Bartonella henselae

Bartonella henselae
バルトネラ・ヘンセラ菌ヘンセラ菌
リケッチア科バルトネラ属特殊な細菌猫ひっかき病


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/09/12 21:35:41」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

English Journal

  • Functional Identification of Two Novel Genes from Pseudomonas sp. Strain HZN6 Involved in the Catabolism of Nicotine.
  • Qiu J, Ma Y, Wen Y, Chen L, Wu L, Liu W.SourceAddress correspondence to Weiping Liu, wliu@zju.edu.cn.
  • Applied and environmental microbiology.Appl Environ Microbiol.2012 Apr;78(7):2154-60. Epub 2012 Jan 20.
  • Nicotine is a natural alkaloid produced by tobacco plants, and the mechanisms of its catabolism by microorganisms are diverse. In the present study, we reported the mutation, cloning, and identification of two novel genes involved in nicotine degradation from the newly isolated Pseudomonas sp. strai
  • PMID 22267672
  • Onset of cutaneous vasculitis and exacerbation of IgA nephropathy after Bartonella henselae infection.
  • Cozzani E, Cinotti E, Ameri P, Sofia A, Murialdo G, Parodi A.SourceSection of Dermatology, Department of Endocrinological and Medical Sciences, University of Genoa, Genoa, Italy Section of Internal Medicine, Department of Endocrinological and Medical Sciences, University of Genoa, Genoa, Italy Department of Internal Medicine, Nephrology Unit, University of Genoa, Genoa, Italy.
  • Clinical and experimental dermatology.Clin Exp Dermatol.2012 Apr;37(3):238-40. doi: 10.1111/j.1365-2230.2011.04177.x. Epub 2011 Oct 10.
  • Bartonella henselae is the aetiological agent of cat-scratch disease. Recently, there have been reports of other conditions associated with this bacterium, including leucocytoclastic vasculitis, thrombocytopenic purpura, maculopapular and urticarial eruptions, granuloma annulare, erythema nodosum, e
  • PMID 21981612

Japanese Journal

  • 臨床報告 猫ひっかき病に発症した視神経網膜炎の1例
  • 小長谷 奈美,中尾 雄三,山本 肇 [他]
  • 眼科 53(3), 353-357, 2011-03
  • NAID 40018746795
  • A Serological Investigation of Bartonella henselae Infection in Cats in Turkey
  • GUZEL Murat,CELEBI Bekir,YALCIN Ebru,KOENHEMSI Lora,MAMAK Nuri,PASA Serdar,ATALAY Oznur
  • Journal of Veterinary Medical Science advpub(0), 1106300564, 2011
  • Bartonella henselae is the causative agent of cat scratch disease (CSD) in humans. … henselae seroprevalence in cats in Turkey. … henselae IgG antibodies by indirect fluorescent antibody test (IFA). … henselae was detected in 27.8% (83/298) of cats examined. … henselae is an important zoonotic pathogen in Turkey. …
  • NAID 130000862399

Related Links

THE HUMAN DISEASE Infection with Bartonella henselae in the immunocompetent person leads to “cat scratch disease.” The innoculation site (a scratch from a claw containing bits of flea dirt) develops a small red bump (a “papule.”)
Bartonella bacteria cause several diseases in humans. The three most common are cat scratch disease, caused by B. henselae; trench fever, caused by B. quintana; and Carrión's disease, caused by B. bacilliformis.
Classification Bartonella henselae was formerly known as Rochalimaea henselae. It was re-classified in 1993 (11). Higher order taxa: Domain: Bacteria, Phylum: Proteobacteria, Class: Alphaproteobacteria, Order: Rhizobiales, Family ...


Related Pictures

 fotos relacionadas con Bartonella henselaeBartonella HenselaeBartonella henselaeBartonella henselae Infection is one of Bartonella henselaeBartonella Henselae



★リンクテーブル★
リンク元特殊な細菌」「リンパ節腫脹」「エリスロマイシン」「耳前リンパ節」「バルトネラ・ヘンセラ菌

特殊な細菌」

  [★]

細菌

マイコプラズマリケッチアクラミジア

寄生性 大きさ グラム染色性 細胞壁 LPS ペプチド
グリカン
封入体 免疫原性 感染経路 無効抗菌薬
マイコプラズマ科   直径0.3μm   なし なし なし なし   飛沫感染 βラクタム薬
リケッチア科 偏性細胞寄生性 (0.3-0.5)x(0.8-2.0)μm 陰性 あり あり あり なし   媒介動物 βラクタム薬
クラミジア科 偏性細胞寄生性   陰性 あり あり なし あり なし 飛沫感染/接触感染/性行為 βラクタム薬、アミノ配糖体系

