子宮内発育遅延

子宮内胎児発育遅延


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

Japanese Journal

  • P1-321 高度子宮内発育遅延を伴った性染色体異常46,X,der(Y)t(X;Y)de novoの一症例(Group39 胎児・新生児2,一般演題,第62回日本産科婦人科学会学術講演会)
  • 田原 三枝,中村 博昭,浜崎 新,英 久仁子,中村 哲生
  • 日本産科婦人科學會雜誌 62(2), 455, 2010-02-01
  • NAID 110007685693
  • 低出生体重児の脂質代謝の特性と心血管系疾患との関係--胎児期の脂質代謝異常は成人期まで継続するか (AYUMI 胎生期環境と生活習慣病)

Related Links

娘の出産~子宮内胎児発育遅延. 私の娘は、原因不明の「子宮内胎児発育遅延」で した。 「子宮内胎児発育遅延」とは、 赤ちゃんが、母親のお腹の中で、なかなか大きく ならない状態です。 原因は、 1)何らかの理由で、お母さんのヘソの緒から 赤ちゃんへ 栄養 ...
子宮内胎児発育遅延。子宮内胎児発育遅延とはどんな病気か 在胎週数に応じた胎児 の発育が認められず、発育が遅延していると考えられる状態です。通常は早産および 満期産の新生児体重から作成した児体重の増加曲線からみて体重(推定)が goo ヘルス ...


Related Pictures

 子宮内胎児発育遅延, IUGR)とはIUGR(子宮内胎児発育遅延 IUGR (子宮内胎児発育遅延 子宮内胎児発育遅延(IUGR)とは  重症の子宮内発育遅延児だった子宮内胎児発育遅延(IUGR)の



★リンクテーブル★
国試過去問097C005」「097I039」「095D002」「102A004」「100B003」「106E024」「090A071」「106H005」「099D106」「099E002
リンク元新生児低血糖症」「子宮内胎児発育遅延」「一絨毛膜二羊膜双胎」「子宮内胎児発育不全」「胎内発育遅延
拡張検索非均衡型子宮内発育遅延」「子宮内発育遅延児
関連記事子宮」「発育遅延」「発育」「遅延」「子宮内

097C005」

  [★]

  • 次の文を読み、4~6の問いに答えよ。
  • 28歳の妊婦。今朝、突然の中等量性器出血と水様帯下とを認めて来院した。
  • 現病歴 : 妊娠初期には特に異常はなかったが、妊娠24週3日に上記症状を呈した。下腹部痛はない。
  • 既往歴 : 特記すべきことはない。
  • 月経歴 : 初経13歳。周期は28日型、整。月経時随伴症状はない。
  • 妊娠・分娩歴 : 1年前に妊娠7週で自然流産した。
  • 現症 : 身長160cm、体重52kg。体温36.8℃。脈拍72/分、整。血圧122/70mmHg。子宮底は臍上2cm、軟、圧痛はない。膣鏡診で外子宮口の開大は認められないが、少量の淡血性の帯下が認められ、悪臭はない。超音波検査により胎児は頭位、胎児計測値は妊娠週数相当であり、羊水腔はほとんど消失している。
  • 入院時検査所見:尿所見:蛋白(±)、糖(-)、ウロビリノゲン(±)、潜血1+。血液所見:赤血球394万、Hb11.2g/dl、Ht38%、白血球11,000、血小板22万。血清生化学所見:総蛋白6.9g/dl、アルブミン4.1g/dl、尿素窒素10mg/dl、クレアチニン0.7mg/dl、総ビリルビン0.6mg/dl、AST18単位(基準40以下)、ALT14単位(基準35以下)、Na136mEq/l、K4.2mEq/l、Cl102mEq/l、Ca8.8mg/dl。CRP0.3mg/dl(基準0.3以下)。経膣超音波写真と胎児心拍数陣痛図とを以下に示す。


  • この胎児の予後に強く影響を及ぽすのはどれか。2つ選べ。

[正答]


※国試ナビ4※ 097C004]←[国試_097]→[097C006

097I039」

  [★]

  • 30歳の初妊婦。妊娠33週。胎動が少ないとの訴えで来院した。妊娠初期・中期の諸検査に異常はなかった。1週前の妊婦健康診査では血圧は正常であったが、蛋白尿と下肢に軽度の浮腫を認め、子宮内発育遅延を疑われていた。その後、胎動が次第に減少してきたので不安になり早めに受診した。血圧130/70mmHg。尿所見:蛋白1+、糖(-)。浮腫の増強はない。
  • まず行う検査はどれか。
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)

