ICG

インドシアニングリーン indocyanine green

WordNet

  1. the 9th letter of the Roman alphabet (同)i

PrepTutorEJDIC

  1. 『私は』私が
  2. iodineの化学記号

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2012/05/07 11:08:51」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

English Journal

  • Intraoperative laparoscopic fluorescence guidance to the sentinel lymph node in prostate cancer patients: clinical proof of concept of an integrated functional imaging approach using a multimodal tracer.
  • van der Poel HG, Buckle T, Brouwer OR, Valdes Olmos RA, van Leeuwen FW.SourceDepartment of Urology, Netherlands Cancer Institute - Antoni van Leeuwenhoek Hospital, Amsterdam, The Netherlands.
  • European urology.Eur Urol.2011 Oct;60(4):826-33. Epub 2011 Apr 1.
  • BACKGROUND: Integration of molecular imaging and in particular intraoperative image guidance is expected to improve the surgical accuracy of laparoscopic lymph node (LN) dissection.OBJECTIVE: To show the applicability of combining preoperative, intraoperative, and postoperative sentinel node imaging
  • PMID 21458154
  • Near infrared fluorescence-guided real-time endoscopic detection of peritoneal ovarian cancer nodules using intravenously injected indocyanine green.
  • Kosaka N, Mitsunaga M, Longmire MR, Choyke PL, Kobayashi H.SourceMolecular Imaging Program, Center for Cancer Research, National Cancer Institute, National Institutes of Health, Bethesda, Maryland.
  • International journal of cancer. Journal international du cancer.Int J Cancer.2011 Oct 1;129(7):1671-7. doi: 10.1002/ijc.26113. Epub 2011 Jun 18.
  • Near infrared fluorescence-guidance can be used for the detection of small cancer metastases and can aid in the endoscopic management of cancer. Indocyanine green (ICG) is a Food and Drug Administration (FDA)-approved fluorescence agent. Through non-specific interactions with serum proteins, ICG ach
  • PMID 21469142

Japanese Journal

  • 臨床研究 ICG蛍光法を用いた再建胃管の血流に影響を及ぼす因子の検討
  • 熊谷 洋一,傍島 潤,石畝 亨 [他]
  • 手術 = Operation 69(5), 785-790, 2015-04
  • NAID 40020423485
  • ニューガラス関連学会 ICG Summer School 2014参加報告
  • Usefulness of intraoperative diagnosis of hepatic tumors located at the liver surface and hepatic segmental visualization using indocyanine green-photodynamic eye imaging
  • Abo Takafumi,Nanashima Atsushi,Tobinaga Syuuichi,Hidaka Shigekazu,Taura Naota,Takagi Katsunori,Arai Junichi,Miyaaki Hisamitsu,Shibata Hidetaka,Nagayasu Takeshi
  • European Journal of Surgical Oncology (EJSO) 41(2), 257-264, 2015-02
  • … Background To improve the diagnostic accuracy for hepatic tumors on the liver surface, we investigated the usefulness of an indocyanine green-photodynamic eye (ICG-PDE) system by comparison with Sonazoid intraoperative ultrasonography (IOUS) in 117 patients. … Hepatic segmentation by ICG-PDE was also evaluated. … Methods ICG was administered preoperatively for functional testing and images of the tumor were observed during hepatectomy using a PDE camera. …
  • NAID 120005540369

Related Links

The International Crisis Group is an independent, non-profit, non-governmental organisation committed to preventing and resolving deadly conflict.


Related Pictures

ICGICG oo sheegtay in Al-shabaab ay Logo ICG SoftwareICG SoftwareIcg College JaipurICG



★リンクテーブル★
国試過去問097C019」「101F034
リンク元試験」「間接ビリルビン」「インドシアニングリーン」「indocyanine green
拡張検索ICG-R15」「ICG試験
関連記事IC」「I

097C019」

  [★]

  • 次の文を読み、19~21の問いに答えよ。
  • 48歳の男性。全身倦怠感、食欲不振、尿の濃染および黒色便を訴えて来院した。
  • 現病歴 : 5日間連続して毎日、日本酒5合以上を飲み体調を崩した。腹部の膨隆や両下肢の浮腫が次第に明瞭となり、今朝、黒色便を排出した。常習飲酒家である(3合/日)。
  • 既往歴 : 27歳の時、交通事故で輸血を受けた。
  • 現症 : 意識は清明。身長169cm、体重61kg。体温36.8℃。脈拍64/分、整。血圧142/86mmHg。眼瞼結膜はやや貧血様、眼球結膜には軽度の黄疸を認める。胸部に異常は認めない。腹部では腹壁に静脈怒張が認められ、肝を剣状突起下で3cm触知する。腹水と両下肢の浮腫とを認める。
  • 検査所見 : 尿所見:蛋白(-)、糖(-)、ビリルビン1+。
  • 血液所見:赤血球320万、Hb9.6g/dl、白血球4,200、血小板9.2万、プロトロンビン時間60%(基準80~120)。血清生化学所見:総蛋白6.6g/dl、アルブミン2.9g/dl、γーグロブリン34.5%、尿素窒素48mg/dl、クレアチニン0.8mg/dl、尿酸5.2mg/dl、総コレステロール126mg/dl、総ビリルビン2.8mg/dl、直接ビリルビン1.4mg/dl、AST224単位(基準40以下)、ALT185単位(基準35以下)、γーGTP462単位(基準8~50)。HCV抗体陽性。ICG試験(15分値)32.4%(基準10以下)。
  • この患者において関連のない組合せはどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 097C018]←[国試_097]→[097C020

