Orientia tsutsugamushi

オリエンティア・ツツガムシ
Rickettsia tsutsugamushi恙虫病リケッチア
ツツガムシ病 scrub typhus

PrepTutorEJDIC

  1. 『東洋』(the East)

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2012/08/27 15:36:52」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

English Journal

  • Involvement of lipid rafts in the budding-like exit of Orientia tsutsugamushi.
  • Kim MJ, Kim MK, Kang JS.SourceDepartment of Microbiology, Inha University School of Medicine, Jungsuk B/D, 3rd Street, Shinheung-Dong, Choong-Gu, Incheon 400-712, Republic of Korea.
  • Microbial pathogenesis.Microb Pathog.2013 Oct;63C:37-43. doi: 10.1016/j.micpath.2013.06.002. Epub 2013 Jun 18.
  • Orientia tsutsugamushi is an intracellular parasite that causes scrub typhus. After entering the cytoplasm by induced phagocytosis, O. tsutsugamushi escapes from the primary phagosome into the host cytosol, where it replicates slowly. Subsequently, it is released from the host cells by a process re
  • PMID 23791848
  • Scrub typhus in South India: clinical and laboratory manifestations, genetic variability, and outcome.
  • Varghese GM, Janardhanan J, Trowbridge P, Peter JV, Prakash JA, Sathyendra S, Thomas K, David TS, Kavitha ML, Abraham OC, Mathai D.SourceMedicine Unit I and Infectious Diseases, Christian Medical College, Vellore, Tamil Nadu, India. Electronic address: georgemvarghese@hotmail.com.
  • International journal of infectious diseases : IJID : official publication of the International Society for Infectious Diseases.Int J Infect Dis.2013 Jul 25. pii: S1201-9712(13)00215-4. doi: 10.1016/j.ijid.2013.05.017. [Epub ahead of print]
  • OBJECTIVES: This study sought to document the clinical and laboratory manifestations, genetic variability, and outcomes of scrub typhus, an often severe infection caused by Orientia tsutsugamushi, in South India.METHODS: Patients admitted to a large teaching hospital with IgM ELISA-confirmed scrub t
  • PMID 23891643
  • Rickettsioses in the central hills of Sri Lanka: serological evidence of increasing burden of spotted fever group.
  • Kularatne SA, Rajapakse RP, Wickramasinghe WM, Nanayakkara DM, Budagoda SS, Weerakoon KG, Edirisinghe JS, Premaratna R.SourceDepartment of Medicine, Faculty of Medicine, University of Peradeniya, Kandy, Sri Lanka.
  • International journal of infectious diseases : IJID : official publication of the International Society for Infectious Diseases.Int J Infect Dis.2013 Jul 16. pii: S1201-9712(13)00210-5. doi: 10.1016/j.ijid.2013.05.014. [Epub ahead of print]
  • OBJECTIVES: To study the epidemiology, clinical features, and changing pattern of rickettsial infections on the western slopes of the hilly Central Province of Sri Lanka over 6 years.METHODS: All patients with rickettsial infections who presented to the Teaching Hospital, Peradeniya were studied pro
  • PMID 23871280

Japanese Journal

  • 古くて新しい病気 : つつが虫病
  • 古屋 由美子
  • 神奈川県衛生研究所研究報告 (42), 1-10, 2012-09-00
  • NAID 40019454735
  • 島根県におけるつつが虫病の疫学的検討
  • 田原 研司,川端 寛樹,安藤 秀二 [他],新井 智,板垣 朝夫,渡邉 治雄
  • 日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association 65(7), 535-541, 2012-07-20
  • NAID 10030801012
  • Prokaryotic expression and immunogenicity of 56-kDa protein of Orientia tsutsugamushi strain Karp
  • Wang Yuan-Yuan,Chen Qiang,Yu Qiang [他]
  • Microbiology and immunology 56(7), 423-430, 2012-07-00
  • NAID 40019336412

Related Links

Orientia tsutsugamushi オリエンティア・ツツガムシ グラム陰性の小さな球桿菌,細胞内のみで増殖する. ダニの刺咬によって伝播され,発疹チフスに似た臨床症状を呈する恙虫病の病原体である. 系統 抗菌薬 感受性 標準菌株 標準菌の ...
Orientia tsutsugamushi (from Japanese tsutsuga "illness" and mushi "insect") is the causative organism of scrub typhus, and the natural vector and reservoir is probably trombiculid mites (genus Leptotrombidium). The organism is an ...
Orientia tsutsugamushi [ôr′e·enshe′ə tso o tso o gəmo o ′she] Etymology: L, oriens, east; Jpn, tsutsuga, illness + mushi, tick a species of organisms, formerly known as Rickettsia tsutsugamushi, that causes scrub typhus. It is ...


Related Pictures

Orientia tsutsugamushiDescription Orientia tsutsugamushi.JPGOrientia tsutsugamushi bacteria infectionOrientia tsutsugamushi str. BoryongOrientia tsutsugamushiOrientia tsutsugamushi bacterium



★リンクテーブル★
国試過去問104I020
リンク元特殊な細菌」「ツツガムシ病」「節足動物」「オリエンティア・ツツガムシ
関連記事tsutsugamushi

104I020」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 104I019]←[国試_104]→[104I021

特殊な細菌」

  [★]

細菌

マイコプラズマリケッチアクラミジア

寄生性 大きさ グラム染色性 細胞壁 LPS ペプチド
グリカン
封入体 免疫原性 感染経路 無効抗菌薬
マイコプラズマ科   直径0.3μm   なし なし なし なし   飛沫感染 βラクタム薬
リケッチア科 偏性細胞寄生性 (0.3-0.5)x(0.8-2.0)μm 陰性 あり あり あり なし   媒介動物 βラクタム薬
クラミジア科 偏性細胞寄生性   陰性 あり あり なし あり なし 飛沫感染/接触感染/性行為 βラクタム薬、アミノ配糖体系

