Pasteurella multocida


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/02/26 16:22:09」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

English Journal

  • A Case of Wound Dual Infection with Pasteurella dagmatis and Pasteurella canis Resulting from a Dog Bite - Limitations of Vitek-2 System in Exact Identification of Pasteurella Species.
  • Akahane T, Nagata M, Matsumoto T, Murayama T, Isaka A, Kameda T, Fujita M, Oana K, Kawakami Y.SourceDivision of Infection Control and Microbiological Regulation, Department of Health and Medical Sciences, Shinshu University Graduate School of Medicine, Matsumoto, 390-8621, Japan. yk23724@shinshu-u.ac.jp.
  • European journal of medical research.Eur J Med Res.2011 Dec 2;16(12):531-6.
  • Background: Pasteurella species, widely known as indigenous organisms in the oral and gastrointestinal floras of many wild and domestic animals, are important pathogens in both animals and humans. Human infections due to Pasteurella species are in most cases associated with infected injuries followi
  • PMID 22112359
  • Time-course investigation of infection with a low virulent Pasteurella multocida strain in normal and immune-suppressed 12-week-old free-range chickens.
  • Mbuthia PG, Njagi LW, Nyaga PN, Bebora LC, Minga U, Christensen JP, Olsen JE.Sourcea Department of Veterinary Pathology, Microbiology and Parasitology, Faculty of Veterinary Medicine , University of Nairobi , P.O. Box 29053 , Nairobi , Kenya.
  • Avian pathology : journal of the W.V.P.A.Avian Pathol.2011 Dec;40(6):629-37.
  • Twelve-week-old indigenous chickens, either immune-suppressed using dexamethasone (IS) or non-immune-suppressed (NIS), were challenged with a low virulent strain, Pasteurella multocida strain NCTC 10322(T), and developed clinical signs and pathological lesions typical of chronic fowl cholera. NIS bi
  • PMID 22107097

Japanese Journal

  • 採卵鶏における伝染性喉頭気管炎ウイルスとPasteurella multocida感染による顔面腫脹 (日本獣医師会学会学術誌) -- (産業動物臨床・家畜衛生関連部門)
  • 関口 真樹,芝原 友幸,大坪 岳彦 [他]
  • 日本獣医師会雑誌 64(4), 287-293, 2011-04
  • NAID 40018793265
  • Inhibition of Capsular Protein Synthesis of Pasteurella multocida Strain P-1059
  • STHITMATEE Nattawooti,KATAOKA Yasushi,SAWADA Takuo
  • Journal of Veterinary Medical Science advpub(0), 1106300568, 2011
  • … A mutant strain PBA322 was constructed by electroporation of phagemid containing coding region of antisense RNA of the ompH gene, encoding 39 kDa capsular protein or OmpH, into parental strain P-1059 (serovar A:3) of Pasteurella multocida and determined the pathogenicity in mice and chickens. … multocida strain P-1059, was completely attenuated for chickens. …
  • NAID 130000861908

Related Links

Pasteurella multocida ( グラム染色、×1, 000 ). パスツレラ症(Pasteurellosis):本 感染症はペットとくにネコ、イヌ由来感染症のうち最も注意すべき感染症の1つである。 本感染症は主にヒトを除くほ乳動物の口腔内に常在するグラム陰性短桿菌(写真)で ...
Pasteurella multocida. 豊川市民病院 泉田さゆり. <はじめに>. Pasteurella multocida は、グラム陰性の小球桿菌で、従来から人畜共通感染. 症の原因菌として知 られている。本菌は、哺乳類の口腔内常在菌で、猫で 100%、. 犬で 15∼30%保有して ...


Related Pictures

Sensitivity testing Pasteurella multocida Pasteurella multocida on Columbia Horse plasmid and dog bite wound infe morbidity Pasteurella multocida | Bacteria | Biology Pasteurella_multocidaPasteurella multocida



★リンクテーブル★
リンク元細菌」「空洞性肺病変」「パスツレラ属」「パスツレラ・マルトシダ
関連記事Pasteurella

細菌」

  [★]

