クラミジア科

Chlamydiaceae
クラミジア属クラミジア目

WordNet

  1. Gram-negative parasites in warm-blooded vertebrates (同)family Chlamydiaceae

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/09/12 00:27:58」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

Related Links

ただし、咽頭のクラミジア感染の場合、症状が出ない場合が多いようです。 また、性器クラミジアに感染している女性の10~20%は、 咽頭からもクラミジアが検出されたとの報告もあります。 性器への感染と咽頭の感染は、感染部位が ...
咽頭クラミジアが疑われる場合は何科を受診すれば良いでしょうか?咽頭クラミジアの症状と感染経路、薬と治療方法などこれだけは知っておきたい咽頭クラミジアの情報を紹介しています。


Related Pictures



★リンクテーブル★
リンク元特殊な細菌」「Chlamydophila psittaci」「Chlamydiaceae」「クラミジア目
関連記事クラミジア」「

特殊な細菌」

  [★]

細菌

マイコプラズマリケッチアクラミジア

寄生性 大きさ グラム染色性 細胞壁 LPS ペプチド
グリカン
封入体 免疫原性 感染経路 無効抗菌薬
マイコプラズマ科   直径0.3μm   なし なし なし なし   飛沫感染 βラクタム薬
リケッチア科 偏性細胞寄生性 (0.3-0.5)x(0.8-2.0)μm 陰性 あり あり あり なし   媒介動物 βラクタム薬
クラミジア科 偏性細胞寄生性   陰性 あり あり なし あり なし 飛沫感染/接触感染/性行為 βラクタム薬、アミノ配糖体系

マイコプラズマリケッチアクラミジアと疾患

病原体名 疾患名 潜伏期 感染経路 診断 症状 治療
マイコプラズマ科 マイコプラズマ属 Mycoplasma pneumoniae 肺炎マイコプラズマ マイコプラズマ肺炎   飛沫感染     マクロライド系・テトラサイクリン系
リケッチア科 オリエンチア属 Orientia tsutsugamushi   ツツガムシ病 4-18日 ツツガムシ Weil-Felix反応/蛍光抗体法/免疫ペルオキシダーゼ法/ペア血清   テトラサイクリン系
ニューロキノロン系
リケッチア科 リケッチア属 Rickettsia japonica   日本紅斑熱 2-8日 マダニ Weil-Felix反応  
リケッチア科 エールリキア属 Ehrlichia sennetsu   腺熱 10-17日 不明    
リケッチア科 コクシエラ属 Coxiella burnetii   Q熱 14-26日 経気道的、経口的、経皮的。人獣共通感染症     テトラサイクリン系・ニューキノロン系・リファンピシン併用
リケッチア科 バルトネラ属 Bartonella henselae   Bartonella henselae感染症
(ネコひっかき病/細菌性血管腫症)
        マクロライド系・テトラサイクリン系
クラミジア科 クラミジア属 Chlamydia psittaci オウム病クラミジア   7-10日       テトラサイクリン系、マクロライド系。
βラクタム、アミノ配糖体無効。
基本小体に作用しない
クラミジア科 クラミジア属 Chlamydia trachomatis トラコーマクラミジア   1-5週 性行為    
クラミジア科 クラミドフィラ属 Chlamydophila pneumoniae 肺炎クラミジア   3-4週    

Chlamydophila psittaci」

  [★]

オウム病クラミジアクラミドフィラ・シタッシC. psittaciChlamydia psittaci
クラミジア科 クラミドフィラ属クラミジア属psittacine オウム類



  • first aid step1 2006 p.144

特徴

感染症

Chlamydiaceae」

  [★]

クラミジア科

  • ラミジア科
ChlamydiaChlamydiales

 

クラミジア目」

  [★]

Chlamydiales
クラミジア属クラミジア科

クラミジア」

  [★]

chlamydia
ベドソニア Bedsonia
リケッチアマイコプラズマ特殊な細菌

ヒトに感染性のクラミジア

  • 広義には、クラミジア目(Chamydiales)に属する細菌の総称と思われる。
  • 狭義には、4つの科(Family I, Family II, Family III, Family IV)のうちのFamily I(Chlamydiaceae)を指すと思われる。

クラミジア科

クラミジアの特徴

宿主細胞の中で増殖し、封入体を形成する

科」

  [★]

family
家族系統群ファミリファミリー