母乳

breast milkbreastmilk
人乳母子感染

分類

母乳を介して感染しうるウイルス

成分

  • ミネラル:初乳 > 成乳
  • IgA:初乳 > 成乳
  • タンパク質:初乳 > 成乳


  • 熱量:成乳 > 初乳
  • 脂肪:成乳 > 初乳
  • 乳糖:成乳 > 初乳


  • 防御因子:ラクトフェリン、リゾチーム、分泌型IgA、マクロファージ、リンパ球


  • 成乳の浸透圧は血漿と同程度

アレルギー促進因子、防御因子

参考1
物質の種類 促進因子 防御因子
食物抗原 感作抗原 寛容誘導抗原
免疫グロブリン   IgA
サイトカインなど IL-4IL-5IL-13 TGF-βIL-10、sCD14
ケモカイン RANTESIL-8  
好酸球由来顆粒 ECP  
不飽和脂肪酸 n-6系 n-3系
ポリアミン   スペルミンスペルミジン



母乳と人工乳との比較

  • 母乳は消化されやすく、胃内停滞時間が長い。
  • 母乳はビタミンKが少ない。
  • 人工乳は蛋白顔奥、蛋白代謝負担が大きい


  • 児の成長に連れ母乳のみの栄養ではビタミンD、鉄が不足してくる。 → 母乳栄養のみでは水様便となってくる。離乳食開始を考慮。
  • 母乳栄養時では軟便傾向となる。

母乳と牛乳との比較

  • 母乳は乳糖のみ多い。
  • グロブリン、不飽和脂肪酸、糖質は牛乳より多い。 → ビフィズス菌の増殖に不可欠なオリゴ糖も母乳の方が多い。
  • エネルギーや脂質はほぼ同じ。
  • その他の成分は牛乳の方が多い。

参考

  • 1.
[display]http://www.aiiku.or.jp/aiiku/jigyo/contents/kaisetsu/ks0809/ks0809_3.pdf

国試


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/05/30 12:52:00」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

Japanese Journal

  • Life/style HEALTH インターネットで「母乳買えます」
  • 視覚障がいのある妊産婦に関わった助産師の周産期看護の経験
  • 竹 明美,斉藤 早苗,辻本 裕子
  • ヒューマンケア研究学会誌 = Journal of Japanese Society of Human Caring Research 6(2), 9-16, 2015-03-31
  • … 分析の結果、【経験のない看護に関する戸惑い・不安と予測】、【対象を理解しようとする姿勢】、【直接対峙することで変わった印象や得たこと】、【関わりから強化された看護援助の基本的姿勢】、【見えない事による育児不安・困難への対応】、【母乳育児にむけた支援】、【設備・環境に関する取り組み】の7 つのカテゴリーが生成された。 …
  • NAID 120005591185
  • 産後1か月間の母乳育児推進及び母親役割の自信を高めるための看護介入におけるシステマティックレビュー : 日本の高年初産婦への適用に向けて
  • 小澤 治美,坂上 明子,森 恵美 [他]
  • 千葉大学大学院看護学研究科紀要 (37), 17-26, 2015-03
  • NAID 40020426052
  • 鹿児島大学学生海外研修支援事業の報告(助産学コース大学院生) : 韓国での産後ケアセンター,母乳育児支援センター訪問とプレゼンテーション体験
  • 中尾 優子,八代 利香,津留見 美里 [他]
  • 鹿児島大学医学部保健学科紀要 25(1), 19-24, 2015-03
  • NAID 40020422948

Related Links

妊娠・出産・育児中の女性と赤ちゃんの快適な生活をサポートするピジョンのクチコミ情報サイト ... ピジョンオーガニクス、誕生 ピジョンが作ったオーガニックスキンケアシリーズです。全品バオバブシードオイル使用。
お気楽母乳育児のノウハウ 私が1人目の子供を産んだのは28歳の時でした。 私自身、初めての子供を出産した当初は慣れない育児と超手のかかる赤ちゃんに振り回され、毎日明け方まで寝てくれない我が子との格闘の日々で育児ノイローゼの ...
母乳育児・授乳 [PR] プチ整形 薬剤師 エステ FX 母乳育児・授乳 母乳不足の見分け方 フォローアップミルクは必要? 乳首・乳頭トラブル(裂傷、白斑、水泡) 母乳が出すぎるとき(母乳分泌過多症) 夏場の母乳育児の注意点


Related Pictures

の 付属 病院 で は 母乳 母乳 は む し 歯 に ならない 母乳 会 简介 国际 母乳 会 la 画像を等倍で表示します 栄養士 母乳 コンサルタント母乳喂养母乳喂养图片 妈妈 你留意过自己的母乳吗



