Enterobacter cloacae

WordNet

  1. (zoology) the cavity (in birds, reptiles, amphibians, most fish, and monotremes but not mammals) at the end of the digestive tract into which the intestinal, genital, and urinary tracts open

PrepTutorEJDIC

  1. (鳥類,爬(は)虫類,両生類などの) 排出腔{はいしゅつ くう}、下水道{げすいどう}

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/03/14 13:58:42」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

English Journal

  • Determination for Enterobacter cloacae based on a europium ternary complex labeled DNA probe.
  • He H, Niu CG, Zeng GM, Ruan M, Qin PZ, Liu J.SourceEngineering department, Rainbow Department Store CO., LTD., Shenzhen 518026, PR China.
  • Spectrochimica acta. Part A, Molecular and biomolecular spectroscopy.Spectrochim Acta A Mol Biomol Spectrosc.2011 Nov;82(1):493-7. Epub 2011 Aug 4.
  • The fast detection and accurate diagnosis of the prevalent pathogenic bacteria is very important for the treatment of disease. Nowadays, fluorescence techniques are important tools for diagnosis. A two-probe tandem DNA hybridization assay was designed for the detection of Enterobacter cloacae based
  • PMID 21880541
  • Molecular characteristics of extended-spectrum β-lactamases in clinical isolates of Enterobacteriaceae from the Philippines.
  • Kanamori H, Navarro RB, Yano H, Sombrero LT, Capeding MR, Lupisan SP, Olveda RM, Arai K, Kunishima H, Hirakata Y, Kaku M.SourceDepartment of Infection Control and Laboratory Diagnostics, Internal Medicine, Tohoku University Graduate School of Medicine, 1-1 Seiryo-machi, Aobaku, Sendai 980-8574, Japan.
  • Acta tropica.Acta Trop.2011 Oct-Nov;120(1-2):140-5. Epub 2011 Jul 28.
  • β-Lactamases, including extended-spectrum β-lactamases (ESBLs) and AmpC β-lactamases, are major resistance mechanisms of Enterobacteriaceae. Emergence of plasmid-mediated quinolone resistance (PMQR) determinants in ESBL-producing isolates poses a global threat. The molecular characterisitcs of ES
  • PMID 21820398

Japanese Journal

  • 口腔日和見細菌の気管内チューブ・カフへの付着
  • TOLEDO Andreia de,北田 勝浩,山口 泰平,於保 孝彦
  • 口腔衛生学会雑誌 61(1), 57-64, 2011-01-30
  • … 付着能を調べた.またK.pneumoniaeの付着機序を調べるため,付着抑制実験と菌体凝集実験を行った.調べた菌のうちStreptococcus pyogenesとK.pneumoniaeは唾液被覆チューブに,Pseudomonas aeruginsa,K.pneumoniaeおよびEnterobacter cloacaeは唾液被覆カフに強い付着を示した.K.pneumoniaeの唾液被覆カフへの付着はスペルミジンで抑制された.またスペルミジンと唾液はK.pneumoniaeの菌体凝集を誘発した.これらの結果から口腔日和見細菌 …
  • NAID 110008440562
  • 昭和大学病院で分離された多剤耐性 Enterobacter cloacae の耐性遺伝子解析
  • 高橋 奈々子,山口 史博,陳 戈林,安原 努,伊藤 里歩,和久田 梨香,福地 邦彦
  • 臨床病理 58(5), 442-447, 2010-05-25
  • NAID 10026444878

Related Links

Enterobacter. エンテロバクター属. Enterobacter spp.エンテロバクター ... Enterobacter aerogenesエンテロバクター・アエロゲネス. グラム陰性桿菌で,土壌,水 ,乳製品,ヒト腸管内に存在する. 侵襲性は弱いが,尿路感染症,心内膜炎,肺炎, 敗血症などを ...
2005年1月11日 ... Enterobacter cloacae、Enterobacter aerogenesなどのエンテロバクターはヒトの腸管 常在菌で通常は無害ですが、 ... Enterobacter cloacaeとEnterobacter aerogenesは 染色体性のAmpCβ-ラクタマーゼ産生によりアンピシリン、第一、第 ...


