LPS

リポ多糖 lipopolysaccharide

WordNet

  1. a long-playing phonograph record; designed to be played at 33.3 rpm (同)L-P
  2. the 12th letter of the Roman alphabet (同)l

PrepTutorEJDIC

  1. エルピーレコード(1分間331/3回転のレコード;商標名)
  2. lira(イタリアの貨幣単位リラ)

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/08/01 01:49:32」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

English Journal

  • Isolation of benzoic and cinnamic acid derivatives from the grains of Sorghum bicolor and their inhibition of lipopolysaccharide-induced nitric oxide production in RAW 264.7 cells.
  • Nguyen PH1, Zhao BT1, Lee JH2, Kim YH3, Min BS1, Woo MH4.
  • Food chemistry.Food Chem.2015 Feb 1;168:512-9. doi: 10.1016/j.foodchem.2014.06.119. Epub 2014 Jul 15.
  • Two new caffeoylglycerols, (hwanggeumchal A-B, 9-10), together with eight known derivatives (1-8) were isolated from the grains of Sorghum bicolor (L.) Moench var. hwanggeumchal. Their chemical structures were established mainly by 1D and 2D NMR techniques and MS data analysis. Amongst those, methyl
  • PMID 25172742
  • Evaluation of anti-inflammatory activity and fast UHPLC-DAD-IT-TOF profiling of polyphenolic compounds extracted from green lettuce (Lactuca sativa L.; var. Maravilla de Verano).
  • Pepe G1, Sommella E1, Manfra M2, De Nisco M3, Tenore GC4, Scopa A5, Sofo A5, Marzocco S1, Adesso S1, Novellino T6, Campiglia P7.
  • Food chemistry.Food Chem.2015 Jan 15;167:153-61. doi: 10.1016/j.foodchem.2014.06.105. Epub 2014 Jul 4.
  • Fresh cut vegetables represent a widely consumed food worldwide. Among these, lettuce (Lactuca sativa L.) is one of the most popular on the market. The growing interest for this "healthy" food is related to the content of bioactive compounds, especially polyphenols, that show many beneficial effects
  • PMID 25148972
  • Prokaryotic Expression of Ovis aries Conglutinin Encoding Neck and Carbohydrate Recognition Domain and its Functional Characterization.
  • Mohan SC1, Saini M, Ramesh D, Shynu M, Barik S, Das A, Sharma AK, Chaturvedi VK, Gupta PK.
  • Animal biotechnology.Anim Biotechnol.2015 Jan 2;26(1):29-36. doi: 10.1080/10495398.2013.875475.
  • Conglutinin, a soluble pattern recognition receptor of innate immune system in bovines is known for its potential defensive activity against microorganisms either by direct agglutination in the presence of calcium or by acting as opsonin. In the present study, sheep (Ovis aries) conglutinin encoding
  • PMID 25153452

Japanese Journal

  • Anti-inflammatory effects of garenoxacin on IL-8 production and ERK1/2 activation induced by lipopolysaccharides in A549 and THP-1 cells.
  • Hara Shintaro,Ishimatsu Yuji,Mukae Hiroshi,Sakamoto Noriho,Kakugawa Tomoyuki,Fujita Hanako,Hara Atsuko,Kohno Shigeru
  • European Journal of Pharmacology 668(1-2), 264-270, 2011-10-01
  • … To examine the immunomodulatory effect of GRNX, we examined the transcription and secretion of inflammatory cytokines by human airway epithelial cells and monocytes stimulated with lipopolysaccharide (LPS). … A human lung epithelial cell line (A549) and a human monocyte cell line (THP-1) were stimulated with LPS and exposed to different concentrations of GRNX. …
  • NAID 120003324084
  • Chlamydophila pneumoniae attachment and infection in low proteoglycan expressing human lymphoid Jurkat cells
  • Kobayashi Miho,Ishida Kasumi,Matsuo Junji,Nakamura Shinji,Nagasawa Ayumi,Motohashi Kazuki,Yao Takashi,Hirai Itaru,Yamamoto Yoshimasa,Suzuki Haruki,Shimizu Chikara,Matsuno Kazuhiko,Yamaguchi Hiroyuki
  • Microbial Pathogenesis 51(3), 209-216, 2011-09
  • … Immunofluorescent co-staining with antibodies against chlamydial LPS and heparin did not identify bacterial and heparin co-localization on Jurkat cells. …
  • NAID 120003295071

Related Links

リポ多糖(リポたとう、英: Lipopolysaccharide, LPS)は、グラム陰性菌細胞壁外膜の 構成成分であり、脂質及び多糖から構成される物質(糖脂質)である。LPSは内毒素( エンドトキシン、英: Endotoxin)であり、ヒトや動物など他の生物の細胞に作用すると、 多彩 ...