bacterium,(pl.) bacteria
バクテリア
特殊な細菌 細菌の鑑別細菌の同定?、細菌の分類

細菌の命名

  • ラテン語であり、イタリックで表す。
  • 「属名 + 種名」で表現される。

グラム染色性と形状による分類と疾患

形状 グラム陽性菌 グラム陰性菌
球菌   スタフィロコッカス属 黄色ブドウ球菌 Staphylococcus aureus 多様     ナイセリア属 淋菌 Neisseria gonorrhoeae 淋病  
ストレプトコッカス属 化膿性連鎖球菌 Streptococcus pyogenes 多様 莢膜 髄膜炎菌 Neisseria meningitidis 多様  
肺炎球菌 Streptococcus pneumoniae     ベイヨネラ属   Veillonella    
エンテロコッカス属 (総称)腸球菌 Enterococcus faecalis     モラクセラ属/
ブランハメラ亜属
  Moraxella catarrhalis 肺炎  
Enterococcus faecium      
桿菌   バシラス属 炭疽菌 Bacillus anthracis 炭疽 好気性菌、有芽胞菌、莢膜 腸内細菌科 エンテロバクター属     肺炎、尿路感染  
  セレウス菌 Bacillus cereus 細菌性食中毒 好気性菌、有芽胞菌 エシェリキア属 大腸菌 Escherichia coli パラチフス 通性嫌気性
  クロストリジウム属 破傷風菌 Clostridium tetani 破傷風 嫌気性菌、有芽胞菌 クレブシエラ属     下痢、肺炎、尿路感染  
  ボツリヌス菌 Clostridium botulinum ボツリヌス中毒 プロテウス属     尿路感染  
  ウェルシュ菌 Clostridium perfringens 多様 サルモネラ属 パラチフス菌 Sallmonella serovar Paratyphi 腸チフス 通性嫌気性
  ディフィシル菌 Clostridium difficile 多様 チフス菌 Sallmonella serovar Typhi   通性嫌気性
    ガス壊疸菌群       セラチア属   Serratia 日和見感染 通性嫌気性
マイコバクテリウム科 マイコバクテリウム属 結核菌 Mycobacterium tuberculosis 結核 無芽胞菌 シゲラ属 赤痢菌 Shigella 赤痢 通性嫌気性
ライ菌 Mycobacterium leprae ライ病 エルシニア属 ペスト菌 Yersinia pestis ペスト 通性嫌気性
コリネバクテリウム科 コリネバクテリウム属 ジフテリア菌 Corynebacterium diphtheriae ジフテリア   Yersinia enterocolitica 多様 通性嫌気性
ノカルジア科 ノカルジア属 ノカルジア     ビブリオ科 ビブリオ属 コレラ菌 Vibrio cholerae コレラ 通性嫌気性
アクチノマイセス科 アクチノマイセス属(放線菌属) (総称)放線菌 Actinomyces   腸炎ビブリオ Vibrio parahaemolyticus 腸炎ビブリオ感染症 通性嫌気性
  リステリア属   Listeria monocytogenes リステリア症 嫌気性菌、無芽胞菌、人獣共通感染症、通性細胞内寄生菌 パスツレラ科 ヘモフィルス属 インフルエンザ菌 Haemophilis influenzae 多様  
  パスツレラ属 パスツレラ属菌 Pasteurella multocida 人獣共通感染症  
ストレプトバシラス属 ストレプトバシラス属菌 Streptobacillus moniliformis 鼠咬症  
  シュードモナス属 緑膿菌 Psudomonas aeruginosa 緑膿菌感染症 好気性、院内感染症
ボルデテラ属 百日咳菌 Bordetela pertussis 百日咳 好気性、短桿菌
ブルセラ属 ブルセラ Brucella ブルセラ症 好気性、細胞内増殖菌、短桿菌
フランシセラ属 野兎病菌 Francisella tularensis 野兎病 好気性、球桿菌
レジオネラ属   Legionella pneumophila ポンティアック熱/レジオネラ肺炎 好気性
バクテロイデス属   Bacteroides fragilis 嫌気性感染症 偏性嫌気性菌
らせん菌   スピロヘータ科 トレポネーマ属 梅毒トレポネーマ Treponema pallidum subspecies pallidum 梅毒  
ボレリア属 回帰熱ボレリア Borrelia recurrentis 回帰熱
ライム病ボレリア Borrelia burgdorferi ライム病
レプトスピラ科 レプトスピラ属 黄疸出血性レプトスピラ Leptospira interrogans serovar icterohaemorrhagiae 黄疸出血性レプトスピラ症(レプトスピラ症ワイル病、黄疸性ワイル病)
スピリルム 鼠咬症スピリルム   鼠咬症
カンピロバクター属 カンピロバクター属菌   カンピロバクター腸炎
ヘリコバクター属   Helicobacter pylori  

空洞性肺病変」

  [★]

空洞形成空洞

空洞性肺病変の鑑別

IRE.527
肺化膿症で実質の破壊が進展し膿が貯留して肺膿瘍を形成する。この場合にも空洞性肺病変を生じうる。
  • 感染性
  • 非感染性

パスツレラ属」

  [★]

Pasteurella
Pasteurella
細菌

パスツレラ属菌

パスツレラ・マルトシダ」

  [★]

Pasteurella multocida

Pasteurella」

  [★]

パスツレラパスツレラ属Pasteurella属

Pasteurellaceae