アミノ配糖体系

アミノグリコシド系抗菌薬


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

Japanese Journal

  • 【ER・ICUでの薬の使い方Q&A2011-'12 プロの実践と秘訣に学ぶ】 泌尿・生殖器疾患の緊急治療 尿路感染症/腎盂腎炎
  • 山口 聡
  • 救急・集中治療 23(1〜2), 265-268, 2011-2
  • … ●単純性腎盂腎炎では第一世代〜第二世代セフェム系、ペニシリン系あるいはアミノ配糖体系注射薬の投与。 … ●複雑性腎盂腎炎では第二世代〜第三世代セフェム系、βラクタマーゼ阻害薬配合ペニシリン系、アミノ配糖体系注射薬の投与。 …
  • NAID 120003517675
  • 薬剤ブリーフリポート 感染症治療におけるTDMの実践(5)アミノ配糖体系抗菌薬の投与設計

Related Links

アミノ配糖体系( 細菌および抗菌薬: アミノ配糖体系表 5: 参照)は殺菌性である。細菌の30Sリボソームに結合することにより細菌の蛋白合成を阻害する。
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。 アミノ配糖体系抗生物質
抗生物質 アミノ配糖体系抗生物質 作用機序 アミノグリコシドはグラム陰性菌の外膜のポーリンを通過して拡散し、 外膜と細胞質膜の間の空間であるペリプラズム空間(periplasmic space) に入る。 その後、電子伝達系に依存して細胞質膜に ...


Related Pictures

 , アミノ配糖体系抗生物質左上:リン酸転移酵素 リン酸転移酵素(phosphotransferase ジゴキシン や アミノ配糖体



★リンクテーブル★
国試過去問106A051」「096D013」「098I034」「105B038
リンク元特殊な細菌」「Pseudomonas aeruginosa」「アミノ配糖体」「アミノ糖系抗生物質
拡張検索アミノ配糖体系薬物」「アミノ配糖体系抗生物質
関連記事」「体系

106A051」

  [★]

  • 54歳の女性。咳嗽発熱とを主訴に来院した。 2日前から38.5℃の発熱と咳嗽とがあり、市販の総合感冒薬で様子をみていたが改善しなかった。高熱が持続し、咳嗽が増強してきたため受診した。喀痰を認めない。
  • 既往歴と家族歴とに特記すべきことはない。 2年前から室内でインコを飼っていたが、 1週前に死んだという。
  • 意識は清明。体温38.7℃。脈拍88/分、整。血圧122/76mmHg。呼吸数20/分。SpO2 96%(room air)。心音と呼吸音とに異常を認めない。白血球7,300(桿状核好中球20%、分葉核好中球55%、好酸球2%、好塩基球1%、単球5%、リンパ球17%)。 CRP15mg/dl。胸部エックス線写真(別冊No. 24)を別に示す。
  • この疾患に有効な抗菌薬はどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 106A050]←[国試_106]→[106A052

096D013」

  [★]

  • 28歳の男性。生来健康であったが、1週前から発熱と咳とが続くため来院した。咳は乾性で頑固である。同様の症状を訴えている会社の同僚がいる。体温38.2℃。呼吸数18/分。脈拍80/分、整。胸部聴診では呼吸音の異常は認めない。白血球6,500(桿状核好中球8%、分葉核好中球52%、好酸球2%、単球8%、リンパ球30%)。CRP 8.6mg/dl (基準0.3以下)。胸部エックス線写真で右中肺野に浸潤影を認める。誘発喀痰のGram染色では起因菌は推定できなかった。初期治療として適切な抗菌薬はどれか。
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)

[正答]


※国試ナビ4※ 096D012]←[国試_096]→[096D014

098I034」

  [★]

  • 72歳の男性。38℃台の発熱咳嗽および喀痰を訴えて来院した。呼吸数20/分。脈拍104/分、整。血圧146/88mmHg。右肺にcoarse cracklesを聴取する。胸部エックス線写真で右上肺野に浸潤影を認めた。
  • 喀痰のGram染色標本を以下に示す。
  • 最も適切な注射用抗菌薬はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 098I033]←[国試_098]→[098I035

105B038」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 105B037]←[国試_105]→[105B039

特殊な細菌」

  [★]

細菌

マイコプラズマリケッチアクラミジア

寄生性 大きさ グラム染色性 細胞壁 LPS ペプチド
グリカン
封入体 免疫原性 感染経路 無効抗菌薬
マイコプラズマ科   直径0.3μm   なし なし なし なし   飛沫感染 βラクタム薬
リケッチア科 偏性細胞寄生性 (0.3-0.5)x(0.8-2.0)μm 陰性 あり あり あり なし   媒介動物 βラクタム薬
クラミジア科 偏性細胞寄生性   陰性 あり あり なし あり なし 飛沫感染/接触感染/性行為 βラクタム薬、アミノ配糖体系

マイコプラズマリケッチアクラミジアと疾患

病原体名 疾患名 潜伏期 感染経路 診断 症状 治療
マイコプラズマ科 マイコプラズマ属 Mycoplasma pneumoniae 肺炎マイコプラズマ マイコプラズマ肺炎   飛沫感染     マクロライド系・テトラサイクリン系
リケッチア科 オリエンチア属 Orientia tsutsugamushi   ツツガムシ病 4-18日 ツツガムシ Weil-Felix反応/蛍光抗体法/免疫ペルオキシダーゼ法/ペア血清   テトラサイクリン系
ニューロキノロン系
リケッチア科 リケッチア属 Rickettsia japonica   日本紅斑熱 2-8日 マダニ Weil-Felix反応  
リケッチア科 エールリキア属 Ehrlichia sennetsu   腺熱 10-17日 不明    
リケッチア科 コクシエラ属 Coxiella burnetii   Q熱 14-26日 経気道的、経口的、経皮的。人獣共通感染症     テトラサイクリン系・ニューキノロン系・リファンピシン併用
リケッチア科 バルトネラ属 Bartonella henselae   Bartonella henselae感染症
(ネコひっかき病/細菌性血管腫症)
        マクロライド系・テトラサイクリン系
クラミジア科 クラミジア属 Chlamydia psittaci オウム病クラミジア   7-10日       テトラサイクリン系、マクロライド系。
βラクタム、アミノ配糖体無効。
基本小体に作用しない
クラミジア科 クラミジア属 Chlamydia trachomatis トラコーマクラミジア   1-5週 性行為    
クラミジア科 クラミドフィラ属 Chlamydophila pneumoniae 肺炎クラミジア   3-4週    

Pseudomonas aeruginosa」

  [★]

Pseudomonas aeruginosa
シュードモナス・エルジノーサ
日和見感染SPACE
  • 院内感染症
  • 健常人には病原性は低い

治療

アミノ配糖体」

  [★]

aminoglycoside
アミノグリコシドアミノグリコシド系アミノ配糖体系アミノグリコシド系抗生物質、アミノグリコシド系薬、アミノ糖系抗生物質アミノ配糖体系抗生物質

アミノ糖系抗生物質」

  [★]

aminoglycoside
アミノグリコシドアミノグリコシド系アミノ配糖体アミノ配糖体系アミノグリコシド系抗生物質、アミノグリコシド系薬、アミノ配糖体系抗生物質

アミノ配糖体系薬物」

  [★]

aminoglycoside derivative
アミノグリコシド系薬物、アミノグリコシド系薬

アミノ配糖体系抗生物質」

  [★] アミノグリコシド系抗菌薬

系」

  [★]

一連菌株緊張系統系列シリーズ歪み連続システム体系体制方式筋挫傷

体系」

  [★]

system
システム体制方式