Related Pictures

Our checklist Pets ohne NummerLittlest Pet Shop Club lpsLittlest Pet Shop LPS/EA WallpaperLittlest Pet Shop LPS/EA WallpaperLittlest Pet Shop Club lpsLittlest Pet Shop LPS Cat #2194 Rare!



★リンクテーブル★
リンク元特殊な細菌」「尿蛋白」「リポ多糖」「炎症性サイトカイン」「CD14
拡張検索ALPS
関連記事LP」「L

特殊な細菌」

  [★]

細菌

マイコプラズマリケッチアクラミジア

寄生性 大きさ グラム染色性 細胞壁 LPS ペプチド
グリカン
封入体 免疫原性 感染経路 無効抗菌薬
マイコプラズマ科   直径0.3μm   なし なし なし なし   飛沫感染 βラクタム薬
リケッチア科 偏性細胞寄生性 (0.3-0.5)x(0.8-2.0)μm 陰性 あり あり あり なし   媒介動物 βラクタム薬
クラミジア科 偏性細胞寄生性   陰性 あり あり なし あり なし 飛沫感染/接触感染/性行為 βラクタム薬、アミノ配糖体系

マイコプラズマリケッチアクラミジアと疾患

病原体名 疾患名 潜伏期 感染経路 診断 症状 治療
マイコプラズマ科 マイコプラズマ属 Mycoplasma pneumoniae 肺炎マイコプラズマ マイコプラズマ肺炎   飛沫感染     マクロライド系・テトラサイクリン系
リケッチア科 オリエンチア属 Orientia tsutsugamushi   ツツガムシ病 4-18日 ツツガムシ Weil-Felix反応/蛍光抗体法/免疫ペルオキシダーゼ法/ペア血清   テトラサイクリン系
ニューロキノロン系
リケッチア科 リケッチア属 Rickettsia japonica   日本紅斑熱 2-8日 マダニ Weil-Felix反応  
リケッチア科 エールリキア属 Ehrlichia sennetsu   腺熱 10-17日 不明    
リケッチア科 コクシエラ属 Coxiella burnetii   Q熱 14-26日 経気道的、経口的、経皮的。人獣共通感染症     テトラサイクリン系・ニューキノロン系・リファンピシン併用
リケッチア科 バルトネラ属 Bartonella henselae   Bartonella henselae感染症
(ネコひっかき病/細菌性血管腫症)
        マクロライド系・テトラサイクリン系
クラミジア科 クラミジア属 Chlamydia psittaci オウム病クラミジア   7-10日       テトラサイクリン系、マクロライド系。
βラクタム、アミノ配糖体無効。
基本小体に作用しない
クラミジア科 クラミジア属 Chlamydia trachomatis トラコーマクラミジア   1-5週 性行為    
クラミジア科 クラミドフィラ属 Chlamydophila pneumoniae 肺炎クラミジア   3-4週    

尿蛋白」

  [★]

urine protein, urinary protein, protein in urine
尿中タンパク質、尿タンパク
蛋白尿尿蛋白/クレアチニン比


尿蛋白の生化学

  • 1/3は血清アルブミン
  • 1/3はアルブミン以外の小分子蛋白質
  • 1/3は尿細管上皮細胞中のタム-ホースフォール蛋白質(ムコ蛋白質)

基準値

24時間蓄尿

  • 40-100 mg/day
運動、体位、精神的ストレスによって変動しうる
  • 20-120 mg/day (臨床検査法提要第32版 p.1806)
  • <150 mg/day (HIM.A-11)

