モダシン

セフタジジム


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

Japanese Journal

  • 平成17年度学位論文要旨・論文審査要旨
  • Michael Gordon Klasen,金崎 雅之,境 和彦,片桐 昭司,中原 裕美子,朴 基植,下田 真也,森田 充,金子 林太郎,伊藤 伸介,松本 守,平山 崇,Kanazaki Masayuki,Sakai Kazuhiko,Katagiri Shoji,Nakahara Yumiko,PARK Kishik,Shimoda Shinya,Morita Mitsuru,Kaneko Rintaro,Ito Shinsuke,Matsumoto Mamoru,Hirayama Takashi,マイケル・ゴードン・クラセン,カナザキ マサユキ,サカイ カズヒコ,カタギリ ショウジ,ナカハラ ユミコ,パク キシク,シモダ シンヤ,モリタ ミツル,カネコ リンタロウ,イトウ シンスケ,マツモト マモル,ヒラヤマ タカシ
  • 經濟學研究 72(5/6), 203-226, 2006-05-30
  • Principles of Innovation Uncertainty Management and the IUM Model(イノベーションの不確実性マネジメントの原理とモデル)[Klasen]公共財供給の経済分析 : 選挙と政治献金の経済モデル[金崎]環境規制と汚染者の有限責任問題の経済分析[境]研究開発活動と内生的成長に関する理論分析 : マクロ動学モデルによる分析[片桐]台湾パソコン産 …
  • NAID 120000980309
  • 口腔外科領域におけるセフタジジム (モダシン<SUP>®</SUP>) の基礎的検討
  • 辻 雅明,水野 和生,金 度完,山下 敏康,中山 和久,福谷 祐二,高井 克憙,深谷 昌彦
  • 日本口腔外科学会雑誌 34(12), 2555-2561, 1988
  • We studied in-vitro antibiotic activity against isolates from oral infections and also distribution to oral tissues after administration of Ceftazidime (CAZ, Modacin<SUP>®</SUP>), and …
  • NAID 130001357253

Related Links

モダシン静注用0.5g,セフタジジム水和物静注用 医薬品情報 サイト イーファーマ(トップ) >品名索引(も) >現表示ページ >薬効名索引(抗生物質製剤) 商品名 モダシン静注用0.5g 薬品情報 添付文書情報 成分一致薬品 ページを印刷 薬効 ...
表4 新生児患者におけるモダシン静注時又は点滴静注時の血中濃度 投与量 パラメータ 静注 0-3日齢 静注 4-7日齢 静注 8-30日齢 点滴静注 0-3日齢 点滴静注 4-7日齢 点滴静注 8-27日齢 10(mg/kg) T 1/2 (hr) 3.17 2.52 2.22 - - - 10(mg ...
グラクソ・スミスクラインがご提供する抗生物質モダシンについての製品情報をご案内しています。 ... モダシンの主成分であるセフタジジムは英国グラクソ・スミスクライン社で開発された注射用セファロスポリンで、緑膿菌を ...


Related Pictures

とらちゃんとモダシンさんモダシンと愉快な仲間たちモダシンの主成分である モダシン静注用0.5gモダシン総帥モダシン静注用 1g

Japan Pharmaceutical Reference

薬効分類名

  • 皮内反応検査用剤

販売名

モダシン皮内反応用セット

組成

皮内反応用
1バイアル中
*試験薬

  • 日局セフタジジム水和物 2400μg(力価)

溶解液

  • 日局注射用水 8mL

添加物
試験薬

  • 乾燥炭酸ナトリウム、塩化ナトリウム

対照液
1アンプル中

  • 日局生理食塩液 2mL

禁忌

(次の患者には使用しないこと)

  • 本剤の成分によるショックの既往歴のある患者

効能または効果

  • モダシン静注用の使用に際しての皮内反応に使用する。
  • 添付の溶解液で溶解し、300μg(力価)/mLの溶液を調製する。この液約0.02mLを皮内に注射する。
    また対照として、生理食塩液約0.02mLを試験液注射部位から十分離れた位置に皮内注射する。

