Veillonella

ベイヨネラ属


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/02/05 02:31:49」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

English Journal

  • Cross-sectional and longitudinal comparisons of the predominant fecal microbiota compositions of a group of pediatric patients with cystic fibrosis and their healthy siblings.
  • Duytschaever G, Huys G, Bekaert M, Boulanger L, De Boeck K, Vandamme P.SourceFaculty of Sciences, Laboratory of Microbiology, K. L. Ledeganckstraat 35, 9000 Ghent, Belgium. Gwen.Duytschaever@Ugent.be.
  • Applied and environmental microbiology.Appl Environ Microbiol.2011 Nov;77(22):8015-24. Epub 2011 Sep 16.
  • Although only poorly documented, it can be assumed that intensive antibiotic treatments of chronic lung infections in patients with cystic fibrosis (CF) also affect the diversity and metabolic functioning of the gastrointestinal microbiota and potentially lead to a state of dysbiosis. A better knowl
  • PMID 21926193
  • The distribution and frequency of oral veillonella spp. in the tongue biofilm of healthy young adults.
  • Mashima I, Kamaguchi A, Nakazawa F.SourceDepartment of Oral Microbiology, Health Sciences University of Hokkaido Graduate School of Dentistry, 1757 Kanazawa, Ishikari-Tobetsu, Hokkaido 061-0293, Japan.
  • Current microbiology.Curr Microbiol.2011 Nov;63(5):403-7. Epub 2011 Aug 18.
  • Five species of oral Veillonella, V. atypica, V. denticariosi, V. dispar, V. parvula, and V. rogosae, have been suggested to be early colonizers of dental biofilm and causes of opportunistic infections and oral malodor. However, the pathogenicity and the distribution of oral Veillonella spp. ha
  • PMID 21850474

Japanese Journal

  • Brewer's yeast cell wall affects microbiota composition and decreases Bacteroides fragilis populations in an anaerobic gut intestinal model(BREWING AND FOOD TECHNOLOGY)
  • Nakashimada Yutaka,Michinaka Atsuko,Watanabe Kentaro,Nishio Naomichi,Toshio Fujii
  • Journal of bioscience and bioengineering 111(2), 178-184, 2011-02
  • … This metabolic change correlated with an increase in a number of specific operational taxonomic units annotated to the genus Veillonella and Megasphaella. …
  • NAID 110008460331
  • 齲蝕ならびに歯周病原菌に対する鶏血藤の殺菌効果
  • 遠山 歳三,澤田 智史,高橋 祐介,李 昌一,浜田 信城,塗々木 和男
  • 歯科薬物療法 30(2), 51-56, 2011
  • … To examine an antimicrobial effect of the Jixueteng against oral bacteria, we mixed bacterial suspension of Actinomyces viscosus, Streptococcus mutans, Aggregatibacter actinomycetemcomitans, Fusobacterium nucleatum, Porphyromonas gingivalis, Veillonella parvula or Candida albicans with a water extract of the Jixueteng to calculate a survival rate by a cultural method. …
  • NAID 130001402894

Related Links

Veillonella are gram-negative anaerobic cocci. This bacterium is well known for its lactate fermenting abilities. They are a normal bacterium in the intestines and oral mucosa of mammals. In humans they have been rarely implicated in cases of ...
アシネトバクターAcinetobacter, A.calcoaceticus. フラボバクテリウムFlavobacterium, F.memingosepticum. ブルセラBrucella. レジオネラLegionella, L.pneumophilia. 嫌気性メモ11), 球菌, ベイロネラVeillonella. 桿菌, バクテロイデスBacteroides, B.


Related Pictures

Veillonella spp. are is a gram stain of veillonella parvulaVeillonella parvulaVeillonella parvulaKoků rodu veillonella se vyskytuje v Veillonella Tinción de Gram



