トラコーマクラミジア

Chlamydia trachomatis


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

Japanese Journal

  • 小児科領域におけるクラミジア感染症 (各科領域におけるクラミジア感染症)
  • トラコーマクラミジア (特集 小児の感染症(2)) -- (クラミジア)

Related Links

家庭医学館 クラミジア結膜炎(トラコーマ)の用語解説 - [どんな病気か] クラミジア・トラコマチスという病原体の感染によっておこる結膜炎です。 クラミジアには、目に感染してトラコーマという重篤(じゅうとく)な結膜炎をお ...
クラミジア感染症 クラミジアは、細菌に分類される小微生物。 クラミジアは、細胞壁を有して、グラム陰性球菌に類似しているが、宿主細胞の細胞内に寄生する(偏性細胞内寄生体)。 クラミジアは、基本小体(感染力がある)が ...
病原体は? クラミジア-トラコマティス( Chlamydia trachomatis)のA型、B型、Ba型、C型がトラコーマの病原体です。Chlamydia trachomatisには、15の血清型が区別されています。クラミジア-トラコマティスは、トラコーマ以外でも、封入体 ...


Related Pictures

クラミジアの電子顕微鏡写真特集 眼感染症と臨床検査 4 トラコーマの写真クラミジア肺炎f0088231_1513458.jpg



★リンクテーブル★
リンク元特殊な細菌」「Chlamydia trachomatis」「トラコーマ病原体」「肝周囲炎」「クラミジア・トラコーマ肺炎
関連記事クラミジア」「トラコーマ

特殊な細菌」

  [★]

細菌

マイコプラズマリケッチアクラミジア

寄生性 大きさ グラム染色性 細胞壁 LPS ペプチド
グリカン
封入体 免疫原性 感染経路 無効抗菌薬
マイコプラズマ科   直径0.3μm   なし なし なし なし   飛沫感染 βラクタム薬
リケッチア科 偏性細胞寄生性 (0.3-0.5)x(0.8-2.0)μm 陰性 あり あり あり なし   媒介動物 βラクタム薬
クラミジア科 偏性細胞寄生性   陰性 あり あり なし あり なし 飛沫感染/接触感染/性行為 βラクタム薬、アミノ配糖体系

マイコプラズマリケッチアクラミジアと疾患

病原体名 疾患名 潜伏期 感染経路 診断 症状 治療
マイコプラズマ科 マイコプラズマ属 Mycoplasma pneumoniae 肺炎マイコプラズマ マイコプラズマ肺炎   飛沫感染     マクロライド系・テトラサイクリン系
リケッチア科 オリエンチア属 Orientia tsutsugamushi   ツツガムシ病 4-18日 ツツガムシ Weil-Felix反応/蛍光抗体法/免疫ペルオキシダーゼ法/ペア血清   テトラサイクリン系
ニューロキノロン系
リケッチア科 リケッチア属 Rickettsia japonica   日本紅斑熱 2-8日 マダニ Weil-Felix反応  
リケッチア科 エールリキア属 Ehrlichia sennetsu   腺熱 10-17日 不明    
リケッチア科 コクシエラ属 Coxiella burnetii   Q熱 14-26日 経気道的、経口的、経皮的。人獣共通感染症     テトラサイクリン系・ニューキノロン系・リファンピシン併用
リケッチア科 バルトネラ属 Bartonella henselae   Bartonella henselae感染症
(ネコひっかき病/細菌性血管腫症)
        マクロライド系・テトラサイクリン系
クラミジア科 クラミジア属 Chlamydia psittaci オウム病クラミジア   7-10日       テトラサイクリン系、マクロライド系。
βラクタム、アミノ配糖体無効。
基本小体に作用しない
クラミジア科 クラミジア属 Chlamydia trachomatis トラコーマクラミジア   1-5週 性行為    
クラミジア科 クラミドフィラ属 Chlamydophila pneumoniae 肺炎クラミジア   3-4週    

Chlamydia trachomatis」

  [★]

クラミジア・トラコマティストラコーマクラミジア
特殊な細菌クラミジアクラミジア感染症クラミジアトラコマティス症

特徴

  • 扁性細胞寄生菌 ← 細胞内への移行性・ペプチドグリカン無く、βラクタム無効、アミノグリコシド無効
  • 細胞壁有り
  • ペプチドグリカン無し

感染症

眼科

SOP.176

産婦人科

G9M.67,68,74
  • 潜伏期間2-3週間で、多くは無症状で経過。帯下は軽度増量し、水様透明の漿液性

泌尿器科

  • 尿道炎
  • 精巣上体炎

一般的な治療

国試

トラコーマ病原体」

  [★]

trachomatous pathogen
トラコーマクラミジア、クラミジア・トラコーマティス、クラミジア・トラコマティス Chlamydia trachomatisC. trachomatis

肝周囲炎」

  [★]

perihepatitis
フィッツ・ヒュー・カーティス症候群
トラコーマクラミジア Chlamydia trachomatis

クラミジア・トラコーマ肺炎」

  [★]

Chlamydia trachomatis pneumonia
トラコーマクラミジア

クラミジア」

  [★]

chlamydia
ベドソニア Bedsonia
リケッチアマイコプラズマ特殊な細菌

ヒトに感染性のクラミジア

  • 広義には、クラミジア目(Chamydiales)に属する細菌の総称と思われる。
  • 狭義には、4つの科(Family I, Family II, Family III, Family IV)のうちのFamily I(Chlamydiaceae)を指すと思われる。

クラミジア科

クラミジアの特徴

宿主細胞の中で増殖し、封入体を形成する

トラコーマ」

  [★]

trachoma
結膜炎クラミジア・トラコマチス感染症