作用薬

アゴニスト


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

Japanese Journal

  • 副作用・薬物相互作用トレンドチェック 注目論文を読み解く(82)
  • 佐藤 宏樹,澤田 康文
  • 医薬ジャーナル 55(2), 156-161, 2019-02
  • NAID 40021801943
  • 副作用・薬物相互作用トレンドチェック 注目論文を読み解く(81)
  • 佐藤 宏樹,澤田 康文
  • 医薬ジャーナル 55(1), 158-163, 2019-01
  • NAID 40021780801
  • 解剖生理学と基礎医学系科目のキホンをおさえよう! 今月のワーク&テスト : 薬理学(第4回)消化器系・呼吸器系・内分泌系作用薬
  • 松本 雄介
  • クリニカルスタディ = Clinical study 40(1), 44-49, 2019-01
  • NAID 40021753311

Related Links

薬という物質、すなわち薬物が身体に入って、生理機能に影響を与えることを薬理作用といいます。しかし、この薬理作用はそう簡単、単純ではありません。例えば、生理機能を高める場合もありますし、逆に抑える場合もあります。
医薬品の作用機序:疾患別治療薬 糖尿病 糖尿病が悪化すると、人工透析や 失明にまで陥ることがあります 高血圧 脳卒中や心筋梗塞を防ぐために、 高血圧の治療薬はとても重要です 脂質異常症(高脂血症) 動脈硬化を予防し 認知症 ...
ハイパー薬事典では、病院の薬の効能や副作用、注意点などを、名前や記号から簡単に調べることができます。薬の知識を持つことは、病気の治療に前向きとなり、副作用の回避にもつながることと思います。また、医師や薬剤師との ...



★リンクテーブル★
リンク元アンタゴニスト」「アゴニスト」「媒介物」「受容体刺激薬」「刺激薬
関連記事」「作用

アンタゴニスト」

  [★]

antagonist
拮抗薬遮断薬類似体拮抗物質 analog inhibitor


アゴニスト 作用薬 agonist 内因性の化学情報伝達物質と同じ受容体に結合し、同じ生理作用を呈する
アンタゴニスト 拮抗薬 antagonist 内因性の化学情報伝達物質と同じ受容体に結合するが、生理作用を呈しない
  部分作用薬 partial agonist 拮抗薬のうち、弱いながら生理作用を呈する
部分拮抗薬 partial antagonist

アゴニスト」

  [★]

agonist
作用薬作動薬


アゴニスト 作用薬 agonist 内因性の化学情報伝達物質と同じ受容体に結合し、同じ生理作用を呈する
アンタゴニスト 拮抗薬 antagonist 内因性の化学情報伝達物質と同じ受容体に結合するが、生理作用を呈しない
  部分作用薬 partial agonist 拮抗薬のうち、弱いながら生理作用を呈する
部分拮抗薬 partial antagonist


-作動薬
-agonist

媒介物」

  [★]

mediatoragentvectorvehicle、(感染)fomesfomites
作用薬病原体ベクタベクターメディエータ薬剤溶媒媒体代理人ベクトル介在物質乗り物メディエーター媒介動物

受容体刺激薬」

  [★]

receptor agonistagonistagonistic
アゴニスト作動薬作用物質作用薬刺激薬主動筋レセプターアゴニスト受容体アゴニスト受容体作動薬受容体作用薬受容体活性化剤受容体活性化薬

刺激薬」

  [★]

agoniststimulantirritantstimulating agentirritant chemicalagonistic
アゴニスト作動薬作用物質作用薬刺激剤刺激的賦活薬主動筋受容体刺激薬刺激物質刺激物

薬」

  [★]

drug, agent
薬物
作用薬ドラッグ媒介物病原体麻薬薬剤薬物代理人薬品

作用」

  [★]

actioneffectact
影響行為、効果、行動効力作動措置働く効能条例