★リンクテーブル★
リンク元細菌」「細菌の鑑別」「空洞性肺病変」「ベイヨネラ属

細菌」

  [★]

bacterium,(pl.) bacteria
バクテリア
特殊な細菌 細菌の鑑別細菌の同定?、細菌の分類

細菌の命名

  • ラテン語であり、イタリックで表す。
  • 「属名 + 種名」で表現される。

グラム染色性と形状による分類と疾患

形状 グラム陽性菌 グラム陰性菌
球菌   スタフィロコッカス属 黄色ブドウ球菌 Staphylococcus aureus 多様     ナイセリア属 淋菌 Neisseria gonorrhoeae 淋病  
ストレプトコッカス属 化膿性連鎖球菌 Streptococcus pyogenes 多様 莢膜 髄膜炎菌 Neisseria meningitidis 多様  
肺炎球菌 Streptococcus pneumoniae     ベイヨネラ属   Veillonella    
エンテロコッカス属 (総称)腸球菌 Enterococcus faecalis     モラクセラ属/
ブランハメラ亜属
  Moraxella catarrhalis 肺炎  
Enterococcus faecium      
桿菌   バシラス属 炭疽菌 Bacillus anthracis 炭疽 好気性菌、有芽胞菌、莢膜 腸内細菌科 エンテロバクター属     肺炎、尿路感染  
  セレウス菌 Bacillus cereus 細菌性食中毒 好気性菌、有芽胞菌 エシェリキア属 大腸菌 Escherichia coli パラチフス 通性嫌気性
  クロストリジウム属 破傷風菌 Clostridium tetani 破傷風 嫌気性菌、有芽胞菌 クレブシエラ属     下痢、肺炎、尿路感染  
  ボツリヌス菌 Clostridium botulinum ボツリヌス中毒 プロテウス属     尿路感染  
  ウェルシュ菌 Clostridium perfringens 多様 サルモネラ属 パラチフス菌 Sallmonella serovar Paratyphi 腸チフス 通性嫌気性
  ディフィシル菌 Clostridium difficile 多様 チフス菌 Sallmonella serovar Typhi   通性嫌気性
    ガス壊疸菌群       セラチア属   Serratia 日和見感染 通性嫌気性
マイコバクテリウム科 マイコバクテリウム属 結核菌 Mycobacterium tuberculosis 結核 無芽胞菌 シゲラ属 赤痢菌 Shigella 赤痢 通性嫌気性
ライ菌 Mycobacterium leprae ライ病 エルシニア属 ペスト菌 Yersinia pestis ペスト 通性嫌気性
コリネバクテリウム科 コリネバクテリウム属 ジフテリア菌 Corynebacterium diphtheriae ジフテリア   Yersinia enterocolitica 多様 通性嫌気性
ノカルジア科 ノカルジア属 ノカルジア     ビブリオ科 ビブリオ属 コレラ菌 Vibrio cholerae コレラ 通性嫌気性
アクチノマイセス科 アクチノマイセス属(放線菌属) (総称)放線菌 Actinomyces   腸炎ビブリオ Vibrio parahaemolyticus 腸炎ビブリオ感染症 通性嫌気性
  リステリア属   Listeria monocytogenes リステリア症 嫌気性菌、無芽胞菌、人獣共通感染症、通性細胞内寄生菌 パスツレラ科 ヘモフィルス属 インフルエンザ菌 Haemophilis influenzae 多様  
  パスツレラ属 パスツレラ属菌 Pasteurella multocida 人獣共通感染症  
ストレプトバシラス属 ストレプトバシラス属菌 Streptobacillus moniliformis 鼠咬症  
  シュードモナス属 緑膿菌 Psudomonas aeruginosa 緑膿菌感染症 好気性、院内感染症
ボルデテラ属 百日咳菌 Bordetela pertussis 百日咳 好気性、短桿菌
ブルセラ属 ブルセラ Brucella ブルセラ症 好気性、細胞内増殖菌、短桿菌
フランシセラ属 野兎病菌 Francisella tularensis 野兎病 好気性、球桿菌
レジオネラ属   Legionella pneumophila ポンティアック熱/レジオネラ肺炎 好気性
バクテロイデス属   Bacteroides fragilis 嫌気性感染症 偏性嫌気性菌
らせん菌   スピロヘータ科 トレポネーマ属 梅毒トレポネーマ Treponema pallidum subspecies pallidum 梅毒  
ボレリア属 回帰熱ボレリア Borrelia recurrentis 回帰熱
ライム病ボレリア Borrelia burgdorferi ライム病
レプトスピラ科 レプトスピラ属 黄疸出血性レプトスピラ Leptospira interrogans serovar icterohaemorrhagiae 黄疸出血性レプトスピラ症(レプトスピラ症ワイル病、黄疸性ワイル病)
スピリルム 鼠咬症スピリルム   鼠咬症
カンピロバクター属 カンピロバクター属菌   カンピロバクター腸炎
ヘリコバクター属   Helicobacter pylori  