[正答]


※国試ナビ4※ 097I038]←[国試_097]→[097I040

095D002」

  [★]

  • 出生体重3,560 gの新生児。爪は長い。分娩時羊水量は少なく、臍帯と羊膜とは黄染していた。考えられるのはどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 095D001]←[国試_095]→[095D003

102A004」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 102A003]←[国試_102]→[102A005

100B003」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 100B002]←[国試_100]→[100B004

106E024」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 106E023]←[国試_106]→[106E025

090A071」

  [★]

  • 胎児について正しいのはどれか?
  • a. 胎動の増減は胎児のwell-beingの評価に有用である
  • b. 胎児の心雑音は電子スキャンにより検出できる
  • c. 胎児の心拍数は妊娠期間を通じてほぼ一定である
  • d. 妊娠後期の頭殿長 CRL子宮内発育遅延の評価に有用である
  • e. 妊娠期間を通じて児頭大横径 BPDは直線的に増大する

106H005」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 106H004]←[国試_106]→[106H006

099D106」

  [★]

  • ブドウ糖輸液が第一選択となるのはどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 099D105]←[国試_099]→[099D107

099E002」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 099E001]←[国試_099]→[099E003

新生児低血糖症」

  [★]

neonatal hypoglycemia, hypoglycemia of the newborn
hypoglycemia neonatorum

概念

  • 新生児の血糖値が下記にあてはまる場合。
  • 生後72時間以内:低出生体重児で20mg/dl以下、成熟児で30mg/dl以下
  • 72時間以後  :体重に関係なく40mg/dl以下
  • 正常な児では出生直後に血糖値80-100mg/dlを示す。
  • 臨床的には全血血糖値が40mg/dL未満で処置を開始。最近は60mg/dL未満で治療を開始する施設もある。

原因

SPE.127
  • 一過性
  • 糖貯蔵・供給不足
  • 糖利用増大

症状

SPE.128
  • けいれん、易刺激性(振戦)、異常啼泣(甲高い鳴き声 high-pitched cry)、嗜眠、筋緊張低下、哺乳力低下、嘔吐、無呼吸発作チアノーゼ、活動性低下、徐脈、心停止
→ 成人で見られる頻脈とか発汗は見られないみたい。自律神経が十分に発達していないせい?
|-矛盾している?
SPE.210
  • 定義:血糖40mg/dLの児(SPE.210)。(成熟新生児)生後72時間以内30mg/dL以下、以降40mg/dL以下(QB.O-105)。
  • 血糖40mg/dLの児を治療対象。40-50mg/dLは要注意 (SPE.210)
  • 症状:初期には交感神経亢進による症状(不安、苦悶、発汗、心悸亢進、顔面蒼白、振戦、脱力、空腹感、嘔気・嘔吐)、進行すると中枢神経症状(頭痛、めまい、視力障害、複視、構音障害、失語症、健忘症、集中力低下、運動失調、片麻痺、知覚障害、傾眠、嗜眠、昏睡、除脳硬直) (SPE.210)

脈拍数について

参考1に記載無し。

参考

  • 1. [charged]Neonatal hypoglycemia - uptodate[1]

子宮内胎児発育遅延」

  [★]

intrauterine growth retardation, IUGR, intrauterine growth restriction???
胎児発育遅延, 子宮内発育遅延, 胎内発育遅延, 子宮内胎児発育不全

[show details]

定義

  • 胎児の推定体重、妊娠週数に相当する推定体重の10%タイル未満、あるいは-1.5SD未満の時にIUGRと診断する(G10M.124)

分類

NGY.491
  • 均衡型子宮内胎児発育遅延 均衡型IUGR, symmetrical IUGR, type I IUGR。胎児障害型
  • 体重、身長、頭囲が一様に在胎週数相当の発育をしていない。妊娠20週以前から発生。細胞自体の大きさは正常であるが、細胞数が少ない。
  • 原因:妊娠初期の器官形成期の放射線照射、多量の薬剤、感染(風疹ウイルスmヘルペスウイルス、サイトメガロウイルス、トキソプラズマ、梅毒など)、染色体異常、先天奇形、嗜好品(タバコ、アルコール、麻薬)
  • 頭囲は在胎週数の範囲内であるが体重は小さい。
  • 妊娠中期までは正常であるが、後期から発育が遅延。細胞数は減少していないが、細胞の大きさが減少。
  • 原因:胎盤機能の低下。異常妊娠や母体合併症 ← 妊娠高血圧症候群、心疾患・腎疾患、甲状腺機能亢進症、高度の貧血

