antiepileptic drug

抗てんかん薬

WordNet

  1. use recreational drugs (同)do drugs
  2. administer a drug to; "They drugged the kidnapped tourist" (同)dose
  3. a substance that is used as a medicine or narcotic

PrepTutorEJDIC

  1. 『薬』,薬品,薬剤 / 『麻薬』,麻酔剤 / 〈人〉‘に'薬(特に麻酔剤)を与える / 〈飲食物〉‘に'(麻酔薬・毒薬などの)薬を混ぜる

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/08/06 11:11:23」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

English Journal

  • Neuroprotective activity of stiripentol with a possible involvement of voltage-dependent calcium and sodium channels.
  • Verleye M1, Buttigieg D2, Steinschneider R2.
  • Journal of neuroscience research.J Neurosci Res.2016 Feb;94(2):179-89. doi: 10.1002/jnr.23688. Epub 2015 Oct 29.
  • A growing body of data has shown that recurrent epileptic seizures may be caused by an excessive release of the excitatory neurotransmitter glutamate in the brain. Glutamatergic overstimulation results in massive neuronal influxes of calcium and sodium through N-methyl-D-aspartate (NMDA), α-amino-3
  • PMID 26511438
  • Acute jugular vein thrombosis during rituximab administration: Review of the literature.
  • Dada R1, Zekri J2, Ramal B3, Ahmad K4.
  • Journal of oncology pharmacy practice : official publication of the International Society of Oncology Pharmacy Practitioners.J Oncol Pharm Pract.2016 Feb;22(1):165-9. doi: 10.1177/1078155214543278. Epub 2014 Jul 24.
  • Rituximab, a chimeric monoclonal antibody is licensed for the treatment of CD20 positive lymphomas. Previous studies have found rituximab, in combination with cyclophosphamide, doxorubicin, vincristine, and prednisone chemotherapy, is superior to cyclophosphamide, doxorubicin, vincristine, and predn
  • PMID 25063762
  • Comparative neurocognitive effects of lithium and anticonvulsants in long-term stable bipolar patients.
  • Sabater A1, García-Blanco AC2, Verdet HM1, Sierra P3, Ribes J1, Villar I1, Lara MJ1, Arnal P1, Rojo L3, Livianos L3.
  • Journal of affective disorders.J Affect Disord.2016 Jan 15;190:34-40. doi: 10.1016/j.jad.2015.10.008. Epub 2015 Oct 14.
  • BACKGROUND: The aim of choosing a mood-stabilizing drug (lithium or anticonvulsants) or a combination of them with minimal neurocognitive effects is to stimulate the development of criteria for a therapeutic adequacy, particularly in Bipolar Disorder (BD) patients who are clinically stabilized.METHO
  • PMID 26480209

Japanese Journal

  • ケトン食療法長期継続中のDravet症候群の検討
  • 坂内 優子,小国 弘量,小国 美也子,伊藤 康,大澤 眞木子
  • 東京女子医科大学雑誌 83(E1), E58-E64, 2013-01-31
  • 【目的】ケトン食療法を長期維持できている症例を検討し、効果や問題点などを明らかにする。,【方法】当科通院加療中のDravet症候群のうち、1年以上ケトン食療法を継続中の患児についてケトン食治療の実際、治療効果、副作用などについて調査した。,【対象】男児2例、女児2例、調査時年齢5歳0ヶ月〜11歳10ヶ月であった。てんかん発症月齢0歳3ヶ月〜0歳7ヶ月。臨床病型は典型的Dravet症候群 3例、ミオ …
  • NAID 110009559426
  • ジアゼパム就前療法が著効した徐波睡眠時持続性棘徐波(CSWS)を伴うLandau-Kleffner症候群の2例
  • 藤井 明子,小国 弘量,吉川 陽子,大澤 眞木子
  • 東京女子医科大学雑誌 83(E1), E260-E264, 2013-01-31
  • 我々は、ジアゼパム(DZP)就前療法が著効した徐波睡眠時持続性棘徐波(CSWS)を伴うLandau-Kleffner症候群の2例を報告する。2症例とも、焦点性運動発作と、発作間欠期脳波検査で中心・側頭部優位のてんかん性脳波異常を認め、発作に前後して聴覚失認が出現した。様々な抗てんかん薬治療や、ACTH療法で無効ないし一過性効果のみであった。DZP静注負荷にてCSWS脳波の改善を認め、就前一回DZP …
  • NAID 110009559416
  • 透析後にてんかん発作を繰り返し、ゾニサミドの追加投与が発作の抑制に有効であった前頭葉てんかんの一例
  • 榊原 英輔,曽根 大地,冨岡 悠,谷口 豪,村田 佳子,渡邉 裕貴
  • てんかん研究 31(1), 47-53, 2013
  • 高齢化に伴い、日本では慢性透析療法中のてんかん患者が増加していくと予想される。我々は、バルプロ酸とフェニトインで治療されていた慢性透析療法中の前頭葉てんかんの患者にゾニサミドの追加投与が有効であった症例を報告する。症例は50歳女性。間質性腎炎のために43歳で血液透析が導入された。48歳時、意識消失を伴う全身けいれんが生じ、右前頭葉の陳旧性脳梗塞による症候性部分てんかんの診断にてバルプロ酸とフェニト …
  • NAID 130003362400

