粘血便

mucous and bloody stool, bloody mucoid stool, mucous and bloody stool
潰瘍性大腸炎


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

Related Pictures

苺ゼリー様血便 の 粘 血便 有形 便 の 周囲粘血便典型的 粘 血便



★リンクテーブル★
国試過去問108F030」「109A045」「109E047」「104I066」「101D017」「097B027」「111A012」「100B035」「091B094」「082C047」「107H015」「098E031」「100E028
リンク元腸重積」「下血
拡張検索膿粘血便
関連記事血便」「便

108F030」

  [★]

  • 次の文を読み、 30、 31の問いに答えよ。
  • 50歳の男性。便秘下痢とを繰り返すことを主訴に来院した。
  • 現病歴: 3週前に下痢を自覚し、その後腹痛を伴う便秘を数日おきに繰り返している。自覚するほどの発熱はない。便の色については普段からよく見ていない。飲食物や環境に特別の変化はない。過去に同様の症状はない。
  • 既往歴:特記すべきことはない。
  • 生活歴:公務員。喫煙歴はない。飲酒は焼酎 1合/日を 30年間。海外渡航歴はない。
  • 家族歴:特記すべきことはない。
  • 現症:意識は清明。身長 174 cm、体重 72 kg。体温 36.5℃。脈拍 80/分、整。血圧 118/72 mmHg。呼吸数 16/分。皮膚は湿潤。顔色は良好である。眼瞼結膜と眼球結膜とに異常を認めない。口腔内の乾燥を認めない。頸静脈の怒張を認めない。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦で静脈怒張を認めない。腸雑音はやや亢進している。触診では抵抗を触れず、肝・脾を触知しない。下腹部正中やや左側に直径約 4 cmの弾性硬腫瘤を触れる。腫瘤表面は凹凸不整で可動性があり、圧痛を認めない。直腸指診で粘血便を認める。
  • 検査所見:尿所見:蛋白 (-)、糖 (-)、ケトン体 (-)、潜血 (-)。血液所見:赤血球 468万、 Hb 13.9 g/dl、Ht 42%、白血球 8,300、血小板 21万。血液生化学所見:総蛋白 7.5 g/dl、アルブミン 3.9 g/dl、総ビリルビン 0.9 mg/dl、直接ビリルビン 0.2 mg/dl、AST 28 IU/l、ALT 16 IU/l、尿素窒素 12 mg/dl、クレアチニン 0.6 mg/dl、尿酸 6.9 mg/dl、血糖 98 mg/dl、総コレステロール 246 mg/dl、トリグリセリド 190mg/dl、Na 131 mEq/l、K 4.4 mEq/l、Cl 97 mEq/l。CRP 1.0 mg/dl。
  • 腫瘤性病変の原因として考えられるのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 108F029]←[国試_108]→[108F031

109A045」

  [★]

  • 30歳の女性。下痢と血便とを主訴に来院した。1か月前に東南アジアを旅行した。5日前から繰り返す下痢粘血便とが認められるようになったため受診した。体温 37.0℃。血圧 118/62mmHg。腹部は平坦で、左下腹部に圧痛を認める。糞便検査とともに行った下部消化管内視鏡検査で結腸に発赤とびらんとを認めた。結腸粘膜生検のH-E染色標本(別冊No. 22A)とPAS染色標本(別冊No. 22B)を別に示す。
  • 第一選択として適切なのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 109A044]←[国試_109]→[109A046

109E047」

  [★]

  • 12歳の女児。間欠的腹痛と下痢とを主訴に来院した。生来健康であったが、3か月前から間欠性の腹痛と1日数回の下痢とが出現した。2か月前から体重が2kg減少し、腹痛と下痢とが改善しないため受診した。痔瘻を認める。粘血便を認めない。血液所見:赤血球400万、Hb 9.8g/dL、Ht 33%、白血球 6,000、血小板 35万。血液生化学所見:総蛋白 6.3g/dL、アルブミン 3.0g/dL、総ビリルビン 0.9mg/dL、AST 30IU/L、ALT 35IU/L。CRP 2.5mg/dL。
  • 下部消化管内視鏡検査で予想されるのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 109E046]←[国試_109]→[109E048

