Branhamella

ブランハメラ、ランハメラ属、Branhamella属


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/01/09 11:35:00」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

English Journal

  • Pulmonary thin-section CT findings in acute Moraxella catarrhalis pulmonary infection.
  • Okada F, Ando Y, Nakayama T, Tanoue S, Ishii R, Ono A, Watanabe M, Takaki H, Maeda T, Mori H.SourceDepartment of Radiology, Faculty of Medicine, Oita University, Oita, Japan. fumitook@med.oita-u.ac.jp
  • The British journal of radiology.Br J Radiol.2011 Dec;84(1008):1109-14. Epub 2010 Dec 1.
  • OBJECTIVE: Moraxella catarrhalis is an important pathogen in the exacerbation of chronic obstructive pulmonary disease. The aim of this study was to assess the clinical and pulmonary thin-section CT findings in patients with acute M. catarrhalis pulmonary infection.METHODS: Thin-section CT scans obt
  • PMID 21123308
  • Effect of 7-valent pneumococcal conjugate vaccine on nasopharyngeal carriage with Haemophilus influenzae and Moraxella catarrhalis in a randomized controlled trial.
  • van Gils EJ, Veenhoven RH, Rodenburg GD, Hak E, Sanders EA.SourceDepartment of Pediatric Immunology and Infectious Diseases, Wilhelmina Children's Hospital, University Medical Center, Utrecht, The Netherlands. e.j.m.vangils@umcutrecht.nl
  • Vaccine.Vaccine.2011 Oct 13;29(44):7595-8. Epub 2011 Sep 3.
  • Seven-valent CRM197-conjugated pneumococcal conjugate vaccine (PCV7(CRM197)) reduces both vaccine serotype nasopharyngeal colonization and vaccine serotype acute otitis media by 50-60%. However, overall pneumococcal carriage and impact on otitis media are partly offset by concomitant increase of non
  • PMID 21893151

Japanese Journal

  • 他科からの耳鼻咽喉科への期待—内科臨床研究医からの耳鼻咽喉科への期待—
  • 松本 慶蔵
  • 日本耳鼻咽喉科学会会報 114(2), 60-65, 2011
  • … 1981年Branhamella catarrhalisの呼吸器感染症の普遍病原菌として検出し, 以後気道粘膜細胞への付着機構も明らかにした.上気道と下気道は密接なもので, この事実は喀痰の細菌と細胞の両者の検討から知り得た. …
  • NAID 130000798334
  • 注射薬 pazufloxacin 1 回1,000mg 1日2回投与時の細菌性肺炎を対象とした臨床第III相試験
  • 河野 茂,青木 信樹,河合 伸,二木 芳人,渡辺 彰,堀 誠治,渡辺 晋一,戸塚 恭一
  • 日本化学療法学会雜誌 = Japanese journal of chemotherapy 58(6), 664-680, 2010-11-10
  • … pneumoniae, 17 Haemophilus influenzae, 8 Moraxella(Branhamella)catarrhalis, and 7 Klebsiella pneumoniae. …
  • NAID 10027469199
  • 呼吸器感染症に対する levofloxacin 500mg 1日1回投与の臨床効果
  • 河野 茂,渡辺 彰,青木 信樹,二木 芳人,門田 淳一,藤田 次郎,柳原 克紀,賀来 満夫,堀 誠治
  • 日本化学療法学会雜誌 = Japanese journal of chemotherapy 57, 20-33, 2009-07-31
  • … 主な原因菌はStreptococcus pneumoniae,Haemophilus influenzae,Moraxella (Branhamella) catarrhalis,Staphylococcus aureusおよびKlebsiella pneumoniaeであり,これらを含めて微生物学的効果(消失)判定が可能であった原因菌50株はすべて消失した。 …
  • NAID 10025127741

Related Links

臨床現場では、Moraxella catarrhalisよりBranhamella catarrhalisの呼称が定着して いるため、現在もこの名称が使用されている。 ... なお、モラクセラ属にはMoraxella( Moraxella)とMoraxella (Branhamella)という二つの亜属が存在する。芽胞は形成 しない。


Related Pictures



★リンクテーブル★
リンク元細菌の鑑別」「ブランハメラ属
拡張検索Branhamella属」「Branhamella catarrhalis infection

細菌の鑑別」

  [★]

細菌

グラム陽性菌の鑑別 LAB.994

菌種 形態 抗酸性 芽胞 運動性 空気中での発育 嫌気条件下での発育 カタラーゼ オキシダーゼ ブドウ糖分解 OF試験
Micrococcus C D O/-
Staphylococcus C F
Aerococcus C W W/- F
Streptococcus C +/- F
Pediococcus C. F
Gemella
嫌気性球菌*1 C +/- F/-
Kurthia R
Corynebacterium R +/- F/-
Listeria R F
Erysipelothnx R       F
Lactobacillus                    
Arachnia*2                    
Rothia R F
Propiombacterium R . F
Achnomyces R F
Bifidobacterium                    
Eubacterium R . +/- F/-
Clostridium R <+> D D F/-
Bacillus R <+> D D d D F/O/-
Nocardia R W O
Mycobacterium R . O/NT
*1:Peptococcus, Peptostreptococus(あるいは Leuconostoc) *2:あるいはActinomyces odontolyticus D:その属の菌種によって反応が異なる。 d: 菌種によって反応が異なる。 F:発酵 O:酸化 W:弱反応 ・:不明 NT:テストできない <+>:芽胞非形成筋もある C:球菌 R:桿菌

グラム陰性菌の鑑別 LAB.995

(再編集の時に-*に注意)
菌種 形態 運動性 空気中での発育 嫌気条件下での発育 カタラーゼ オキシダーゼ ブドウ糖(酸) OF試験
Bacteroides R d D F/-
Veillonella C D
Neissena C O
Branhamella C
Acinetobacter C/R O
Moraxella R    
Brucella
Bordetella
Chromobacterium lividum R O
Alcahsenes R
Flavobacterium R O
Pseudomonas R O
Actinobacillus R F
Pasteurella
Necromonas
Cardiobacterium R F
Chromobacterium violaceum                
Beneckea R F
Vibrio
Plesiomonas
Aeromonas
腸内細菌 R D F
Haemophilus R D D NT
Eikenella R -*
Campylobacter R -+1 D
Streptobacillus+2 R F
マイコプラズマ
*1:Peptococcus, Peptostreptococus(あるいは Leuconostoc) *2:あるいはActinomyces odontolyticus D:その属の菌種によって反応が異なる。 d: 菌種によって反応が異なる。 F:発酵 O:酸化 W:弱反応 ・:不明 NT:テストできない <+>:芽胞非形成筋もある C:球菌 R:桿菌 ・: 不明 *: 空気中では発育せず。空気CO2で発育。+1: 好気的または嫌気的には発育せず。5-6%O2中で発育。+2: あるいはShigella dysenteriae 1

ブランハメラ属」

  [★]

Branhamella
ブランハメラBranhamella属
モラクセラ属

Branhamella属」

  [★]

Branhamella
ブランハメラ属ブランハメラ

Branhamella catarrhalis infection」

  [★] ブランハメラ感染症