rice gruel


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/07/24 21:40:30」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

Japanese Journal

  • 芥川龍之介『芋』とチェーホフ『牡蠣』 : もう一つの材源の可能性
  • 社会保険の現場の法律問題 : 過去の事例から 気分(感情)障害をみる医師の眼・当事者と家族の眼・コミュニティと国家の眼 : 「うつ病」・「そううつ病」と「神経症」を例にとって(その1)
  • 浜松市におけるユニバーサル農業の取り組みについて (特集 はたらく : 就労の支援)
  • 圭一
  • リハビリテーション (572), 29-32, 2015-04
  • NAID 40020426606

Related Links

人気のお粥レシピ(作り方)。家族が熱を出したときや、お腹の調子が悪いときにおすすめ。アジア風に朝食用のお粥もいいですね!
野菜を食べるお粥レストラン「粥餐庁」へようこそ。 ... What's New 2014/10/01 【12月の季節粥】 今年も残りわずか。寒いこの時期にぴったりのビタミンCやビタミンEが含まれる食材を使ったお粥で一年の疲れを癒しましょう。



★リンクテーブル★
国試過去問104H033」「104H034」「105B055
拡張検索冠動脈粥腫切除」「粥状塞栓形成」「粥状硬化性高血圧症」「粥状硬化

104H033」

  [★]

  • 次の文を読み、33、34の問いに答えよ。
  • 10か月の男児。体重増加不良を主訴に来院した。
  • 現病歴   1週前に受けた生後10か月の乳幼児健康診査で体重増加不良を指摘され、紹介された。
  • 出生・発育歴   在胎39週、頭位経腟分娩で出生した。出生時の身長49cm、体重2,980g、頭囲34cm。Apgarスコア 7点(1分)。追視 2か月、首のすわり 4か月、寝返り 6か月、お坐り 7か月、つかまり立ち 10か月。新聞紙をつかんで破ろうとし、名前を呼ぶと振り向く。両親以外に抱かれると泣く。1日7回母乳を1回15分ほど哺乳している。離乳食、イモなどを1日1回、こども茶碗に半分程度与えている。体重の推移(別冊No.5)を別図に示す。
  • 既往歴   生後5か月ころから顔面、頚部および腋窩に湿疹を認め、痒みが続いている。
  • 現症    身長73cm(-0.5SD)、体重7.2kg(-2SD)、頭囲 46.5cm。体温 37.2℃。脈拍 96/分、整。顔の表情は豊かで、診察しようとすると泣く。皮膚色は良好であるが、四肢伸側は乾燥し、顔面、頭部および肘膚に湿疹を認める。大泉門は1 x 1cmで平坦である。頚部には小豆大のリンパ節を左右に3個ずつ触知する。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、右肋骨弓下に肝を1 cm触知する。左鼠径部に可動性のある小指頭大、弾性硬の腫瘤を触れ、左陰嚢内は空虚である。膝蓋腱反射アキレス腱反射とに異常を認めない。
  • 検査所見  血液所見: 赤血球 420万、Hb 12.0g/dl、Ht 38%、白血球 10,600、血小板 23万。血液生化学所見: 総蛋白 6.4g/dl、アルブミン 3.4g/dl、尿素窒素 12mg/dl、クレアチニン 0.4mg/dl、総ビリルビン 1.0mg/dl、AST 18IU/l、ALT 12IU/l, ALP 520IU/l(基準780以下)。RAST:卵白 +2、牛乳 +1。


  • この児の体重増加不良の原因として最も考えられるのはどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 104H032]←[国試_104]→[104H034

104H034」

  [★]

