アゾール系抗真菌薬

azole antifungal drug
抗真菌薬真菌

作用機序

代謝

併用禁忌


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

Japanese Journal

  • P1-346 ビンカアルカロイド薬投与時の経口アゾール系抗真菌薬一時休薬による神経毒性発症頻度の減少効果についての検討 : 後方視的解析(一般演題 ポスター発表,癌薬物療法(副作用対策),臨床から学び臨床へと還元する医療薬学)
  • 大里 洋一,早部 紘子,宮松 洋信,齊藤 裕美子,可児 里奈子,夏目 真紀,横山 智央,大屋敷 一馬,明石 貴雄
  • 日本医療薬学会年会講演要旨集 20, 344, 2010-10-25
  • NAID 110008108728
  • 日本医真菌学会法による「酵母の抗真菌薬感受性試験法」に関する検討 : 改変法の提案2009
  • 西山 彌生,阿部 美知子,池田 玲子,宇野 潤,小栗 豊子,渋谷 和俊,前崎 繁文,毛利 忍,山田 剛,石橋 弘子,蓮見 弥生,安部 茂
  • 日本医真菌学会雑誌 = Japanese journal of medical mycology 51(3), 153-163, 2010-07-30
  •  日本医真菌学会提案による「酵母様真菌の抗真菌薬感受性試験法」(以下JSMM法)のアゾール系抗真菌薬の終末点判定基準は,80%発育阻止濃度(IC80)と規定されている.最近,この基準で測定されたMIC値が,国際的な標準法とされるCLSI M27-A2法(以下CLSI法)のそれと乖離することが指摘されるようになった.そこで,JSMM法をより有用性の高い標準法として見直すことを目的に,Candida …
  • NAID 10029085480
  • 出芽酵母発現系を用いた病原真菌の多剤排出システムの解析
  • 新見 昌一
  • 日本医真菌学会雑誌 = Japanese journal of medical mycology 51(2), 79-86, 2010-04-30
  • 深在性真菌症は免疫不全などの基礎疾患のうえに成立する.原因となる真菌は多種にわたるが,有効な抗真菌治療薬は限られている.広く用いられているアゾール系抗真菌薬は耐性菌出現の問題があり,それを克服するため耐性機構の解析が活発になされ,多くの事象が明らかになった.我々は生理・生化学的性状およびゲノム情報が最もよく解析されている出芽酵母を用いてその解明に取り組んできた.本稿では,先ずnon- albica …
  • NAID 10029085251

Related Links

アゾール系抗生物質は、真菌のシトクロムP-450(うちラノステロールのC-14のメチル基 を脱メチル化するもの)を阻害し、真菌細胞膜成分であるエルゴステロールの合成を 阻害する。 しかし、いくら真菌のP-450に選択性があるといっても、多少は人のP-450( ...
抗真菌薬(こうしんきんやく、英: antifungal drug)は、真菌の生育を阻害する医薬品で ある。真菌症の治療や、農薬 ... イミダゾール系. トリコナゾール系とあわせてアゾール系 といわれる。細胞膜のエルゴステロールの合成過程を阻害する。ポリエン系よりも副作用 ...


Related Pictures

単独投与した場合 併用投与 アゾール系抗真菌薬ポリエン系抗真菌薬真菌細胞における主要抗真菌 抗真菌薬を切り替える方法 系抗真菌薬の化学構造式



★リンクテーブル★
リンク元クリプトコッカス属
拡張検索トリアゾール系抗真菌薬
関連記事真菌」「抗真菌薬」「」「抗真菌

クリプトコッカス属」

  [★]

Cryptococcus
Cryptococcus属
真菌

トリアゾール系抗真菌薬」

  [★]

antifungal of triazole derivative
抗真菌薬真菌


  • 抗真菌薬
  • アゾール系
  • トリアゾール系

作用機序

C-14脱メチル化反応抑制

トリアゾール系抗真菌薬

適応

  • 深在性真菌症 全身性真菌症

真菌」

  [★]

fungus, (pl.)fungi
かび菌類 Mycota
微生物学真菌症抗真菌薬


細菌、真菌、藻類、原虫

  • いずれも単細胞生物
  • 細菌は核を持たないが、それ以外は核を持つ
  • 細胞壁の多糖:細菌はペプチドグリカンなど。真菌はβグルカン、キチン。藻類はセルロース。原虫は細胞壁を持たない
  • 栄養獲得様式:藻類は光合成独立栄養生性。