Related Links

... Lariccia V, Secondo A, di Renzo G, Annunziato L. The antiepileptic drug levetiracetam decreases the inositol 1,4,5-trisphosphate-dependent [Ca2+]I increase induced by ATP and bradykinin in PC12 cells. J Pharmacol Exp. . ...
Patients in the study who withdrew from antiepileptic drug (AED) treatment were not significantly more likely to have seizure recurrence than were those who did not, thereby meeting the common secondary goal of discontinuing or ...


Related Pictures

Information about Antiepileptic Drugs.jpgantiepileptic drug chartantiepileptic drug - a drug used to treat Antiepileptic Drug Interactions : Philip N Figure 1 : Epilepsy: Perampanel[mdash]new aeds # drugs # epilepsy # pregnancy



★リンクテーブル★
リンク元抗てんかん薬」「抗てんかん剤」「anticonvulsants」「antiepileptic agent」「AED
関連記事antiepileptic」「drug

抗てんかん薬」

  [★]

antiepileptic drug, antiepileptic antiepileptics
てんかん薬理学

抗てんかん薬

薬物 大発作 小発作 皮質焦点発作 精神運動発作 ミクローヌス発作 異型小発作 てんかん重積 二次的全般発作 副作用 作用機序
バルビツール酸 フェノバルビタール             眠気、呼吸抑制、ポルフィリン尿症 GABAA受容体に作用
プリミドン × ×        
ヒダントイン フェニトイン ×           小脳症状(萎縮)、肝障害、骨髄抑制、
心室細動、歯肉増殖フェニトイン中毒
不活性化状態のNaチャネルに結合
エトトイン            
オキサゾリジン トリメタジオン   *1             催奇形性(最強) シナプス前・後部に作用し伝達物質放出と
伝達物質への感受性に影響
サクシニミド エトスクシミド                 Cl-チャネルを開口させることによって、
GABA神経機能を亢進
フェニル尿素 アセチルフェネトライド       *2            
イミノスチルベン カルバマゼピン             小脳症状、発疹、骨髄抑制、肝障害 Naチャネルをブロックする
ベンズイソキサゾール ゾニサミド         体重減少、眠気、腎尿管結石 T型のCa2+電流を抑制、
電位依存性のNa+チャネルの不活性化の状態を延長
炭酸脱水素酵素阻害薬 アセタゾラミド             炭酸脱水素酵素阻害
ベンゾジアゼピン ジアゼパム           *3   呼吸抑制、眠気 GABAA受容体に作用
クロナゼパム             眠気、めまい、小脳症状
GABA分解酵素阻害薬 バルプロ酸 *4 悪心・嘔吐、肝障害、
高アンモニア症、毛髪の変化、催奇形性
GABA分解酵素阻害
*1 第一選択薬ではない
*2 他薬が無効な精神運動発作のみに使用
*3 てんかん重積の第一選択薬
*4 第一選択薬

新規の抗てんかん薬

抗てんかん薬の選択

  • 部分発作:カルバマゼピン、バルプロ酸
  • 全般発作:バルプロ酸フェニトイン
  • ミオクローヌス発作:クロナゼパム

抗てんかん剤」

  [★]

antiepileptic drug
抗てんかん薬

商品

anticonvulsants」

  [★]

抗痙攣薬抗けいれん薬

anticonvulsantanticonvulsant agentanticonvulsant drugantiepileptic agentantiepileptic drugantiepilepticsantiseizure drug
Antiseizure drug(s)

antiepileptic agent」

  [★]

anticonvulsant druganticonvulsantsantiepilepticantiepileptic drugantiepileptics

AED」

  [★]

antiepileptic」

  [★]

  • adj.
  • 抗てんかんの
  • n.

drug」

  [★]

drugs