antihistamines

抗ヒスタミン薬

WordNet

  1. a medicine used to treat allergies and hypersensitive reactions and colds; works by counteracting the effects of histamine on a receptor site

PrepTutorEJDIC

  1. 抗ヒスタミン剤(各種のアレルギー症・風邪の治療に用いる)

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/07/15 18:05:28」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

Japanese Journal

  • 薬物 スギ花粉症に対してステロイド鼻噴霧薬と抗ヒスタミン薬併用投与の意義はあるか?
  • 市村 恵一,菊池 恒,今吉 正一郎
  • 耳鼻咽喉科臨床 105(11), 1107-1116, 2012-11
  • NAID 40019476048
  • 治療 他抗ヒスタミン薬で効果不十分な慢性蕁麻疹患者に対する ロラタジンの臨床的有用性の検討
  • 高橋 仁,金子 栄,千貫 祐子 [他]
  • 西日本皮膚科 74(3), 293-300, 2012-06
  • NAID 40019365976

★リンクテーブル★
リンク元抗ヒスタミン薬
関連記事antihistamine

抗ヒスタミン薬」

  [★]

antihistamine antihistamines, histamine antagonist
ヒスタミン拮抗薬 histamine antagonistsヒスタミン遮断薬 histamine blocking agents
ヒスタミン受容体薬理学
ヒスタミンH1受容体拮抗薬 histamine H1 receptor antagonistH1拮抗薬 H1 blockerH2遮断薬
ヒスタミンH2受容体拮抗薬 histamine H2 receptor antagonistH2拮抗薬 H2 blockerH2遮断薬
  • 古典的抗ヒスタミン薬
  • エタノールアミン系
  • プロピルアミン系
  • ピペラジン系
  • ピペリジン系
  • 第二世代ヒスタミン薬
中枢作用↓、鎮静作用↓、抗コリン作用↓
  • ピペリジン系
  • アレルギー性抗ヒスタミン薬
ケミカルメディエーター放出を抑制
中枢作用:有。鎮静作用:有

薬理学的作用の比較

https://minds.jcqhc.or.jp/n/med/4/med0024/G0000065/0023 をより改変して引用
  受容体括抗作用 イオン電流阻害作用 血液脳関門透過性
H1 ACh NA 5-HT DA PAF LT Ca Na K
ジフェンヒドラミン ++         ++
プロメタジン ++ ++     ++
クロルフェニラミン ++         ++
ケトチフェン ++        
アゼラスチン ++        
オキサトミド ++      
テルフェナジン +++        
アステミゾール +++            
セチリジン +++                  

抗ヒスタミン薬の抗ヒスタミン受容体占拠率

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jibiinkoka/112/3/112_3_99/_pdf

antihistamine」

  [★]