  • 次の文を読み、33、34の問いに答えよ。
  • 10か月の男児。体重増加不良を主訴に来院した。
  • 現病歴   1週前に受けた生後10か月の乳幼児健康診査で体重増加不良を指摘され、紹介された。
  • 出生・発育歴   在胎39週、頭位経腟分娩で出生した。出生時の身長49cm、体重2,980g、頭囲34cm。Apgarスコア 7点(1分)。追視 2か月、首のすわり 4か月、寝返り 6か月、お坐り 7か月、つかまり立ち 10か月。新聞紙をつかんで破ろうとし、名前を呼ぶと振り向く。両親以外に抱かれると泣く。1日7回母乳を1回15分ほど哺乳している。離乳食、イモなどを1日1回、こども茶碗に半分程度与えている。体重の推移(別冊No.5)を別図に示す。
  • 既往歴   生後5か月ころから顔面、頚部および腋窩に湿疹を認め、痒みが続いている。
  • 現症    身長73cm(-0.5SD)、体重7.2kg(-2SD)、頭囲 46.5cm。体温 37.2℃。脈拍 96/分、整。顔の表情は豊かで、診察しようとすると泣く。皮膚色は良好であるが、四肢伸側は乾燥し、顔面、頭部および肘膚に湿疹を認める。大泉門は1 x 1cmで平坦である。頚部には小豆大のリンパ節を左右に3個ずつ触知する。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、右肋骨弓下に肝を1 cm触知する。左鼠径部に可動性のある小指頭大、弾性硬の腫瘤を触れ、左陰嚢内は空虚である。膝蓋腱反射アキレス腱反射とに異常を認めない。
  • 検査所見  血液所見: 赤血球 420万、Hb 12.0g/dl、Ht 38%、白血球 10,600、血小板 23万。血液生化学所見: 総蛋白 6.4g/dl、アルブミン 3.4g/dl、尿素窒素 12mg/dl、クレアチニン 0.4mg/dl、総ビリルビン 1.0mg/dl、AST 18IU/l、ALT 12IU/l, ALP 520IU/l(基準780以下)。RAST:卵白 +2、牛乳 +1。


  • この児に合併していると考えられるのはどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 104H033]←[国試_104]→[104H035

105B055」

  [★]

  • 次の文を読み、53-55の問いに答えよ。
  • 1歳6か月の男児。1歳6か月児健康診査のため来院した。
  • 出生・発育歴   在胎38週、頭位分娩にて出生した。出生時の身長48.0cm、体重2,750g、頭囲33cm。 Apgarスコア8点(1分)。頚定4か月、お坐り8か月、つたい歩き1歳、歩行1歳2か月。喃語は発するが、有意語はない。軟飯90gと歯茎で噛める固さの副菜とを1日3回、卵は全卵を1日1個、牛乳を1日1,000ml与えている。調理用油脂類と砂糖をそれぞれ1日12g使用している。
  • 既往歴   8か月時に突発性発疹。 1歳2か月時に熱性けいれん
  • 家族歴   特記すべきことはない。
  • 現 症  意識は清明。身長80.0cm、体重14.0kg、頭囲53cm、胸囲47cm、Kaup指数21.8。大泉門は閉鎖している。眼瞼結膜に貧血を認めない。眼球結膜に黄染を認めない。頭部に小豆大のリンパ節を右に4個触知する。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、右肋骨弓下に肝を1.5cm触知する。筋緊張は正常で、腱反射の亢進を認めない。
  • この児に対する栄養指導として適切なのはどれか。
  • a 軟飯をにする。
  • b 牛乳の量を減らす。
  • c 卵は卵黄のみとする。
  • d 調理用油脂類の量を増やす。
  • e 副菜は舌でつぶせる固さにする。


[正答]


※国試ナビ4※ 105B054]←[国試_105]→[105B056

冠動脈粥腫切除」

  [★]

coronary atherectomy
冠動脈粥腫切除術冠動脈アテローム切除術冠動脈アテローム切除

粥状塞栓形成」

  [★]

atheroembolism
コレステロール塞栓症アテローム塞栓症

粥状硬化性高血圧症」

  [★]

athero-arteriosclerotic hypertension
動脈硬化性高血圧症

粥状硬化」

  [★]

atherosclerosis
粥状硬化症