★リンクテーブル★
国試過去問104H033」「102B044」「104E049」「098B025」「103A043」「100I038」「107D037」「103B044」「101H005」「097I049」「105B018」「108B011」「109B035」「102E016」「106G017」「095A047」「098G052」「099D034」「107E036」「105G010
リンク元くる病」「初乳」「ルーシー・ドリスコール症候群」「成乳」「生理的貧血
拡張検索母乳性黄疸」「母乳栄養」「母乳栄養法」「母乳で育てること」「母乳栄養児
関連記事

104H033」

  [★]

  • 次の文を読み、33、34の問いに答えよ。
  • 10か月の男児。体重増加不良を主訴に来院した。
  • 現病歴   1週前に受けた生後10か月の乳幼児健康診査で体重増加不良を指摘され、紹介された。
  • 出生・発育歴   在胎39週、頭位経腟分娩で出生した。出生時の身長49cm、体重2,980g、頭囲34cm。Apgarスコア 7点(1分)。追視 2か月、首のすわり 4か月、寝返り 6か月、お坐り 7か月、つかまり立ち 10か月。新聞紙をつかんで破ろうとし、名前を呼ぶと振り向く。両親以外に抱かれると泣く。1日7回母乳を1回15分ほど哺乳している。離乳食、イモなどを1日1回、こども茶碗に半分程度与えている。体重の推移(別冊No.5)を別図に示す。
  • 既往歴   生後5か月ころから顔面、頚部および腋窩に湿疹を認め、痒みが続いている。
  • 現症    身長73cm(-0.5SD)、体重7.2kg(-2SD)、頭囲 46.5cm。体温 37.2℃。脈拍 96/分、整。顔の表情は豊かで、診察しようとすると泣く。皮膚色は良好であるが、四肢伸側は乾燥し、顔面、頭部および肘膚に湿疹を認める。大泉門は1 x 1cmで平坦である。頚部には小豆大のリンパ節を左右に3個ずつ触知する。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、右肋骨弓下に肝を1 cm触知する。左鼠径部に可動性のある小指頭大、弾性硬の腫瘤を触れ、左陰嚢内は空虚である。膝蓋腱反射アキレス腱反射とに異常を認めない。
  • 検査所見  血液所見: 赤血球 420万、Hb 12.0g/dl、Ht 38%、白血球 10,600、血小板 23万。血液生化学所見: 総蛋白 6.4g/dl、アルブミン 3.4g/dl、尿素窒素 12mg/dl、クレアチニン 0.4mg/dl、総ビリルビン 1.0mg/dl、AST 18IU/l、ALT 12IU/l, ALP 520IU/l(基準780以下)。RAST:卵白 +2、牛乳 +1。


  • この児の体重増加不良の原因として最も考えられるのはどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 104H032]←[国試_104]→[104H034

102B044」

  [★]

  • 10か月の男児。健康診査のため来院した。在胎39週2日、頭位正常分娩で出生した。身長47.5cm、体重2,800g、Apgarスコア8点(1分)であった。つかまり立ちはするが、這い這いはしない。離乳食は2回で、お粥を子ども茶碗1杯と副食とを食べる。他に母乳を4回飲んでいる。2か月前から人見知りが始まり、両親以外の人が近づくと激しく泣く。毎日夜泣きをする。身長68.2cm、体重8.0kg。顔色は良好。胸部と腹部とに異常を認めない。医師の顔を見て泣く。成長曲線を以下に示す。
  • 親への説明で正しいのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 102B043]←[国試_102]→[102B045

104E049」

  [★]

  • 2歳5か月の男児。歩き方がおかしいことを主訴に来院した。妊娠と分娩経過とに異常はなかった。出生体重3,620g、身長54cm。離乳食を6か月ころから開始したが、嫌がって食べようとしなかったため離乳を断念し、2歳過ぎまで母乳とお茶のみを与えていた。最近もパン及び麺類は食べるが、おかずは食べようとしない。身長85cm(-1.2SD).体重13kg(+0.1SD)。O脚を認める。血液所見: Hb 13.4g/dl、白血球 7,800、血小板 23万。血液生化学所見: 総蛋白 6.4g/dl、AST 23IU/l、LD 223IU/l(基準334-742)、ALP 3,650IU/l(基準322-990)、Ca 5.1mg/dl、P 2.4mg/dl。手根部エックス線写真(別冊No.8①~⑤)を別に示す。
  • この患児にあてはまるのはどれか。
  • a ①
  • b ②
  • c ③
  • d ④
  • e ⑤