104I066」

  [★]

  • 28歳の女性。下痢粘血便とを主訴に来院した。2か月前に海外旅行から帰国後、発熱下痢とがあった。2週前から粘血便が出現した。体温37.5℃。血圧118/62mmHg。腹部は平坦、軟で、左下腹部に圧痛を認める。筋性防御を認めない。下部消化管内視鏡写真(別冊No.18A)と糞便の顕微鏡写真(別冊No.18B)とを別に示す。
  • この疾患に合併するのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 104I065]←[国試_104]→[104I067

101D017」

  [★]

  • 26歳の男性。下痢を主訴に来院した。3年前から通勤途上の電車の中で便意が突然に出現するようになり、我慢をすると徐々に下腹部を中心とした腹痛が出現するようになった。駅のトイレに駆け込むと一気に排便があり、腹痛も便意も改善する。
  • この患者でみられるのはどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 101D016]←[国試_101]→[101D018

097B027」

  [★]

  • 疾患と便の組合せで正しいのはどれか。
  • a. (1)(2)(3)
  • b. (1)(2)(5)
  • c. (1)(4)(5)
  • d. (2)(3)(4)
  • e. (3)(4)(5)

[正答]


※国試ナビ4※ 097B026]←[国試_097]→[097B028

111A012」

  [★]

  • 疾患と症状の組合せで誤っているのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 111A011]←[国試_111]→[111A013

100B035」

  [★]

  • a. 30歳代に発見されることが多い。
  • b. 上行結腸に発生することが多い。
  • c. 大きなものほど癌の合併が多い。
  • d. 粘血便を伴うことが多い。
  • e. 有茎性のものが多い。

[正答]


※国試ナビ4※ 100B034]←[国試_100]→[100B036

091B094」

  [★]

  • 78歳の女性。2週間前から急性気管支炎でアンピシリンを内服していた。昨日から発熱、腹痛および粘血便が出現し来院した。大腸内視鏡検査で上行結腸にびまん性出血性病変を認める。
  • 便培養検査で最も予想されるのはどれか

082C047」

  [★]

  • 出生直後の男児。母親が妊娠中に羊水過多を指摘されていた。出生直後から泡沫状の唾液の流出とチアノーゼとが見られる。この疾患で見られるのはどれか。

[正答]

107H015」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 107H014]←[国試_107]→[107H016

098E031」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 098E030]←[国試_098]→[098E032

100E028」

  [★]

  • 有機溶剤による急性中毒症状はどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 100E027]←[国試_100]→[100E029

腸重積」

  [★]

intussusception, invagination, telescoped bowel
invaginatio, intussusceptis
腸重積症腸重畳症腸重鞘症
ICD-10
K56.1
絞扼性イレウス

[show details]

概念

  • 口側腸管が肛門側腸管内に嵌入。絞扼性イレウスの一種 ← 腸間膜が陥入部位で絞扼され腸管の血行障害をきたす
  • 回腸が結腸に嵌入するものが最も多い
  • 腹痛、嘔吐、血便が特徴的。

疫学

  • 男女比2:1で男児に多い (小児科学第2版 p.1035)
  • 2歳以下の乳幼児に認められ、特に4-9ヶ月の乳児に好発 (小児科学第2版 p.1035)
  • 6か月-2歳児までに多い。男児に多い。
  • それ以降では基礎疾患の存在が疑われる:polyp、Meckel憩室、悪性リンパ腫など

好発部位

  • 回盲部。
  • 回盲部が大腸に引き込まれる
  • 回盲部腸重積は10歳以下、特に1歳以下の乳幼児に多く見られる(SSUR.555)

病因

  • 何らかの誘因(ポリープ等)により、肛門側の腸の蠕動運動より口側の腸管がはまりこんでしまうことが原因
  • 特に成人の場合は腸管の腫瘍が原因となることが少なくない。潰瘍、継室でも起こりうる。(SSUR.555)

