murmur

心雑音      

WordNet

  1. speak softly or indistinctly; "She murmured softly to the baby in her arms"
  2. make complaining remarks or noises under ones breath; "she grumbles when she feels overworked" (同)mutter, grumble, croak, gnarl
  3. incomprehensibility resulting from irrelevant information or meaningless facts or remarks; "all the noise in his speech concealed the fact that he didnt have anything to say"
  4. the auditory experience of sound that lacks musical quality; sound that is a disagreeable auditory experience; "modern music is just noise to me" (同)dissonance, racket
  5. electrical or acoustic activity that can disturb communication (同)interference, disturbance
  6. a loud outcry of protest or complaint; "the announcement of the election recount caused a lot of noise"; "whatever it was he didnt like it and he was going to let them know by making as loud a noise as he could"
  7. sound of any kind (especially unintelligible or dissonant sound); "he enjoyed the street noises"; "they heard indistinct noises of people talking"; "during the firework display that ended the gala the noise reached 98 decibels"
  8. making a low continuous indistinct sound; "like murmuring waves"; "susurrant voices" (同)susurrant, whispering

PrepTutorEJDIC

  1. (流れる水・そよぐ葉などの)『ざわるき』,かすかな音;(人の声の)『ささやき』,ぼそぼそいう声《+『of』+『名』》 / 不平の声,ぶつぶつ言うこと / 〈川・風・木の葉などが〉『ざわめく』 / 〈人が〉『ささやく』,つぶやく / 《まれ》(…について)ぶつぶつ不平を言う《+『at』(『against, about』)+『名』》 / …‘を'『ささやく』,ぼそぼそと言う,小声で言う
  2. 〈C〉〈U〉(特に,大きなまたは不快な)『音』,物音 / 〈C〉〈U〉(街・往来などの)『ざわめき』,騒音,騒々しい声 / 〈C〉(一般に)物音 / 〈U〉(ラジオ・テレビなどの)ノイズ,雑音 / …‘を'広める,言い触らす《+『名』+『about』(『abroad, around』)》 / 音を立てる;大声で話す《+『about』(『around, abroad』)》
  3. 《うわさなど》'を'言いふらす

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/03/03 22:51:25」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

English Journal

  • Benefits of predischarge echocardiography service for postnatal heart murmurs.
  • Singh A, Desai T, Miller P, Rasiah SV.SourceNeonatal Intensive Care Unit, Birmingham Women's Hospital, Edgbaston, Birmingham, UK Department of Cardiology, Birmingham Children's Hospital, Birmingham, UK.
  • Acta paediatrica (Oslo, Norway : 1992).Acta Paediatr.2012 Aug;101(8):e333-6. doi: 10.1111/j.1651-2227.2012.02687.x. Epub 2012 Apr 24.
  • Aim:  To review the findings and outcomes of predischarge echocardiography service for postnatal heart murmurs provided by neonatologists. Methods:  We retrospectively reviewed all predischarge echocardiograms performed on babies from the postnatal wards (PNW) over the last 3 years. We evaluat
  • PMID 22497219
  • Laparoscopic adrenalectomy for management of a functional adrenal tumor in a cat.
  • Smith RR, Mayhew PD, Berent AC.SourceDepartment of Clinical Studies, Matthew J. Ryan Veterinary Hospital, University of Pennsylvania, Philadelphia, PA 19104.
  • Journal of the American Veterinary Medical Association.J Am Vet Med Assoc.2012 Aug 1;241(3):368-72.
  • Case Description-A 9-year-old castrated male domestic shorthair cat was examined because of hypertension that persisted after resolution of the patient's hyperthyroidism. Bilateral hypertensive retinopathy, a systolic heart murmur, left ventricular hypertrophy, and tachycardia were present. Clinic
  • PMID 22812475
  • Polypoid atrial myxoma.
  • Grimaldi A, Fumero A, Taramasso M, Pappalardo F, Sanvito F, Ammirati E, Capritti E, Castiglioni A, Collu E, Pala MG, Zangrillo A, Alfieri O.SourceaCardiovascular and Thoracic Department bDepartment of Pathology, San Raffaele Scientific Institute and Università Vita-Salute San Raffaele, Milan, Italy.
  • Journal of cardiovascular medicine (Hagerstown, Md.).J Cardiovasc Med (Hagerstown).2012 Aug;13(8):529-30.
  • Myxomas are by far the most common tumours of the heart. A 75-year-old man with no notable medical history presented with a 2-month progressive weight loss and dyspnoea on exertion. Physical examination revealed an opening snap and a diastolic decrescendo murmur at the apex. Transthoracic echocardio
  • PMID 22037712