[正答]


※国試ナビ4※ 104E048]←[国試_104]→[104E050

098B025」

  [★]

  • 1か月の乳児。健康診査のため来院した。在胎38週。出生時の身長48cm、体重2,800g。自然分娩で出生した。母乳栄養で、1回哺乳時間は10~15分、1日哺乳量は約700ml、哺乳間隔は3時間である。排便回数は1日5~7回で、便の性状は軟、便の色は黄色が多いが緑色を呈することもある。母親によると、ドアが閉まるパタンという大きな音にぴっくりしたように両上肢を大きく開き、足をすくめる動作が気になるという。身長52cm、体重4,100g。大泉門径2.3cm、平坦。腹部で肝を2cm、脾を1cm触知する。
  • 正しいのはどれか。2つ選べ。
  • a. 母乳が不足している。
  • b. 便のpHは5~6である。
  • c. 大泉門が大きく、精査の必要がある。
  • d. 大きな音への反応は問題がない。
  • e. 肝脾腫を精査する必要がある。

[正答]


※国試ナビ4※ 098B024]←[国試_098]→[098B026

103A043」

  [★]

  • 生後1か月の乳児。けいれんと意識障害のため搬入された。在胎39週、体重2,900gで出生した。母乳栄養。本日、哺乳中に全身の強直性けいれんが出現した。傾眠状態である。体重4.3kg。体温37.3℃。頭部に外傷を認めない。血液所見:赤血球380万、Hb 9.4g/dl、白血球8,200、血小板25万。プロトロンビン時間 32秒(基準10~14)、 活性化部分トロンボプラスチン時間67秒(基準対照32)。血液生化学所見:総蛋白6.2g/dl、クレアチニン0.5mg/dl、AST 38 IU/l、 ALT 56 IU/l。頭部単純CTで頭蓋内出血を認めた。
  • まず投与するのはどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 103A042]←[国試_103]→[103A044

100I038」

  [★]

  • 1か月の乳児。1か月健康診査で来院した。在胎37週、自然分娩で出生した。出生体重2,700g、身長48.0cm。日齢6にビタミンKを内服した。母乳栄養。排便回数1日5~7回。便は黄色が多いが緑色を呈することがある。便性は柔らかく粘液が混じることもあり、酸臭がする。哺乳時間は15分で、1日哺乳回数6~8回。母親は、大きな音にぴっくりしたように両手を大きく拡げて足をすくめる動作が気になるという。来院時体重3,600g。肋骨弓下に肝を2cm触知する。
  • 正しいのはどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 100I037]←[国試_100]→[100I039

107D037」

  [★]

  • 生後25日の男児。皮膚の黄染を主訴に来院した。1日に7、8回母乳を与えている。血液所見:赤血球423万、Hb 12.3g/dl、Ht 46%、白血球7,600、血小板21万。血液生化学所見:総ビリルビン11.3mg/dl(基準0.3~5.3)、直接ビリルビン9.5mg/dl(基準0.2~1.3)、AST 98IU/l、ALT 128IU/l。患児の便の写真(別冊No.18)を別に示す。
  • この児への対応で適切なのはどれか。
  • a 母乳をやめさせる。
  • b 整腸剤を処方する。
  • c 1か月後の再診を指示する。
  • d 精査目的の入院を指示する。
  • e 便のウイルス抗原を検査する。



[正答]


※国試ナビ4※ 107D036]←[国試_107]→[107D038

103B044」

  [★]

  • 生後8か月の乳児。嘔吐を主訴に来院した。昨日の午後から夜までに3回嘔吐した。本日は嘔吐はない。水様性下痢を4回認める。水分を欲しがっている。意識は清明。あやすと笑う。体温37.1℃。心拍数80/分、整。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は軽度陥凹し、腸雑音は軽度亢進している。
  • 食事療法として適切なのはどれか。
  • a. 母乳をやめる。
  • b. 人工乳を2分の1に薄める。
  • c. 人工乳に砂糖を5%添加する。
  • d. 食塩を添加した粥食とする。
  • e. 下痢が消失するまで糖水のみとする。

[正答]


※国試ナビ4※ 103B043]←[国試_103]→[103B045

101H005」

  [★]

  • 4か月の乳児。健康診査で来院した。母親は児の体重が増えないことを心配している。在胎39週、自然分娩で出生した。出生体重2,860g。母乳で栄養し哺乳カは良好である。排便は1日2、3回、軟便である。体重5,710g。首はすわっている。寝返りはまだしない。最近、眠る前に指しゃぶりをしている。
  • 母親への指導で適切なのはどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 101H004]←[国試_101]→[101H006