生理的な尿蛋白

  • 起立性蛋白尿:体位による。糸球体濾過圧が高まる?
  • 機能性蛋白尿:運動、発熱、ストレス

診断

  • 24時間蓄尿:150 mg/日以上で異常。1 g/day以上で糸球体疾患疑い。 ネフローゼ症候群の診断基準は3.5g/day以上
  • 随時尿:30 mg/dl以上で異常

尿蛋白量と診断の目安

内科診断リファレンス.350
尿蛋白  
150mg/日未満 健常者の基準(15mg/dL 10dL)
300mg/日 糖尿病性腎症の顕性タンパク尿の定義
1000mg/日 起立性タンパク尿熱性タンパク尿などの良性タンパク尿の上限
(血尿があるときは500mg/日のタンパク尿で腎疾患を考慮)
1500-3000mg/日 尿細管障害によるタンパク尿の限界で、これ以上は糸球体疾患と考える。

腎前性

  • 低分子タンパク質の過剰産生

腎性(腎実質性)

  • 糸球体毛細血管の障害、内圧亢進、尿細管障害

腎後性

  • 下部尿路系の炎症、結石、腫瘍
  • 下部尿路系の尿路結石
  • 腎盂腫瘍
  • 尿管腫瘍
  • 膀胱腫瘍

尿蛋白による尿細管の障害

  • 尿蛋白→尿細管での過剰吸収・蓄積→尿細管間質へのマクロファージ・T細胞の浸潤→(in vitroでは尿細管細胞をアルブミンと共存させるとMCP-1・炎症性サイトカイン(TNF, IL-1, LPS, 変性IgG)を分泌→間質炎症反応→間質線維化→腎瘢痕

臨床関連

異常値の出るメカニズム第5版 p.177改

  分子量
(kDa)
糖質
(%)
機能
β2ミクログロブリン 11 0 構造タンパク・HLAのL鎖
リゾチーム 15 0 消化殺菌酵素
レチノール結合蛋白 20 0 ビタミンA担体
免疫グロブリンL鎖 22 0 構造タンパク質
α1ミクログロブリン 30 20 輸送担体
α1酸性糖タンパク 44 38 急性相蛋白
アルブミン 67 0 膠質浸透圧維持、輸送担体

検査

試験紙法

  • 随時尿で施行可能。感度が低い。
  • 強アルカリ性で偽陽性   ←  アルカリ性で青変する試薬を使用
  • X線造影剤で偽陽性はでない。
  • Bence Jones蛋白に対しては偽陰性

24時間蓄尿

  • 尿の生化学的な分析を行う。

検査法の比較(QB E-134)

  煮沸法 スルフォサリチル酸法 試験紙法
原理 蛋白質の熱変性による混濁
(特異性が高い)
蛋白と酢酸の不溶性塩による混濁 指示薬の蛋白誤差を利用
感度 5mg/dl 1.5-2mg/dl
(鋭敏)
5-20 mg/dl
偽陽性 ヨード造影剤
トルブタミド
ペニシリン系抗菌薬
セフェム系抗菌薬
リン酸塩を含むアルカリ性尿
第4級アンモニウム化合物
(防腐剤、洗浄剤)EDTAのことか?
偽陰性 リン酸塩を含むアルカリ性尿 低分子タンパク尿(BJP等)

試験紙法による蛋白尿の評価

参考1
  • 尿蛋白:± = 15 mg/dL。1+ = 30 mg/dL2+ = 100 mg/dL。3+ = 300mg/dL  ← 赤字はメーカー間で差が少ないらしい。
1+では蛋白尿が存在すると考えて良い水準。

参考

  • 1. CKD診察ガイド2009
[display]http://www.jsn.or.jp/jsn_new/iryou/kaiin/free/primers/pdf/CKDguide2009.pdf

リポ多糖」

  [★]

lipopolysaccharide, LPS
リポ多糖類リポポリサッカライド
  • エンドトキシン endotoxinである
主にマクロファージを刺激して多彩な生理作用を表す

LPSの生物活性 (SMB.115-117)

