住血吸虫症

schistosomiasis
蠕虫吸虫類

概念

  • 住血吸虫類の感染によって起こる寄生虫疾患。


参考


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2017/11/03 10:30:38」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

Japanese Journal

  • 症例報告 非流行地にて発見された日本住血吸虫症の1例
  • 森 俊文,松本 早代,井本 佳孝 [他]
  • 肝臓 55(5), 254-258, 2014-05
  • NAID 40020066575
  • エコヘルスという視点(Vol.3)歴史研究とエコヘルス
  • アフリカ(ケニア,タンザニア,サファリ,キリマンジャロ,ナイル,ビクトリア湖) (特集 実地医家のための渡航医療) -- (相談の多い有名渡航地・観光地)

Related Links

住血吸虫症 住血吸虫症は、成虫が静脈内に寄生することで生じる疾患である。尿路住血吸虫症に属するビルハルツ住血吸虫症(病原体はSchistosoma haematobium )、腸管住血吸虫症に属するマンソン住血吸虫症(S. mansoni )、日本住血吸虫症 ...
住血吸虫症の概要。住血吸虫症の主な病原体は、日本住血吸虫、マンソン住血吸虫、メコン住血吸虫、ビルハルツ住血吸虫で、前三者は肝臓の、後者は膀胱の病気を引き起こします。 日本住血吸虫症の感染源は、川や田んぼにすむ ...


Related Pictures

ビルハルツ住血吸虫症のお薬 住血吸虫症 | 顧みられない 住血吸虫症の画像 - 原寸画像 住血吸虫症と宮入慶之助 住血吸虫症:科学ニュースの森住血吸虫症の画像 - 原寸画像



★リンクテーブル★
リンク元膜性腎症」「輸入感染症」「顧みられない熱帯病」「再興感染症」「東南アジア
拡張検索日本住血吸虫症」「マンソン住血吸虫症」「ビルハルツ住血吸虫症」「尿路住血吸虫症
関連記事吸虫症」「」「吸虫

膜性腎症」

  [★]

membranous
membranous nephropathy, MN
膜性糸球体腎炎 membranous glomerulonephritis, membranous GN, MGN
ネフローゼ症候群

まとめ

  • 膜性腎症は免疫複合体が糸球体基底膜上皮下に沈着することで基底膜の肥厚をきたす疾患である。中年以降(30-40歳以降)の男性に多い。自覚症状なしにネフローゼ症候群を来たし、ネフローゼ症候群の原因として成人では30%、小児では5%を占める。病因としては特発性と続発性があるが、免疫複合体の抗原が不明な特発性が大部分(85%)を占め、残りは感染症(B型肝炎、梅毒、住血吸虫マラリア)、膠原病(SLE)、悪性腫瘍、無機金属(金、水銀)、薬剤(ペニシラミン、カプトプリル、NSAID)などによる続発性である。病理組織像では光顕的に糸球体膜の重層化・二重化・肥厚が認められ、PAM染色で糸球体基底膜上皮下にスパイク状・顆粒状の沈着物が認められる。これらは蛍光顕微鏡ではIgG、C3の沈着として認められる。電顕的には電子高密度沈着物(免疫複合体)として認められる。自覚症状はなく検診などで蛋白尿陽性として見いだされることが多い。診断には腎生検の所見による。治療は特発性の場合、無症候性であれば経過観察、ネフローゼ症候群が存在していればステロイドによる治療を行う。二次性の場合は原因疾患の治療も行う。治療抵抗例では免疫抑制薬、抗血小板薬、抗凝固療法を行う。経過は緩徐であり、予後は良好であることが多い。症例の2/3は緩徐進行、1/3は自然緩解する。(YN.E-50 SPE.599)

概念

  • 糸球体腎炎の病理診断名の一つ
  • 糸球体基底膜の上皮側にびまん性の免疫複合体が沈着し、基底膜が肥厚する疾患。
  • (1)糸球体基底膜のびまん性肥厚、(2)糸球体基底膜上皮下へのびまん性沈着
  • ネフローゼ症候群を来す。成人ネフローゼの典型例

疫学

  • 中年以降(30-50%)の男性に好発。 30-40歳代の男性に多い(QB.E-173)。
  • 健診で発覚(チャンス蛋白尿)
  • ネフローゼ症候群の原因となる。ネフローゼ症候群のうちそれぞれ占める割合は成人30%、小児5%。 (YN.E-50)

分類

病因による分類

  • 特発性(85%) ← 免疫複合体の抗原が不明
  • 続発性
APT.241
  • B型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルス、腫瘍、薬物(NSAID)、SLE

病理

蛍光抗体法
  • 糸球体基底膜のびまん性肥厚  → 糸球体膜の重層化・二重化・肥厚
  • 免疫複合体糸球体基底膜上皮下に沈着 ← 糸球体の外側  → スパイク(PAM染色で) 、 granular pattern(IgG)
  • メサンギウム領域の細胞増殖(-)

病態生理

  • 80%がネフローゼ症候群で発症し、あとは無症候性蛋白尿(QB.E-173)

症状

検査

  • 血液検査
  • ネフローゼ症候群を来す場合には低蛋白血症、低アルブミン血症
  • 尿検査
  • 尿蛋白陽性。
  • 腎生検
  • 光学顕微鏡(PAM染色):基底膜の肥厚

[show details]

