胆管炎

cholangitis
胆道炎

WordNet

  1. inflammation of the bile ducts

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/07/22 11:33:30」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

Japanese Journal

  • 自施設における小児脳死分割肝移植6例の成績
  • 笠原 群生,濱野 郁美,内田 孟,重田 孝信,福田 晃也,金澤 寛之,小林 めぐみ,北嶋 俊寛,田中 秀明,阪本 靖介
  • 日本外科学会雑誌 114(1), 66-70, 2013-01-01
  • NAID 110009578680
  • 特殊型 原発性硬化性胆管炎と胆道癌 (特集 肝内胆管癌と細胆管細胞癌)
  • 平野 賢二,水野 卓,多田 稔 [他]
  • 外科 74(11), 1190-1195, 2012-11-00
  • NAID 40019471110

Related Links

胆道感染症(胆嚢炎、胆管炎)。胆道感染症(胆嚢炎、胆管炎)とはどんな病気か 胆道とは肝臓で作られた胆汁が十二指腸に流れる通り道のことであり、胆嚢と胆管からなります。その胆道に生じた感染症のことを胆道感染症といいます。
急性胆管炎は,胆汁の感染が本態であり,これを血液検査や画像所見によって特異的に証明することは困難 である。また,病理組織学に急性胆管炎を診断することも困難である。このため現在まで急性胆管炎には臨床


Related Pictures

目录22. 解説4/原発性硬化性胆管炎胆嚢炎・胆管炎の原因慢性 胆管 炎 治疗 胆管 炎 膵炎 を 起こして いる商品详情



★リンクテーブル★
国試過去問104H009
リンク元肝腫大」「原発性硬化性胆管炎」「シャルコー三徴」「レイノルズ五徴
拡張検索急性閉塞性化膿性胆管炎」「硬化性胆管炎」「ERCP後胆管炎」「化膿性胆管炎
関連記事胆管」「

104H009」

  [★]

  • 黄疸を起こしにくいのはどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 104H008]←[国試_104]→[104H010

肝腫大」

  [★]

hepatomegaly, hypertrophy of the liver
肝肥大
肝臓


概念

  • 肝臓がびまん性あるいは局所性に腫大した状態。

症状

  • ほぼ無症状。
  • 著名に腫大すれば、周囲臓器圧迫により腹満感や息苦しさを訴えることがある。

診察

  • 健常者でも約20%に右肋骨弓下に肝を触れる
  • 右肋骨弓下に2横指触れれば肝腫大と診断可能

頻度

  • 右心不全:100%
  • 一過性肝腫脹:高頻度(80%以上)急性心不全、急性ウイルス感染症、薬物性肝障害。
  • 持続的肝腫大:高頻度(80%以上)脂肪肝、慢性肝炎、肝硬変。原発性胆汁性肝硬変、ヘモクロマトーシス、Wilson病、巨大肝嚢胞、巨大肝血管腫。

原因

  • 脈管:特発性門脈圧亢進症、肝静脈閉塞(バッド・キアリ症候群)、右心不全
  • 蓄積:脂肪肝、ヘモクロマトーシス、アミロイドーシス、ウィルソン病、糖原病、
  • 炎症:急性ウイルス性肝炎、慢性肝炎、肝硬変、アルコール性肝障害、薬物性肝障害、結核、サルコイドーシス、種々のウイルス感染、寄生虫感染、膠原病
  • 胆汁鬱滞:肝内胆汁うっ滞、肝外胆汁うっ滞、原発性硬化性胆管炎
  • 腫瘍浸潤:白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫、骨髄増殖性疾患
  • 肝腫瘍:肝細胞癌、胆管細胞癌、肝芽腫、肝嚢胞、肝海綿状血管腫、転移性肝癌

診断

  • 血液検査で肝機能、アルブミン、肝炎ウイルス、ANA、ANA、EBV、CMVを評価
  • 腹部超音波検査、腹部造影CT、MRCPが有用
  • 腫瘍を疑う場合にはPIVKA II, AFP, CEA, CA19-9

鑑別診断

DIF
  V I N D I C A T E
vascular infection neoplasm degenerative intoxication congenital autoimmune trauma endocrine
間質   ウイルス性肝炎 肝細胞癌 脂肪肝 アルコール中毒 嚢胞性疾患 ルポイド肝炎 肝挫傷 甲状腺亢進症
  伝染性単核球症 転移性肝癌   四塩化炭素薬 過誤腫   肝裂傷  
  アメーバー症     薬物        
支持組織     肝臓肉腫     ゴーシェ病 結節性動脈周囲炎    
          溶血性貧血 骨髄異形成    
静脈 肝静脈血栓症 門脈炎              
動脈 肝動脈結紮             肝動脈結紮  
リンパ管     ホジキンリンパ腫            
胆管   胆管炎 十二指腸乳頭腫   母乳による胆汁濃縮 胆道閉鎖症   胆石 胆石
    十二指腸乳頭部癌            
    膵癌            
細胆管   細菌性胆管炎 胆管癌   チアジド系利尿薬 デュビン・ジョンソン症候群     妊娠
        避妊用ピル        

原発性硬化性胆管炎」

  [★]

primary sclerosing cholangitis, PSC
硬化性胆管炎胆管炎


概念

  • 稀で原因不明の疾患。
  • 肝内・肝外胆管に原因不明の線維性狭窄を来し、持続性あるいは再発性(反復性)の閉塞性黄疸を来す疾患。 (YN.B-73)
  • 炎症により胆管壁の周囲に結合織が増生・硬化・狭窄し、胆管の狭窄により胆汁うっ滞による症状を呈し、慢性経過で胆管炎による胆汁うっ滞性肝硬変に進展。