  • 1. B細胞マイトジェン活性:B細胞の分裂を誘導
  • DNA合成の促進
  • 2. ポリクローナルB細胞活性化:B細胞を刺激し、抗原非特異的に抗体産生細胞へと分化誘導。IgMクラスの抗体を産生させる。
  • 3. マクロファージの活性化:サイトカイン(IL-1、TNF-α、IFN、コロニー刺激因子(CSF)など)、フリーラジカルを放出させる。
  • 4. 補体の古典的経路、別経路を活性化
  • 5. アラキドン酸代謝経路の刺激:ロイコトリエン、プロスタグランジンの産生亢進
  • 6. 白血球との結合:生体ではLPS投与後1時間目に顆粒球減少(白血球凝集や末梢血管への貯留による)。2-4時間後、急激に白血球増加(骨髄の顆粒球の放出や顆粒球産

生の増加による)

  • 7. 血小板の活性化と破壊:セロトニン、核酸、血小板因子3などを放出。LPSにより破壊されやすい
  • 8. NK細胞やNKT細胞によるIFN-γの産生亢進

リポ多糖の受容体

リポ多糖受容体=CD14

リポ多糖のクリアランス(SMB.117)

  • 血流に入ったLPSは、LPS結合タンパク質(LBP)や遊離CD14と結合し、ついで血清タンパク質(特に高比重リポタンパク質(HDL)と結合し、速やかに主に肝臓に取り込まれる。肝臓、脾臓などのマクロファージ系の貪食細胞がLPSを捕獲し、比較的長い時間かかって分解するらしい。

リポ多糖の臨床的意義 (SMB.117-118)

エンドトキシンショック

  • 1. マクロファージ、単球、好中球、NK細胞、血管内皮細胞、線維芽細胞などに作用し、TNFIFNIL-1IL-6IL-8などのサイトカインを誘導
  • 2. 1.のサイトカインは、標的細胞に作用し、血小板活性化因子(PAF)、ロイコトリエンプロスタグランジン活性酸素NO、プロテアーゼなどを放出させる。
  • 3. 発熱、悪寒、白血球減少、DIC、出血、低血圧、頻脈、アシドーシス、多臓器障害、多臓器不全をもたらす。

抗生物質誘発内毒素遊離

  • 内毒素は菌が増殖するときに、外膜より遊離。
  • ある種の抗生物質は菌を殺す際、大量の内毒素の遊離を招く

検査

炎症性サイトカイン」

  [★]

inflammatory cytokine
サイトカイン急性相反応物質 APR


LPSと炎症性サイトカインのカスケード

誘起物質 標的細胞 分泌物質
LPS マクロファージ TNF
TNF マクロファージ IL-1β
IL-1β マクロファージ血管内皮細胞 IL-6, IL-8

炎症性サイトカインと生体の反応

炎症性サイトカイン 反応 症状
少量 局所炎症反応 白血球や内皮細胞による炎症反応
中程度の量 全身性反応 発熱、急性期タンパク質産生
多量 敗血症ショック 血圧低下、心拍出量低下、血栓形成、低血糖症

CD14」

  [★]

同?
リポ多糖受容体 LPS受容体 lipopolysaccharide receptor, LPS receptor

LPSの受容 (SMB.117)

  • LPSはマクロファージ、単球、顆粒球、Bリンパ球と反応し、多彩な生物活性を発現する。この反応には細胞表面のToll-like receptorTLR-4がLPSのレセブタ-としてはたらき, LPSのシグナルを細胞内へと伝達する。このTLR-4の機能不全はLPSに対する応答性を失わせる。 TLR-4のほかに, CD14MD-2と呼ばれる分子もLPSの認識に関与している。このTLRは分子群を形成し,ペプチドグリカン,リポタンパク質DNAなどの菌体成分を認識し,感染防御に重要なシグナルを伝達する。

発現細胞

  • 骨髄性単球細胞

機能

  • LPSの直接の受容体であり、Toll-like receptorとともに細胞内へのシグナル伝達に関わる。
  • LPS-LBP複合体の受容体 ← 日本語がよく分かりません

ALPS」

  [★] 自己免疫性リンパ増殖症候群

autoimmune lymphoproliferative syndrome
autoimmune lymphoproliferative syndrome

LP」

  [★]

   

L」

  [★]