097I049」

  [★]

  • 生後96時間の新生児。皮膚の黄染が増強した。在胎38週、体重3,300g、経膣分娩で出生した。妊娠中に特別な異常を指摘されたことはない。1回当たりの哺乳量は20~40gであり、活発に活動している。血液型A型、Rh(+)。両親の血液型は母O型、Rh(+)、父A型、Rh(+)で、児の現在の血清総ビリルビン値は18mg/dlである。
  • 最も適切な治療法はどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 097I048]←[国試_097]→[097I050

105B018」

  [★]

  • 開発途上国の保健医療について誤っているのはどれか。
  • a 成人HIV感染率はサハラ以南アフリカが最も高い。
  • b 5歳未満児死亡率はこの20年で横ばいである。
  • c 肺炎は5歳未満児の3大死因の一つである。
  • d 乳児の下痢には母乳の継続が有効である。
  • e マラリアの予防には蚊帳が有効である。


[正答]


※国試ナビ4※ 105B017]←[国試_105]→[105B019

108B011」

  [★]

  • 授乳婦、新生児の栄養について正しいのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 108B010]←[国試_108]→[108B012

109B035」

  [★]

  • 児への直接の授乳を避けることで母乳を介した母子感染予防効果がある病原体はどれか。2つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 109B034]←[国試_109]→[109B036

102E016」

  [★]

  • 母乳について正しいのはどれか。
  • a. 初乳は混濁した褐色の液体である。
  • b. 初乳は免疫グロブリン量は成熟乳よりも少ない。
  • c. 成熟乳は血漿よりも高張である。
  • d. 成熟乳の糖質は初乳よりも多い。
  • e. 成熟乳の蛋白量は牛乳よりも多い。

[正答]


※国試ナビ4※ 102E015]←[国試_102]→[102E017

106G017」

  [★]

  • 母乳について正しいのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106G016]←[国試_106]→[106G018

095A047」

  [★]

  • 母乳について正しいのはどれか。
  • a. 初乳から成乳になるのに1か月を要する。
  • b. 初乳IgAを含まない。
  • c. 初乳の蛋白量は成乳より多い。
  • d. 成乳の蛋白量は牛乳より多い。
  • e. 成乳血漿より高張である。

[正答]


※国試ナビ4※ 095A046]←[国試_095]→[095A048

098G052」

  [★]

  • 離乳について正しいのはどれか。
  • a. 乳歯が萌出してから開始する,
  • b. スープは離乳食である。
  • c. 鶏卵を与えるときは卵白から始める。
  • d. 離乳中期になれば母乳は中止する。
  • e. 生後12~15か月で完了する。

[正答]


※国試ナビ4※ 098G051]←[国試_098]→[098G053

099D034」

  [★]

  • a. 発癌性を持つ。
  • b. タバコの煙に含まれる。
  • c. DNAを直接損傷する。
  • d. 母乳を介して新生児に移行する。
  • e. 環境中の濃度は法律で規制されている。

[正答]


※国試ナビ4※ 099D033]←[国試_099]→[099D035

107E036」

  [★]

  • 母乳より牛乳に多く含まれるのはどれか。3つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 107E035]←[国試_107]→[107E037

105G010」

  [★]

  • 牛乳よりも母乳に多く含まれる成分はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 105G009]←[国試_105]→[105G011

くる病」

  [★]

rickets, rachitis, rhachitis
佝僂病
骨軟化症ビタミンD
SOR.293 YN.D-159 uptodate.6

概念

  • 類骨の石灰化が障害されることが原因により発症する病態。
  • 全骨量(骨+類骨)は変わらないが、類骨のみ増加する。

病因

  • ビタミンD欠乏
  • I型:ビタミンDの活性化障害(1α水酸化酵素の異常、血中1,25(OH2)D3↓)
  • II型:ビタミンD受容体の異常(血中1,25(OH2)D3↑)。ビタミンD不応症
  • 症候性
  • 胃  :胃切除後骨軟化症(Billroth II法による胃切除)
  • 小腸 :吸収不良症候群、小腸切除、セリアック病、などVDの吸収不良を生じる病態
  • 肝胆膵:慢性の胆道閉塞   ← たしかVDの吸収を助ける胆汁の不足による
  • 抗てんかん薬
  • 慢性腎不全
  • 血清リン欠乏

病態

  • ビタミンD作用が低下し、血清リン低下。Ca・P積は低下。
  • 骨石灰化の異常、X線写真上の骨端の異常は橈骨・尺骨遠位端、大腿骨遠位端、脛骨近位端、脛骨遠位端、腓骨遠位端に認められる。