Related Pictures

enterobacter cloacae enterobacter cloacae antibiogramEnterobacter CloacaeEnterobacter cloacaeEnterobacter Cloacae - Infektion und Enterobacter cloacae 01.png



★リンクテーブル★
国試過去問097H071
リンク元髄膜炎」「腸内細菌科」「尿路感染症」「日和見感染菌」「エンテロバクター・クロアカ
関連記事cloacae」「Enterobacter

097H071」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 097H070]←[国試_097]→[097H072

髄膜炎」

  [★]

meningitis
脳脊髄膜炎
蛋白細胞解離


病因

  • 感染症(細菌、ウイルス、真菌など)、悪性腫瘍の浸潤 → 髄膜の炎症

分類

病原体

  • 菌血症→脳脈絡叢→髄腔
  • 菌体成分(LPSなど)→BBB, 上衣細胞、脳細胞の障害。神経膠細胞による炎症サイトカインの分泌
  • 血行性、あるいは神経軸索によりウイルスが髄腔に波及。

臨床経過

宿主要因と髄膜炎に関わる病原体

頻度・年齢階層が資料によって異なるため混乱しないように注意。

YN.J-137改変

4ヶ月未満 B群溶連菌(50%) 大腸菌(25%) インフルエンザ菌(20%) リステリア菌(1%)  
4ヶ月~6歳未満 インフルエンザ菌(70%) 肺炎球菌(25%)      
6歳~50歳未満 肺炎球菌(65%) インフルエンザ菌(10%) 髄膜炎菌  
50歳以上 肺炎球菌(80%) 黄色ブドウ球菌      
免疫不全者 クレブシエラ 連鎖球菌 緑膿菌 黄色ブドウ球菌 真菌

first aid step1 2006 p.161

Newborn (0–6 mos) Children (6 mos–6 yrs) 6–60 yrs 60 yrs +
Streptococcus agalactiae Streptococcus pneumoniae Neisseria meningitidis Streptococcus pneumoniae
Escherichia coli Neisseria meningitidis Enteroviruses Gram-negative rods
Listeria Haemophilus influenzae type B Streptococcus pneumoniae Listeria
  Enteroviruses HSV  
incidence of H. influenzae meningitis has ↓ greatly with introduction of H. influenzae vaccine in last 10–15 years.

CBT QB vol2 p.562

  1位 2位 3位
新生児 大腸菌 B群溶連菌 リステリア菌
小児期(6歳以下) インフルエンザ菌 肺炎球菌  
成人 肺炎球菌 髄膜炎菌  

IMD.1042

年齢 病原体
3ヶ月未満 B群溶連菌 大腸菌 リステリア菌
3ヶ月以上の乳小児 インフルエンザ菌 肺炎球菌  
成人 肺炎球菌 髄膜炎菌  
高齢者 肺炎球菌 グラム陰性桿菌 リステリア菌

小児細菌性髄膜炎起炎菌(PED.606)

<3か月 3か月≦
グラム陽性 球菌 Streptococcus agalactiae
Streptococcus pneumoniae
Staphylococcus
Enterococcus faecalis
Streptococcus pneumoniae(PSSP/PISP/PRSP)
桿菌 Listeria monocytogenes Listeria monocytogenes
グラム陰性 球菌 Neisseria meningitidis Neisseria meningitidis
桿菌 Escherichia coli
Enterobacter cloacae
Serratia marcescens
Haemophilus influenzae type b

新生児

  • Streptococcus agalactiaeは産道感染
  • Escherichia coliもおそらく産道感染

新生児と老人

  • Listeria monocytogenesは産道感染するので新生児に多い。新生児と老人に多いのは通性細胞内寄生菌で細胞性免疫の弱い宿主に感染やすいため?

乳児~幼児

  • Haemophilus influenzae type B

乳児~大人

  • Enteroviruses
  • Neisseria meningitidis

小児~大人

  • Herpes simplex virus

乳児~老人

  • Streptococcus pneumoniae

老人

  • グラム陰性桿菌は老人

髄膜炎の鑑別

  細菌性髄膜炎 ウイルス性髄膜炎 結核性髄膜炎 真菌性髄膜炎 癌性髄膜炎
外観 混濁 clear 水様~
キサントクロミー
日光微塵
clear~
日光微塵
clear~
キサントクロミー

70-180
(mmH2O)
↑↑
200~800以上

200~300

200~800

200~800

200~300
細胞
0-5
(/mm3)
500~数百万 10~1,000 25~1,000 25~1,000 25~500
好中球 リンパ球 リンパ球 リンパ球 好中球
タンパク
15-45
mg/dl
↑↑
50~1,500

正常~100

50~500

100~500

50~500

50-80
mg/dl
↓↓
0~40

正常
↓↓
~40
↓↓
~40

~40

予後不良因子

  • 入院時の状態に依存する:痙攣、意識レベルの変化、低血圧 (IRE.407)

国試

腸内細菌科」

  [★]

