Bacteroides

バクテロイデス属  

WordNet

  1. type genus of Bacteroidaceae; genus of Gram-negative rodlike anaerobic bacteria producing no endospores and no pigment and living in the gut of man and animals (同)genus Bacteroides

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/07/20 14:45:50」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

English Journal

  • In vitro digestion and fermentation properties of linear sugar-beet arabinan and its oligosaccharides.
  • Moon JS1, Shin SY1, Choi HS2, Joo W1, Cho SK1, Li L1, Kang JH1, Kim TJ1, Han NS3.
  • Carbohydrate polymers.Carbohydr Polym.2015 Oct 20;131:50-6. doi: 10.1016/j.carbpol.2015.05.022. Epub 2015 May 19.
  • This study was conducted to investigate the prebiotic effects of linear arabino-oligosaccharides (LAOS) and debranched (linear) sugar beet arabinan (LAR) for the development of new prebiotics. LAOS were prepared from LAR by enzymatic hydrolysis with endo-arabinanase from Bacillus licheniformis, foll
  • PMID 26256159
  • Dps and DpsL Mediate Survival In Vitro and In Vivo during the Prolonged Oxidative Stress Response in Bacteroides fragilis.
  • Betteken MI1, Rocha ER1, Smith CJ2.
  • Journal of bacteriology.J Bacteriol.2015 Oct 15;197(20):3329-38. doi: 10.1128/JB.00342-15. Epub 2015 Aug 10.
  • Bacteroides fragilis is a Gram-negative anaerobe and member of the human intestinal tract microbiome, where it plays many beneficial roles. However, translocation of the organism to the peritoneal cavity can lead to peritonitis, intra-abdominal abscess formation, bacteremia, and sepsis. During trans
  • PMID 26260459
  • Storm loads of culturable and molecular fecal indicators in an inland urban stream.
  • Liao H1, Krometis LA2, Cully Hession W2, Benitez R3, Sawyer R3, Schaberg E2, von Wagoner E2, Badgley BD3.
  • The Science of the total environment.Sci Total Environ.2015 Oct 15;530-531:347-56. doi: 10.1016/j.scitotenv.2015.05.098. Epub 2015 Jun 5.
  • Elevated concentrations of fecal indicator bacteria in receiving waters during wet-weather flows are a considerable public health concern that is likely to be exacerbated by future climate change and urbanization. Knowledge of factors driving the fate and transport of fecal indicator bacteria in sto
  • PMID 26050960

Japanese Journal

  • Brewer's yeast cell wall affects microbiota composition and decreases Bacteroides fragilis populations in an anaerobic gut intestinal model
  • Nakashimada Yutaka,Michinaka Atsuko,Watanabe Kentaro [他]
  • Journal of bioscience and bioengineering 111(2), 178-184, 2011-02
  • NAID 40018702839
  • 結核性脊椎炎との鑑別に苦慮した Bacteroides による腰椎化膿性脊椎炎の1例
  • 重留 広輔,山田 圭,永田 見生,佐藤 公昭,密川 守,下山 十喜子,横須賀 公章,吉田 龍弘
  • 整形外科と災害外科 59(4), 855-859, 2010-09-25
  • NAID 10026702528

Related Links

Bacteroides vulgatus バクテロイデス・ブルガータス 嫌気性グラム陰性桿菌. 腸管内や口腔,咽頭に常在する. 時に日和見感染症をおこす. 系統 抗菌薬 感受性 標準菌株 標準菌のMIC 臨床分離菌のMIC80 臨床分離菌のMIC60 備考 ...
Classification Higher order taxa: Bacteria; Bacteroidetes/Chlorobi group; Bacteroidetes; Bacteroides (class); Bacteroidales; Bacteroidaceae; Bacteroides Species: Bacteroides caccae; Bacteroides distasonis; Bacteroides eggerthii ...


Related Pictures

 fotos relacionadas con Bacteroides fotos relacionadas con BacteroidesDescription Bacteroides biacutis 01.jpg fotos relacionadas con BacteroidesBacteroides fragilisBacteroides



★リンクテーブル★
リンク元細菌の鑑別」「嫌気性菌」「空洞性肺病変」「メトロニダゾール」「無芽胞嫌気性菌感染症
拡張検索Bacteroides fragilis」「Bacteroides intermedius」「Bacteroides melaninogenicus」「Bacteroides thetaiotaomicron

細菌の鑑別」

  [★]

細菌

グラム陽性菌の鑑別 LAB.994

菌種 形態 抗酸性 芽胞 運動性 空気中での発育 嫌気条件下での発育 カタラーゼ オキシダーゼ ブドウ糖分解 OF試験
Micrococcus C D O/-
Staphylococcus C F
Aerococcus C W W/- F
Streptococcus C +/- F
Pediococcus C. F
Gemella
嫌気性球菌*1 C +/- F/-
Kurthia R
Corynebacterium R +/- F/-
Listeria R F
Erysipelothnx R       F
Lactobacillus                    
Arachnia*2                    
Rothia R F
Propiombacterium R . F
Achnomyces R F
Bifidobacterium                    
Eubacterium R . +/- F/-
Clostridium R <+> D D F/-
Bacillus R <+> D D d D F/O/-
Nocardia R W O
Mycobacterium R . O/NT
*1:Peptococcus, Peptostreptococus(あるいは Leuconostoc) *2:あるいはActinomyces odontolyticus D:その属の菌種によって反応が異なる。 d: 菌種によって反応が異なる。 F:発酵 O:酸化 W:弱反応 ・:不明 NT:テストできない <+>:芽胞非形成筋もある C:球菌 R:桿菌

