Rickettsia japonica

Japanese spotted fever

WordNet

  1. greenhouse shrub with glossy green leaves and showy fragrant rose-like flowers; cultivated in many varieties (同)Camellia japonica
  2. deciduous thorny shrub native to Japan having red blossoms (同)maule''s quince, Chaenomeles japonica
  3. any of a group of very small rod-shaped bacteria that live in biting arthropods (as ticks and mites) and cause disease in vertebrate hosts; they cause typhus and other febrile diseases in human beings

PrepTutorEJDIC

  1. 日本産植物(ツバキ,ボケなど) / 日本の文化資料
  2. リケッチア(節足動物に寄生する球菌状微生物で病原菌)

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/05/08 23:29:08」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

English Journal

  • Paeoniflorin attenuates schistosomiasis japonica-associated liver fibrosis through inhibiting alternative activation of macrophages.
  • Chu D, DU M, Hu X, Wu Q, Shen J.SourceDepartment of Microbiology and Parasitology, Anhui Key Laboratory of Microbiology and Parasitology, Anhui Medical University, Hefei, China.
  • Parasitology.Parasitology.2011 Aug 3:1-13. [Epub ahead of print]
  • SUMMARYInterleukin (IL)-13 and alternatively activated macrophages (AAMs) play an important role in liver granuloma and fibrosis of schistosomiasis. Paeoniflorin (PAE, C23H28O11) has been reported to have an anti-hepatic fibrosis effect in schistosomiasis; however, the mechanism has not been fully e
  • PMID 21810309
  • Approaches to immunotherapies for Japanese cedar pollinosis.
  • Sakaguchi M, Hirahara K, Fujimura T, Toda M.SourceDepartment of Veterinary Microbiology, School of Veterinary Medicine, Azabu University, Sagamihara, Kanagawa, Japan. sakagum@azabu-u.ac.jp
  • Auris, nasus, larynx.Auris Nasus Larynx.2011 Aug;38(4):431-8. Epub 2011 Jan 11.
  • Japanese cedar (Cryptomeria japonica; CJ) pollinosis is a typical type I allergy induced by CJ pollen and one of the most common allergic diseases in Japan. New immunotherapies have been developed for treatment of CJ pollinosis. We focus here on new immunotherapies for CJ pollinosis including sublin
  • PMID 21227607

Japanese Journal

  • 症例 日本紅斑熱の1例
  • 山岡 俊文,小寺 雅也,岩田 洋平 [他]
  • 皮膚科の臨床 53(1), 137-140, 2011-01
  • NAID 40017659727
  • High Incidence of Rickettsiosis Correlated to Prevalence of Rickettsia japonica among Haemaphysalis longicornis Tick
  • TABARA Kenji,KAWABATA Hiroki,ARAI Satoru,ITAGAKI Asao,YAMAUCHI Takeo,KATAYAMA Takashi,FUJITA Hiromi,TAKADA Nobuhiro
  • Journal of Veterinary Medical Science 73(4), 507-510, 2011
  • … From an analysis of 14 clinical cases found in the endemic area, the infectious agent of spotted fever group rickettsiosis was identified as Rickettsia japonica. … In this study, we also found that Rickettsia japonica was highly infected with the vector tick, Haemaphysalis longicornis, in the endemic area. …
  • NAID 130000444545

Related Links

この疾患は日本には存在しないものと考えられていた。1984年に3例の日本紅斑熱の臨床 例が発見され初めて報告された。病原体も分離されRickettsia japonicaと命名された。 1996年10月までに31症例が徳島県の馬原医院で日本紅斑熱と診断された。 ...


Related Pictures

 Rickettsia japonica is transmitted by aEID Journal Home > Volume 15, Number 12 Key words : Rickettsia japonica , Japanese Scrub typhus and Japanese spotted fever in Rickettsia Symptoms Biorealm page on the genus Rickettsia



★リンクテーブル★
リンク元特殊な細菌」「日本紅斑熱

特殊な細菌」

  [★]

細菌

マイコプラズマリケッチアクラミジア

寄生性 大きさ グラム染色性 細胞壁 LPS ペプチド
グリカン
封入体 免疫原性 感染経路 無効抗菌薬
マイコプラズマ科   直径0.3μm   なし なし なし なし   飛沫感染 βラクタム薬
リケッチア科 偏性細胞寄生性 (0.3-0.5)x(0.8-2.0)μm 陰性 あり あり あり なし   媒介動物 βラクタム薬
クラミジア科 偏性細胞寄生性   陰性 あり あり なし あり なし 飛沫感染/接触感染/性行為 βラクタム薬、アミノ配糖体系

マイコプラズマリケッチアクラミジアと疾患

病原体名 疾患名 潜伏期 感染経路 診断 症状 治療
マイコプラズマ科 マイコプラズマ属 Mycoplasma pneumoniae 肺炎マイコプラズマ マイコプラズマ肺炎   飛沫感染     マクロライド系・テトラサイクリン系
リケッチア科 オリエンチア属 Orientia tsutsugamushi   ツツガムシ病 4-18日 ツツガムシ Weil-Felix反応/蛍光抗体法/免疫ペルオキシダーゼ法/ペア血清   テトラサイクリン系
ニューロキノロン系
リケッチア科 リケッチア属 Rickettsia japonica   日本紅斑熱 2-8日 マダニ Weil-Felix反応  
リケッチア科 エールリキア属 Ehrlichia sennetsu   腺熱 10-17日 不明    
リケッチア科 コクシエラ属 Coxiella burnetii   Q熱 14-26日 経気道的、経口的、経皮的。人獣共通感染症     テトラサイクリン系・ニューキノロン系・リファンピシン併用
リケッチア科 バルトネラ属 Bartonella henselae   Bartonella henselae感染症
(ネコひっかき病/細菌性血管腫症)
        マクロライド系・テトラサイクリン系
クラミジア科 クラミジア属 Chlamydia psittaci オウム病クラミジア   7-10日       テトラサイクリン系、マクロライド系。
βラクタム、アミノ配糖体無効。
基本小体に作用しない
クラミジア科 クラミジア属 Chlamydia trachomatis トラコーマクラミジア   1-5週 性行為    
クラミジア科 クラミドフィラ属 Chlamydophila pneumoniae 肺炎クラミジア   3-4週    

日本紅斑熱」

  [★]

Japanese spotted fever
リケッチア

概念

病原体

症状

  • 熱熱、発疹、頭痛、倦怠感、悪寒

三大徴候

  • 高熱
  • 発疹
  • 刺し口

潜伏期

  • 7日

媒介動物

診断

ワイル・フェリックス反応
プロテウスOX2

治療

  • テトラサイクリン系
  • ニューロキノロン系