Enterobacteriaceae
細菌
  • 代表的なもの8つを覚ておく!
エンテロバクター属 Enterobacter
エシェリキア属  Escherichia
クレブシエラ属 Klebsiella
プロテウス属 Proteus
サルモネラ属 Salmonella
セラチア属 Serratia
シゲラ属 Shigella
エルシニア属 Yersinia

腸内細菌科 (SMB.163)

菌種 日和見
感染菌
感染症
Citrobacter Citrobacter freundii   尿路感染、骨髄炎、下痢
Edwardsiella Edwardsiella tarda 腸管外感染症
Enterobacter Enterobacter aerogenes 肺炎、尿路感染
Enterobacter cloacae
Enterobacter gergoviae
Enterobacter sakazakii   新生児敗血症、髄膜炎
Escherichia Escherichia coli   下痢、腸炎、腸管外感染症(尿路感染症、骨髄炎)
Hafnia Hafnia alvei   腸管外感染症
Klebsiella Klebsiella oxytoca   下痢
Klebsiella pneumoniae 肺炎、尿路感染
Kluyvera Kluyvera ascorbata  
Kluyvera cryocrescens  
Morganella Morganella morganii   尿路感染症
Proteus Proteus mirabilis 尿路感染症
Proteus vulgaris
Providencia Providencia alcalifaciens   尿路感染症、下痢
Providencia rettgeri   尿路感染症、下痢
Providencia stuartii   尿路感染症
Salmonella Salmonella enterica   腸チフス、急性胃腸炎(食中毒)
Serratia Serratia liquefaciens  
Serratia marcescens  
Shigella Shigella boydii   細菌性赤痢
Shigella dysenteriae  
Shigella flexneri  
Shigella sonnei  
Yersinia Yersinia enterocolitica   急性胃腸炎(食中毒)、回腸末端炎、結節性紅斑
Yersinia pestis   ペスト
Yersinia pseudotuberculosis   腸間膜リンパ節炎、関節炎

尿路感染症」

  [★]

urinary tract infection, UTI, urinary tract infections, UTIs
尿路感染

定義

  • 尿路(腎、尿管、膀胱、尿道など)の感染症。尿道炎は別に取り扱われるらしい

疫学

  • 尿路感染症は特に女性に多く、30歳になるまでに4人に1人が罹患。
  • 入院患者の1/3は尿路感染症であり、さらにその3/4以上は膀胱カテーテルを留置されいる患者で起こる。

分類

背景

  • 一般細菌の上行性感染によって起こることがほとんどであり、
  • 単純性尿路感染症:尿路に明らかな基礎疾患がない。
  • 急性、20-30歳代の女性に多い
  • 慢性、高齢の男性に多い

部位

  • 上部尿路感染症:腎盂腎炎
  • 下部尿路感染症:膀胱炎

病因

  • 特異性尿路感染症
  • 非特異性尿路感染症
  • 一般的な尿路感染症

病原体

SMB.607

外来患者

院内感染患者

first aid p.162

Staphylococcus saprophyticus (10-30%) is the 2nd most common cause of UTI in young ambulatory women.

感染経路

  • 外尿道口からの上行性感染

病因

  • 冷え、過度の排尿自制、尿流の停滞、経尿道的操作など

症状

小児科 SPE.615

  • 年長児:
  • 上部:発熱、腰痛
  • 下部:排尿痛、頻尿、尿の混濁
  • 乳幼児:発熱、嘔吐、下痢、食欲不振など非特異的な全身症状
  • 新生児:乳幼児の症状 + 脱水、体重減少、黄疸など。

検査

尿検査

  • 尿:混濁
  • 尿沈渣:1視野(400倍)5個以上の白血球(膿尿)
  • 尿培養:1ml中10^5個以上の細菌 ← 中間尿の定量培養
  • 症状(頻尿、排泄痛、残尿感)ががあれば、これ以下の菌数でも病因的意義がある。

治療

日和見感染菌」

  [★]

日和見感染日和見感染症

腸内細菌科

菌種 感染症
Edwardsiella Edwardsiella tarda 腸管外感染症
Enterobacter Enterobacter aerogenes 肺炎、尿路感染
Enterobacter cloacae
Enterobacter gergoviae
Klebsiella Klebsiella pneumoniae 肺炎、尿路感染
Kluyvera Kluyvera ascorbata  
Kluyvera cryocrescens  
Proteus Proteus mirabilis 尿路感染症
Proteus vulgaris
Serratia Serratia liquefaciens  
Serratia marcescens  

エンテロバクター・クロアカ」

  [★]

Enterobacter cloacae

cloacae」

  [★]

総排出腔総排泄腔

cloacacloacal

Enterobacter」

  [★] エンテロバクター属