視力低下

reduced vision
弱視低視力視力


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/08/16 10:00:14」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

Japanese Journal

  • 管理職必携 安心・安全の新常識 学校保健統計から(上)発育は横ばいだが、視力低下傾向
  • 週刊教育資料 = Educational public opinion (1330), 18-19, 2015-02-09
  • NAID 40020351266
  • 突然の視力低下・視野障害 (特集 眼症状から探る症候群)
  • 横地 みどり,岸 章治
  • Oculista = オクリスタ (22), 45-50, 2015-01
  • NAID 40020379452
  • Brand New CT・MRIを読む : with Pictures & Movies(第21回)失明・視力低下
  • 山添 比奈子
  • J-vet : jounral for veterinary practitioner 27(10), 38-55, 2014-10
  • NAID 40020239363

Related Links

視力回復のためのポータルネット. HOME · 検索 · 情報交換 · 視力回復のアイポータル > 視力低下の原因. 視力低下の原因. 視力低下の原因. 直筋が緊張状態に陥ると遠視 に、緊張が斜筋に生じた場合は近視を引き起こします。 ... 続きを読む ...
視力低下の原因. 直筋が緊張状態に陥ると遠視に、緊張が斜筋に生じた場合は近視を 引き起こします。 近くのものを見続けたり、長時間のテレビ、ゲーム、パソコン作業 によって、眼に負担をかけることで眼精疲労を引き起こします。また、眼に悪い習慣や 慢性の ...


Related Pictures

a5842_843_32ef7427_0e099823.jpg視力低下を招く原因遺伝子特定 ・遠目・視力障害・視力低下視力低下視力低下 近視がすすみ視力が低下する



★リンクテーブル★
国試過去問110C026」「103I079」「104I052」「105D036」「104I071」「104G054」「101A009」「107D025」「104E060」「098B029」「105E054」「109D026」「105I075」「096H014」「102A014」「105A006」「100B015」「100B049
リンク元網膜中心静脈閉塞症」「低視力」「視覚障害」「視力障害」「reduced vision
関連記事視力」「

110C026」

  [★]

  • 次の文を読み、26、27の問いに答えよ。
  • 78歳の女性。食欲不振と軽度の全身倦怠感とを主訴に紹介されて来院した。
  • 現病歴:4週前に自宅で転倒して尻もちをつき腰痛が出現したため自宅近くの診療所を受診した。腰椎エックス線写真で第1腰椎の圧迫骨折を認め、腰椎骨塩定量検査で骨密度が著明に低下しており、骨粗鬆症と診断された。非ステロイド性抗炎症薬、ビスホスホネート製剤、カルシウム製剤および活性型ビタミンD製剤による治療が開始された。2週後の再診時には腰痛は軽減し、非ステロイド性抗炎症薬は終了となったが、他の薬剤はその後も投与が継続されていた。1週前から食欲不振と軽度の全身倦怠感とを自覚し持続するため紹介されて受診した。尿検査と血液検査の結果を持参している。
  • 既往歴:70歳時に胆石で胆?摘出術。75歳時に大腸憩室炎。
  • 生活歴:娘夫婦と孫2人との5人暮らし。腰痛が軽減した後は日課にしていた朝30分の散歩を再開している。
  • 検査所見(持参したもの):尿所見:蛋白(-)、糖(-)。血液所見:赤血球 468万、Hb 14.6g/dL、Ht 42%、白血球 4,600、血小板 36万。血液生化学所見:総蛋白 7.6g/dL、アルブミン 4.6g/dL、総ビリルビン 0.8mg/dL、直接ビリルビン 0.4mg/dL、AST 24IU/L、ALT 10IU/L、LD 226IU/L(基準 176~353)、尿素窒素 32mg/dL、クレアチニン 1.1mg/dL、尿酸 8.6mg/dL、血糖 120mg/dL、Na 146mEq/L、K 3.8mEq/L、Cl 104mEq/L。CRP 0.3mg/dL未満。
  • 現症:意識レベルは JCSⅠ-2。身長 150cm、体重 45kg。体温 36.0℃。脈拍 84/分、整。血圧 132/92mmHg。呼吸数 16/分。SpO2 96%(room air)。眼瞼結膜と眼球結膜とに異常を認めない。甲状腺腫と頸部リンパ節とを触知しない。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。四肢の筋力に異常を認めない。
  • この患者にみられる可能性が高いのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 110C025]←[国試_110]→[110C027

103I079」

  [★]