細菌の鑑別」

  [★]

細菌

グラム陽性菌の鑑別 LAB.994

菌種 形態 抗酸性 芽胞 運動性 空気中での発育 嫌気条件下での発育 カタラーゼ オキシダーゼ ブドウ糖分解 OF試験
Micrococcus C D O/-
Staphylococcus C F
Aerococcus C W W/- F
Streptococcus C +/- F
Pediococcus C. F
Gemella
嫌気性球菌*1 C +/- F/-
Kurthia R
Corynebacterium R +/- F/-
Listeria R F
Erysipelothnx R       F
Lactobacillus                    
Arachnia*2                    
Rothia R F
Propiombacterium R . F
Achnomyces R F
Bifidobacterium                    
Eubacterium R . +/- F/-
Clostridium R <+> D D F/-
Bacillus R <+> D D d D F/O/-
Nocardia R W O
Mycobacterium R . O/NT
*1:Peptococcus, Peptostreptococus(あるいは Leuconostoc) *2:あるいはActinomyces odontolyticus D:その属の菌種によって反応が異なる。 d: 菌種によって反応が異なる。 F:発酵 O:酸化 W:弱反応 ・:不明 NT:テストできない <+>:芽胞非形成筋もある C:球菌 R:桿菌

グラム陰性菌の鑑別 LAB.995

(再編集の時に-*に注意)
菌種 形態 運動性 空気中での発育 嫌気条件下での発育 カタラーゼ オキシダーゼ ブドウ糖(酸) OF試験
Bacteroides R d D F/-
Veillonella C D
Neissena C O
Branhamella C
Acinetobacter C/R O
Moraxella R    
Brucella
Bordetella
Chromobacterium lividum R O
Alcahsenes R
Flavobacterium R O
Pseudomonas R O
Actinobacillus R F
Pasteurella
Necromonas
Cardiobacterium R F
Chromobacterium violaceum                
Beneckea R F
Vibrio
Plesiomonas
Aeromonas
腸内細菌 R D F
Haemophilus R D D NT
Eikenella R -*
Campylobacter R -+1 D
Streptobacillus+2 R F
マイコプラズマ
*1:Peptococcus, Peptostreptococus(あるいは Leuconostoc) *2:あるいはActinomyces odontolyticus D:その属の菌種によって反応が異なる。 d: 菌種によって反応が異なる。 F:発酵 O:酸化 W:弱反応 ・:不明 NT:テストできない <+>:芽胞非形成筋もある C:球菌 R:桿菌 ・: 不明 *: 空気中では発育せず。空気CO2で発育。+1: 好気的または嫌気的には発育せず。5-6%O2中で発育。+2: あるいはShigella dysenteriae 1

空洞性肺病変」

  [★]

空洞形成空洞

空洞性肺病変の鑑別

IRE.527
肺化膿症で実質の破壊が進展し膿が貯留して肺膿瘍を形成する。この場合にも空洞性肺病変を生じうる。
  • 感染性
  • 非感染性

ベイヨネラ属」

  [★]

Veillonella
Veillonella属ベイヨネラベイロネラ属ベイロネラ
細菌

[show details]

  • 嫌気性連鎖球菌に含まれる
  • アトポビウム属細菌、ゲメラ属細菌、ベイロネラ属細菌、アシドアミノコッカス属細菌、メガスフェラ属細菌等
[display]http:www.patentjp.com/13/L/L100983/DA10003.html
  • ヒトの細菌叢に含まれる細菌(2)
  • ヒトの口腔、消化管、膣の常在菌叢(normal flora)に含まれる。(2)
  • 感染症において単離されることは稀。(2)
  • たまに髄膜炎、骨髄炎、人工関節感染、胸膜肺感染症、心内膜炎、細菌血症のような重症感染症でベイヨネラ属が単独で病原体として単離されることがある。(2)

種類

  • Veillonella dispar (2)
  • Veillonella atypica (2)
  • Veillonella parvula (2)
  • Veillonella montpellierensis (2)

参考文献

  • 1. wikipedia en
[display]http://en.wikipedia.org/wiki/Veillonella
  • 2. Veillonella montpellierensis Endocarditis
[display]http://www.cdc.gov/NCIDOD/EID/vol11no07/pdfs/04-1361.pdf