フェノチアジン系

フェノチアジン誘導体


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/09/08 08:13:21」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

Japanese Journal

  • キャピラリー高速液体クロマトグラフィー/高速原子衝撃質量分析法によるヒト血清中フェノチアジン系薬物および代謝物の分析
  • 祖父江 英明,佐藤 啓造,水野 靖 [他]
  • 医学と生物学 156(3), 128-139, 2012-03
  • NAID 40019230555
  • 検査値異常と薬剤(13)投与薬剤の検査値への影響 中枢神経系作用薬(7)
  • 片山 善章,澁谷 雪子,米田 孝司
  • 臨床検査 55(3), 302-310, 2011-03
  • NAID 40018721067

Related Links

フェノチアジン系抗精神病薬(ふぇのちあじんけいこうせいしんびょうやく)とは、強力な精神安定作用のある薬の一系統。 ... フェノチアジン系抗精神病薬:医学用語辞典 フェノチアジン系抗精神病薬に関する用語の解説。
フェノチアジン系抗精神病剤の効果、副作用、使用上の注意とは? goo辞書提供の薬検索。約7000の薬剤の情報が名前と識別コードから検索できます。


Related Pictures



★リンクテーブル★
リンク元抗ヒスタミン薬」「フェノサイアジン
拡張検索フェノチアジン系薬剤」「フェノチアジン系薬物」「フェノチアジン系薬中毒
関連記事フェノチアジン」「

抗ヒスタミン薬」

  [★]

antihistamine antihistamines, histamine antagonist
ヒスタミン拮抗薬 histamine antagonistsヒスタミン遮断薬 histamine blocking agents
ヒスタミン受容体薬理学
ヒスタミンH1受容体拮抗薬 histamine H1 receptor antagonistH1拮抗薬 H1 blockerH2遮断薬
ヒスタミンH2受容体拮抗薬 histamine H2 receptor antagonistH2拮抗薬 H2 blockerH2遮断薬
  • 古典的抗ヒスタミン薬
  • エタノールアミン系
  • プロピルアミン系
  • ピペラジン系
  • ピペリジン系
  • 第二世代ヒスタミン薬
中枢作用↓、鎮静作用↓、抗コリン作用↓
  • ピペリジン系
  • アレルギー性抗ヒスタミン薬
ケミカルメディエーター放出を抑制
中枢作用:有。鎮静作用:有

薬理学的作用の比較

https://minds.jcqhc.or.jp/n/med/4/med0024/G0000065/0023 をより改変して引用
  受容体括抗作用 イオン電流阻害作用 血液脳関門透過性
H1 ACh NA 5-HT DA PAF LT Ca Na K
ジフェンヒドラミン ++         ++
プロメタジン ++ ++     ++
クロルフェニラミン ++         ++
ケトチフェン ++        
アゼラスチン ++        
オキサトミド ++      
テルフェナジン +++        
アステミゾール +++            
セチリジン +++                  

抗ヒスタミン薬の抗ヒスタミン受容体占拠率

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jibiinkoka/112/3/112_3_99/_pdf

フェノサイアジン」

  [★]

phenothiazine
フェノチアジンフェノチアジン系、フェノチアジン系化合物

フェノチアジン系薬剤」

  [★] フェノチアジン誘導体

フェノチアジン系薬物」

  [★] フェノチアジン誘導体

フェノチアジン系薬中毒」

  [★]

phenothiazine poisoning

フェノチアジン」

  [★]

phenothiazine
フェノチアジン系


概念

作用機序

  伝達物質 局在
A15 ドーパミン 嗅球糸球体周囲細胞
A14 視床下部前部
A13 不確帯
A12 弓状核(漏斗核)
A11 視床下部後部
A10 中脳腹側被蓋野
A9 黒質緻密部
A8 赤核後核

薬理作用

系」

  [★]

一連菌株緊張系統系列シリーズ歪み連続システム体系体制方式筋挫傷