Vibrio parahaemolyticus

Vibrio parahaemolyticus
腸炎ビブリオ菌ビブリオ・パラヘモリチカス
食中毒菌ビブリオ属


概念

  • 通性嫌気性
  • グラム陰性桿菌
  • 増殖速度がものすごく速い!大腸菌よりも早い。
  • 感染型の食中毒の原因となる

感染症

WordNet

  1. curved rodlike motile bacterium (同)vibrion

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/01/25 07:08:10」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

English Journal

  • Characteristics of potentially pathogenic vibrios from subtropical Mozambique compared with isolates from tropical India and boreal Sweden.
  • Collin B, Rehnstam-Holm AS, Ehn Börjesson SM, Mussagy A, Hernroth B.SourceDepartment of Clinical Microbiology, Institute of Biomedicine, Sahlgrenska Academy at Gothenburg University, Göteborg, Sweden; Department of Biomedicine, Kristianstad University, Kristianstad, Sweden.
  • FEMS microbiology ecology.FEMS Microbiol Ecol.2013 Feb;83(2):255-64. doi: 10.1111/j.1574-6941.2012.01471.x. Epub 2012 Sep 12.
  • Reported outbreaks of Vibrio parahaemolyticus have increased worldwide, particularly in regions of high seafood consumption. In Mozambique, seafood constitutes an important food resource and diarrheal diseases are common among its inhabitants. Edible clams were collected in Maputo Bay during both th
  • PMID 22891871
  • Characterization of myosin light chain gene up-regulated in the large yellow croaker immunity by interaction with RanGTPase.
  • Han F, Wang X, Wang Z.SourceCollege of Animal Science and Technology, Hunan Agricultural University, Changsha, 410128, China; Key Laboratory of Healthy Mariculture in the East China Sea, Ministry of Agriculture, Fisheries College, Jimei University, Xiamen, 361021, China.
  • Gene.Gene.2013 Feb 1;514(1):54-61. doi: 10.1016/j.gene.2012.09.135. Epub 2012 Nov 13.
  • RanGTPases are highly conserved in eukaryotes from yeast to human and have been implicated in many aspects of nuclear structure and function. In our previous study, it was revealed that the RanGTPase was up-regulated in large yellow croaker challenged by pathogen. However, the mechanism of RanGTPase
  • PMID 23159872

Japanese Journal

  • 食中毒の重要性 : 国際的な視点から (特集 食中毒の基礎と臨床 : 疾患メカニズムから予防まで)
  • 腸炎ビブリオの免疫学的手法による迅速同定法 (特集 食品・飲料の微生物混入対策)
  • 坂田 淳子,川津 健太郎,岩崎 忠
  • 食品工業 55(8), 50-60, 2012-04-30
  • NAID 40019206987

Related Links

腸炎ビブリオ(細菌) [Vibrio parahaemolyticus] 症状は? 食後4~96時間で、激しい下痢、腹痛などをおこします。下痢に血が混じることがあります。 夏に発生が多いです。 高齢者は、症状が重くなることがあるので、注意が必要です。 ...
CDC general information, technical information, and frequently asked questions about Vibrio parahaemolyticus ... An estimated 4500 cases of V. parahaemolyticus infection occur each year in the United States.


Related Pictures

Vibrio parahaemolyticusVibrio parahaemolyticus.1.jpgVibrio parahaemolyticusVibrio parahaemolyticusVibrio Parahaemolyticus http://www Vibrio parahaemolyticus na TCBS agaru



★リンクテーブル★
リンク元細菌」「急性胃腸炎」「ビブリオ属
拡張検索Vibrio parahaemolyticus food poisoning

細菌」

  [★]

