内視鏡的乳頭括約筋切開術

endoscopic sphincterotomy, EST
内視鏡的乳頭切開術


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

Japanese Journal

  • 内視鏡的乳頭括約筋切開術により十二指腸穿孔, 総胆管完全離断を呈した1例
  • 今井 健一郎,新井田 達雄,西野 隆義,鬼澤 俊輔,秦 侑鈴,白戸 泉,伊藤 亜由美,前原 千彩
  • 日本腹部救急医学会雑誌 = Journal of abdominal emergency medicine 30(4), 581-585, 2010-05-31
  • NAID 10026919678
  • 胆嚢から総胆管に流出し閉塞性黄疸をきたした石灰乳胆汁の1例
  • 淺野 博,小島 和人,深野 敬之,三戸 聖也,小川 展二,篠塚 望
  • 日本消化器内視鏡学会雑誌 52(11), 3140-3145, 2010
  • … 症例は62歳女性.心窩部痛を主訴に受診.6カ月前のCTでは胆嚢内に限局していた石灰化像が胆嚢内と下部胆管内に移動していた.内視鏡的乳頭括約筋切開術を施行したところ泥状の胆汁が排出された.胆石に対して腹腔鏡下胆嚢摘出術を施行しペースト状の結石(炭酸カルシウム95% 以上)を認めた.胆嚢から総胆管に流出する石灰乳胆汁を経時的に確認できた症例であった. …
  • NAID 130000655019

Related Links

内視鏡的乳頭括約筋切開術. 1.内視鏡的乳頭切開術とは. (以下は削除). 胆汁が 十二指腸に流れ出る出口を、内視鏡で見ながら電気メスで切り拡げる治療法です. (参照 :内視鏡的逆行性胆管膵管造影)。 (以下は胆道ドレナージでの記載と重複しているので ...


Related Pictures

Vater乳頭内視鏡所見、主 イメージ 4内視鏡的乳頭バルーン拡張術180610000_03.jpgイメージ 13切開剥離術



★リンクテーブル★
国試過去問112A070」「104I049」「101G030」「100H021」「088B046
リンク元急性閉塞性化膿性胆管炎」「急性胆管炎」「内視鏡的乳頭切開術
関連記事乳頭」「切開」「内視鏡」「」「内視鏡的

112A070」

  [★]

  • 54歳の女性。7時間前から心窩部痛を自覚したため救急外来を受診した。意識は清明。体温 38.5℃。脈拍 80/分、整。血圧 154/94mmHg。腹部は平坦で、右季肋部に圧痛を認める。血液所見:赤血球 433万、Hb 14.0g/dL、Ht 42%、白血球 12,400、血小板 17万。血液生化学所見:アルブミン 4.5g/dL、AST 24U/L、ALT 18U/L、LD 161U/L(基準 176~353)、ALP 350U/L(基準 115~359)、γ-GTP 94U/L(基準 8~50)、尿素窒素 21mg/dL、クレアチニン 0.7mg/dL。CRP 13mg/dL。腹部造影CT(別冊No. 35)を別に示す。
  • この患者に対する処置として適切なのはどれか。2つ選べ。



[正答]


※国試ナビ4※ 112A069]←[国試_112]→[112A071

104I049」

  [★]

  • 35歳の男性。人間ドック腹部超音波検査で異常を指摘され来院した。身長172cm、体重80kg。腹部に異常を認めない。血液所見: 赤血球 520万、Hb 15.3g/dl、Ht 47%、白血球 6,800、血小板 26万。血液生化学所見: AST 24IU/l、ALT 53IU/l、γ-GTP 84IU/l(基準8-50)。腹部超音波写真(別冊No.8)を別に示す。検査中、体位による病変の移動はみられなかった。
  • 対応として最も適切なのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 104I048]←[国試_104]→[104I050

101G030」

  [★]

  • 35歳の男性。人間ドックの腹部超音波検査で異常を指摘され来院した。身長172cm、体重80kg。腹部に異常を認めない。血液所見:赤血球450万、Hb14.8g/dl、白血球6,800。血清生化学所見:AST24IU/l、ALT53IU/l、γ-GTP84IU/dl(基準8~50)。腹部超音波写真を以下に示す。検査中、体位による病変の移動はみられなかった。
  • 対応として適切なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 101G029]←[国試_101]→[101G031

100H021」

  [★]

  • 68歳の男性。発熱と右上腹部痛とを主訴に来院した。体温38.5℃。脈拍88/分、整。血圧130/58mmHg。右季肋部に圧痛を伴う腫瘤を触れる。血液所見:赤血球450万、Hb15.0g/dl、Ht48%、白血球16,500。血清生化学所見:総ビリルビン1.0mg/dl(AST40単位、ALT52単位、ALP220単位(基準260以下)。腹部超音波写真を以下に示す。
  • 治療として適切なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 100H020]←[国試_100]→[100H022

088B046」

  [★]

  • 適切な組み合わせ。3つ

急性閉塞性化膿性胆管炎」

  [★]

suppurative
acute obstructive suppurative cholangitis AOSC (アオスク キオスクと覚えましょう)
胆管炎, 胆道感染症レイノルズ五徴


症状

病原体

  • 腸内細菌(大腸菌など)

治療法

ドレナージ

  • 経皮経肝的胆管ドレナージ PTBD percutaneous transhepatic biliary drainage
  • 経鼻胆道ドレナージ ENBD endoscopical nasobiliary drainage

手術

合併症

禁忌

  • 胆管内への造影剤の注入

ガイドライン

  • 急性胆管炎・胆嚢炎

急性胆管炎」

  [★]

acute cholangitis


治療

  • 総胆管結石
  • 胆嚢摘出+総胆管切開+Tチューブドレナージ
  • 肝内結石
  • 肝切除
  • 経皮経肝内視鏡下結石切除術

鑑別疾患

ガイドライン

http://minds.jcqhc.or.jp/stc/0020/0020_ContentsTop.html

内視鏡的乳頭切開術」

  [★]

endoscopic papillotomy EPT
内視鏡的乳頭括約筋切開術 endoscopic sphincterotomy EST


-内視鏡的乳頭括約筋切開術

乳頭」

  [★]

nipple, papilla
papilla mammae
乳房


位置

  • 鎖骨中線のあたりであって、T4-T5肋骨の間、すなわち第4肋間隙にある(♂)、と思われる。
  • 上記の位置は、性差・個体差あり(KL.265)

臨床関連

  • 胸骨圧迫(心臓マッサージ):圧迫部位は両乳頭のを結ぶ線と胸骨が交わる部位である。胸骨のやや下部となる。

切開」

  [★]

incisiondissectionincise
解体解剖解離精査切開術切り込みを入れる切り込み郭清ダイセクション

内視鏡」

  [★]

endoscope
エンドスコープ
小腸内視鏡大腸内視鏡電子内視鏡

術」

  [★]

surgery
外科外科学手術外科術外科手術

内視鏡的」

  [★]

endoscopicendoscopically
内視鏡検査内視鏡下