Plesiomonas

プレジオモナス属


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/12/30 10:04:08」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

English Journal

  • Development of a method to produce hemoglobin in a bioreactor culture of Escherichia coli BL21(DE3) transformed with a plasmid containing Plesiomonas shigelloides heme transport genes and modified human hemoglobin genes.
  • Smith BJ, Gutierrez P, Guerrero E, Brewer CJ, Henderson DP.SourceDepartment of Biology, University of Texas of the Permian Basin, Odessa, TX 79762-0001, USA.
  • Applied and environmental microbiology.Appl Environ Microbiol.2011 Sep;77(18):6703-5. Epub 2011 Jul 29.
  • We describe a method for production of recombinant human hemoglobin by Escherichia coli grown in a bioreactor. E. coli BL21(DE3) transformed with a plasmid containing hemoglobin genes and Plesiomonas shigelloides heme transport genes reached a cell dry weight of 83.64 g/liter and produced 11.92 g/li
  • PMID 21803893
  • Development of a real-time PCR assay with an internal amplification control for detection of Gram-negative histamine-producing bacteria in fish.
  • Bjornsdottir-Butler K, Jones JL, Benner R, Burkhardt W 3rd.SourceGulf Coast Seafood Laboratory, U.S. Food and Drug Administration, 1 Iberville Dr., Dauphin Island, AL 36528, USA. Kristin.Butler@fda.hha.gov
  • Food microbiology.Food Microbiol.2011 May;28(3):356-63. Epub 2010 Jul 3.
  • Prompt detection of bacteria that contribute to scombrotoxin (histamine) fish poisoning can aid in the detection of potentially toxic fish products and prevent the occurrence of illness. We report development of the first real-time PCR method for rapid detection of Gram-negative histamine-producing
  • PMID 21356438

Japanese Journal

  • Plesiomonas shigelloides の感染段階における細胞傷害性外膜タンパク質(COPM)の役割
  • 津川 仁,木村 真由美,大川 喜男
  • 日本細菌学雑誌 62(1), 126, 2007-02-25
  • NAID 10019310273
  • Cyclospora cayetanensis と Plesiomonas shigelloides の混合感染の症例報告ならびに糞便塗抹検査の重要性について
  • 石川 恵子
  • 日本臨床微生物学雑誌 = The journal of the Japanese Society for Clinical Microbiology 13(2), 117-121, 2003-08-11
  • NAID 10018984018

Related Links

感染症の話トップページへ 感染症の話 2001年第2週(1月8日~1月14日)掲載 プレジオモナス・シゲロイデス感染症 プレジオモナス(Plesiomonas)は、Ferguson &Henderson が1947年に病歴不明のヒト糞便から初めて分離した。
Plesiomonas shigelloidesは,近年は輸入感染性腸炎の原因菌の一つとして,大腸菌,サルモネラに次いで多数分離されている。実際に最近5年間では,毎年300株前後が全国で分離されているが,おおよそ90%は輸入事例である。


Related Pictures

Plesiomonas shigelloides Bacteria, gram Qué es Plesiomonas shigelloides ?Plesiomonas; Plesiomonas shigelloidesOpinions on Plesiomonas shigelloidesthe genus Plesiomonas wasPlesiomonas shigelloides - MicrobeWiki



★リンクテーブル★
リンク元細菌の鑑別」「プレジオモナス感染症」「プレジオモナス」「プレジオモナス属
拡張検索Plesiomonas infection

細菌の鑑別」

  [★]

細菌

グラム陽性菌の鑑別 LAB.994

菌種 形態 抗酸性 芽胞 運動性 空気中での発育 嫌気条件下での発育 カタラーゼ オキシダーゼ ブドウ糖分解 OF試験
Micrococcus C D O/-
Staphylococcus C F
Aerococcus C W W/- F
Streptococcus C +/- F
Pediococcus C. F
Gemella
嫌気性球菌*1 C +/- F/-
Kurthia R
Corynebacterium R +/- F/-
Listeria R F
Erysipelothnx R       F
Lactobacillus                    
Arachnia*2                    
Rothia R F
Propiombacterium R . F
Achnomyces R F
Bifidobacterium                    
Eubacterium R . +/- F/-
Clostridium R <+> D D F/-
Bacillus R <+> D D d D F/O/-
Nocardia R W O
Mycobacterium R . O/NT
*1:Peptococcus, Peptostreptococus(あるいは Leuconostoc) *2:あるいはActinomyces odontolyticus D:その属の菌種によって反応が異なる。 d: 菌種によって反応が異なる。 F:発酵 O:酸化 W:弱反応 ・:不明 NT:テストできない <+>:芽胞非形成筋もある C:球菌 R:桿菌

グラム陰性菌の鑑別 LAB.995

(再編集の時に-*に注意)
菌種 形態 運動性 空気中での発育 嫌気条件下での発育 カタラーゼ オキシダーゼ ブドウ糖(酸) OF試験
Bacteroides R d D F/-
Veillonella C D
Neissena C O
Branhamella C
Acinetobacter C/R O
Moraxella R    
Brucella
Bordetella
Chromobacterium lividum R O
Alcahsenes R
Flavobacterium R O
Pseudomonas R O
Actinobacillus R F
Pasteurella
Necromonas
Cardiobacterium R F
Chromobacterium violaceum                
Beneckea R F
Vibrio
Plesiomonas
Aeromonas
腸内細菌 R D F
Haemophilus R D D NT
Eikenella R -*
Campylobacter R -+1 D
Streptobacillus+2 R F
マイコプラズマ
*1:Peptococcus, Peptostreptococus(あるいは Leuconostoc) *2:あるいはActinomyces odontolyticus D:その属の菌種によって反応が異なる。 d: 菌種によって反応が異なる。 F:発酵 O:酸化 W:弱反応 ・:不明 NT:テストできない <+>:芽胞非形成筋もある C:球菌 R:桿菌 ・: 不明 *: 空気中では発育せず。空気CO2で発育。+1: 好気的または嫌気的には発育せず。5-6%O2中で発育。+2: あるいはShigella dysenteriae 1

プレジオモナス感染症」

  [★]

Plesiomonas infection
プレシオモナス感染症
プレジオモナス属

[show details]

プレジオモナス」

  [★]

Plesiomonas
プレシオモナス・シゲロイデスプレジオモナス属Plesiomonas属

プレジオモナス属」

  [★]

Plesiomonas
Plesiomonas属
プレジオモナスプレジオモナス属

Plesiomonas infection」

  [★] プレジオモナス感染症