キチナーゼ

chitinase
キチン分解酵素


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/09/17 12:35:44」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

Japanese Journal

  • シイタケ収穫後の子実体老化に関与する酵素の研究
  • 坂本 裕一
  • 日本きのこ学会誌 : mushroom science and biotechnology 19(2), 73-78, 2011-07-31
  • シイタケ子実体は,収穫直後から急激に子実体の褐変化や軟化といった老化現象が起こる.子実体の老化は,シイタケの品質の著しい低下を引き起こす.本論文ではこれまで著者の所属する研究センターで行ってきた収穫後の老化に関わる酵素の研究を中心に,収穫後の子実体の老化のメカニズムを紹介する.きのこの子実体の着色には,ラッカーゼやチロシナーゼといった,フェノールオキシダーゼ類が関与していると考えられている.シイタ …
  • NAID 110008711281
  • マウスのキチナーゼおよびキチナーゼ様タンパク質とアロサミジン類
  • 村岡 聖子,野田 直孝,井上 博雅,菊池 直也,長澤 寛道,作田 庄平
  • キチン・キトサン研究 = Chitin and chitosan research 17(1), 70-73, 2011-04-01
  • NAID 10028164204
  • 分子間相互作用解析 : キチン/キチナーゼ系への展開
  • 吉川 佳広,田中 丈士
  • キチン・キトサン研究 = Chitin and chitosan research 17(1), 14-23, 2011-04-01
  • NAID 10028163999

Related Links

2005年7月31日 ... キチナーゼ、グルカナーゼの生体防御における役割. 植物は侵入しようとする微生物を 察知し、自己防御機構を活性化する。この動的抵抗性は、非宿主抵抗性、品種特異的 抵抗性、および、基礎的抵抗性の3クラスに分類できる。これらの中で ...
微生物のキチン・キトサン分解酵素に関する研究. キチンはカニの甲羅やエビの殻に 含まれる多糖であり,セルロースに次いで地球上に豊富に存在するバイオマスである. キチンおよびその脱アセチル化誘導体であるキトサンは,バイオマテリアルとして繊維 素材・ ...


Related Pictures

農学部教員紹介3. B. gladioli CHB101 株が示す キチナーゼがカビの生育を阻害 キチナーゼの立体構造スーパーM.P.B」(1リットル)キチナーゼ.PNG



★リンクテーブル★
リンク元真菌」「chitinase」「キチン分解酵素

真菌」

  [★]

fungus, (pl.)fungi
かび菌類 Mycota
微生物学真菌症抗真菌薬


細菌、真菌、藻類、原虫

  • いずれも単細胞生物
  • 細菌は核を持たないが、それ以外は核を持つ
  • 細胞壁の多糖:細菌はペプチドグリカンなど。真菌はβグルカン、キチン。藻類はセルロース。原虫は細胞壁を持たない
  • 栄養獲得様式:藻類は光合成独立栄養生性。

大きさ

  • 数μm。観察に油浸レンズは不要

細胞膜

細胞壁

線維状多糖

  • 細胞壁の骨格となる
  • キチンとβ-グルカンからなる。
  • 特殊な多糖にキトサンがある

キチン

β-グルカン

  • グルコースのホモ重合体
  • β(1→3)結合、β(1→6)結合
  • 酵母では細胞壁成分にβ-1,3-グルカンが多い

キトサン

糖タンパク質

形態による分類

Coccidioides immitis
Histoplasma capsulatum
Sporothrix schenckii
Candida albicans

培養と感染組織における形態


菌糸の構造

接合菌などの下等真菌にのみ見られる

菌糸の機能

生殖方式による分類

有性生殖と無性生殖

  • 有性生殖と無性生殖を行う
  • 無性生殖のみ行う

有性胞子形成

無性胞子形成

培養

  • グルコース1-4%, ペプトン1%

種類

真菌の染色法(SMB.358)

  • 細胞壁の多糖を染色:コットンブルー(cotton blue)、グラム染色(全ての真菌はグラム陽性)
  • 真菌細胞壁多糖を特異的に染色:PAS染色、Grocottメテナミン銀染色、ファンギフローラY

参考

  • 真菌の写真 - Fungal Images

病原体としての真菌

分類群 菌名 病名 出芽分裂 菌体 菌糸 胞子 発芽管 寄生性 感染経路 病原体の特徴 病型 検査 治療
不完全菌 Candida albicans カンジダ症     仮性菌糸 厚膜胞子 形成   常在菌→各所 日和見感染症      
担子菌 Filobasidiella neoformans クリプトコッカス症 出芽 厚い莢膜       通性細胞内寄生体 鳩の乾燥糞→空気感染→肺(通性細胞内寄生体) 日和見感染菌 肺クリプトコッカス症
中枢神経クリプトコッカス症、
皮膚クリプトコッカス症
全身性クリプトコッカス症
墨汁染色 ( アムホテリシンB or フルコナゾール )
  ± フルシトシン
不完全菌 Trichosporon asahii トリコスポロン症     仮性菌糸 分節分生子              
子嚢菌 Aspergillus fumigatus/
'Aspergillus flavus
アスペルギルス症   糸状菌
不完全菌
有隔菌糸       土壌や朽ちた植物、空気中の浮遊胞子        
  Mucor/'Rhizopus/
Absidia/Rhizomucor
ムコール症     無隔菌糸     血管に親和性 土壌や朽ちた植物、空気中の浮遊胞子
 → 浮遊胞子の吸入
  鼻眼脳型ムコール症
侵襲性肺ムコール症
全身播種型ムコール症
β-D-グルカン陰性。
喀痰、血培陰性
アムホテリシンB
子嚢菌 Pneumocystis jirovecii
('Pneumocystis carini)
ニューモシスチス・カリニ感染症                      
子嚢菌 Histoplasma capsulatum ヒストプラスマ症 二形性真菌
 37℃酵母型発育
 25℃菌糸形成
          空気感染。肺に一次病変を作り様々な臓器に播種 AIDS患者に好発      
不完全菌 Coccidioides immitis コクシジオイデス症 二形性真菌     内生胞子              
不完全菌 Sporothrix schenckii スポロトリクス症 二形性真菌                    

chitinase」

  [★]

キチナーゼキチン分解酵素

キチン分解酵素」

  [★]

chitinase
キチナーゼ