Clostridium tetani

tetanus bacillus
Costridium tetani
(国試)破傷風菌
クロストリジウム属



  • 図:SMB.260
  • 芽胞形成
  • 嫌気性菌
  • グラム陽性桿菌
  • 形状:太鼓のバチ状(円形で端在性の芽胞)
  • 棲息場所 土壌中に広く分布
  • 運動性:寒天平板上で遊走し、辺縁は樹枝状
  • 病原性:創傷感染(特に土壌で汚染された挫滅創)により感染。受傷後6時間で毒素(破傷風毒素)を産生し始める。
  • 毒素:外毒素(神経毒:テタノスパスミン(破傷風毒素)、破傷風溶血毒:テタノリジン)
  • 感染症:破傷風

   

WordNet

  1. spindle-shaped bacterial cell especially one swollen at the center by an endospore (同)clostridia

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/02/25 17:22:09」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

English Journal

  • Urocanate reductase: Identification of a novel anaerobic respiratory pathway in Shewanella oneidensis MR-1.
  • Bogachev AV, Bertsova YV, Bloch DA, Verkhovsky MI.SourceDepartment of Molecular Energetics of Microorganisms, A.N. Belozersky Institute of Physico-Chemical Biology, Moscow State University, Moscow, 119992, Russia.
  • Molecular microbiology.Mol Microbiol.2012 Oct 18. doi: 10.1111/mmi.12067. [Epub ahead of print]
  • Interpretation of the constantly expanding body of genomic information requires that the function of each gene be established. Here we report the genomic analysis and structural modeling of a previously uncharacterized redox-metabolism protein UrdA (SO_4620) of Shewanella oneidensis MR-1, which led
  • PMID 23078170
  • Tetanus following replantation of an amputated finger: a case report.
  • Hayashida K, Murakami C, Fujioka M.AbstractABSTRACT: INTRODUCTION: Tetanus is an infectious disease caused by tetanus toxin produced by Clostridium tetani and induces severe neurological manifestations. We treated a patient who developed tetanus during hospitalization for replantation of an amputated finger. To the best of our knowledge, this is the first published case report of such an entity.
  • Journal of medical case reports.J Med Case Rep.2012 Oct 8;6(1):343. [Epub ahead of print]
  • ABSTRACT: INTRODUCTION: Tetanus is an infectious disease caused by tetanus toxin produced by Clostridium tetani and induces severe neurological manifestations. We treated a patient who developed tetanus during hospitalization for replantation of an amputated finger. To the best of our knowledge, thi
  • PMID 23043848
  • Identification of a novel linear epitope in tetanus toxin recognized by a protective monoclonal antibody: Implications for vaccine design.
  • Luo P, Qin L, Mao X, Chen L, Yu S, Li Q, Liu W, Zhang W, Gu J, Zou Q.SourceDepartment of Clinical Microbiology and Immunology, College of Medical Laboratory, Third Military Medical University, Chongqing 400038, China.
  • Vaccine.Vaccine.2012 Oct 5;30(45):6449-55. doi: 10.1016/j.vaccine.2012.08.002. Epub 2012 Aug 10.
  • Tetanus, a severe infectious disease, is caused by tetanus toxin (TT) from Clostridium tetani, which remains one of the most critical unsolved health problems despite preventive strategies. The carboxyl terminal of TT (TTC) is responsible for the binding of TT to neurons and for its toxicity and has
  • PMID 22889825

