Acinetobacter

アシネトバクター属


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/02/28 20:06:55」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

English Journal

  • Mechanisms of antimicrobial resistance in Gram-negative bacilli.
  • Ruppé É1, Woerther PL, Barbier F.
  • Annals of intensive care.Ann Intensive Care.2015 Dec;5(1):61. doi: 10.1186/s13613-015-0061-0. Epub 2015 Aug 12.
  • The burden of multidrug resistance in Gram-negative bacilli (GNB) now represents a daily issue for the management of antimicrobial therapy in intensive care unit (ICU) patients. In Enterobacteriaceae, the dramatic increase in the rates of resistance to third-generation cephalosporins mainly results
  • PMID 26261001
  • Acinetobacter haemolyticus MG606 produces a novel, phosphate binding exobiopolymer.
  • Kaur T1, Ghosh M2.
  • Carbohydrate polymers.Carbohydr Polym.2015 Nov 5;132:72-9. doi: 10.1016/j.carbpol.2015.06.002. Epub 2015 Jun 8.
  • The present study evaluated an extracellular, novel biopolymer produced by Acinetobacter haemolyticus MG606 for its physicochemical properties and phosphate binding mechanism. The exobiopolymer (EBP) was characterized to be majorly polysaccharide in nature consisting of 48.9kDa heteropolysaccharide
  • PMID 26256326
  • High-dose colistin for microbiologically documented serious respiratory infections associated with carbapenem-resistant Acinetobacter baummannii in critically ill cancer patients: a retrospective cohort study.
  • Nazer LH1, Rihani S, Hawari FI, Le J.
  • Infectious diseases (London, England).Infect Dis (Lond).2015 Nov;47(11):759-64. doi: 10.3109/23744235.2015.1055586. Epub 2015 Jun 8.
  • BACKGROUND: Recent studies suggested that high doses of colistin are necessary in the treatment of serious infections. However, few studies have evaluated such treatment. The objective of this study was to evaluate the effectiveness and nephrotoxicity of high-dose colistin in critically ill patients
  • PMID 26050703

Japanese Journal

  • 多剤耐性グラム陰性菌感染症 (第109回日本内科学会講演会) -- (シンポジウム 感染症 : 最近の動向と今後の課題)
  • 舘田 一博
  • 日本内科学会雑誌 101(9), 2591-2598, 2012-09-10
  • NAID 40019450857
  • 多剤耐性アシネトバクターの水平感染を疑い,感染対策としての病棟閉鎖を行った経験
  • 石井 教子,大嶽 浩司,浅羽 穣二 [他]
  • ICUとCCU : 集中治療医学 36(9), 683-686, 2012-09
  • NAID 40019445763

Related Links

アシネトバクター( Acinetobacter )は、土壌や水の中によく見られる細菌です。医療従事者など、健康な人々の皮膚にも見られることがあります。アシネトバクター属(genus Acinetobacter )には、病原性のあるいろいろな"種 (しゅ ...
「MIC80」欄の * :MIC90の値であることを示す。 「MIC60」欄の ** :MIC50の値であることを示す。 「備考」欄の ※ :マウスオーバーで備考を表示。 感受性のデータは、主として製薬メーカのインタビューフォームから収集しています。
Congress as well as Veteran Affairs is not under any special pressure to deal with MDR Acinetobacter Baumannii as there is no public outcry to deal with it. People who survive ...


Related Pictures

Acinetobacter Infections imageLABORATORY INDICATIONS: Oxidase - Non acinetobacterAcinetobacter baumanniiFile:Acinetobacter baumannii, SEM, 9330 Acinetobacter Calcoaceticus



★リンクテーブル★
リンク元細菌の鑑別」「アシネトバクター属」「SPACE
拡張検索Acinetobacter baumannii」「Acinetobacter感染症」「Acinetobacter infection

細菌の鑑別」

  [★]

