胞子

spore
芽胞

WordNet

  1. a small usually single-celled asexual reproductive body produced by many nonflowering plants and fungi and some bacteria and protozoans and that are capable of developing into a new individual without sexual fusion; "a sexual spore is formed after the fus

PrepTutorEJDIC

  1. 胞子;胚種

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2012/10/02 07:51:44」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

Japanese Journal

  • 青色LED光照射によるウンシュウミカン果実の青かび病抑制効果
  • 山家 一哲,高橋 哲也,石井 香奈子 [他]
  • 園芸学研究 14(1), 83-87, 2015-01-15
  • NAID 40020342362
  • 全国食品衛生監視員研修会優秀演題 マグロ類の粘液胞子虫(クドア属)の寄生実態調査
  • 宝田 智沙,佐々木 祐,廣島 愛弓 [他]
  • 食品衛生研究 = Food sanitation research 65(1), 39-45, 2015-01
  • NAID 40020312966
  • 3.一般住宅におけるノシメマダラメイガの微胞子虫感染調査(一般講演(1),都市有害生物管理学会第35回大会講演要旨)
  • 小田 尚幸,川上 裕司,橋本 一浩
  • 都市有害生物管理 4(2), 117, 2014-12-20
  • NAID 110009878595

Related Links

胞子 ほうし spore 無性生殖の一つの方法として植物体に生じる生殖細胞。これらの細胞は単独で発芽して新個体となり,配偶子のように融合,合体は行わない。藻類では鞭毛によって遊泳を行う遊走子というものが特に発達している。
胞子のう・胞子・前葉体の観察(自然に育ったシダを材料として) ・胞子のう・胞子 (肉眼とルーペでの観察)-材料はタマシダ(Nephrolepis cordifolia)


Japan Pharmaceutical Reference

薬効分類名

  • 有胞子性乳酸菌製剤

販売名

  • ラックメロン散2%

組成

  • ラックメロン散2%は、1g中に有胞子性乳酸菌 (ラクボン原末) 20mg (生菌数1億) を含有する。
  • 添加物として乳糖水和物、軽質無水ケイ酸を含有する。

効能または効果

  • 腸内菌叢の異常による諸症状の改善
  • 通常成人1日3〜6gを3回に分割経口投与する。小児は通常1日1.5〜3gを3回に分割経口投与する。

なお、年齢、症状により適宜増減する。

薬効薬理

  • ○腸管内で発芽・繁殖し、乳酸を産生して腸内の有害細菌の増殖を抑制する。
  • ○腸内有害菌によるビタミンB1・B2・C等の分解を防止し、各種腸障害に対し、腸内生理的防護作用を果たす。

有効成分に関する理化学的知見

一般名:

  • 有胞子性乳酸菌 (Spore Forming Lactic Acid Bacteria)

本品はBacillus coagulans の乾燥した胞子及び生菌菌体又はこれに乳糖、白糖、デキストリン、デンプンなど適当な賦形剤若しくはそれらの混合物を混合して製したものである。
本品1g中に有胞子性乳酸菌の生菌を5×109〜1×1012個含む。

性状:

  • 本品は白色〜淡褐色の粉末で、わずかに特異なにおいがある。

★リンクテーブル★
リンク元真菌」「芽胞
拡張検索微胞子虫」「微胞子虫綱」「微胞子虫亜門」「微胞子虫門」「無胞子グラム陽性定形桿菌
関連記事

真菌」

  [★]

fungus, (pl.)fungi
かび菌類 Mycota
微生物学真菌症抗真菌薬


細菌、真菌、藻類、原虫

  • いずれも単細胞生物
  • 細菌は核を持たないが、それ以外は核を持つ
  • 細胞壁の多糖:細菌はペプチドグリカンなど。真菌はβグルカン、キチン。藻類はセルロース。原虫は細胞壁を持たない
  • 栄養獲得様式:藻類は光合成独立栄養生性。