身体所見

検査

  • 画像検査
  • 単純X線写真:脱灰により低吸収
骨端部の辺縁不整(fraying)、骨端部の杯変形(cupping)、骨端部の拡大(flaring)


  • 血液生化学
(ビタミンD欠乏性くる病)ALP↑、Ca・P積↓

参考

uptodate

  • 1. [charged] ビタミンD欠乏症の原因および抵抗性 - uptodate [1]
  • 2. [charged] ビタミンDの概要 - uptodate [2]
  • 3. [charged] 成人におけるビタミンD欠乏症の治療 - uptodate [3]
  • 4. [charged] 骨軟化症の疫学および病因 - uptodate [4]
  • 5. [charged] 骨軟化症の臨床症状、診断、および治療 - uptodate [5]
  • 6. [charged] 小児におけるくる病の概要 - uptodate [6]
  • 7. [charged] 遺伝性低リン血症性くる病と腫瘍誘発性骨軟化症 - uptodate [7]
  • 8. [charged] 小児における低カルシウム血症性くる病の病因および治療 - uptodate [8]
  • 9. [charged] 小児および思春期におけるビタミンD不足および欠乏 - uptodate [9]

国試

初乳」

  [★]

colostrum, foremilk
母乳成乳


  • 分娩後数日(産褥3-5日)までの母乳

初乳と成乳との比較

  • 黄色~淡黄色、粘稠性
  • 免疫物質に富む(IgA、リゾチーム、トランスフェリンなど)
  • ミネラルに富む
  • 蛋白質に富む
  • βカロチンが多い
  • 腸の運動を活発にし、胎便排泄を促す物質が含まれる。

ルーシー・ドリスコール症候群」

  [★]

Lucey-Driscoll syndrome
Lucey-Driscoll症候群
家族性非抱合型高ビリルビン血症間接ビリルビン黄疸母乳UGT

成乳」

  [★]

mature milk, durable milk, normal milk
成熟乳
母乳初乳

[show details]

初乳と成乳との比較

  • エネルギーが高い
  • 脂肪が多い
  • 乳糖が多い

生理的貧血」

  [★]

貧血母乳
  • 生後3-4ヶ月には母体から移行した鉄が欠乏し、小球性貧血をきたしやすい。

母乳性黄疸」

  [★]

breast feeding jaundice, breast milk jaundice, mother's milk jaundice
母乳栄養児黄疸 jaundice of breastfed infant
黄疸新生児黄疸遷延性黄疸

概念

  • 新生児は生後3-4日ごろに黄疸になるが、やがて消失するが、母乳を哺乳させている場合1カ月ぐらい続くことがある(1)。母乳の中のプレグナンジールがビリルビンの抱合を妨げることにより、間接ビリルビンが上昇して黄疸を来す。通常、予後は良好であり、黄疸症状が出ても母乳には胎便の排泄を促進する成分が含まれており、胎便の早期排泄のために母乳哺乳を継続した方がよいのかもしれない。

定義

  • 母乳栄養児で、生後1か月頃まで高ビリルビン血症が持続し、黄疸を呈すること。

原因

  • 1. 早発型:生後5日までの早期に母乳栄養と関連して、生理的黄疸の増強として観察される:母乳量と授乳回数、摂取エネルギーの不足
  • 2. 遷延性:生後1週間を過ぎたことから第6-8週間にわたって遷延する:母乳成分と関係

症候・検査

  • 血清間接ビリルビンの上昇

予後

  • 核黄疸のリスクはきわめて少ない

症例

  • 出産後28日の乳児。母乳栄養でほ乳は良好である。3日前から黄疸が見られ、1日に6回黄色軟便をした。肝臓を右季肋部に一横指蝕知する。血液検査で貧血はないが、非抱合型ビリルビンが上昇している。
白色便ではなく黄色軟便なので先天性胆道閉鎖症は否定的
ほ乳は良好 → 健康
肝臓を右季肋部に一横指蝕知 → ????
貧血はない → 溶血性貧血は否定的
じゃあ、母乳性黄疸?

参考

  • (1)[display]http://www.aka-chan.net/070skin/03131024.html

母乳栄養」

  [★]

breast feedingbreastfeeding
母乳で育てること母乳栄養法

母乳栄養法」

  [★]

breast feeding
母乳で育てること母乳栄養

母乳で育てること」

  [★]

breastfeeding
母乳栄養母乳栄養法

母乳栄養児」

  [★]

breast-fed infants
母乳

乳」

  [★]

milk, (pref)lacto
ラクト乳汁ミルク