オキシテトラサイクリン

oxytetracycline OTC
oxytetracyclinum
塩酸オキシテトラサイクリン oxytetracycline hydrochloride oxytetracyclini hydrochloridum
オキシテトラコーンテラ・コートリルテラマイシン
抗菌薬
歯科用抗生物質製剤

WordNet

  1. a yellow crystalline antibiotic (trademark Terramycin) obtained from a soil actinomycete; used to treat various bacterial and rickettsial infections (同)hydroxytetracycline, oxytetracycline_hydrochloride, Terramycin

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/11/06 00:46:08」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

Japanese Journal

  • 1986年から2005年に日本で分離されたActinobacillus pleuropneumoniaeの遺伝子型の特徴
  • 守岡 綾子,内山 万利子,鈴木 祥子
  • 家畜衛生学雑誌 38(4), 139-146, 2013-02
  • NAID 40019609206
  • ハンドウイルカ(Tursiops truncatus)の腸内細菌とその薬剤耐性状況
  • 木嶋 祥子,中馬 猛久,大塚 美加 [他],佐々木 恭子,岡本 嘉六,キジマ ショウコ,チュウマ タケヒサ,オオツカ ミカ,ササキ キョウコ,オカモト カロク,KIJIMA Shoko,CHUMA Takehisa,OTSUKA Mika,SASAKI Kyoko,OKAMOTO Karoku
  • 鹿児島大学農学部学術報告 (62), 65-72, 2012-03
  • … coliは6クラスターに分類され, 各個体に固有の株の定着が確認された。一方Vibrio科細菌では大きく5クラスターに分類され, 複数個体で同じクラスターの株を共有しており, 摂取後, 腸管内を通過していくと考えられた。MIC測定の結果, Vibrio科細菌全􀀀株はオキシテトラサイクリン(OTC), オフロキサシン(OFLX)に感受性だった。E. …
  • NAID 40019245024
  • CTX-M-2型 <I>β</I>-ラクタマ-ゼ産生<I>Klebsiella pneumoniae</I>による牛乳房炎の発生
  • 大西 守,澤田 拓士,原田 和記 [他],江嵜 英剛,志村 圭子,丸茂 健治,高橋 敏雄
  • 獣医疫学雑誌 16(2), 142-147, 2012
  • … これらの分離株はアンピシリ,セファゾリン,セフロキシム,セフォタキシム,セフトリアキソン,セフポドキシム,セフチオフル,セフキノム,カナマイシン,オキシテトラサイクリンには耐性を表した。 …
  • NAID 130003368638

Related Links

(休薬期間:使用禁止期間) 本剤は使用基準の定めるところにより使用すること。 使用禁止期間:使用基準の定めるところにより使用すること。 [オキシテトラサイクリン] 1. 注射剤 1) 商品名 1 牛 (搾乳牛を除く) :食用に供するためにと ...
オキシテトラサイクリン 英 名: OXYTETRACYCLINE 留意点: 食品名 基準値(ppm) 留意点 基準値(ppm) (適用期限) 米(玄米)- 0.05 (2015.08.19) ばれいしよ 0.2 さといも類(やつがしらを含む) - 0.05 (2015.08.19) こんにやくいも ...


Related Pictures

オキシテトラサイクリン乳房炎  オキシテトラサイクリン塩酸塩オキシテトラサイクリン注NZ 果樹・野菜・特用作物・花卉用 スルファジアジン 銀 ゲーベン  オキシテトラサイクリン塩酸塩

Japan Pharmaceutical Reference

薬効分類名

  • 抗生物質・副腎皮質ホルモン配合剤

販売名

テラ・コートリル軟膏

組成

成分・分量[1g中]

  • オキシテトラサイクリン塩酸塩 30mg(力価)
    ヒドロコルチゾン 10mg

添加物

  • 白色ワセリン、流動パラフィン

禁忌

  • オキシテトラサイクリン耐性菌又は非感性菌による皮膚感染のある患者[感染症を増悪させることがある。]
  • 真菌症(白癬、カンジダ症等)、皮膚結核、単純疱疹、水痘、種痘疹のある患者[感染症を増悪させることがある。]
  • 本剤の成分又はテトラサイクリン系抗生物質に対し過敏症の既往歴のある患者
  • 潰瘍(ベーチェット病を除く)、第2度深在性以上の熱傷・凍傷のある患者[治癒をさまたげることがある。]

効能または効果

適応菌種

  • オキシテトラサイクリン感性菌

適応症

  • ・深在性皮膚感染症、慢性膿皮症
    ・湿潤、びらん、結痂を伴うか、又は二次感染を併発している次の疾患:
    湿疹・皮膚炎群(進行性指掌角皮症、ビダール苔癬、放射線皮膚炎、日光皮膚炎を含む)
    ・外傷・熱傷及び手術創等の二次感染
    ・歯周組織炎、感染性口内炎、舌炎
  • 通常、1日1〜数回直接患部に塗布又は塗擦するか、あるいは無菌ガーゼ等にのばして貼付する。
    口腔内疾患には毎日又は隔日に少量宛患部に注入又は塗擦する。
    なお、症状により適宜増減する。
  • 本剤の投与にあたっては、耐性菌の発現等を防ぐため、原則として感受性を確認し、疾病の治療上必要な最少限の期間の投与にとどめること。