bacterium,(pl.) bacteria
バクテリア
特殊な細菌 細菌の鑑別細菌の同定?、細菌の分類

細菌の命名

  • ラテン語であり、イタリックで表す。
  • 「属名 + 種名」で表現される。

グラム染色性と形状による分類と疾患

形状 グラム陽性菌 グラム陰性菌
球菌   スタフィロコッカス属 黄色ブドウ球菌 Staphylococcus aureus 多様     ナイセリア属 淋菌 Neisseria gonorrhoeae 淋病  
ストレプトコッカス属 化膿性連鎖球菌 Streptococcus pyogenes 多様 莢膜 髄膜炎菌 Neisseria meningitidis 多様  
肺炎球菌 Streptococcus pneumoniae     ベイヨネラ属   Veillonella    
エンテロコッカス属 (総称)腸球菌 Enterococcus faecalis     モラクセラ属/
ブランハメラ亜属
  Moraxella catarrhalis 肺炎  
Enterococcus faecium      
桿菌   バシラス属 炭疽菌 Bacillus anthracis 炭疽 好気性菌、有芽胞菌、莢膜 腸内細菌科 エンテロバクター属     肺炎、尿路感染  
  セレウス菌 Bacillus cereus 細菌性食中毒 好気性菌、有芽胞菌 エシェリキア属 大腸菌 Escherichia coli パラチフス 通性嫌気性
  クロストリジウム属 破傷風菌 Clostridium tetani 破傷風 嫌気性菌、有芽胞菌 クレブシエラ属     下痢、肺炎、尿路感染  
  ボツリヌス菌 Clostridium botulinum ボツリヌス中毒 プロテウス属     尿路感染  
  ウェルシュ菌 Clostridium perfringens 多様 サルモネラ属 パラチフス菌 Sallmonella serovar Paratyphi 腸チフス 通性嫌気性
  ディフィシル菌 Clostridium difficile 多様 チフス菌 Sallmonella serovar Typhi   通性嫌気性
    ガス壊疸菌群       セラチア属   Serratia 日和見感染 通性嫌気性
マイコバクテリウム科 マイコバクテリウム属 結核菌 Mycobacterium tuberculosis 結核 無芽胞菌 シゲラ属 赤痢菌 Shigella 赤痢 通性嫌気性
ライ菌 Mycobacterium leprae ライ病 エルシニア属 ペスト菌 Yersinia pestis ペスト 通性嫌気性
コリネバクテリウム科 コリネバクテリウム属 ジフテリア菌 Corynebacterium diphtheriae ジフテリア   Yersinia enterocolitica 多様 通性嫌気性
ノカルジア科 ノカルジア属 ノカルジア     ビブリオ科 ビブリオ属 コレラ菌 Vibrio cholerae コレラ 通性嫌気性
アクチノマイセス科 アクチノマイセス属(放線菌属) (総称)放線菌 Actinomyces   腸炎ビブリオ Vibrio parahaemolyticus 腸炎ビブリオ感染症 通性嫌気性
  リステリア属   Listeria monocytogenes リステリア症 嫌気性菌、無芽胞菌、人獣共通感染症、通性細胞内寄生菌 パスツレラ科 ヘモフィルス属 インフルエンザ菌 Haemophilis influenzae 多様  
  パスツレラ属 パスツレラ属菌 Pasteurella multocida 人獣共通感染症  
ストレプトバシラス属 ストレプトバシラス属菌 Streptobacillus moniliformis 鼠咬症  
  シュードモナス属 緑膿菌 Psudomonas aeruginosa 緑膿菌感染症 好気性、院内感染症
ボルデテラ属 百日咳菌 Bordetela pertussis 百日咳 好気性、短桿菌
ブルセラ属 ブルセラ Brucella ブルセラ症 好気性、細胞内増殖菌、短桿菌
フランシセラ属 野兎病菌 Francisella tularensis 野兎病 好気性、球桿菌
レジオネラ属   Legionella pneumophila ポンティアック熱/レジオネラ肺炎 好気性
バクテロイデス属   Bacteroides fragilis 嫌気性感染症 偏性嫌気性菌
らせん菌   スピロヘータ科 トレポネーマ属 梅毒トレポネーマ Treponema pallidum subspecies pallidum 梅毒  
ボレリア属 回帰熱ボレリア Borrelia recurrentis 回帰熱
ライム病ボレリア Borrelia burgdorferi ライム病
レプトスピラ科 レプトスピラ属 黄疸出血性レプトスピラ Leptospira interrogans serovar icterohaemorrhagiae 黄疸出血性レプトスピラ症(レプトスピラ症ワイル病、黄疸性ワイル病)
スピリルム 鼠咬症スピリルム   鼠咬症
カンピロバクター属 カンピロバクター属菌   カンピロバクター腸炎
ヘリコバクター属   Helicobacter pylori  

急性胃腸炎」

  [★]

acute gastroenteritis
感染性胃腸炎viral gastroenteritis


  • 下痢症である

感染性胃腸炎

  • 上部消化管症状
  • 下部消化管症状

分類(SMB.604)

非炎症性

炎症性

ビブリオ属」

  [★]

vibrio
Vibrio
ビブリオ属Vibrio属
  • 通性嫌気性
  • グラム陰性桿菌


ビブリオ属

Vibrio parahaemolyticus food poisoning」

  [★] 腸炎ビブリオ食中毒