グラム陰性菌の鑑別 LAB.995

(再編集の時に-*に注意)
菌種 形態 運動性 空気中での発育 嫌気条件下での発育 カタラーゼ オキシダーゼ ブドウ糖(酸) OF試験
Bacteroides R d D F/-
Veillonella C D
Neissena C O
Branhamella C
Acinetobacter C/R O
Moraxella R    
Brucella
Bordetella
Chromobacterium lividum R O
Alcahsenes R
Flavobacterium R O
Pseudomonas R O
Actinobacillus R F
Pasteurella
Necromonas
Cardiobacterium R F
Chromobacterium violaceum                
Beneckea R F
Vibrio
Plesiomonas
Aeromonas
腸内細菌 R D F
Haemophilus R D D NT
Eikenella R -*
Campylobacter R -+1 D
Streptobacillus+2 R F
マイコプラズマ
*1:Peptococcus, Peptostreptococus(あるいは Leuconostoc) *2:あるいはActinomyces odontolyticus D:その属の菌種によって反応が異なる。 d: 菌種によって反応が異なる。 F:発酵 O:酸化 W:弱反応 ・:不明 NT:テストできない <+>:芽胞非形成筋もある C:球菌 R:桿菌 ・: 不明 *: 空気中では発育せず。空気CO2で発育。+1: 好気的または嫌気的には発育せず。5-6%O2中で発育。+2: あるいはShigella dysenteriae 1

嫌気性菌」

  [★]

anaerobic bacterium anaerobic bacteria, anaerobe anaerobes, anaerobic bacteria
anaerobie
細菌好気性菌嫌気性培養法

概念

  • 酸素の存在しないところで増殖する細菌。
  • 酸素が存在していても酸化還元電位(Eh)が低い状態では増殖可能 → 還元的な環境(人体でいうと腸管、膿瘍などの閉鎖環境)
  • 発酵によりエネルギーを得ている。
  • 酸素、酸化物、および過酸化物をハンドリングする酵素を持たない:シトクロム系酵素、カタラーゼスーパーオキシドジスムターゼ

分類


臨床

嫌気性菌感染を考慮すべき病態、疾患

嫌気性菌をカバーする抗菌薬

空洞性肺病変」

  [★]

空洞形成空洞

空洞性肺病変の鑑別

IRE.527
肺化膿症で実質の破壊が進展し膿が貯留して肺膿瘍を形成する。この場合にも空洞性肺病変を生じうる。
  • 感染性
  • 非感染性

メトロニダゾール」

  [★]

metronidazole, MTZ
フラジール Flagyl, Metro-IV、アスゾールランピオンパック(ランソプラゾールアモキシシリンメトロニダゾール)
トリコモナス
  • first aid step1 2006 p.139,142,148,165,172,178,208,276,282

特徴

構造

作用機序 PPC. 641, 647

  • メトロニダゾールの活性化には嫌気性生物の発酵に関与する酵素 pyruvate-derredocin oxidoreductase,PFORが必要
  • pyruvate-ferredoxin oxidoreductaseはferredoxinをreduced ferredoxinに変換するが、これに共役してメトロニダゾールがreduced metronidazole(活性型)に変換される。
PFORは宿主細胞(好気性生物)には存在しないので、原虫や嫌気性生物が特異的に障害を受ける
  • 微生物の蛋白質、膜、DNAに傷害を与える

適応

USMLE (first aid step1 2006 p.172)

横隔膜より下の嫌気性菌に対して用いられる
H. pylori:bismuth + amoxicillin/tetracycline + metronidazole

副作用

  • disulfiram-like reaction with alcohol; headache,metallic taste (first aid step1 2006 p.172)

無芽胞嫌気性菌感染症」

  [★]

nonsporulating anaerobic infection, nonspore-forming anaerobic bacterial infection
バクテロイデス属
  • 無芽胞嫌気性菌が関与する嫌気性菌感染症。
  • 多くの細菌が関与するが、嫌気性のグラム陰性桿菌が多い。
  • ヒトの常在菌でである(内因性感染となる)が、免疫力の低下や組織・器官の奇形が存在する場合、病変を形成しやすい。
  • 好気性菌との複合感染をとる。
  • 嫌気性グラム陰性桿菌は、カルバペネムセファマイシンなど一部を除くほとんど全てのβ-ラクタム薬を分解するβ-ラクタマーゼを産生する。(嫌気性なので当然)Bacteroides fragilisにアミノグリコシド系抗菌薬は無効である。
  • 治療:クリンダマイシンリンコマイシン

Bacteroides fragilis」

  [★]

バクテロイデス・フラギリスバクテロイデス・フラジリス
バクテロイデス属細菌

Bacteroides intermedius」

  [★]

;関:Prevotella intermedia

Prevotella intermedia

Bacteroides melaninogenicus」

  [★]

バクテロイデス・メラニノゲニカス

Prevotella melaninogenica

Bacteroides thetaiotaomicron」

  [★]

バクテロイデス・テタイオタオミクロン

B. thetaiotaomicron