薬効薬理

抗菌作用

  • オキシテトラサイクリン塩酸塩はin vitroにおいてグラム陽性菌、グラム陰性菌、スピロヘータ、リケッチア、クラミジアなどの微生物に対し広い抗菌作用を示し1,2)、その作用は細菌の蛋白合成阻害による。

抗炎症作用

  • ヒドロコルチゾンは優れた抗炎症、抗アレルギー作用を有する糖質副腎皮質ホルモンで、炎症に伴って起こる局所の熱感、発赤、腫脹などを防止・抑制する3,4)

有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • オキシテトラサイクリン塩酸塩(Oxytetracycline Hydrochloride)

略号

  • OTC

化学名

  • (4S,4aR,5S,5aR,6S,12aS)-4-Dimethylamino-3,5,6,10,12,12a-hexahydroxy-6-methyl-1,11-dioxo-1,4,4a,5,5a,6,11,12a-octahydrotetracene-2-carboxamide monohydrochloride

分子式

  • C22N24N2O9・HCl

分子量

  • 496.89

性状

  • 黄色の結晶又は結晶性の粉末である。
    水に溶けやすく、エタノール(99.5)に溶けにくい。

一般名

  • ヒドロコルチゾン(Hydrocortisone)

化学名

  • 11β,17,21-Trihydroxypregn-4-ene-3,20-dione

分子式

  • C21H30O5

分子量

  • 362.46

性状

  • 白色の結晶性の粉末で、においはない。メタノール、エタノール(95)又は1,4-ジオキサンにやや溶けにくく、クロロホルムに溶けにくく、水又はジエチルエーテルに極めて溶けにくい。

融点

  • 212〜220℃

★リンクテーブル★
リンク元薬剤性低血糖」「ヒドロコルチゾン」「テトラサイクリン系抗菌薬」「OTC」「テラコー
拡張検索塩酸オキシテトラサイクリン
関連記事リン

薬剤性低血糖」

  [★]

drug-induced hypoglycemia
薬剤性低血糖症
低血糖

低血糖を引きおこす薬剤

DMR.295
  • 子宮弛緩薬

ヒドロコルチゾン」

  [★]

hydrocortisone HDC
コルチゾール cortisol
コハク酸ヒドロコルチゾン酢酸ヒドロコルチゾン酪酸プロピオン酸ヒドロコルチゾン
ロコイドハーユロンパンデルアボコートクレイトンコートリルサクシゾンソル・コーテフHCゾロンハイドロコートン
酪酸プロピオン酸ヒドロコルチゾンイトロン
(クロルヘキシジンジフェンヒドラミンヒドロコルチゾンベンザルコニウム)デスパ。(ヒドロコルチゾンフラジオマイシンジフェンヒドラミン)レスタミン。(ヒノキチオールヒドロコルチゾンアミノ安息香酸エチル)ヒノポロン。(クロタミトンヒドロコルチゾン)オイラックス。(混合死菌浮遊液、ヒドロコルチゾン)エキザルベ。(オキシテトラサイクリンヒドロコルチゾン)テラ・コートリル。(ヒドロコルチゾンフラジオマイシンジブカインエスクロシド)プロクトセディルヘモレックス。(大腸菌死菌浮遊液、ヒドロコルチゾン)ポステリザン
Penecort
副腎皮質ホルモン

添付文書

  • サクシゾン静注用500mg/*サクシゾン静注用1000mg
[display]http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/2452400D6078_2_01/2452400D6078_2_01?view=body

テトラサイクリン系抗菌薬」

  [★]

tetracyclines antibiotics
抗菌薬
  • first aid step1 2006 p.170

特徴

  • 静菌的作用
  • 抗菌薬の1st choiceになりやすい

構造

  • 六員環が4つ連結した構造 → 日光過敏との関連

作用機序

薬理作用

抗菌スペクトル

  • グラム陽性菌、グラム陰性菌、リケッチア、マイコプラズマ、アメーバ

動態

  • 酸に強く経口投与可能
  • 上部消化管から吸収される
  • 脳脊髄液には移行しづらい。
  • 胆汁、尿にそのまま排泄される

適応

注意

禁忌

  • 妊婦

副作用

  • 歯牙の着色:妊婦、授乳中の女性、8歳以下の子供には避ける
  • 日光過敏
  • 催奇性:骨の発育阻害
  • 菌交代症

テトラサイクリン系抗菌薬

OTC」

  [★]

テラコー」

  [★] オキシテトラサイクリンヒドロコルチゾン

塩酸オキシテトラサイクリン」

  [★] オキシテトラサイクリン

リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3