大きさ

  • 数μm。観察に油浸レンズは不要

細胞膜

細胞壁

線維状多糖

  • 細胞壁の骨格となる
  • キチンとβ-グルカンからなる。
  • 特殊な多糖にキトサンがある

キチン

β-グルカン

  • グルコースのホモ重合体
  • β(1→3)結合、β(1→6)結合
  • 酵母では細胞壁成分にβ-1,3-グルカンが多い

キトサン

糖タンパク質

形態による分類

Coccidioides immitis
Histoplasma capsulatum
Sporothrix schenckii
Candida albicans

培養と感染組織における形態


菌糸の構造

接合菌などの下等真菌にのみ見られる

菌糸の機能

生殖方式による分類

有性生殖と無性生殖

  • 有性生殖と無性生殖を行う
  • 無性生殖のみ行う

有性胞子形成

無性胞子形成

培養

  • グルコース1-4%, ペプトン1%

種類

真菌の染色法(SMB.358)

  • 細胞壁の多糖を染色:コットンブルー(cotton blue)、グラム染色(全ての真菌はグラム陽性)
  • 真菌細胞壁多糖を特異的に染色:PAS染色、Grocottメテナミン銀染色、ファンギフローラY

参考

  • 真菌の写真 - Fungal Images

病原体としての真菌

分類群 菌名 病名 出芽分裂 菌体 菌糸 胞子 発芽管 寄生性 感染経路 病原体の特徴 病型 検査 治療
不完全菌 Candida albicans カンジダ症     仮性菌糸 厚膜胞子 形成   常在菌→各所 日和見感染症      
担子菌 Filobasidiella neoformans クリプトコッカス症 出芽 厚い莢膜       通性細胞内寄生体 鳩の乾燥糞→空気感染→肺(通性細胞内寄生体) 日和見感染菌 肺クリプトコッカス症
中枢神経クリプトコッカス症、
皮膚クリプトコッカス症
全身性クリプトコッカス症
墨汁染色 ( アムホテリシンB or フルコナゾール )
  ± フルシトシン
不完全菌 Trichosporon asahii トリコスポロン症     仮性菌糸 分節分生子              
子嚢菌 Aspergillus fumigatus/
'Aspergillus flavus
アスペルギルス症   糸状菌
不完全菌
有隔菌糸       土壌や朽ちた植物、空気中の浮遊胞子        
  Mucor/'Rhizopus/
Absidia/Rhizomucor
ムコール症     無隔菌糸     血管に親和性 土壌や朽ちた植物、空気中の浮遊胞子
 → 浮遊胞子の吸入
  鼻眼脳型ムコール症
侵襲性肺ムコール症
全身播種型ムコール症
β-D-グルカン陰性。
喀痰、血培陰性
アムホテリシンB
子嚢菌 Pneumocystis jirovecii
('Pneumocystis carini)
ニューモシスチス・カリニ感染症                      
子嚢菌 Histoplasma capsulatum ヒストプラスマ症 二形性真菌
 37℃酵母型発育
 25℃菌糸形成
          空気感染。肺に一次病変を作り様々な臓器に播種 AIDS患者に好発      
不完全菌 Coccidioides immitis コクシジオイデス症 二形性真菌     内生胞子              
不完全菌 Sporothrix schenckii スポロトリクス症 二形性真菌                    

芽胞」

  [★]

spore
胞子エンドスポア endospore
炭疽菌セレウス菌など

Clostridium

破傷風菌ボツリヌス菌ガス壊疽菌群など
  • 物理的・化学的に安定
  • 加熱滅菌:121℃,15分で死滅
  • 多くの消毒剤に抵抗性。煮沸消毒無効(100℃,15分以上)

微胞子虫」

  [★]

Microsporidiamicrosporidian
微胞子虫目微胞子虫亜門微胞子虫門微胞子虫綱

微胞子虫綱」

  [★]

Microsporea
微胞子虫微胞子虫目微胞子虫亜門

微胞子虫亜門」

  [★]

Microspora
微胞子虫微胞子虫目微胞子虫綱

微胞子虫門」

  [★]

Microsporidia
微胞子虫

無胞子グラム陽性定形桿菌」

  [★]

regular Gram-positive asporogenous rod

子」

  [★]

child
子供雑種小児小児用