病態

  • 口側腸管の虚血。
  • 腹痛、嘔吐、粘血便(イチゴゼリー様)、

症候

  • 3主徴:腹痛、嘔吐、粘血便
  • 血便(粘血便)
  • 腸管陥入による患部の出血や浮腫による
  • 嘔吐、腹痛
  • 腹膜刺激による
  • 腹部腫瘤(上腹部に多い)
  • Dance徴候(回盲部が陥凹。右下腹部に空虚な部分が出現。右下腹部にある回盲部が上行結腸に引き込まれるため、本来あるはずの回盲部が右下腹部からなくなり、基本的身体検査で空虚に感じられる)
  • 間欠的啼泣:啼泣は間欠的で、その後ぐったりとしている:肛門側腸が2-3時間おきに蠕動するため。

診断

  • 血便の確認
  • 注腸造影
  • 口側腸管の嵌入先進部:蟹爪状/カニ爪様陰影、杯状、手風琴様陰影欠損
  • 超音波検査
  • CT

治療

  • (小児例)
  • 非観血的整復:バリウムや空気にて整復。
  • 手術:24時間以上経過例、小腸-小腸型、あるいは腸管の穿孔のおそれがあるときに適応
  • (成人例)

参考

  • wiki ja
  • [display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%85%B8%E9%87%8D%E7%A9%8D
  • blogspot.com
[display]http://healthforworld.blogspot.com/2008/11/intussusception.html

国試

下血」

  [★]

melena
melaena
タール便 tarry stool
消化管出血(上部消化管出血下部消化管出血)、黒色便、赤色便。吐血


定義

  • 肉眼的に便に血液が混入する病態  ⇔  潜血便 潜出血 occult bleeding(肉眼的に血液混入がはっきりしない)
  • 肛門からの血性排泄物を排泄すること
  • 古典的:タール便(黒色を意味する)
  • 臨床的:
  • (広義)便の中に血液が含まれている状態:黒色便、タール便、粘血便、鮮血便   (ただし潜血便は含まれない)
  • (狭義)タール便     

狭義

症候名 便性状
下血 タール便 黒色便
血便 鮮血便 赤色便

下血

分類

頻度

IMD.566
疾患 頻度(%)
虚血性腸炎 26.4
抗菌薬起因性腸炎 16.4
大腸癌大腸ポリープ 11.2
憩室炎 10
小腸より口側の出血 7.6
感染性腸炎 7.2
裂肛 6.4
宿便性潰瘍 5.2
その他の腸炎 4
その他の出血 1.2
不明 4.4

出血部位と便の性状

IMD.567
暗褐色~赤褐色便 十二指腸 消化性潰瘍乳頭部癌
肝臓 肝癌
胆道 胆道腫瘍胆道炎
膵臓 膵炎膵癌
小腸 クローン病メッケル憩室、腸管動静脈血栓症、腸重積感染性腸炎結核、良悪性腫瘍
鮮紅色便 結腸 結腸癌潰瘍性大腸炎虚血性腸炎ポリープ憩室炎悪性リンパ腫薬物性腸炎腸結核S状結腸軸捻転放射線腸炎
直腸肛門 直腸癌裂肛痔核ポリープ潰瘍性大腸炎放射線腸炎子宮内膜症

膿粘血便」

  [★]

赤痢
  • 腸管粘膜に菌が侵入、あるいは志賀毒素による障害による。

血便」

  [★]

hematochezia, melena, bloody stool, hemorrhagic stool
下血消化管出血

[show details]


血便

定義

曖昧かもしれない。文献によって定義が異なる。
  • 血液の付着または混入が肉眼で確実に認められる糞便。
  • 赤い血液の混じった便 (消化器疾患ビジュアルブック p.12) → つまりは大腸由来の出血(大腸出血)を示唆。だが、小腸出血が多量ならばあり得るけどな。

原因

便」

  [★]

stool
大便糞便
  • 胎便:新生児が生後12時間に排泄するもの

便→疾患

  • 緑色ミートソース様便:サルモネラ腸炎
  • クリーム色がかった緑色水様便:MRSA腸炎

疾患→便