  • 蛍光顕微鏡(蛍光抗体法):IgG、C3よりなる免疫複合体が糸球体上皮下腔に顆粒状に沈着

[show details]

  • 電子顕微鏡
  • 糸球体基底膜上皮下に高電子密度の顆粒状沈着物

[show details]

診断

  • 膜性腎症の診断は腎生検でのみなされる。原因不明のネフローゼ症候群には腎生検を提案している。(uptodate)
  • 蛋白尿に対する検査を行う→ネフローゼ症候群 → uptodate Serologic tests in the evaluation of nephrotic syndrome
  • 膜性腎症の原因を検索するために以下の検査を行う:自己抗体、血清C3(普通は正常)、血清学的ウイルス検査(B型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルス)、悪性腫瘍スクリーニング (uptodate)

検査所見

尿検査

  • 蛋白尿

治療

  • 免疫抑制薬
  • ステロイド(微小変化群より奏効しない)

予後

  • 治療への反応性がよく予後良好。半数例が自然寛解。   1/3は自然寛解。2/3はゆっくり進行。75%は寛解/腎機能安定/極めて緩徐な進行。(YN.E-50)
  • 10-20%が末期腎不全に移行。ネフローゼ症候群が持続する例に多い傾向。
  • 左下の図のような病変


国試

輸入感染症」

  [★]

afferent infection disease, imported infectious disease
旅行者感染症?、輸入伝染病 imported communicable disease


定義

  • 日本に存在しない伝染病が旅行者や輸入食品などによって国内に持ち込まれたもの

↓拡張

  • 過去に日本で存在したが激減した急性伝染病、性感染症を含む。

疫学

  • 旅行者下痢症(30-80%)、マラリア、急性呼吸感染症、消化器感染症、性感染症

輸入感染症

テーブルが載っている
症状 潜伏期間 主な疾患
下痢(±発熱) 短い(1週間以内) 細菌性赤痢コレラ旅行者下痢症
比較的長い・長い(1~2週間またはそれ以上) アメーバ赤痢ランブル鞭毛虫症ジアルジア症)、クリプトスポリジウム症回虫症鉤虫症糞線虫症条虫症住血吸虫症
発熱(±発疹) 短い(1週間以内) デング熱黄熱紅斑熱ペストサルモネラ症
比較的長い(1~2週間) ウイルス性出血熱ラッサ熱エボラ出血熱マールブルグ病など)日本脳炎急性灰白髄炎ポリオ)、ツツガ虫病腸チフスパラチフスブルセラ症マラリアトリパノソーマ症アフリカ睡眠病シャーガス病
長い(2週間以上) 各種肝炎(A,B,C,E型)、マラリア熱帯熱マラリア以外)、アメーバ性肝膿瘍カラアザール内臓リーシュマニア症
発疹(+発熱) 短い(1週間以内) デング熱紅斑熱
比較的短い(1~2週間) ウイルス性出血熱ツツガ虫病腸チフスパラチフス
皮膚炎/移動性皮膚腫瘤 皮膚リーシュマニア症オンコセルカ症鉤虫症顎口虫症旋毛虫

顧みられない熱帯病」

  [★]

neglected tropical diseases, NTDs


neglected tropical diseases

other 'neglected' conditions

参考

[display]http://www.who.int/neglected_diseases/diseases/en/

再興感染症」

  [★]

reemerging infectious disease, re-emerging infectious disease
感染症新興感染症
再興感染症(re-emerging infectious diseases)とは、すでに知られてはいたもののその発生数は著しく減少し、もはや多くの人々にとって健康上の問題は少ないと考えられていた感染症のうち、再び出現し問題疾患として復活してきたものとされています

一覧

ウイルス 狂犬病
デング熱
黄熱病
細菌 炭疽病
劇症型A群連鎖球菌感染症
塹壕熱
ペスト
結核
百日咳
サルモネラ
肺炎球菌感染症
コレラ
ジフテリア
髄膜炎菌性髄膜炎
耐性菌感染症
原虫・寄生虫 マラリア
住血吸虫症
ニューロシスチセルコーシス
アカントアメーバー症
リーシュマニア症
トキソプラスマ症
ランブル鞭毛虫症(ジアルジア)
エキノコックス症

東南アジア」

  [★]

感染症 http://www.forth.go.jp/tourist/worldinfo/01_area/h02_ases.html

経口(食品・水)

虫が媒介する疾患

その他

発熱

下痢

日本住血吸虫症」

  [★]

schistosomiasis japonica
東洋住血吸虫症 oriental schistosomiasis eastern schistosomiasis
佐賀流行病山梨病片山病
日本住血吸虫片山症候群

マンソン住血吸虫症」

  [★]

schistosomiasis mansoni, mansonian schistosomiasis
マンソン住血吸虫病Schistosoma mansoni

ビルハルツ住血吸虫症」

  [★]

bilharziasisschistosomiasis haematobia
住血吸虫症尿路住血吸虫症

尿路住血吸虫症」

  [★]

urinary schistosomiasis
ビルハルツ住血吸虫症

吸虫症」

  [★]

trematode infection
横川吸虫症吸虫感染吸虫感染症肥大吸虫症

症」

  [★]

sis, pathy
  • 検査や徴候に加えて症状が出ている状態

吸虫」

  [★]

trematodeflukeTrematoda
吸虫類吸虫綱