マイコプラズマリケッチアクラミジアと疾患

病原体名 疾患名 潜伏期 感染経路 診断 症状 治療
マイコプラズマ科 マイコプラズマ属 Mycoplasma pneumoniae 肺炎マイコプラズマ マイコプラズマ肺炎   飛沫感染     マクロライド系・テトラサイクリン系
リケッチア科 オリエンチア属 Orientia tsutsugamushi   ツツガムシ病 4-18日 ツツガムシ Weil-Felix反応/蛍光抗体法/免疫ペルオキシダーゼ法/ペア血清   テトラサイクリン系
ニューロキノロン系
リケッチア科 リケッチア属 Rickettsia japonica   日本紅斑熱 2-8日 マダニ Weil-Felix反応  
リケッチア科 エールリキア属 Ehrlichia sennetsu   腺熱 10-17日 不明    
リケッチア科 コクシエラ属 Coxiella burnetii   Q熱 14-26日 経気道的、経口的、経皮的。人獣共通感染症     テトラサイクリン系・ニューキノロン系・リファンピシン併用
リケッチア科 バルトネラ属 Bartonella henselae   Bartonella henselae感染症
(ネコひっかき病/細菌性血管腫症)
        マクロライド系・テトラサイクリン系
クラミジア科 クラミジア属 Chlamydia psittaci オウム病クラミジア   7-10日       テトラサイクリン系、マクロライド系。
βラクタム、アミノ配糖体無効。
基本小体に作用しない
クラミジア科 クラミジア属 Chlamydia trachomatis トラコーマクラミジア   1-5週 性行為    
クラミジア科 クラミドフィラ属 Chlamydophila pneumoniae 肺炎クラミジア   3-4週    

リンパ節腫脹」

  [★]

lymph node swelling
リンパ節リンパ節症リンパ節炎リンパ節生検
also see IMD. 395

定義

  • リンパ節が腫大した状態
  • 直径1cm以上。肘窩では0.5cm以上、鼡径部では1.5cm以上
  • 3cm以上は悪性腫瘍を疑う
  • 耳介前部リンパ節、上腕内側上顆リンパ節など、通常触知しない場所にある場合は小さくても有意な腫脹とする

分類

  • 全身性リンパ節腫脹
  • 局在性リンパ節腫脹

原因

  • 原因不明:29-64%
  • 感染症:18%
  • 腫瘍:0.8-1.1%(40歳以上:4%)

腫脹の分布

  • 局所性:75%
  • 頭頚部:55%
  • 鼡径:14%
  • 腋窩:5%
  • 鎖骨上:1%
  • 全身性:25%

体表から触知できるリンパ節

see 診察手技みえ p.62,125 BAT.238,392,475,483 N.68(頭頚部)
  • 頭頚部
  • 鎖骨上窩
  • 腋窩
  • 肘部(上腕骨内側上窩)
  • 鼡径部・大腿部
  • 膝窩

頭頚部 N.68,69

  • 頚静脈二腹筋リンパ節(下顎角直下のリンパ節)(N.69):化膿性扁桃炎
  • 耳介前リンパ節:流行性角結膜炎
  • 顎下リンパ節:口腔内・歯肉の炎症、舌癌
  • 後頚三角のリンパ節:甲状腺癌、咽頭癌などの転移、伝染性単核球症、悪性リンパ腫
  • 鎖骨上窩リンパ節:消化器癌の転移

全身リンパ節腫脹の原因

IRE.376改変

  • 感染性
  • 1.ウイルス性
  • 2.細菌性
  • 3.真菌性
  • 4.原虫・寄生虫性
  • [[]]
  • 非感染性
  • 1.腫瘍性
  • 2.アレルギー,自己免疫,その他

全身リンパ節腫脹の鑑別診断

DIF


全身のリンパ節腫脹について

参考2
強皮症とクリプトコッカスは国試的にも全身リンパ節腫脹はしない!らしい。
  • 全身のリンパ節腫脹をきたす疾患を2つ選べ
解答形式 正答b,c
a 強皮症 
b 伝染性単核球症 
c トキソプラズマ症 
d クリプトコッカス症 
e 糖尿病 

参考

  • 1. [charged] Evaluation of peripheral lymphadenopathy in adults - uptodate [1]
  • 2. 血液内科 - 順天堂大学
[display]http://www.juntendo-hematology.org/stu6_01.html

エリスロマイシン」

  [★]

erythromycin, EM
アイロタイシンエリスロシンエコリシンエリコリE-Mycin, Ery-Tab, Ery-C, Ilosone, Eryc, Ilotycin
抗菌薬
  • first aid step1 2006 p.141,143,144,144-145,165,166,169,170,173,178,208

分類

  • 14員環マクロライド

特徴

  • ペニシリン過敏症の患者に対する第一選択となる
  • P450の阻害作用を持つので他の薬剤との相互作用に注意が必要。
  • 耐性菌が多い。MRSAは100%、肺炎球菌は50%が耐性を持つ (SMB.157)

構造

作用機序

  • 50Sに結合し、リボソームの動きを妨げることで、A siteのpeptidyl-tRNAをP siteに移動するのを妨げる?
  • inhibit protein synthesis by blocking translocation

抗菌スペクトル

IRE.166

動態

IRE.166
  • 分布:組織移行性がよく、ほとんどの組織に移行する。中耳、前立腺にも移行する。中枢神経系、関節腔には移行しづらい。
  • 排泄:肝排泄。胆汁中に排泄。血液透析、腹膜透析では除去されない。

適応

注意

禁忌

副作用

USMLE

  • Q book p.356 6

耳前リンパ節」

  [★]

anterior auricular lymph node, preauricular lymph node, preauricular node
耳介前リンパ節耳介前部リンパ節

[show details]

解剖

参考.1
  • 耳介前リンパ節(通常1-3個)は耳介の前方に位置する。耳介後リンパ節と耳介前リンパ節、浅耳介リンパ節には、外耳、涙腺や周辺の頭皮や顔面からのリンパが流入し、深頸リンパ節に注ぐ。

腫脹

IRE.383

参考

  • 1. 解剖 シェーマ
[display]http://www.oralstudio.net/stepup/jisho//1.img/words/img153.gif

バルトネラ・ヘンセラ菌」

  [★]

Bartonella henselae
バルトネラ・ヘンセラヘンセラ菌ロシャリメア・ヘンセラ