空洞形成

cavity formation
空洞現象 キャビテーション cavitation
空洞化

PrepTutorEJDIC

  1. 空洞現象(低圧で流体を中に空間のできること)

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

Japanese Journal

  • 薄壁空洞形成を伴った直腸癌転移性肺腫瘍の一例
  • 吾妻 寛之,羽切 周平,吉岡 洋
  • 日本呼吸器外科学会雑誌 = The journal of the Japanese Association for Chest Surgery 25(7), 806-808, 2011-11-15
  • NAID 10029652648
  • 空洞形成を伴う孤立性病変を呈した卵巣癌肺転移の1例
  • 砥石 政幸,近藤 竜一,矢満田 健
  • 日本呼吸器外科学会雑誌 = The journal of the Japanese Association for Chest Surgery 25(7), 761-766, 2011-11-15
  • NAID 10029652524

Related Links

1596―1600,1993 14)小林 理,阿部 惇,山川能夫ほか:肺胞上皮癌 様の組織像を呈し,空洞形成性多発肺転移を伴っ た膵のう胞腺癌の1例.癌の臨 39:1741―1748, 1993 15)梅木茂宣,副島林造,畑 毅ほか:Checkvalve 機構による ...
空洞形成および気管支潰瘍を呈し, 気管支結核と鑑別を要した肺腺癌の1例 Lung Adenocarcinoma with Cavitary Lesion and Endobronchial Ulcer Resembling Endobronchial Tuberculosis


Related Pictures

 上肺野陰影伴右上肺野空洞形成空洞形成有空洞形成40空洞ニボー形成.jpg空洞形成する肺疾患をごっそり 空洞形成



★リンクテーブル★
国試過去問111G066」「106F008
リンク元空洞性肺病変」「キャビテーション
関連記事形成」「空洞

111G066」

  [★]

  • 次の文を読み、66~68の問いに答えよ。
  • 84歳の男性。早期胃癌の治療のため入院中である。
  • 現病歴:2か月前から上腹部痛を自覚し、改善がないため受診した。上部消化管内視鏡検査で胃前庭部小彎の早期胃癌と診断された。5日前に入院し、翌日に内視鏡的粘膜下層剥離術が行われたが、同日夜に200mL程度の吐血があり、緊急で内視鏡的止血術が行われた。吐血した際には激しい咳を伴っていた。昨日から38.7℃の発熱と呼吸困難とを自覚している。
  • 既往歴:60歳時に胆嚢摘出術。
  • 生活歴:喫煙は60歳まで10本/日を40年間。飲酒歴はない。石綿などの粉塵吸入歴はない。
  • 家族歴:父親が肺癌で死亡。母親が脳梗塞で死亡。
  • 現症:意識は清明。身長 154cm、体重 41kg。体温 37.6℃。脈拍 96/分、整。血圧 112/60mmHg。呼吸数 16/分。SpO2 92%(リザーバー付マスク6L/分酸素投与下)。眼瞼結膜と眼球結膜とに異常を認めない。心音に異常を認めないが、両側の胸部にcoarse cracklesを聴取する。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。下腿に浮腫を認めない。
  • 検査所見:尿所見:蛋白(-)、糖(-)、ケトン体(±)、潜血(-)。血液所見:赤血球 378万、Hb 11.4g/dL、Ht 33%、白血球 16,800(桿状核好中球 8%、分葉核好中球 76%、好酸球 3%、単球 3%、リンパ球 10%)、血小板 33万。血液生化学所見:総蛋白 6.1g/dL、アルブミン 2.3g/dL、総ビリルビン 0.6mg/dL、AST 32U/L、ALT 59U/L、LD 363U/L(基準 176~353)、尿素窒素 15mg/dL、クレアチニン 0.6mg/dL、血糖 169mg/dL、HbA1c 6.0%(基準 4.6~6.2)、Na 135mEq/L、K 3.9mEq/L、Cl 99mEq/L、脳性ナトリウム利尿ペプチド(BNP) 120pg/mL(基準 18.4以下)。免疫血清学所見:プロカルシトニン 0.20ng/mL(基準 0.05未満)、CRP 18mg/dL。尿中レジオネラ抗原陰性、尿中肺炎球菌抗原陰性。
  • 動脈血ガス分析(リザーバー付マスク6L/分酸素投与下):pH 7.45、PaCO2 35Torr、PaO2 63Torr、HCO3- 25mEq/L。仰臥位のポータブル胸部エックス線写真(別冊No. 11A)及び胸部CTの水平断像(別冊No. 11B)と冠状断像(別冊No. 11C)とを別に示す。



  • この患者にみられる所見はどれか。2つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 111G065]←[国試_111]→[111G067

106F008」

  [★]

  • 肺腺癌について正しいのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106F007]←[国試_106]→[106F009

空洞性肺病変」

  [★]

空洞形成空洞

空洞性肺病変の鑑別

IRE.527
肺化膿症で実質の破壊が進展し膿が貯留して肺膿瘍を形成する。この場合にも空洞性肺病変を生じうる。
  • 感染性
  • 非感染性

キャビテーション」

  [★]

cavitation
空洞化、空洞形成

形成」

  [★]

形式形態構造組成品種編成フォーム成立形づくる

空洞」

  [★]

cavityborecavitary
うんざり窩洞空洞性穿孔退屈口径穴を開ける