マイコプラズマリケッチアクラミジアと疾患

病原体名 疾患名 潜伏期 感染経路 診断 症状 治療
マイコプラズマ科 マイコプラズマ属 Mycoplasma pneumoniae 肺炎マイコプラズマ マイコプラズマ肺炎   飛沫感染     マクロライド系・テトラサイクリン系
リケッチア科 オリエンチア属 Orientia tsutsugamushi   ツツガムシ病 4-18日 ツツガムシ Weil-Felix反応/蛍光抗体法/免疫ペルオキシダーゼ法/ペア血清   テトラサイクリン系
ニューロキノロン系
リケッチア科 リケッチア属 Rickettsia japonica   日本紅斑熱 2-8日 マダニ Weil-Felix反応  
リケッチア科 エールリキア属 Ehrlichia sennetsu   腺熱 10-17日 不明    
リケッチア科 コクシエラ属 Coxiella burnetii   Q熱 14-26日 経気道的、経口的、経皮的。人獣共通感染症     テトラサイクリン系・ニューキノロン系・リファンピシン併用
リケッチア科 バルトネラ属 Bartonella henselae   Bartonella henselae感染症
(ネコひっかき病/細菌性血管腫症)
        マクロライド系・テトラサイクリン系
クラミジア科 クラミジア属 Chlamydia psittaci オウム病クラミジア   7-10日       テトラサイクリン系、マクロライド系。
βラクタム、アミノ配糖体無効。
基本小体に作用しない
クラミジア科 クラミジア属 Chlamydia trachomatis トラコーマクラミジア   1-5週 性行為    
クラミジア科 クラミドフィラ属 Chlamydophila pneumoniae 肺炎クラミジア   3-4週    

ツツガムシ病」

  [★]

scrub typhustsutsugamushi fevertrombiculiasistrombiculosis, tsutsugamushi disease
恙虫病草原熱、(国試)つつが虫病ツツガ虫病
ツツガムシ節足動物

[show details]

概念

疫学

  • 世界ではアジアを中心として広く分布
  • 北海道を除く全国で発生。毎年300-400例報告。
  • 季節性
  • 北陸、東北地方:春、秋
  • 本州の関東以西、四国、九州:秋~冬

病原体

感染経路

潜伏期

  • 7-10日が多い。(6-19日までありうる)

症状

  • 頭痛、発熱(弛張熱)、悪寒、戦慄
  • 皮疹:麻疹、薬疹様の淡い不整形の紅斑が全身に広がる。手掌部紅斑はない
  • リンパ節腫脹
  • 所属リンパ節腫脹:ほぼ全例でみられる
  • 全身リンパ節腫脹:半数例でみられる。
  • (重症例)肺炎様症状、脳炎、播種性血管内凝固などをきたす。

三大徴候

  • 高熱
  • 発疹
  • 刺し口

刺咬部位

刺咬部位の写真

[show details]

検査

  • 血小板低下
  • 白血球:減少(好酸球が消失)
  • AST、ALT:上昇
  • LDH:上昇
  • 尿検査:血尿、蛋白尿
  • 免疫血清学的検査:抗ツツガムシ病リケッチア抗体の検出
  • PCR法:末梢血よりリケッチアDNAの証明

鑑別疾患

  • 日本紅斑熱:手掌部紅斑はツツガムシ病では見られないが、日本紅斑熱ではみられる。キノロン系薬は日本紅斑熱では有効であるが、ツツガムシ病では無効である。
  • ウイルス性熱疾患(麻疹、風疹など)、薬疹

治療

  • テトラサイクリン系薬
  • ×ペニシリン系、セフェム系、アミドグリコシド系、キノロン系は無効。

参考

  • 1. ツツガムシ病 - FORTH|厚生労働省検疫所
[display]http://www.forth.go.jp/mhlw/animal/page_i/i04-12.html
  • 2. ツツガムシ病 - 国立感染症研究所 感染症情報センター IDSC Infectious Disease Surveillance Center
[display]http://idsc.nih.go.jp/idwr/kansen/k02_g1/k02_13/k02_13.html

国試

節足動物」

  [★]

Arthropoda, arthropod, arthropods
アルボウイルス

概念

  • 分類学上は節足動物門に分類される動物界の一群。
参考1

節足動物(せっそくどうぶつ)とは、動物界最大の分類群で、昆虫類、甲殻類、クモ類、ムカデ類など、硬い殻(外骨格)と関節を持つグループ。陸・海・空・土中・寄生などあらゆる場所に進出し、現生種は約110万種と名前を持つ全動物種の85%以上を占める。ただし未記載の動物種もいまだ多く、最近の研究では海産の線形動物だけで1億種以上いると推定されている。

医学大辞典 医学書院

分類

参考1
  • 三葉虫形亜門 Trilobitomorpha
  • 鋏角亜門 Chelicerata
  • 多足亜門 Myriapoda
  • 甲殻亜門 Crustacea
  • 六脚亜門 Hexapoda

節足動物による傷病

  • ネコノミ:体長2-4mm。ネコノミ症

参考

  • wiki ja
  • [display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AF%80%E8%B6%B3%E5%8B%95%E7%89%A9

オリエンティア・ツツガムシ」

  [★] Orientia tsutsugamushi恙虫病リケッチア

tsutsugamushi」

  [★]

ツツガムシ恙虫

chiggerred bugtrombiculid mite