墨汁染色

墨汁法

Japanese Journal

  • Aureobasidium pullulansにおける機能性β-グルカン生産と細胞形態の関係
  • 宮脇 香織,寺尾 啓吾,山北 真一,高橋 佐知,池上 裕倫,藤井 昇,尾仲 隆,村松 久司,永田 信治
  • 生物工学会誌 : seibutsu-kogaku kaishi 88(12), 634-641, 2010-12-25
  • … 変化した.定常期初期には膨張細胞が増加し,次いで厚膜胞子へと変化したが,その後,生育環境の変化に応じて発芽し,再増殖を開始した.顕微鏡下の膨張細胞において,β-グルカンが形成する多糖層の観察には,墨汁染色法が有効であった.米糠培地では,本菌株はプルランを生産せずにβ-グルカンを生産し,菌糸形と酵母形の両膨張細胞が関与していることが明らかになった.本菌株を用いて効率よくβ-グルカンを生産するため …
  • NAID 110008007022
  • 自己免疫性溶血性貧血に対して副腎皮質ステロイド投与中に全盲,難聴を伴うクリプトコッカス髄膜炎を発症した一症例
  • 安達 真由美,松井 久未子,中林 容子,近藤 学,富永 貴元,松田 万幸,篠原 健次
  • 山口医学 57(1), 9-14, 2008-02-29
  • … ,を合併した.貧血はm-PSLによるパルス療法により改善した.クリプトコッカス髄膜炎に対してはAMPH-B(注射用dAMPH-B,リポゾーム化剤,L-AMB),5-FC,アゾール剤であるFLCZおよびVRCZなどの投与により髄膜炎症状は消失した.抗真菌剤を1年半投与し,髄液中のクリプトコッカス抗原量は著明に減少したが陰性化せずまた墨汁染色ではクリプトコッカスの数は減少したが未だ完全には消失しておらず難治性であり視力障害,難聴は残存した. …
  • NAID 110006646113

Related Pictures

墨汁 染色 细胞墨汁染色クリプトコッカスの墨汁染色染色黑芝麻,比墨汁还黑!图片墨汁染色墨汁染色



★リンクテーブル★
リンク元真菌」「Cryptococcus neoformans」「墨汁法」「ネガティブ染色
関連記事墨汁」「染色

真菌」

  [★]

fungus, (pl.)fungi
かび菌類 Mycota
微生物学真菌症抗真菌薬


細菌、真菌、藻類、原虫

  • いずれも単細胞生物
  • 細菌は核を持たないが、それ以外は核を持つ
  • 細胞壁の多糖:細菌はペプチドグリカンなど。真菌はβグルカン、キチン。藻類はセルロース。原虫は細胞壁を持たない
  • 栄養獲得様式:藻類は光合成独立栄養生性。

大きさ

  • 数μm。観察に油浸レンズは不要

細胞膜

細胞壁

線維状多糖

  • 細胞壁の骨格となる
  • キチンとβ-グルカンからなる。
  • 特殊な多糖にキトサンがある

キチン

β-グルカン

  • グルコースのホモ重合体
  • β(1→3)結合、β(1→6)結合
  • 酵母では細胞壁成分にβ-1,3-グルカンが多い

キトサン

糖タンパク質

形態による分類

Coccidioides immitis
Histoplasma capsulatum
Sporothrix schenckii
Candida albicans

培養と感染組織における形態


菌糸の構造

接合菌などの下等真菌にのみ見られる

菌糸の機能

生殖方式による分類

有性生殖と無性生殖

  • 有性生殖と無性生殖を行う
  • 無性生殖のみ行う

有性胞子形成

無性胞子形成

培養

  • グルコース1-4%, ペプトン1%

種類

真菌の染色法(SMB.358)

  • 細胞壁の多糖を染色:コットンブルー(cotton blue)、グラム染色(全ての真菌はグラム陽性)
  • 真菌細胞壁多糖を特異的に染色:PAS染色、Grocottメテナミン銀染色、ファンギフローラY

参考

  • 真菌の写真 - Fungal Images

病原体としての真菌

分類群 菌名 病名 出芽分裂 菌体 菌糸 胞子 発芽管 寄生性 感染経路 病原体の特徴 病型 検査 治療
不完全菌 Candida albicans カンジダ症     仮性菌糸 厚膜胞子 形成   常在菌→各所 日和見感染症      
担子菌 Filobasidiella neoformans クリプトコッカス症 出芽 厚い莢膜       通性細胞内寄生体 鳩の乾燥糞→空気感染→肺(通性細胞内寄生体) 日和見感染菌 肺クリプトコッカス症
中枢神経クリプトコッカス症、
皮膚クリプトコッカス症
全身性クリプトコッカス症
墨汁染色 ( アムホテリシンB or フルコナゾール )
  ± フルシトシン
不完全菌 Trichosporon asahii トリコスポロン症     仮性菌糸 分節分生子              
子嚢菌 Aspergillus fumigatus/
'Aspergillus flavus
アスペルギルス症   糸状菌
不完全菌
有隔菌糸       土壌や朽ちた植物、空気中の浮遊胞子        
  Mucor/'Rhizopus/
Absidia/Rhizomucor
ムコール症     無隔菌糸     血管に親和性 土壌や朽ちた植物、空気中の浮遊胞子
 → 浮遊胞子の吸入
  鼻眼脳型ムコール症
侵襲性肺ムコール症
全身播種型ムコール症
β-D-グルカン陰性。
喀痰、血培陰性
アムホテリシンB
子嚢菌 Pneumocystis jirovecii
('Pneumocystis carini)
ニューモシスチス・カリニ感染症                      
子嚢菌 Histoplasma capsulatum ヒストプラスマ症 二形性真菌
 37℃酵母型発育
 25℃菌糸形成
          空気感染。肺に一次病変を作り様々な臓器に播種 AIDS患者に好発      
不完全菌 Coccidioides immitis コクシジオイデス症 二形性真菌     内生胞子              
不完全菌 Sporothrix schenckii スポロトリクス症 二形性真菌                    

Cryptococcus neoformans」

  [★]

Cryptococcus neoformans, C. neoformans
Filobasidiella neoformansクリプトコッカス・ネオフォルマンス
クリプトコッカス症


  • 厚い莢膜
  • 不完全菌酵母
  • 担子菌
  • 感染組織内、培地でも莢膜を持つ単細胞(酵母)として増殖
  • 中枢神経系に強い親和性を有する。

分布

  • ミルク、加重、健常者の皮膚、消化管
  • 土壌特にハトその他の鳥類、コアラの糞などで汚染された土壌に豊富に存在

分離培養

染色

感染症

感染経路は空気感染 → 肺クリプトコッカス症
細胞免疫能低下患者 → 髄膜や脳に二次感染
HIV患者では高頻度にクリプトコッカス髄膜炎

参考

  • 真菌の写真 - Fungal Images

墨汁法」

  [★]

India ink method
墨汁染色インディアインク法インドインク法墨汁莢膜染色法 India ink capsule stainブリー墨汁法 Burri method
墨汁莢膜染色法

ネガティブ染色」

  [★]

墨汁」

  [★]

india ink
墨汁法

染色」

  [★]

staining
染色法