フェニル尿素

phenylurea


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

Japanese Journal

  • 飼料中のジウロンの液体クロマトグラフ質量分析計による定量法
  • 野村 昌代,杉本 泰俊,鷲尾 和也
  • 飼料研究報告 35, 1-14, 2010
  • NAID 40017276012
  • ストレプトマイシンにより無核化したブドウ'藤稔'の果粒肥大と品質に及ぼすジベレリンおよびCPPU処理の影響(発育抑制)
  • 石川 一憲,馬場 正,谷澤 貞幸,高橋 久光,池田 富喜夫
  • 園芸学研究 2(3), 209-213, 2003-09-15
  • … 4倍性ブドウ'藤稔'において,開花前ストレプト7イシン(SM)200ppmで誘発した無核ブドウの肥大促進を図るために,満開時および満開11日後のジベレリンGA_3(GA)単独か,GAと1-(2-クロロー4-ピリジル)-3-フェニル尿素(CPPU)を混用して処理した場合,また,果房の着粒数を変えた場合,果粒肥大や品質に及ぼす影響について検討した.1.満開後11日目の,GA 25ppmとCPPU(5, 7.5, 10ppm)との混合処理では,高い濃度ほど大果房を生産したが,平均1粒重は20g …
  • NAID 110001803334

Related Links

ChemicalBook あなたのためにフェニル尿素(64-10-8)の化学的性質を提供して、融点、価格、蒸気圧、沸点、毒性、比重、沸点、密度、分子式、分子量、物理的な性質、毒性 税関のコードなどの情報、同時にあなたは更にフェニル尿素(64 ...
純正化学株式会社は、創業以来50余年の試薬業者です。ファインケミカルのメーカーとして、試薬および各種化成品の製造ならびに新規化成品の受託合成を実施しています。フェニル尿素を取扱


Related Pictures

 フェニル 3 フェニル 1h ピラゾ 置換 フェニル 尿素 誘導金属の回収方法、それに使用 推奨銘柄】シミック mは、0または1であり;チオ尿素化合物



★リンクテーブル★
リンク元抗てんかん薬
関連記事尿素」「フェニル

抗てんかん薬」

  [★]

antiepileptic drug, antiepileptic antiepileptics
てんかん薬理学

抗てんかん薬

薬物 大発作 小発作 皮質焦点発作 精神運動発作 ミクローヌス発作 異型小発作 てんかん重積 二次的全般発作 副作用 作用機序
バルビツール酸 フェノバルビタール             眠気、呼吸抑制、ポルフィリン尿症 GABAA受容体に作用
プリミドン × ×        
ヒダントイン フェニトイン ×           小脳症状(萎縮)、肝障害、骨髄抑制、
心室細動、歯肉増殖フェニトイン中毒
不活性化状態のNaチャネルに結合
エトトイン            
オキサゾリジン トリメタジオン   *1             催奇形性(最強) シナプス前・後部に作用し伝達物質放出と
伝達物質への感受性に影響
サクシニミド エトスクシミド                 Cl-チャネルを開口させることによって、
GABA神経機能を亢進
フェニル尿素 アセチルフェネトライド       *2            
イミノスチルベン カルバマゼピン             小脳症状、発疹、骨髄抑制、肝障害 Naチャネルをブロックする
ベンズイソキサゾール ゾニサミド         体重減少、眠気、腎尿管結石 T型のCa2+電流を抑制、
電位依存性のNa+チャネルの不活性化の状態を延長
炭酸脱水素酵素阻害薬 アセタゾラミド             炭酸脱水素酵素阻害
ベンゾジアゼピン ジアゼパム           *3   呼吸抑制、眠気 GABAA受容体に作用
クロナゼパム             眠気、めまい、小脳症状
GABA分解酵素阻害薬 バルプロ酸 *4 悪心・嘔吐、肝障害、
高アンモニア症、毛髪の変化、催奇形性
GABA分解酵素阻害
*1 第一選択薬ではない
*2 他薬が無効な精神運動発作のみに使用
*3 てんかん重積の第一選択薬
*4 第一選択薬

新規の抗てんかん薬

抗てんかん薬の選択

  • 部分発作:カルバマゼピン、バルプロ酸
  • 全般発作:バルプロ酸フェニトイン
  • ミオクローヌス発作:クロナゼパム

尿素」

  [★]

urea
カルバミド carbamideウレア
アセチロールイソジンシュガーパスタウリモックスウレアウレパールカフコデN配合ケラチナミンケラベンスコンベルビーノルニチカミンパスタロンパステルハップ ビタルファピロニックプラチアミンブロバリンブロムワレリル尿素 ベギンユービットワイドコール
尿素クリアランスウレアーゼ
  • 溶解度 700g/L

O=C(NH2)2

腎臓

  • 多くの組織では浸透圧物質として無効であるが、腎臓のネフロンの多くの部位では有効な浸透圧物質である (文献名不明 p.373)
  • 再吸収:近位尿細管、集合管(ADH作用時)
  • 分泌 :ヘンレプールの細い部分
  • GFRが低下すると血中尿素濃度と血中クレアチン濃度は上昇し、GFRが正常の1/3-1/4になると顕著となる。

腎髄質での尿濃縮機構

  • 腎臓における尿の濃縮は(1)腎髄質の浸透圧勾配(NaCl尿素が形成)と(2)集合管による水透過性に支配されている。
  • 尿素が腎髄質の浸透圧勾配に重要な役割を果たしている。
  • シスプラチンは尿素サイクルを抑制し、尿濃縮機構を障害する。


臨床関連

  • GFRが低下して血中に窒素化合物が蓄積している状態

フェニル」

  [★]

phenylPh
フェニール