管理

  • 胎児の成長の評価と胎児well-beingの評価を行う。
  • 不均衡型IUGRでは低酸素血症により血流再分配により腎血流が減少し乏尿・羊水過少を呈する事があるために、羊水量のチェックを行う。

一絨毛膜二羊膜双胎」

  [★]

monochorionic diamniotic twin, MD twin, monochorionic diamniotic twins, MD twins
MD双胎
双胎双胎妊娠

概念

  • 子宮内に1つの絨毛膜(胎盤)と2つの羊膜が存在する妊娠状態
  • 周産期死亡率や神経学的後遺症は二絨毛膜二羊膜双胎より悪く、一絨毛膜一羊膜双胎よりは良好である。

原因

  • 一つの卵子が受精後4-7日後ごろに二つの内細胞塊に分かれる事による。これより遅ければ一絨毛膜一羊膜双胎、早ければ二絨毛膜二羊膜双胎となる。

診断

  • 妊娠初期に行う経腹/経腟超音波検査による膜性診断を行う。妊娠11週までにおこなう。

合併症

G10M.121

治療

参考

  • 1. クリニカル・カンファレンス 2.多胎妊娠の管理―最近の知見 3)疾病双胎の管理~双胎間輸血症候群の病態と治療~ - 日産婦誌55巻9号
http://www.jsog.or.jp/PDF/55/5509-216.pdf
  • 2. 〔多胎妊娠の管理シリーズ〕 多胎妊娠はいつ分娩を終了させたらよいか? - 日産婦誌52巻1号
http://www.jsog.or.jp/PDF/52/5201-011.pdf

子宮内胎児発育不全」

  [★]

intrauterine growth retardationIUGR
胎児発育遅延子宮内胎児発育遅延子宮内発育遅延胎内発育遅延

胎内発育遅延」

  [★]

intrauterine growth retardationIUGR
子宮内胎児発育遅延子宮内発育遅延子宮内胎児発育不全

非均衡型子宮内発育遅延」

  [★]

不均衡型子宮内胎児発育遅延 asymmetrical IUGR

子宮内発育遅延児」

  [★] 子宮内胎児発育遅延

子宮」

  [★]

uterus (Z), womb, metra
内性器

発生学的由来

解剖

支持構造

組織

子宮

子宮の大きさ

  • 鶏卵大。(非妊娠時)逆位の前後にやや扁平な西洋梨状で長さ約7cm、幅約4cm、厚さ約2.5cm、重さ30~40g。

妊娠と子宮の大きさ、子宮底の高さ、恥骨結合上縁から子宮底までの長さ

妊娠月数 子宮の大きさ 子宮底の高さ 恥骨結合上縁から子宮底までの長さ
第1月末 鶏卵大      
第2月末 鵞卵大      
第3月末 手拳大      
第4月末 小児頭大 恥骨結合上2-3横指 12cm (妊娠月数x3)
第5月末 成人頭大 恥骨結合と臍との中央 15cm
第6月末   臍高 21cm (妊娠月数x3+3)
第7月末   臍上2-3横指 24cm
第8月末   剣状突起と臍との中央 27cm
第9月末   剣状突起下2-3横指 30cm
第10月末   剣状突起と臍との中央 33cm
 
産褥0日分娩直後   臍下3横指 11cm  
産褥0日12時間後   臍高(右に傾く) 15cm  
産褥1-2日   臍下1-2横指 12cm  
産褥3日   臍下3横指 10cm  
産褥5日   臍高と恥骨結合上縁との中間 9cm  
産褥7日(産褥1週) 手拳大 恥骨結合上縁    
産褥10日   腹壁から触れない    
(産褥6週) 鶏卵大      

臨床関連

  • 炎症疾患
  • 腫瘍、類腫瘍

発育遅延」

  [★]

growth retardationdevelopmental delaydevelopmental retardation
発達遅滞成長遅延発育遅滞発達遅延成長遅滞

[show details]

発育」

  [★]

developmentdevelop, (胎児・乳児の発育)growthand development
開発展開発生発達発展現像かかる
成長発達

遅延」

  [★]

delayretardationdelayretard
遅れ減速遅らせる遅滞

子宮内」

  [★]

in uterointrauterinein utero