Japanese Journal

  • 臨床情報による的確な検体処理で Clostridium tetani の分離に成功した破傷風の一症例
  • 大橋 一孝,河合 裕美,渡邉 美菜子,山本 詩子,岡崎 恵美,高野 由喜子,早川 希威,佐藤 敏夫,大花 昇,山本 夏男,今福 裕司,塚田 泰彦,須釜 久美子,小黒 祐子,山本 明彦,高橋 元秀,金光 敬二
  • 日本臨床微生物学雑誌 = The journal of the Japanese Society for Clinical Microbiology 21(1), 35-39, 2011-03-25
  • NAID 10028122511
  • Disinfection Methods for Spores of Bacillus atrophaeus, B. anthracis, Clostridium tetani, C. botulinum and C. difficile
  • Oie Shigeharu,Obayashi Akiko,Yamasaki Hirofumi,Furukawa Hiroyuki,Kenri Tsuyoshi,Takahashi Motohide,Kawamoto Keiko,Makino Sou-ichi
  • Biological & Pharmaceutical Bulletin 34(8), 1325-1329, 2011
  • … anthracis, Clostridium botulinum and Clostridium tetani, and Clostridium difficile. …
  • NAID 130000936607
  • 非ウイルス性感染症 破傷風菌 (広範囲 血液・尿化学検査 免疫学的検査(第7版・3)その数値をどう読むか) -- (免疫学的検査 感染症関連検査(抗原および抗体を含む))
  • 山本 明彦,高橋 元秀
  • 日本臨床 68(-) (980), 220-223, 2010-06
  • NAID 40017181748

Related Pictures

 fotos relacionadas con Clostridium tetaniClostridium Tetani | Bacteria | Biology Clostridium tetani描述 Clostridium tetani.jpgClostridium tetaniClostridium tetani By: VincentClostridium tetani ·



★リンクテーブル★
リンク元細菌」「破傷風」「クロストリジウム属」「破傷風抗毒素
関連記事clostridium」「tetani」「Clostridium

細菌」

  [★]

bacterium,(pl.) bacteria
バクテリア
特殊な細菌 細菌の鑑別細菌の同定?、細菌の分類

細菌の命名

  • ラテン語であり、イタリックで表す。
  • 「属名 + 種名」で表現される。

グラム染色性と形状による分類と疾患

形状 グラム陽性菌 グラム陰性菌
球菌   スタフィロコッカス属 黄色ブドウ球菌 Staphylococcus aureus 多様     ナイセリア属 淋菌 Neisseria gonorrhoeae 淋病  
ストレプトコッカス属 化膿性連鎖球菌 Streptococcus pyogenes 多様 莢膜 髄膜炎菌 Neisseria meningitidis 多様  
肺炎球菌 Streptococcus pneumoniae     ベイヨネラ属   Veillonella    
エンテロコッカス属 (総称)腸球菌 Enterococcus faecalis     モラクセラ属/
ブランハメラ亜属
  Moraxella catarrhalis 肺炎  
Enterococcus faecium      
桿菌   バシラス属 炭疽菌 Bacillus anthracis 炭疽 好気性菌、有芽胞菌、莢膜 腸内細菌科 エンテロバクター属     肺炎、尿路感染  
  セレウス菌 Bacillus cereus 細菌性食中毒 好気性菌、有芽胞菌 エシェリキア属 大腸菌 Escherichia coli パラチフス 通性嫌気性
  クロストリジウム属 破傷風菌 Clostridium tetani 破傷風 嫌気性菌、有芽胞菌 クレブシエラ属     下痢、肺炎、尿路感染  
  ボツリヌス菌 Clostridium botulinum ボツリヌス中毒 プロテウス属     尿路感染  
  ウェルシュ菌 Clostridium perfringens 多様 サルモネラ属 パラチフス菌 Sallmonella serovar Paratyphi 腸チフス 通性嫌気性
  ディフィシル菌 Clostridium difficile 多様 チフス菌 Sallmonella serovar Typhi   通性嫌気性
    ガス壊疸菌群       セラチア属   Serratia 日和見感染 通性嫌気性
マイコバクテリウム科 マイコバクテリウム属 結核菌 Mycobacterium tuberculosis 結核 無芽胞菌 シゲラ属 赤痢菌 Shigella 赤痢 通性嫌気性
ライ菌 Mycobacterium leprae ライ病 エルシニア属 ペスト菌 Yersinia pestis ペスト 通性嫌気性
コリネバクテリウム科 コリネバクテリウム属 ジフテリア菌 Corynebacterium diphtheriae ジフテリア   Yersinia enterocolitica 多様 通性嫌気性
ノカルジア科 ノカルジア属 ノカルジア     ビブリオ科 ビブリオ属 コレラ菌 Vibrio cholerae コレラ 通性嫌気性
アクチノマイセス科 アクチノマイセス属(放線菌属) (総称)放線菌 Actinomyces   腸炎ビブリオ Vibrio parahaemolyticus 腸炎ビブリオ感染症 通性嫌気性
  リステリア属   Listeria monocytogenes リステリア症 嫌気性菌、無芽胞菌、人獣共通感染症、通性細胞内寄生菌 パスツレラ科 ヘモフィルス属 インフルエンザ菌 Haemophilis influenzae 多様  
  パスツレラ属 パスツレラ属菌 Pasteurella multocida 人獣共通感染症  
ストレプトバシラス属 ストレプトバシラス属菌 Streptobacillus moniliformis 鼠咬症  
  シュードモナス属 緑膿菌 Psudomonas aeruginosa 緑膿菌感染症 好気性、院内感染症
ボルデテラ属 百日咳菌 Bordetela pertussis 百日咳 好気性、短桿菌
ブルセラ属 ブルセラ Brucella ブルセラ症 好気性、細胞内増殖菌、短桿菌
フランシセラ属 野兎病菌 Francisella tularensis 野兎病 好気性、球桿菌
レジオネラ属   Legionella pneumophila ポンティアック熱/レジオネラ肺炎 好気性
バクテロイデス属   Bacteroides fragilis 嫌気性感染症 偏性嫌気性菌
らせん菌   スピロヘータ科 トレポネーマ属 梅毒トレポネーマ Treponema pallidum subspecies pallidum 梅毒  
ボレリア属 回帰熱ボレリア Borrelia recurrentis 回帰熱
ライム病ボレリア Borrelia burgdorferi ライム病
レプトスピラ科 レプトスピラ属 黄疸出血性レプトスピラ Leptospira interrogans serovar icterohaemorrhagiae 黄疸出血性レプトスピラ症(レプトスピラ症ワイル病、黄疸性ワイル病)
スピリルム 鼠咬症スピリルム   鼠咬症
カンピロバクター属 カンピロバクター属菌   カンピロバクター腸炎
ヘリコバクター属   Helicobacter pylori  