  • 80歳の男性。右眼の視力低下を主訴に来院した。約2年前から縦の線がうねって見えることに気付いていた。3か月前に急激な視力低下をきたし、硝子体出血の治療を近医で受けたが改善しなかった。5年前から糖尿病と高血圧とを指摘され治療を受けており、1年前から不整脈が発生し抗血小板療法を受けている。視力:右手動弁/30cm(矯正不能)、左0.8(矯正不能)。前眼部、中間透光体所見:両眼に軽度の白内障を認めたが、角膜、前房および隅角には異常を認めなかった。右眼の硝子体に強い混濁を認めた。血液所見:赤血球350万、Hb 11.0g/dl、Ht 33%、白血球 4,230、血小板 13万。血液生化学所見:血糖 145mg/dl、HbA1C 7.2%、総蛋白 6.3g/dl、アルブミン 4.0g/dl、尿素窒素 20mg/dl、クレアチニン 0.9mg/dl、Na 142mEq/l、K 4.7mEq/l、Cl 107mEq/l。右眼の硝子体切除術を施行した。混濁した硝子体を除去すると網膜下にも出血があり、出血は黄斑部を含んで下方に広がっていた。手術後3日の右眼(手術眼)の眼底写真と左眼の眼底写真とを以下に示す。
  • 硝子体出血の原因として最も考えられるのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 103I078]←[国試_103]→[103I080

104I052」

  [★]

  • 41歳の男性。発熱を主訴に来院した。1か月前に左眼の視力低下を認め、自宅近くの診療所で左内頚動脈閉塞症と診断された。1週前から38℃台の発熱頭痛および全身の紫斑が出現した。また、このころから一過性せん妄を認めるようになった。意識は清明。身長 168cm、体重 72kg。体温 38.6℃。脈拍 108/分、整。血圧 120/64mmHg。著明な貧血四肢を中心にした紫斑を認める。神経学的所見に異常を認めない。血液所見: 赤血球 194万、Hb 5.4g/dl、Ht 18%、網赤血球 7.5%、白血球 9.300(桿状核好中球6%、分葉核好中球58%、好酸球2%、好塩基球1%、単球11%、リンパ球22%)、破砕赤血球+、血小板 1.3万、PT 12.0秒(基準10-14)、APTT 30.4秒(基準対照32.2)。血液生化学所見: クレアチニン 1.8mg/dl、総ビリルビン 2.9mg/dl 直接ビリルビン 0.7mg/dl, AST 42IU/l ALT 30IU/l、LD 1,852IU/l(基準176-353)、頭部単純CTで異常を認めない。
  • 対応として適切なのはどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 104I051]←[国試_104]→[104I053

105D036」

  [★]

  • 83歳の男性。左眼の視力低下を主訴に来院した。6か月前から左眼の見え方に違和感があった。1か月前から視力低下が進行した。75歳時に両眼の白内障手術の既往がある。視力は右1.0(矯正不能)、左0.6(矯正不能)。眼圧は右14mmHg、左14mmHg。眼内レンズが両眼に挿入されている。両眼の眼底写真(刺冊No.11A、B)を別に示す。
  • 6か月前からあったと推定される症候はどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 105D035]←[国試_105]→[105D037

104I071」

  [★]

  • 46歳の女性。今朝からの耳鳴りと両眼の視力低下とを主訴に来院した。5日前から微熱頭痛とが続いている。視力は右0.1(0.8× +3.0D)、左0.08(0.7× +3.5D)。眼圧は両眼とも15mmHg。結膜角膜水晶体および硝子体に異常を認めない。両眼とも前房に細胞を認める。右眼底写真(別冊No.23A)と右蛍光眼底造影写真(別冊No.23B)とを別に示す。
  • 考えられるのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 104I070]←[国試_104]→[104I072

104G054」

  [★]

  • 65歳の男性。右眼の急激な視力低下を主訴に来院した。視力は右0.04(矯正不能)、左1.0(矯正不能)。両眼の前眼部、中間透光体および左眼底に異常を認めない。血液検査と尿検査とに異常を認めない。心房細動に対して抗凝固薬を内服中である。右眼底写真(別冊No.10A)と右眼の視野検査の結果(別冊No.10B①~⑤)とを別に示す。
  • この患者でみられるのはどれか。
  • a ①
  • b ②
  • c ③
  • d ④
  • e ⑤




[正答]


※国試ナビ4※ 104G053]←[国試_104]→[104G055

101A009」

  [★]

  • 80歳の女性。視力低下を主訴に来院した。最近、身の回りのことができにくくなっている。視力は右眼0.08(0.1×-3.0D)、左眼0.07(0.2×-3.0D)。眼底に異常を認めない。散瞳薬点眼後の右眼の細隙灯顕微鏡写真を以下に示す。
  • 左眼にも同様の所見がみられる。対応として最も適切なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 101A008]←[国試_101]→[101A010

107D025」

  [★]

  • 68歳の女性。1週前からの右眼の視力低下を主訴に来院した。10年前から高血圧症で内服中である。前眼部に異常を認めない。視力は右0.1(矯正不能)、左1.5(矯正不能)。眼圧は右15mmHg、左14mmHg。右眼の眼底写真(別冊No.6)を別に示す。蛍光眼底造影では広範な血管閉塞を示す虚血の所見を認める。左眼の眼底には異常を認めない。
  • 今後起こりうる合併症はどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 107D024]←[国試_107]→[107D026

104E060」

  [★]

