度の腎機能障害(クレアチニンクリアランス値:30mL/min未満)のある患者には、患者の状態を観察しながら慎重に投与し、維持量は1日1回10mgとすること(「慎重投与」及び「薬物動態」の項参照)。
  • 医療従事者、家族等の管理の下で投与すること。

慎重投与

  • てんかん又は痙攣の既往のある患者[発作を誘発又は悪化させることがある。]
  • 腎機能障害のある患者[本剤は腎排泄型の薬剤であり、腎機能障害のある患者では排泄が遅延する(「用法及び用量に関連する使用上の注意」及び「薬物動態」の項参照)。]
  • 尿pHを上昇させる因子(尿細管性アシドーシス、重症の尿路感染等)を有する患者[尿のアルカリ化により本剤の尿中排泄率が低下し、本剤の血中濃度が上昇するおそれがある。]
  • 高度の肝機能障害のある患者[使用経験がなく、安全性が確立していない。]

重大な副作用

痙攣(0.3%)

  • 痙攣があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。

失神(頻度不明注))、意識消失(頻度不明注))

  • 失神、意識消失があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。

精神症状(激越:0.2%、攻撃性:0.1%、妄想:0.1%、幻覚、錯乱、せん妄:頻度不明注))

  • 精神症状(激越、幻覚、錯乱等)があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。

薬効薬理

  • アルツハイマー型認知症ではグルタミン酸神経系の機能異常が関与しており、グルタミン酸受容体のサブタイプであるNMDA(N-メチル-D-アスパラギン酸)受容体チャネルの過剰な活性化が原因の一つと考えられている。メマンチンはNMDA受容体チャネル阻害作用により、その機能異常を抑制する。

NMDA受容体チャネルに対する阻害作用及び特性

  • ラット大脳皮質神経細胞膜画分のNMDA受容体チャネルに対して、選択的で低親和性の結合を示した9)
  • ラット初代培養海馬神経細胞において、NMDA受容体チャネルの活性化によって生じる電流に対して膜電位依存性の阻害作用を示し、その作用の発現及び消失は速やかであった10)
  • ラット海馬スライスのシナプス伝達の長期増強(記憶・学習の基本モデル)の形成に対して濃度依存的な抑制作用を示すが、NMDA受容体チャネル阻害作用のIC50値付近ではほとんど影響しなかった11)

学習障害抑制作用

  • メマンチン塩酸塩投与により、次の作用が認められた。
  • ラット海馬へのアミロイドβ1-40及びイボテン酸(NMDA受容体作動薬)の注入により惹起された神経細胞傷害及び空間認知機能障害を抑制した。一方、正常ラットの空間認知機能には影響しなかった12)
  • ラット腹腔内へのNMDAの投与により惹起された、神経細胞傷害に基づかない受動的回避学習障害を抑制した13)
  • 正常ラットに高用量(腹腔内10mg/kg)を投与した場合、受動的回避学習を障害したとの報告14)がある。


有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • メマンチン塩酸塩(Memantine Hydrochloride)

化学名

  • 3, 5-Dimethyltricyclo [3. 3. 1. 13, 7] dec-1-ylamine monohydrochloride

分子式

  • C12H21N・HCl

分子量

  • 215.76

性状

  • 白色の粉末である。ギ酸又はエタノール(99.5)に溶けやすく、水にやや溶けやすい。

分配係数

  • 0.11(pH1、1-オクタノール/緩衝液)

0.32(pH7、1-オクタノール/緩衝液)
1.49(pH12、1-オクタノール/緩衝液)


★リンクテーブル★
国試過去問110D046
拡張検索塩酸メマンチン」「メマンチン塩酸塩

110D046」

  [★]

  • 77歳の男性。易転倒性と認知症とを主訴に来院した。1年前から歩行速度が遅くなっていた。1か月前から転倒や物忘れも出てきたため、心配した家族に連れられて受診した。意識は清明。体温 36.4℃。脈拍 72/分、整。血圧 148/82mmHg。呼吸数 16/分。SpO2 98%(room air)。Mini-Mental State Examination(MMSE)は22点(30点満点)。上下肢の筋力と腱反射とに異常を認めない。病的反射と感覚障害とを認めない。歩行はすり足、小刻みで、歩隔は広い。頭部MRIのT1強調冠状断像(別冊No. 18)を別に示す。
  • 治療として適切なのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 110D045]←[国試_110]→[110D047

塩酸メマンチン」

  [★]

memantine hydrochloride
メマンチンメマンチン塩酸塩

メマンチン塩酸塩」

  [★]

memantine hydrochloride
メマンチン塩酸メマンチン