破傷風」

  [★]

tetanus, lockjaw
テタヌス
破傷風菌 Clostridium tetani

病型

参考1
  • 全身性破傷風:全身の筋の強直性攣縮 + 自律神経症状(早期は易刺激性、不穏、発汗、頻脈。後期には著しい発汗、不整脈、不安定な高血圧・低血圧、発熱)
  • 限局性破傷風
  • 頭部破傷風
  • 新生児破傷風

病態

SMB.260
  • 破傷風毒素(テタノスパスミン)は亜鉛依存性プロテアーゼ活性を有しており、シナプス小胞不随蛋白であり開口分泌に関与するシナプトブレビンを特異的に切断し、シナプスへの神経伝達物質の放出を妨げる。
  • 症状の発現は脊髄の抑制ニューロンが遮断される事による。
  • 自律神経ニューロンも遮断されるので、自律神経症状も発現する。 → 著しい血圧、脈拍の変動

治療

SMB.260 YN. H-55 SPE.359
  • 創部 :デブリドマン
  • 抗毒素:ヒトTIGの投与 → 神経細胞に取り込まれた後では毒素を中和できなくなる。
  • 抗菌 :ペニシリンGの大量投与。テトラサイクリン(SPE.359)
  • 対症療法:呼吸管理、筋弛緩薬、抗痙攣薬(ジアゼパム)、刺激の軽減(日光の遮蔽)

予防

予後

  • 死亡率:40% (SPE.359)

参考

  • 1. [charged] Tetanus - uptodate [1]

国試

クロストリジウム属」

  [★]

Clostridium
細菌


例外的に酸素に耐性が有るのがC. tertium, C. histolyticum, C.innocuum, C.perfringens

クロストリジウム属

破傷風抗毒素」

  [★]

tetanus antitoxin, TAT
テタガムテタノセーラテタノブリンIHテタノブリン破傷風グロブリン
破傷風Clostridium tetani

clostridium」

  [★]

クロストリジウムクロストリジウム属

tetani」

  [★]

  • np
tetanictetanustetany

Clostridium」

  [★] クロストリジウム属