病因

  • 原因不明
  • 自己免疫が関連?HLA-B8

疫学

  • 20歳代、50-60歳代にピーク
  • 男女比=2:1

遺伝形式

病理

  • 胆管を取り巻く線維化(線維性閉塞性胆管炎)(YN.B-73)

病態

胆管壁の全長~一部に線維性の肥厚が生じて内腔が狭窄する。肝外胆管と肝内胆管の比較的太い部位に限局する(⇔原発性胆汁性肝硬変: 肝内胆管の細胆管の障害)
  • 進行性であり、胆汁性肝硬変に至り、肝硬変や食道静脈瘤破裂により死亡。

症状

  • 本症の7-50%は全く無症状。症状があるものでは、体重減少(35-80%)、黄疸(25-75%)、掻痒感(10-70%)、右季肋部痛・心窩部痛(75%)、全身倦怠感、発熱。(NSU.643)
  • 閉塞性黄疸:消長を繰り返す(SSUR.615)
  • 胆管炎:胆管の閉塞・狭窄による

検査

  • MRCPERCP、(PTC: 今ではあんまりやらない?。肝内胆管周囲の線維化のために不成功に終わる事が多い(NSU.643))
  • 肝内・肝外胆管の限局性の狭窄と正常部が交互に現れる:びまん性の数珠状の狭窄 → beaded appearance (NSU.643 SSUR.615)
  • 肝内胆管の細枝が狭窄: pruned tree appearance
  • 血液:胆道系酵素
  • 血清学的検査:P-ANCA:陽性、AMA:90%以上の症例で陰性

診断

  • 閉塞性黄疸の検査所見(胆道系酵素上昇、直接ビリルビン上昇)、胆道造影、血清学的検査(AMA陰性)

鑑別診断

合併症

YN.B-73

治療

  • 対症療法:
  • 副腎皮質ホルモン、免疫抑制薬、(肝庇護)ウルソデオキシコール酸、
  • 胆道ドレナージ
  • 胆道内瘻化術
  • 肝外胆管切除術
  • 胆管空腸吻合術
  • 根治療法:(肝不全に陥った症例)肝移植

予後

  • 肝移植後の5年生存率:85-90%(YN.B-73)
  • 経過中に胆管癌(9-15)が発生しうる。(YN.B-73)
  • see BPT.659
Table 16-7. Main Features of Primary Biliary Cirrhosis and Primary Sclerosing Cholangitis
Parameter primary biliary cirrhosis primary sclerosing cholangitis
Age Median age 50 years (30-70) Median age 30 years
Gender 90% female 70% male
Clinical course Progressive Unpredictable but progressive
Associated conditions Sjogren syndrome (70%) inflammatory bowel disease (70%)
scleroderma (5%) pancreatitis (?25%)
thyroid disease (20%) idiopathic fibrosing disease (retroperitoneal fibrosis)
Serology 95% AMA positive 0% to 5% AMA positive (low titer)
20% ANA positive 6% ANA positive
60% ANCA positive 82% ANCA positive
Radiology normal strictures and beading of large bile ducts; pruning of smaller ducts
duct lesion florid duct lesion; loss of small ducts concentric periductal fibrosis; loss of small ducts

参考

  • 原発性硬化性胆管炎
  • primary sclerosing cholangitis(PSC)
[display]http://www.nurs.or.jp/~academy/igaku/s5/s555.htm
[display]http://www.geekymedics.com/body-systems/hepatology/primary-sclerosing-cholangitis/
[display]http://emedicine.medscape.com/article/365202-imaging
[display]http://radiographics.rsna.org/content/20/4/959/F4.expansion.html



-primary sclerosing cholangitis
PSC

シャルコー三徴」

  [★]

Charcot triad, Charcot's triad
シャルコー三主徴シャルコーの三徴Charcot三主徴

[show details]


多発性硬化症


胆管炎

レイノルズ五徴」

  [★]

Reynolds' pentad, Reynolds pentad
胆管炎

急性閉塞性化膿性胆管炎」

  [★]

suppurative
acute obstructive suppurative cholangitis AOSC (アオスク キオスクと覚えましょう)
胆管炎, 胆道感染症レイノルズ五徴


症状

病原体

  • 腸内細菌(大腸菌など)

治療法

ドレナージ

  • 経皮経肝的胆管ドレナージ PTBD percutaneous transhepatic biliary drainage
  • 経鼻胆道ドレナージ ENBD endoscopical nasobiliary drainage

手術

合併症

禁忌

  • 胆管内への造影剤の注入

ガイドライン

  • 急性胆管炎・胆嚢炎

硬化性胆管炎」

  [★]

sclerosing cholangitis
原発性硬化性胆管炎胆管炎

参考

  • 1. 硬化性胆管炎の病理
[display]http://dspace.lib.kanazawa-u.ac.jp/dspace/bitstream/2297/24735/1/ME-PR-NAKANUMA-Y-658.pdf

ERCP後胆管炎」

  [★]

post-ERCP cholangitis
ERCP胆管炎

化膿性胆管炎」

  [★]

suppurative cholangitis

胆管」

  [★]

bile duct (Z), biliary tract
胆汁路
肝内胆管肝外胆管

胆管径

腹部超音波テキスト 第1版 p.169
  • 正常胆管径:
  • 胆摘後では肝外胆管が10mm以上になりうる
  • 加齢によって太くなる
  • とある文献によれば、総胆管径は
胆嚢炎:8.7±1.7
胆石:11±3.3
胆嚢切除後:9.5±2.6
膵炎:9.8±2.2
膵癌:14.0±2.8
リンパ腫:9.5±2.6
十二指腸疾患(十二指腸炎、十二指腸潰瘍、十二指腸瘢痕):8.4±1.0

炎」

  [★]

  • n.
  • comb form.
  • (炎症の接尾辞)itis
炎光炎症