101F034」

  [★]

  • 肝硬変が進展すると低下するのはどれか。2つ選べ。

[正答]


※国試ナビ4※ 101F033]←[国試_101]→[101F035

試験」

  [★]

examinationtesttestingassessmenttrialexamexamine
アセスメント計測検査検定試み査定試行調べる診断治験調査テスト判定評価検討影響評価実験デザイン研究デザインデータ品質対応群スコアリング法

循環器

  • ヴァルサルヴァ試験 Valsalva試験:行きこらえをさせる方法。胸腔内圧が上昇して静脈還流量が減少する。また、左心室の大きさが減少する。HOCMでは駆出路が閉塞しやすくなり、胸骨左縁下部の雑音が増強する。

消化吸収試験

  • 脂肪
  • 蛋白
  • ビタミンB12

肝臓異物排泄能

カルシウム

ビタミン

  • ビタミンB12欠乏

血液

  • ショ糖溶血試験:(方法)等張ショ糖液に血液を加える。(検査)溶血の存在。低イオン強度では補体の赤血球に対する結合性が増し、発作性夜間血色素尿症 PNHにおいては溶血をきたす。スクリーニング検査として用いられ、確定診断のためにはハム試験を行う。
  • ハム試験 Ham試験:(方法)洗浄赤血球に塩酸を加え、弱酸性(pH6.5-7.0)条件にする。(検査)溶血の存在。発作性夜間血色素尿症 PNHにおいては弱酸性条件で補体に対する感受性が亢進するため


産婦人科

内分泌

  • 過塩素酸塩放出試験:(投与)123I過塩素酸塩、(検査)甲状腺シンチによる甲状腺の123I摂取率:橋本病先天性甲状腺機能低下症。甲状腺のヨードの有機化障害の有無を検査する甲状腺核医学検査法。過塩素酸塩は甲状腺から有機化されていないヨードを追い出すので(サイログロブリンに取り込まれていないヨード)、本試験は有機化障害をきたす疾患の検査となる。

視床下部-下垂体-糖質コルチコイド

高血圧

  • 立位フロセミド負荷試験:(投与)フロセミド、(検査)血漿レニン濃度:フロセミドでhypovolemicとし歩行負荷で交感神経を興奮させレニンの分泌を促す。原発性アルドステロン症の場合、レニン高値のまま無反応。

膵臓

膵外分泌機能

  • BT-PABA試験, PABA排泄試験, PFD試験
  • セクレチン試験:(投与)セクレチン、(検査)十二指腸液:分泌量、総アミラーゼ量、最高重炭酸塩濃度を測定。最高重炭酸塩濃度を含む2項目以上の低下で慢性膵炎が確定診断される。
  • 消化吸収試験
  • 便中エラスターゼ1定量、便中キモトリプシン定量

腎臓

ガストリノーマ

感染症

間接ビリルビン」

  [★]

indirect bilirubin
ビリルビン


  • ポリフィリンが開裂してビリルビンとなるが不溶性であるために、血中ではアルブミンと結合する(これが、間接ビリルビン)。肝臓に運ばれた後、グルクロン酸抱合を受けて水溶性となったビリルビンが直接ビリルビンである。

基準値

  • (HIM A-4)
総ビリルビン 0.3-1.3 mg/dL
直接ビリルビン 0.1-0.4 mg/dL
間接ビリルビン 0.2-0.9 mg/dL

鑑別疾患

  • 0.9-5mg/dl(軽度増加)
  • 5-20mg/dl(中等度増加)
  • 20mg/dl以上(高度増加)
LAB 568
ジェネラリストのための内科外来マニュアル. 384

インドシアニングリーン」

  [★]

indocyanine green, ICG
ジアグノグリーンオフサグリーン

分子式

  • C43H47N2NaO6S2

禁忌

  • ヨード過敏症(造影剤としてのインドシアニングリーンにはその安定化のために少量のヨードが添加されているため)

臨床関連

メモ

  • 脳外の手術でクリッピング後、ICGを注入した後、周囲を暗くして顕微鏡で出血の有無を確認していたみたい。

添付文書

  • ジアグノグリーン注射用25mg
[display]http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/7224400A1034_1_02/7224400A1034_1_02?view=body

indocyanine green」

  [★] インドシアニングリーン ICG

ICG-R15」

  [★]

ICG停滞率、R15ICG15分停滞率
インドシアニングリーン試験肝障害度
  • 正常値は0-10% (NSU.609)

ICG試験」

  [★] インドシアニングリーン試験

IC」

  [★]

I」

  [★]