細菌

グラム陽性菌の鑑別 LAB.994

菌種 形態 抗酸性 芽胞 運動性 空気中での発育 嫌気条件下での発育 カタラーゼ オキシダーゼ ブドウ糖分解 OF試験
Micrococcus C D O/-
Staphylococcus C F
Aerococcus C W W/- F
Streptococcus C +/- F
Pediococcus C. F
Gemella
嫌気性球菌*1 C +/- F/-
Kurthia R
Corynebacterium R +/- F/-
Listeria R F
Erysipelothnx R       F
Lactobacillus                    
Arachnia*2                    
Rothia R F
Propiombacterium R . F
Achnomyces R F
Bifidobacterium                    
Eubacterium R . +/- F/-
Clostridium R <+> D D F/-
Bacillus R <+> D D d D F/O/-
Nocardia R W O
Mycobacterium R . O/NT
*1:Peptococcus, Peptostreptococus(あるいは Leuconostoc) *2:あるいはActinomyces odontolyticus D:その属の菌種によって反応が異なる。 d: 菌種によって反応が異なる。 F:発酵 O:酸化 W:弱反応 ・:不明 NT:テストできない <+>:芽胞非形成筋もある C:球菌 R:桿菌

グラム陰性菌の鑑別 LAB.995

(再編集の時に-*に注意)
菌種 形態 運動性 空気中での発育 嫌気条件下での発育 カタラーゼ オキシダーゼ ブドウ糖(酸) OF試験
Bacteroides R d D F/-
Veillonella C D
Neissena C O
Branhamella C
Acinetobacter C/R O
Moraxella R    
Brucella
Bordetella
Chromobacterium lividum R O
Alcahsenes R
Flavobacterium R O
Pseudomonas R O
Actinobacillus R F
Pasteurella
Necromonas
Cardiobacterium R F
Chromobacterium violaceum                
Beneckea R F
Vibrio
Plesiomonas
Aeromonas
腸内細菌 R D F
Haemophilus R D D NT
Eikenella R -*
Campylobacter R -+1 D
Streptobacillus+2 R F
マイコプラズマ
*1:Peptococcus, Peptostreptococus(あるいは Leuconostoc) *2:あるいはActinomyces odontolyticus D:その属の菌種によって反応が異なる。 d: 菌種によって反応が異なる。 F:発酵 O:酸化 W:弱反応 ・:不明 NT:テストできない <+>:芽胞非形成筋もある C:球菌 R:桿菌 ・: 不明 *: 空気中では発育せず。空気CO2で発育。+1: 好気的または嫌気的には発育せず。5-6%O2中で発育。+2: あるいはShigella dysenteriae 1

アシネトバクター属」

  [★]

Acinetobacter
Acinetobacter属アシネトバクター属アシネトバクター
グラム陰性桿菌細菌



  • 好気性
  • グラム陰性桿菌
  • oxidase(-)
  • catalase(+)
  • 土壌や皮、人の皮膚などに広く存在する細菌。
  • 日和見感染の原因菌となる。
  • 多剤耐性菌

治療薬

参考

  • [display]http://huhcanitbetrue.blogspot.com/2010/04/blog-post_09.html
  • [display]http://blog.scienceweb.jp/?eid=92896
  • [display]http://www.city.yokohama.jp/me/kenkou/eiken/idsc/disease/acinetobacter1.html
  • [display]http://merckmanual.jp/mmpej/sec14/ch175/ch175b.html

ニュース

  • [display]http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2540317/3536783
  • 【2008年11月18日 AFP】「アシネトバクター・バウマニ」と呼ばれる薬剤耐性の強力な致死性細菌が、病院など医療施設で新たに広がりつつあり対策が必要だと、ギリシャの生物医学研究機関が18日、医療従事者らに警告を発した。
  • これまで院内感染に関する世界の注目は、圧倒的にメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)に注がれてきた。しかし、「アシネトバクター・バウマニ」と呼ばれる耐性菌による脅威が拡大しつつあるとの研究報告が、英医学雑誌「ランセット(Lancet)」に掲載された。

SPACE」

  [★]

Acinetobacter baumannii」

  [★] (日和見感染病原体)アシネトバクター・バウマニアシネトバクター・バウマンニ

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3186995/
  • Resistance to β-lactams in A. baumannii is primarily mediated by β-lactamases (13). Overproduction of the intrinsic AmpC cephalosporinase is largely responsible for cephalosporin resistance (2, 3). Recent phylogenetic analysis found that the chromosomal AmpC genes in Acinetobacter spp. probably descended from a common ancestor (14).
染色体上にAmpC β-lactamaseをコードしているらしいですね。cefepime以上を選択したいですが、cepepimeもhydrolyzingするAmp β-lactamaseも有るらしいですね・・・


[show details]

Acinetobacter感染症」

  [★]

Acinetobacter infection
アシネトバクター感染症アシネトバクター感染

Acinetobacter infection」

  [★]

アシネトバクター感染症アシネトバクター感染Acinetobacter感染症