Japanese Journal

  • Dynamic left ventricular outflow tract obstruction secondary to hypovolemia in a German Shepard dog with splenic hemangiosarcoma
  • , , , , , , ,
  • Journal of Veterinary Medical Science advpub(0), 2015
  • … A Levine II/VI systolic murmur was present at the heart base. … The heart murmur and the SAM were resolved after treatment including a splenectomy and a blood transfusion. …
  • NAID 130005067030
  • Peripheral pulmonary artery stenosis in three cats
  • , , , , ,
  • Journal of Veterinary Medical Science 77(4), 487-491, 2015
  • … Case 1 involved a 4-month-old intact male Somali cat in which peripheral pulmonary artery stenosis (PPS) was recognized after a cardiac murmur remained following patent ductus arteriosus ligation. …
  • NAID 130005067014
  • Infective endocarditis of the aortic valve in a Border collie dog with patent ductus arteriosus
  • , , , , ,
  • Journal of Veterinary Medical Science 77(3), 331-336, 2015
  • … A continuous murmur with maximal intensity over the left heart base (Levine 5/6) was detected on auscultation. …
  • NAID 130005060994
  • 急性 A 型大動脈解離術後の大動脈基部瘤右房穿破の1救命例
  • 焼田 康紀,茂木 健司,松浦 馨,櫻井 学,小笠原 尚志,高原 善治
  • 日本心臓血管外科学会雑誌 44(1), 56-58, 2015
  • 症例は67歳女性.9年前にStanford A型急性大動脈解離に対して当院で上行弓部大動脈置換術を受け,外来通院中であった.半年前から胸部違和感,4日前に胸痛を自覚し,胸痛の増強,動悸,冷感を主訴に当院救急外来を受診した.胸骨右縁で連続性雑音を聴取し,造影CTで大動脈基部に最大径60 mmの仮性動脈瘤を認めた.心臓超音波検査で動脈瘤と右房に交通を認めた.緊急手術を施行し,大動脈右房瘻閉鎖,上行大動 …
  • NAID 130004887234

Related Links

日々思ったことやハマっていることなどについてのコラムです。
マーマーマガジン(murmur magazine)のWEB版、別冊マーマーマガジン(略して別マー )です。女性が本当に美しく、そしてしっとりと甘く生きるための知恵と情報を、厳選してお 届けします。


Related Pictures

Innocent MurmurMurmur - Murmur - Encyclopaedia Metallum Murmur usually means:Murmur (Mirai Nikki) memories of Murmur in the comments belowEffects of maneuvers on cardiac murmursCAP101 - p7 - Murmurs and miscellaneousmurmur dark below



★リンクテーブル★
リンク元100Cases 10」「noise」「bruit
拡張検索Flint murmur」「Austin Flint murmur」「diamond-shaped murmur

100Cases 10」

  [★]