判定方法

  • 注射15〜20分後の各注射局所の反応を観察し、試験液及び対照液ともに下記の基準により判定する。1)

判定基準

陽性

  • 発赤の直径20mm以上又は膨疹の直径9mm以上

陰性

  • 発赤、膨疹ともに上記陽性の判定基準未満

判定不能

  • 対照液が陽性を示す場合

なお、下記の場合も陽性と判定する。

  • 偽足(みみずばれ)を伴う膨疹を認めた場合
  • 注射局所の反応以外に全身反応(しびれ感、熱感、頭痛、眩暈、耳鳴、不安、頻脈、不快感、口内異常感、喘鳴、便意、発汗等)を認めた場合

処置

  • 試験液の判定が陽性であって、対照液の判定が陰性の場合は、モダシン静注用の投与を行わないこと。
  • 判定不能の場合は、モダシン静注用の投与を行わないか、あるいは過敏反応に十分注意して投与すること。


慎重投与

  • ペニシリン系又はセフェム系抗生物質に対し過敏症の既往歴のある患者[ショックを起こすおそれがあるので十分な問診を行うこと]
  • アレルギー症状を起こしやすい体質を有する患者

重大な副作用

  • ショックを起こすことがあるので、観察を十分に行い、症状があらわれた場合には適切な処置を行うこと。

有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • セフタジジム水和物(Ceftazidime Hydrate)

化学名

  • (6R,7R)-7-[(Z)-2-(2-Aminothiazol-4-yl)-2-(1-carboxy-1-methylethoxyimino)acetylamino]-3-(pyridinium-1-ylmethyl)-8-oxo-5-thia-1-azabicyclo[4.2.0]oct-2-ene-2-carboxylate pentahydrate

略号

  • CAZ

分子式

  • C22H22N6O7S2・5H2O

分子量

  • 636.65

性状

  • 白色〜淡黄白色の結晶性の粉末である。水に溶けにくく、アセトニトリル又はエタノール(95)に極めて溶けにくい。

★リンクテーブル★
リンク元主としてグラム陽性・陰性菌に作用するもの」「セフタジジム」「その他の診断用薬

主としてグラム陽性・陰性菌に作用するもの」

  [★]

商品

セフタジジム」

  [★]

ceftazidime, CAZ
Fortaz, Ceptaz, Tazicer, Taxidimeセパダシンモダケミンモダシンモベンゾシン
セファロスポリン系抗菌薬

抗菌スペクトル

効果・効能

モダシン静注用

適応菌種

  • 本剤に感性のブドウ球菌属、レンサ球菌属、肺炎球菌、大腸菌、シトロバクター属、クレブシエラ属、エンテロバクター属、セラチア属、プロテウス属、モルガネラ・モルガニー、プロビデンシア属、インフルエンザ菌、シュードモナス属、緑膿菌、バークホルデリア・セパシア、ステノトロホモナス(ザントモナス)・マルトフィリア、アシネトバクター属、ペプトストレプトコッカス属、バクテロイデス属、プレボテラ属(プレボテラ・ビビアを除く)

適応症

  • 敗血症、感染性心内膜炎、外傷・熱傷及び手術創等の二次感染、咽頭・喉頭炎、扁桃炎(扁桃周囲炎、扁桃周囲膿瘍を含む)、急性気管支炎、肺炎、肺膿瘍、膿胸、慢性呼吸器病変の二次感染、膀胱炎、腎盂腎炎、前立腺炎(急性症、慢性症)、腹膜炎、胆嚢炎、胆管炎、肝膿瘍、バルトリン腺炎、子宮内感染、子宮付属器炎、子宮旁結合織炎、化膿性髄膜炎、中耳炎、副鼻腔炎

その他の診断用薬」

  [★]

商品