  • 75歳の女性。視力低下を主訴に来院した。数年前から両眼の視力低下を自覚していたが、数日前から右眼がほとんど見えなくなった。視力は、右手動弁(矯正不能)、左O.1(矯正不能)。眼圧は、右8mmHg、左12mmHg。細隙灯顕微鏡検査で両眼水晶体の混濁を認める。散瞳下で眼底検査を行ったが両眼とも詳細な観察が困難である。
  • まず行う検査はどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 104E059]←[国試_104]→[104E061

098B029」

  [★]

  • 24歳の女性。両眼の視力低下を主訴に来院した。3日前から頭痛耳鳴りがあり視力の低下を自覚している。両眼とも矯正視力は0.3である。両眼の前房に細胞を認め、眼圧は左右眼ともに12mmHgである。左眼の眼底写真を以下に示す。右眼の眼底も同様である。
  • 診断に有用な検査はどれか。2つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 098B028]←[国試_098]→[098B030

105E054」

  [★]

  • 63歳の女性。左眼の視力低下を主訴に来院した。2か月前から眼痛があった。視力は右1.0(矯正不能)、左0.2(矯正不能)。眼圧は右16mmHg、左38mmHg。左眼の充血を認める。左眼に隅角新生血管と著明な虹彩ルベオーシスとを認める。
  • 左眼の眼圧上昇の原因となり得るのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 105E053]←[国試_105]→[105E055

109D026」

  [★]

  • 76歳の女性。右眼の視力低下を訴えて来院した。1か月前から右眼が見えなくなり回復しないため受診した。右眼の視力は手動弁。右眼の散瞳薬点眼後の前眼部写真(別冊No. 6)を別に示す。眼底は観察が不能であった。
  • 行うべき検査はどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 109D025]←[国試_109]→[109D027

105I075」

  [★]

  • 75歳の男性。右眼の視力低下を主訴に来院した。細隙灯顕微鏡検査を施行し、組織の混濁程度から手術適応と判断した。前眼部の写真(別冊No.25)を別に示す。
  • 術前検査に必要な検査項目はどれか。2つ選べ。



[正答]


※国試ナビ4※ 105I074]←[国試_105]→[105I076

096H014」

  [★]

  • 原発開放隅角緑内障で初期からみられるのはどれか。
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)

[正答]


※国試ナビ4※ 096H013]←[国試_096]→[096H015

102A014」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 102A013]←[国試_102]→[102A015

105A006」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 105A005]←[国試_105]→[105A007

100B015」

  [★]

  • 原発開放隅角緑内障で初期からみられるのはどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 100B014]←[国試_100]→[100B016

100B049」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 100B048]←[国試_100]→[100B050

網膜中心静脈閉塞症」

  [★]

central retinal vein occlusion, CRVO
網膜中心静脈閉塞網膜静脈閉塞症

概念

  • 網膜中心静脈の閉塞

疫学

  • 50歳以上の中高年で高血圧症のある人に好発

リスクファクター

099C021
  • 糖尿病、高血圧、動脈硬化、高脂血症

病型

  • 静脈うっ滞網膜症 venous stasis retinopathy:静脈拡張、出血など静脈閉塞のみを主症状とする。
  • 出血性網膜症 hemorrhagic retinopathy:高度の血管床閉塞など動脈の循環障害を併発

症状

合併症

  • 新生血管緑内障:予後不良。発症から3ヶ月が好発時期。前房隅角や虹彩に新生血管が生じ眼圧上昇をきたす。

検査

  • 眼底検査:視神経乳頭から放射状の火炎状出血、(重症例)暗赤色の出血斑。乳頭の充血、浮腫、網膜静脈の拡張蛇行、綿花様白斑、黄斑浮腫から嚢胞様黄斑浮腫  ←  網膜中心動脈閉塞症の場合は網膜は混濁、白濁。cherry-red spot

[show details]

治療

  • 原疾患の治療
  • 新生血管緑内障予防:汎光凝固術

国試

低視力」

  [★]

low vision
ロービジョン
弱視視力低下失明

視覚障害」

  [★]

visual disorder
視覚視力低下視野障害

視力障害」

  [★]

visual impairment
dysopsia
視力低下

reduced vision」

  [★]

diminished visionlow vision

視力」

  [★]

visual acuity
visus
視角


視力の解読方法 ← 視力の表記方法

  • ex.1
  • LV 0.01 (0.02x-6.0D C-1.0D A160°)
-6.0Dの凹レンズ、-1.0Dの円柱レンズを水平から160°傾けたとき0.01の視力が0.02に矯正された。
  • RV 0.2 (1.0x-5.0D C-1.5D A10°)
-5.0Dの凹レンズ、-1.5Dの円柱レンズを水平から10°傾けたとき0.2の視力が1.0に矯正された。

視機能の発達

SPE.21改変
  • 追視:2-3ヶ月から
  • 視力:新生児20cmまで、1歳0.3、3歳以降1.0以上
  • 両眼視:2ヶ月頃から発達を始め、6ヶ月で完成。


分類(てきとう)

下」

  [★]

下位下方サブ