☆case10 背痛
症例
27歳 女性
主訴背中に突き抜ける?痛み(pain across her back)
現病歴背中に広がる痛みを訴えて、27歳の女性救急部に運ばれてきた。2日前に熱が出て背部痛が始まり、以降調子が悪い。痛みは増強している。6時間前に2度嘔吐した。
既往歴:3ヶ月前に合併症のない胆嚢炎
・身体診断
調子が悪そうであり、紅潮している。体温:39.2℃。脈拍:120/分。血圧:104/68 mmHg心血管系呼吸器系に異常を認めず。腹部全体的圧痛両側腰部著明圧痛
検査
(血液生化学)
白血球↑、血清尿素↑、CRP
(尿検査)
タンパク:++、鮮血:+++、亜硝酸塩:++
尿の顕微鏡検査:(おそらく400倍の一視野に)赤血球>50、白血球>50
腹部X線:正常
glossary
loin n. (pl)腰、腰部(→(adj.)lumbar)。(獣の)腰肉、ロイン。(pl)陰部生殖器性器
腸雑音腸音intestinal murmurintestinal soundbowel sound
urine microscopy 尿の顕微鏡検査
dysuria 排尿障害
urgency n. 切迫、急迫、危急。緊急、火急、焦眉の急。[pl]しつこい要求、懇願。せき立てる力、刺激
hydronephrosis 水腎症
-nephros 腎臓
-stomy 開口術
nephrostomy n. 腎瘻造設術腎造瘻術腎瘻術
obstructive urophathy 閉鎖性尿路疾患
intravenous fluid 静脈内輸液
commence vt. 始める、開始する。 vi. ~から始める、始まる(with)
urgently
eradication n. 根絶、撲滅
mimic vt. ~の物まねをする、まねて馬鹿にする。そっくりに[卑屈に]まねる。~によく似る
renal ultrasound 腎臓超音波検査
obstructive uropathy 閉塞性尿路疾患
polycystic kidney disease 多発性嚢胞腎
medullary sponge kidney 海綿腎
loin-pain hematuria syndrome 腰痛血尿症候群
解説
(第1パラグラフ)疫学
 急性腎盂腎炎男性より女性more common尿路からの細菌の上行感染リスク妊娠糖尿病、免疫低下者、尿路奇形(尿の腎臓への逆流。そして多分狭窄していたりして結石閉塞されやすいこともあると思う)
(第2パラグラフ)病態
 食欲不振悪心嘔吐と共に40℃の発熱が出ることがある。
 腎盂腎炎患者の中には膀胱炎先行症状(排尿障害頻尿、尿意切迫血尿)がある人がいるけど、こういう下部尿路症状がいつも出現するわけではない。
 多くの腎盂腎炎患者は、先行する6ヶ月以内の膀胱炎既往がある。
 老人場合、非典型的な症状を示し、そして混乱した状態でやってくる。
 腎盂腎炎は他の病態によく似ている:急性虫垂炎、急性胆嚢炎急性膵炎下葉肺炎
 普通体表から見て腎臓の直上に前からも後ろからも圧痛を感じる。
 未治療腎盂腎炎では敗血症になるかもしれない。
(第3パラグラフ)本ケースについて
 ・CRP上昇急性感染症示唆
 ・顕微鏡的血尿タンパク尿、白血球増多は尿路炎症を示す。
 ・硝酸塩(nitrate, HNO3と何かの塩)から亜硝酸塩(nitrite, HNO2と何かの塩)への還元により細菌存在確認される。
  覚え方:亜硝酸は(Oが一つ)足らないi(愛)
  でも複雑です。
   HNO2 亜硝酸 nitrous acid, nitrite 。亜硝酸塩 nitrite
   HNO3 硝酸 nitric acid, nitrate   。硝酸塩 nitrate
(第4パラグラフ)管理
 ・女性入院すべき。
 ・血液と尿の採取
 ・静脈内輸液抗生物質治療開始微生物同定されたら、感受性のある抗菌薬を使用する。初期治療ではゲンタマイシンアンピシリンシプロフロキサシンを用いる
 ・腎臓エコー検査尿路閉塞除外するため。閉塞性尿路疾患では、激しい痛み、発熱敗血症ショック腎不全を伴う脳腎症を起こしうる。
 ・尿路敗血症経過水腎症が疑われたら、合併症を防ぐために緊急に腎瘻を造設すべき
(第5パラグラフ)薬物治療
 ・(腎結石など合併していない)腎感染症(ucomplicated renal infection)患者抗生物質2週間のコース治療すべき。
 ・感染根絶確実にする治療が終わった後10-14日間は、反復して細菌培養をする。<
 ・尿路結石を有する感染症や腎瘢痕を有する患者では抗生物質6週間のコースが用いられる。
鑑別診断ポイント
 腎盂腎炎片側性、あるいは両側性の腰痛を引き起こす。
 腰部痛の鑑別診断
  閉塞性尿路疾患
  腎梗塞心疾患などで生じた血栓腎動脈またはその分枝閉塞し、その血管の支配領域が虚血性壊死に陥った状態
  腎細胞癌:腎尿細管上皮細胞より発生する悪性腫瘍
  腎乳頭壊死腎乳頭より腎髄質にかけて、その支配動脈の虚血により壊死を来したもの。 主として基礎疾患糖尿病を有する人にみられ、しばしば急性腎盂腎炎などの尿路感染に伴って発症する。
  腎結石
  糸球体腎炎
  多発性嚢胞腎先天性かつ両側性に腎実質内に大小無数の嚢胞発生する。 ほとんどが両側性で、貧血、顕微鏡的血尿蛋白尿、高血圧といった症状を呈しながら腎機能が低下し、最終的には腎不全となる疾患
  海綿腎腎錐体における集合管先天性嚢状拡張症。症状としては拡張した集合管に尿の停滞 → 感染・細かな結石ができる。
  腰痛血尿症候群:若年女性に好発し、反復して出現する腰部から側腹部の強い疼痛血尿主徴とする病因不明の疾患。肉眼的血尿軽度蛋白尿がみられることもあるが、特異的検査所見はなく、診断は他疾患除外診断による
■KEYPOINT
急性腎盂腎炎は下部尿路症状があったり無かったりする。
腎臓超音波検査尿路閉塞否定するために入院24時間後に行うべき。
抗菌薬は、再発リスク最小限するために、少なくとも2週間継続すべき。
閉塞性尿路疾患(http://merckmanual.jp/mmpej/sec17/ch229/ch229a.htmlより引用)
KUB陰影から尿路結石成分の推定
 リンカルシウム(22.0)
 シュウ酸カルシウム(10.8):シュウ酸カルシウム結石は,尿路結石のうちで最も頻度が高く(70~80%),シュウ酸カルシウム結石の約半数はリンカルシウムとの混合結石である。
 リン酸マグネシウムアンモニウム(4.1):ストラバイト結石尿素分解菌(Proteus 、Klebsiella 、Pseudomonas )による尿路感染原因で、尿素分解されアンモニアとなると尿がアルカリ性となり、リン酸マグネシウムアンモニウム結石形成される。
 シスチン(3.7):ホモシスチン尿症
 尿酸(1.4):痛風
 キサンチン(1.4):プリン
□多嚢胞
 常染色体劣性多発性嚢胞腎ARPKD
  旧名:幼児型嚢胞
 常染色体優性多発性嚢胞腎ADPKD
  旧名:成人型嚢胞

noise」

  [★]

  • n.
bruitmurmur

           

bruit」

  [★]

  • n.
  • (心臓や血管由来の異常音)雑音
murmur, noise
see 血管雑音


 

Flint murmur」

  [★]

Flint murmur
オースチンフリント雑音 Austin Flint murmur
拡張期雑音

Austin Flint murmur」

  [★] オースチン・フリント雑音

diamond-shaped murmur」

  [★] ダイアモンド形雑音