大きさ

  • 数μm。観察に油浸レンズは不要

細胞膜

細胞壁

線維状多糖

  • 細胞壁の骨格となる
  • キチンとβ-グルカンからなる。
  • 特殊な多糖にキトサンがある

キチン

β-グルカン

  • グルコースのホモ重合体
  • β(1→3)結合、β(1→6)結合
  • 酵母では細胞壁成分にβ-1,3-グルカンが多い

キトサン

糖タンパク質

形態による分類

Coccidioides immitis
Histoplasma capsulatum
Sporothrix schenckii
Candida albicans

培養と感染組織における形態


菌糸の構造

接合菌などの下等真菌にのみ見られる

菌糸の機能

生殖方式による分類

有性生殖と無性生殖

  • 有性生殖と無性生殖を行う
  • 無性生殖のみ行う

有性胞子形成

無性胞子形成

培養

  • グルコース1-4%, ペプトン1%

種類

真菌の染色法(SMB.358)

  • 細胞壁の多糖を染色:コットンブルー(cotton blue)、グラム染色(全ての真菌はグラム陽性)
  • 真菌細胞壁多糖を特異的に染色:PAS染色、Grocottメテナミン銀染色、ファンギフローラY

参考

  • 真菌の写真 - Fungal Images

病原体としての真菌

分類群 菌名 病名 出芽分裂 菌体 菌糸 胞子 発芽管 寄生性 感染経路 病原体の特徴 病型 検査 治療
不完全菌 Candida albicans カンジダ症     仮性菌糸 厚膜胞子 形成   常在菌→各所 日和見感染症      
担子菌 Filobasidiella neoformans クリプトコッカス症 出芽 厚い莢膜       通性細胞内寄生体 鳩の乾燥糞→空気感染→肺(通性細胞内寄生体) 日和見感染菌 肺クリプトコッカス症
中枢神経クリプトコッカス症、
皮膚クリプトコッカス症
全身性クリプトコッカス症
墨汁染色 ( アムホテリシンB or フルコナゾール )
  ± フルシトシン
不完全菌 Trichosporon asahii トリコスポロン症     仮性菌糸 分節分生子              
子嚢菌 Aspergillus fumigatus/
'Aspergillus flavus
アスペルギルス症   糸状菌
不完全菌
有隔菌糸       土壌や朽ちた植物、空気中の浮遊胞子        
  Mucor/'Rhizopus/
Absidia/Rhizomucor
ムコール症     無隔菌糸     血管に親和性 土壌や朽ちた植物、空気中の浮遊胞子
 → 浮遊胞子の吸入
  鼻眼脳型ムコール症
侵襲性肺ムコール症
全身播種型ムコール症
β-D-グルカン陰性。
喀痰、血培陰性
アムホテリシンB
子嚢菌 Pneumocystis jirovecii
('Pneumocystis carini)
ニューモシスチス・カリニ感染症                      
子嚢菌 Histoplasma capsulatum ヒストプラスマ症 二形性真菌
 37℃酵母型発育
 25℃菌糸形成
          空気感染。肺に一次病変を作り様々な臓器に播種 AIDS患者に好発      
不完全菌 Coccidioides immitis コクシジオイデス症 二形性真菌     内生胞子              
不完全菌 Sporothrix schenckii スポロトリクス症 二形性真菌                    

抗真菌薬」

  [★]

antifungal drug, antifungal, antimycotic
真菌真菌症抗真菌薬一覧


作用機序

作用部位 薬物 作用機序 スペクトル
細胞膜 キャンディン系抗真菌薬 1,3-β-D-グルカン合成阻害 カンジダとアスペルギウス。ムコールクリプトコッカスには無効
細胞膜 アムホテリシンB エルゴステロールに結合し細胞膜破壊、殺菌的 広スペクトル
アゾール系抗真菌薬 エルゴステロール合成阻害 カンジダとアスペルギウス
フルシトシン 核酸合成阻害 カンジダのみ

抗真菌薬一覧

薬」

  [★]

drug, agent
薬物
作用薬ドラッグ媒介物病原体麻薬薬剤薬物代理人薬品

抗真菌」

  [★]

antifungalantimycotic
抗真菌剤抗真菌性抗真菌薬